大島渚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「大島 」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
おおしま なぎさ
大島 渚
大島 渚
2000年のカンヌ国際映画祭にて
生年月日 1932年3月31日
没年月日 2013年1月15日(満80歳没)
出生地 日本岡山県玉野市
死没地 日本神奈川県藤沢市
職業 映画監督
配偶者 小山明子
家族 大島瑛子(妹)
主な作品
愛のコリーダ
戦場のメリークリスマス

大島 渚(おおしま なぎさ、1932年昭和7年〉3月31日 - 2013年平成25年〉1月15日)は、日本映画監督。妻は女優小山明子

概要[編集]

1959年(昭和34年)に『愛と希望の街』で映画監督デビュー。社会性の高い作品に特徴があり、権力機構に侮蔑される側にいる人間の屈辱感を厚みを持って描き出し、権力に闘争的に対峙する作品は日本国内で早くから注目を集め、松竹ヌーベルバーグの旗手とも呼ばれた[1]。1961年に松竹を退社するとテレビドキュメンタリーにも活躍の場を広げ、政治的・ジャーナリスティックな作品を手がけた。1976年の『愛のコリーダ』(L'Empire des sens)、つづく『愛の亡霊』(Empire of Passion)で、人間の愛欲の極限を描き出し、国際的な評価を確固たるものにした。このほか世界的に話題を呼んだ映画作品に『戦場のメリークリスマス』(1983年)、『御法度』(1999年)などがある。

海外における知名度は高く、ベルナルド・ベルトルッチアレクサンドル・ソクーロフテオ・アンゲロプロスマーティン・スコセッシペドロ・アルモドバルチェン・カイコーなど大島を敬愛する著名な映画監督・評論家は少なからずいる。ジャン=リュック・ゴダールが『映画史』において取り上げた日本人監督は溝口健二小津安二郎勅使河原宏と大島の4人だった。また、ゴダールは本当の意味でのヌーヴェルヴァーグの最初の作品は『青春残酷物語』だとしている[2]

テレビ出演も多く、1980年代後半から『朝まで生テレビ』(テレビ朝日系)のレギュラーパネリストとなり、評論やコメンテーターとしても活躍した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

岡山県玉野市生まれ[3]。父方は長崎県対馬、先祖は対馬藩士。母親は広島県呉市の出身[4]。父親は農林省水産学者。仕事の関係で瀬戸内海を転々としカニエビの研究をしていた。"渚"という名前もそこから付けられている[5]。6歳の時、農林省水産試験場の場長をしていた父[6]が死去し、母の実家のある京都市に移住。

旧制京都府立第二中学校(現・京都府立鳥羽高等学校)に入学するが、学制改革とその後の学校再編に伴い京都市立洛陽高等学校(現・京都市立洛陽工業高等学校)に移り、同校を卒業。京都大学法学部に進む。京大時代の同窓に推理作家和久峻三や、俳優・辰巳琢郎の父親がいる。京都大学在学中は猪木正道に師事。学生運動で活動し京都府学連委員長を務め、全日本学生自治会総連合米田豊昭委員長と共に、1951年(昭和26年)の京大天皇事件や、1953年(昭和28年)に松浦玲が放校処分になった荒神橋事件等に関わった。学内での成績が比較的優れていたため法学部助手試験を受験するが、不合格となる。猪木は「君に学者は向きませんよ」と諭したという(『猪木正道著作集』・月報)。また、在学中に劇団「創造座」を創設・主宰し、演劇活動も行っていた。

「松竹ヌーヴェルヴァーグの旗手」[編集]

1954年(昭和29年)京都大学卒業後、松竹に入社。大船撮影所の助監督を経て1959年(昭和34年)に『愛と希望の街』で監督デビュー。デビュー作のタイトルは当初『鳩を売る少年』だったが、松竹幹部から題名が暗くて地味だと指摘され、妥協案として落差を表した『愛と悲しみの街』という案を出したが、公開時には本人の知らないうちに『愛と希望の街』へと改題されていた。その後、『青春残酷物語』、『太陽の墓場』(1960年)などのヒット作で松竹ヌーヴェルヴァーグの旗手となる。しかし、自身はそのように呼ばれることを望んではいなかった。

