新聞縮刷版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新聞縮刷版(しんぶんしゅくさつばん)は主要新聞産経新聞以外の全国紙ブロック紙地方紙)の紙面の原版のサイズを縮小して全ページを掲載する書籍マイクロフィルムCD-ROMDVDの出版物のことをいう。

概要[編集]

一般に新聞縮刷版は毎月1回発行され、主として図書館等で閲覧することを目的に発行されている。書籍では紙面をA4サイズに縮小コピーし、それを毎月1か月分まとめて掲載している。発行する新聞社や当日の紙面内容によってページ数は流動的である(記事が多ければ限界まで増えるし、そうでなければ全面広告面や企画広告面を含めても最低限に留まる)が、朝刊32ページ、夕刊16ページ、月31日とすれば実に1488ページ(辞典1冊分)に及ぶ。また全国紙のそれは東京本社発行最終版を収録しているのが通例となっており、テレビ番組欄東京都心23区の版が掲載される。

なお中日系列の各地方紙である東京新聞北陸中日新聞日刊県民福井は縮刷版を発行していないが、総本社である中日新聞が代わって名古屋市内最終版の縮刷版を発行しており、関東・北陸地方の大型書店やそれぞれの取り扱い新聞販売店で入手可能である。

また、近年は省スペース化を図る目的からマイクロフィルム、あるいはパソコンで簡単に記事検索ができるようにしたCD-ROMやDVDによる縮刷版も発売されている。CD-ROMやDVDでは創刊当初(主要な新聞は明治、大正、昭和初期)からの紙面そのものを、PDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)などを用いて高画質で再現(復元)できるようにしているのもあり、これらは必要に応じてプリントアウトもできる。

また新聞社によっては誕生日など指定日の新聞の縮刷コピー発行サービスがあり、その場合は一般的に当日の朝刊の1面+テレビ(ラジオ)面がセットになるのが多い。ただし新聞休刊日の場合はその日の夕刊(ただし1月2日分は夕刊もないので3日朝刊)を提供する。また特に昭和初期など時代により1面が全面広告になっていたり、番組表が存在しない場合には社会面を代わりとする新聞もある。これらのサービスは原則として有料だが、朝日新聞大阪本社の場合、毎年4月・5月ごろに「お誕生日新聞プレゼントキャンペーン」が行なわれる。八重洲ブックセンター東京本店には朝日の常設販売機があって1面と社会面いずれかが選べる。

特定の事件・出来事に関する縮刷版[編集]

大きな事件や出来事が発生した際に、その事件や出来事に関する記事のある主要なページを抜粋、もしくは全ページ掲載した新聞縮刷版が発行されることもある。以下は例。

その他[編集]

「伊藤律との会見」を報じた朝日新聞(1950年9月27日付。縮刷版ではこの記事が抹消されており、本文に記載のお断り記事に差し替えられている)

原則として誤植・誤報・表現上の問題などがあった場合でも紙面の編集・加工などはせず原版をそのまま掲載しており、また訂正記事もそのまま載せている。但し例外として1950年9月27日朝日新聞朝刊の「伊藤律会見報道事件」といわれる捏造報道問題の箇所は、同年10月に発売された縮刷版で「お断り ここに掲載された伊藤律氏の会見記は事実無根と判明しましたので全文削除しました」として、当該記事の掲載を削除している[1]

1989年4月20日朝日新聞夕刊に掲載された写真記事「写89・『地球は何色?』」で、のちに「記事ねつ造事件」という大問題にまで発展した「サンゴを汚したK・Yってだれだ」の記事もそのまま載せてあるが、この当該記事緒欄外に「おことわり 写89・『地球は何色?』の写真については本社の取材に過ちがありました。『お詫び』を5月16日付と同20日付の朝刊1面に掲載しています」との謝罪文が掲載されている。

また三億円事件の“重要参考人聴取”関係の記事は、本人が自殺した事から各社とも封印している[2]

縮刷版を発行している新聞(日本)[編集]

全国紙
地方紙
業界紙
政党機関紙

過去に縮刷版を発行していた新聞[編集]

光ディスク(CD-ROM/DVD-ROM)版へ移行した新聞を含む。

地方紙
業界紙
政党機関紙
  • しんぶん赤旗(現題字「しんぶん赤旗」となった1966年2月〜2003年 以後は光ディスク版)
宗教機関紙

縮刷版を発行していない新聞[編集]

以下に挙げられる各紙の他、スポーツ新聞夕刊紙全部。なお、本節でいう“発行していない”紙は、創刊当時から、発行されたことが一度もない。

全国紙
地方紙
業界紙

脚注・出典[編集]

  1. ^ 佐野眞『自分だけのデータ・ファイル』p111-112
  2. ^ 3億円事件別件逮捕に対する声明 日本弁護士連合会1969年12月20日

外部リンク[編集]