山田辰夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまだ たつお
山田 辰夫
本名 山田 辰夫
生年月日 1956年1月10日
没年月日 2009年7月26日(満53歳没)
出生地 日本の旗 日本富山県
民族 日本人
職業 俳優
活動期間 1975年12月 -2009年
主な作品
狂い咲きサンダーロード
すかんぴんウォーク
はるちゃん
おくりびと

山田 辰夫(やまだ たつお、1956年1月10日 - 2009年7月26日)は富山県射水郡大島町(現:射水市)出身の日本の俳優である。 身長:170cm、体重:56kg。

略歴[編集]

富山県立高岡商業高等学校卒業後、上京し予備校を経て日本大学商学部に入学し後に中退[1]1975年12月、19歳で日本大学芸術学部の面々で立ち上げた劇団「GAYA」の創立メンバーとして俳優活動を開始、舞台「東京少年鑑別所」でデビューした[1]1980年、「GAYA」の舞台がきっかけで石井聰亙監督の『狂い咲きサンダーロード』に主演しスクリーンデビュー。この作品で日本アカデミー賞報知映画賞ヨコハマ映画祭の各新人賞を受賞。しかし石井監督が冗談で「彼はあのまんまの人ですよ」とインタビューで答えたために、役柄そのままの「おっかない奴」と誤解されて仕事がない状態が続いた。1984年の『すかんぴんウォーク』(大森一樹監督、吉川晃司主演)では、大阪映画祭最優秀助演男優賞を受賞。1980年代にはディレクターズカンパニー系などの新鋭の若手監督作品によく起用された[2][3]

その後も『植村直己物語』『ヨコハマBJブルース』、和泉聖治監督『オン・ザ・ロード』、『凶弾』、若松節朗監督『ホワイトアウト』、滝田洋二郎監督『壬生義士伝』『陰陽師』、大林宣彦監督『理由』など100本以上の映画に出演した。2004年の『理由』からは大林作品の常連となる[2]

一方テレビではデビュー作でついたチンピラ役のイメージが強く[3]、テレビ向けでないとも言われていたが[4]、『しゃぼん玉』『教師夏休み物語』『RUN』・『ボディーガード』『マルサ!!』などに出演した。ドラマ『はるちゃん』シリーズにも支配人役として出演。めったにバラエティ番組には出演しないが、2006年に『ダウンタウンDX』に出演した。

2005年胃がんで胃を全摘出して仕事復帰したが、2008年にがんの腎臓転移により再入院。2009年7月26日10時15分、胃がんのため東京都西多摩郡の病院で死去する、53歳の若さだった。遺作は、2009年4月に撮影した10月公開の映画『沈まぬ太陽[5]。石井との再コンビが期待されていたが、石井監督からは何度もオファーがあったものの自分は石井作品のヒーローであり中途半端なことはできないからと1993年の『TOKYO BLOOD』の1話に主演しただけ[2]で終わっている。主演での最後の作品は2009年10月公開の『代行のススメ』。

高岡商業高校で3年間同じクラスの同級生で、上京も一緒だった映画監督の滝田洋二郎とは2003年の映画『壬生義士伝』から共に仕事をするようになった。山田の急逝の報に「もっと山田を撮りたかった。一緒に映画をやれたことが誇り」と友人の死を悼んだ。また数々の作品で山田を起用した若松節朗は山田の病気のことを事前に知っていたという[3][6]

友人でもある長渕剛との共演作が多く、死後長渕が『ダチ山田辰夫へおくる[7]』という追悼詩を送った。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

声優活動[編集]

  • TO-Y(1987年、OVA作品) - イサミ 役

舞台[編集]

CM[編集]

参考文献[編集]

  • 増富竜也取材・文「あの人はいつも映画の中に 第9回 山田辰夫」『キネマ旬報』2008年9月上旬号、キネマ旬報社。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日外アソシエーツ編集『テレビ・タレント人名事典 第3版』日外アソシエーツ、1997年
  2. ^ a b c キネマ旬報』2008年9月上旬号。
  3. ^ a b c 【1】滝田洋二郎さん×山田辰夫さん 3 asahi.com:マイタウン富山 2009年1月1日
  4. ^ 谷岡雅樹『Vシネマ魂 二千本のどしゃぶりをいつくしみ……』四谷ラウンド、1999年、p.189。
  5. ^ 山田辰夫さん死去…53歳名脇役、病魔に勝てず スポーツ報知 2009年7月28日
  6. ^ 「おくりびと」滝田監督が追悼コメント 「もっと山田を撮りたかった」 毎日新聞 2009年7月27日
  7. ^ 長渕剛悲痛!本紙に散文詩を緊急寄稿…山田辰夫さん死去:芸能:スポーツ報知