彼の作品は同時代の映画作家たちよりはるかに政治的であり、権力に対して戦闘的でもあった。初期のモチーフの核心にあるものは常に権力機構がもたらす人間の蔑視であり、階級対立において侮蔑される側にいる人間の屈辱感を描き出した。これらのことから松竹内部では大島を異端児扱いするとともに邪魔な存在となっていた。

松竹退社〜テレビドキュメンタリーの制作[編集]

1961年(昭和36年)、日米安全保障条約に反対する安保闘争を舞台にした作品『日本の夜と霧』(1960年)を、松竹が大島に無断で自主的に上映中止したことに猛抗議し、同社を退社。その後、1961年に同時に松竹を退社した妻の小山、大島の助監督でその後脚本家として活動する田村孟、脚本家の石堂淑朗、俳優の小松方正戸浦六宏の6名で映画製作会社「創造社」を設立する。その後、俳優の渡辺文雄らが加わる。

1962年(昭和37年)の映画『天草四郎時貞』の興行的失敗を契機として、テレビの世界にも活動範囲を広げるようになった。1963年の「元日本軍在日韓国人傷痍軍人会」を扱ったドキュメンタリー『忘れられた皇軍』(日本テレビノンフィクション劇場」、牛山純一プロデューサー)は話題となった。1964年には、脚本を務めたテレビドラマ青春の深き渕より』(関西テレビ)が芸術祭文部大臣賞(大賞)を受賞した。その他にもテレビにおいて、1995年(平成7年)の『日本映画の百年』まで、約20本の主としてドキュメンタリー作品の演出、脚本、構成などを担当している。テレビの仕事を通じて親交を深めたディレクターの一人に実相寺昭雄がおり、のち映画監督として創造社系の脚本家と多くコンビを組み名を高めている。

白昼の通り魔』(1966年)、『忍者武芸帳』(1967年)[7]、『絞死刑』(1968年)、『新宿泥棒日記』(1969年)など、政治的な色合いを強く持つと共に、ジャーナリスティックな社会報道的側面をも併せ持った作品を矢継ぎ早に製作、公開し国内外の認知度も急速に高まったが『夏の妹』(1972年)を発表後の1973年7月に「創造社」は解散、映画製作資金を稼ぐためのテレビ出演などの活動の日々が続く。1975年には新たに「大島渚プロダクション」を設立、『愛のコリーダ』(1976年)の製作にとりかかる。

『愛のコリーダ』以後[編集]

映画監督として国際的名声を不動にしたのは、阿部定事件1936年)を題材に社会の底辺にすむ男女の性的執着と究極の愛を描いた1976年の『愛のコリーダ』(L'Empire des sens)であった。大島の闘いは必然的に、社会的な疎外感や屈辱感をもっとも鮮明に内包している人々の心理的探究へ移り、彼らを主要人物とした作品の制作へと向かうことになる。日本映画史上に前例のない作品を示そうという意気込みと、黒澤明流のヒューマニズムと、さらには検閲制度に対する激しい批判精神からハードコア・ポルノグラフィー表現へと傾斜した大島は、公権力の干渉を避けるため日仏合作という形を取り、撮影済みのフィルムをフランスへ直送して現像と編集の作業を行なった。

日本公開では、映倫の介入によって映画が作品として意味をなさないほどの大幅な修正を受けることになった。『愛のコリーダ』は2000年にリバイバル上映されたが、修正個所は大幅に減ったものの、作品にはボカシ修正が入り日本では現在でもオリジナルを観ることはできない。

