その日のまえに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
その日のまえに
著者 重松清
発行日 2005年8月10日(単行本)
2008年9月10日(文庫本)
発行元 文藝春秋
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製カバー装
ページ数 296
コード ISBN 978-4-16-324210-1(単行本)
ISBN 978-4-16-766907-2(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

その日のまえに』(そのひのまえに)は、重松清による連作短編小説集。文藝春秋より2005年8月5日に刊行された。

2007年にラジオドラマ化、2008年に映画化され、2014年にテレビドラマ化される。

収録作品[編集]

全編とも『別冊文藝春秋』に掲載された。

  • ひこうき雲(2004年5月号〈251号〉)
  • 朝日のあたる家(2004年3月号〈250号〉)
  • 潮騒(2004年9月号〈253号〉、「誰かがいた海」を改題)
  • ヒア・カムズ・ザ・サン(2005年1月号〈255号〉、「小春日和」を改題)
  • その日のまえに(2005年3月号〈256号〉)
  • その日(2005年5月号〈257号〉)
  • その日のあとで(2005年7月号〈258号〉)

ラジオドラマ[編集]

再春館製薬所ドラマスペシャル その日の前に』のタイトルで2007年3月21日MBSラジオおよび文化放送で放送された。

キャスト(ラジオドラマ)[編集]

スタッフ(ラジオドラマ)[編集]

放送時間[編集]

  • MBSラジオのほか、文化放送でもネットされた。
  • MBSラジオ(AM1179Khz)※製作局 
    • 午後2:00 - 3:30
  • 文化放送(AM1134Khz)
    • 午前11:00 - 12:30(製作局のMBSより放送時間が早い。)

映画[編集]

その日のまえに
監督 大林宣彦
脚本 市川森一
原作 重松清
製作 和崎信哉
大林恭子
井上泰一
出演者 南原清隆
永作博美
音楽 山下康介
學草太郎
主題歌 クラムボン「永訣の朝 抄」
撮影 谷川創平
編集 大林宣彦
製作会社 「その日のまえに」製作委員会
配給 角川映画
公開 日本の旗 2008年11月1日
上映時間 139分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

第21回東京国際映画祭特別招待作品。

キャッチコピーは、ここから始まる人びとの物語

キャスト(映画)[編集]

スタッフ(映画)[編集]

テレビドラマ[編集]

2014年3月23日3月30日に前後編で、NHKBSプレミアムプレミアムドラマ」にて放送[1]。前編では余命宣告された妻が亡くなる”その日”を迎えるまでを、後編では”その日”やその後のことまでが描かれ、最後には光を感じられる結末となっている[2]キャッチコピーは「余命を宣告された妻。僕には何ができるのか――。」。

キャスト(テレビドラマ)[編集]

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

NHK BSプレミアム プレミアムドラマ
前番組 番組名 次番組
お父さんは高校生
(2014.3.16)
その日のまえに
(2014.3.23 - 2014.3.30)
珈琲屋の人々
(2014.4.6 - 2014.5.4)