『愛のコリーダ』により国際的な評価を確固たるものにしてからは、『愛の亡霊』(1978年)、『戦場のメリークリスマス』(1983年)、『マックス、モン・アムール』(1986年)など外国資本もしくは海外で公開されることを前提とされる作品が中心となっていった。『愛の亡霊』(Empire of Passion) も『愛のコリーダ』同様のテーマを扱った作品で、不倫の妻が愛人と共謀して夫殺しに走るという内容である。ある程度性的描写を抑制し、前作ほど話題にならなかったが、カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。

1980年代後半から『朝まで生テレビ』(テレビ朝日系)のレギュラーパネリストとなり、テレビのコメンテーターとしても活躍した。映画製作の資金捻出が目的ではなく、本人はテレビに出るのが生きがいだと述べている。

また、1980年から1996年まで日本映画監督協会の理事長を務めた。

『御法度』と闘病[編集]

1996年(平成8年)1月下旬に約10年ぶりの映画製作発表をしてまもなく、翌2月下旬渡航先のロンドンヒースロー空港脳出血に見舞われた。その後、3年にわたるリハビリが功を奏し復帰作『御法度』(1999年)の公開を果たすが、カンヌ映画祭では賞を得ることは出来なかった。『御法度』にはビートたけし崔洋一、2人の映画監督が俳優として出演しており、2人に撮影現場でのサポート役を託していたとされる。撮影現場の模様は『1999 大島渚 映画と生きる』(NHK-BS2、1999年12月15日放映)にも収められている。

2000年(平成12年)、紫綬褒章を受章。2001年(平成13年)6月フランス政府よりフランス芸術文化勲章(オフィシエ)を受章。その後再び病状が悪化し、リハビリ生活に専念する。

2006年(平成18年)に映画の著作権問題を問う映画『映画監督って何だ!』に登場し、エンディングシーンで強烈な存在感を示した。また同年2月26日この作品披露会見を兼ねた日本映画監督協会の創立70周年祝賀パーティーにも歴代理事長として壇上に上がる。公の場に姿を現すのは実に4年8ヶ月ぶりであった。

2008年(平成20年)夏、『テレメンタリー パーちゃんと見つけた宝もの〜大島渚・小山明子の絆〜』(テレビ朝日7月28日放映)、『田原総一朗ドキュメンタリースペシャル「忘れても、いっしょ…」』(テレビ朝日、8月17日放映)にて、神奈川県鎌倉市の聖テレジア病院で言語症・右半身麻痺を克服すべくリハビリに励む姿がオンエアされた。

死去[編集]

2013年(平成25年)1月15日午後3時25分、神奈川県藤沢市の病院で肺炎のために死去[8]。80歳没。

大島の訃報を受けて岩井俊二松尾貴史などが自らのTwitterで大島への追悼の辞を発し[9]、大島と同世代の映画監督:篠田正浩は「僕と大島は戦友だった」と哀惜の念を込めて語り[10]田原総一朗は「(大島さんは)頼れる兄貴みたいな存在だった」と語った[11]戒名は大喝無量居士(だいかつむりょうこじ)。

なお、大島と親交のあった映画監督の帯盛迪彦は、大島の死去のニュースにショックを受け、体調が悪化。1月18日敗血症で亡くなっている[12]

人物[編集]

俳優を見る目[編集]

監督・演出家としての才能だけではなく、演技者の素質を見抜く才能は希有なものがあった。当時お笑い芸人としてしか認知されていなかったビートたけしを「彼以外には考えられない」として『戦場のメリークリスマス』の重要な役に抜擢し、桜井啓子(『無理心中日本の夏』、映画出演前はフーテン族だった)、荒木一郎(『日本春歌考』)、ザ・フォーク・クルセダーズ(『帰ってきたヨッパライ』)、横尾忠則(『新宿泥棒日記』)、栗田ひろみ(『夏の妹』、本作が映画デビュー作で主演)、坂本龍一(『戦場のメリークリスマス』)など、俳優を本業としない人物や素人に近い新人俳優を多く抜擢し、作品においても彼らの生のままの素材を活かすことに成功している。また、1950年代後半から人気ファッションモデルとして活躍していた芳村真理に女優への転向を促したのも大島であった。

激情家[編集]

激情型の性格で、韓国の文化人との対談において相手方に対し暴言(「ばかやろう」発言)を吐き問題を起こしたことがある。

大島が結婚30周年パーティーを開いた際、壇上で祝辞を述べる予定だった作家の野坂昭如の名前を読み上げるのを忘れ、酩酊していた野坂に殴られた。このときは、持っていたマイクで殴り返す奮迅ぶりを示した[13](のちに互いに反省文を書き送り合った)。

発言[編集]

  • 学生運動の経験もあり、安保反対・米軍撤退を主張していたが、既成の左翼の権力主義的な行動を激しく論難し続けた。学生時代はのちに防衛大学校校長を務める猪木正道に師事していた。
  • 西山事件については以下のように述べている。「言論の自由というような抽象的な問題に立戻ってはいけない。佐藤首相の人間的反応にふりまわされてはいけない。問題は、あくまで佐藤内閣が私たちに何をしたかだ。知る権利などというのは自明のことだ。極秘資料のスッパ抜きに次ぐスッパ抜きを! 今こそ日本中を、スッパ抜きした極秘資料でもってあふれかえさせること。(以下略)[14]」。

家族[編集]

  • 夫人は女優小山明子
  • 妹の大島瑛子(?年 - 2010年7月8日)は女優、プロデューサー、大島プロダクション代表を務めた。美術監督の戸田重昌は瑛子の夫で義弟[15]
  • 長男の大島武(研究者)は東京工芸大学芸術学部教授。専門はビジネス実務、パフォーマンス研究。
  • 次男の大島新(1969年 - )はフリーディレクターフジテレビ退社後、ディレクターに転身。『情熱大陸』では見城徹篇や秋元康篇など10本以上を担当。2007年12月にデビュー作のドキュメンタリー映画『シアトリカル~唐十郎と劇団唐組の記録』が公開。2013年現在、大島プロダクション代表。

監督・演出作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚本作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

監修[編集]

主な著書[編集]

  • 『日本の夜と霧』(作品集) 現代思潮社(1961)
  • 『戦後映画・破壊と創造』 三一書房(1963)
  • 『日本の夜と霧』(作品集、増補版) 現代思潮社(1966)
  • 『魔と残酷の発想』 芳賀書店(1966)
  • 『絞死刑』(作品集)至誠堂(1968)
  • 『解体と噴出』(評論集) 芳賀書店(1970)
  • 『青春 : 闇を犯しつづける葬儀人に一切の権力を!』 大光社(1970)
  • 『わが日本精神改造計画 : 異郷からの発作的レポート』 産報(1972)
  • 『青春について』 読売新聞社(1975)
  • 『体験的戦後映像論』 朝日新聞社(1975)
  • 『同時代作家の発見』 三一書房(1978)
  • 『愛の亡霊』 三一書房(1978)
  • 『日曜の午後の悲しみ』 PHP研究所(1979)
  • 『愛のコリーダ』 三一書房(1979)
  • 『女はみずうみ男は舟』 PHP研究所(1980)
  • 『マイ・コレクション』 PHP研究所(1981)
  • 『戦場のメリークリスマス』 思索社(1983)
  • 『理屈はいいこういう人間が愚かなんだ』 青春出版社(1993)
  • 『大島渚 1960』 青土社(1993)
    • 『大島渚 1960』 「人間の記録」日本図書センター(2001)
  • 『自分も恋も大切に : 女の愛と仕事の相談事典』 マゼラン出版(1993)
  • 『女たち、もっと素敵に』 三笠書房(1994)
  • 『戦後50年映画100年』 風媒社(1995)
  • 『私が怒るわけ』 東京新聞出版局(1997)
  • 『ぼくの流儀』 淡交社(1999)
  • 『脳出血で倒れて「新しい自分」と出会う』 青春出版社(2000)
  • 『癒されゆく日々』 日本放送出版協会(2000)
  • 『大島渚 1968』青土社(2004) ISBN 9784791761357
  • 『大島渚著作集 1巻』現代思潮新社(2009) ISBN 9784329004598
  • 『大島渚著作集 2巻』現代思潮新社(2009) ISBN 9784329004604
  • 『大島渚著作集 3巻』現代思潮新社(2009) ISBN 9784329004611
  • 『大島渚著作集 4巻』現代思潮新社(2009) ISBN 9784329004628
  • 『わが封殺せしリリシズム』清流出版(2011) ISBN 9784860293581

翻訳書[編集]

  • 『愛が深まる本』 三笠書房 ジョン・グレイ著 (2001) ISBN 4837970176
  • ベスト・パートナーになるために 三笠書房 ジョン・グレイ著 (2001) ISBN 4837971768
  • ベストフレンドベストカップル 三笠書房 ジョン・グレイ著 (2002) ISBN 4837972365
  • ジョン・グレイ博士の「大切にされる女(わたし)」になれる本 三笠書房 ジョン・グレイ著 (2004) ISBN 4837973833

対談[編集]

自身の出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 勝田友己によるインタビュー、山田洋次「時代を駆ける:山田洋次:YOJI YAMADA (4)」 『毎日新聞』 2010年1月25日、13版、5面。
  2. ^ ジャン=リュック・ゴダール「インタビュー〈2〉MODULE ||| ARCHIVE SITE
  3. ^ 大島の著書『日曜の午後の悲しみ』(1979年、113頁)や『大島渚著作集 ー第一巻わが怒り、わが悲しみ』(2008年、8頁)では「母が病身でお産が危ぶまれ、大事をとって、母の兄がインターンをしていた京大病院で生まれた」と書いている。『大島渚 1960』(2001年、8頁)では「一歳の時、兵庫県明石近くの二見というところに、いちばん最初にいた。(中略)そのあと、広島県の大長、岡山県笠岡のはずれと、海辺の田舎を転々とするわけですが、(中略)笠岡で父親が亡くなって、母の実家の京都に住むようになった」と書いている。
  4. ^ 『あの日あの時母の顔―私の母語り』 小学館 1996年 140、141頁
  5. ^ 大島監督と広島 - 天風録 - 中国新聞”. 中国新聞 (2013年1月17日). 2013年1月17日閲覧。
  6. ^ 大島の著書『日曜の午後の悲しみ』(1979年、104、113頁)や『大島渚著作集 ー第一巻わが怒り、わが悲しみ』(2008年、8頁)に記述があり、『大島渚著作集』では「父親は一介の農林省の官吏で死んだ」と記述している。
  7. ^ 白土三平の原作の原画を写真に撮影し、それを映画フィルムで連続して撮影したもの。いわゆるアニメではない。
  8. ^ 大島渚さん死去 日刊スポーツ 2013年1月15日閲覧
  9. ^ 大島渚監督が死去……坂本龍一、岩井俊二監督ら各界から追悼コメント続々 RBB TODAY 2013年1月16日閲覧
  10. ^ 篠田正浩監督「戦友という気持ちに変わりはない。彼は戦う人だった」 スポーツニッポン 2013年1月15日閲覧
  11. ^ 田原総一朗さん「僕らの世代の代表選手、残念でならない」 スポーツニッポン 2013年1月15日閲覧
  12. ^ 2013年1月26日中日新聞31面(社会欄)より。
  13. ^ Speech Youtube
  14. ^ 1972年4月14日付、毎日新聞朝刊2面
  15. ^ 大島瑛子さん死去(映画製作者、映画監督大島渚氏の妹) - asahi.com(2011年6月21日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]