石原さとみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いしはら さとみ
石原 さとみ
本名 非公開
生年月日 1986年12月24日(27歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 157cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2003年 -
事務所 ホリプロ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
てるてる家族』/『WATER BOYS2
義経』『Ns'あおい
花嫁とパパ』『パズル
ヴォイス〜命なき者の声〜
ブルドクター
リッチマン、プアウーマン
映画
わたしのグランパ
北の零年』/『包帯クラブ
フライング☆ラビッツ
人間失格』/『座頭市 THE LAST
インシテミル 7日間のデス・ゲーム
貞子3D

石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本女優。本名非公開。東京都出身。ホリプロ所属。

来歴

2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列の俳優養成所であるホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属(5期生)し、『石神 国子』(いしがみ くにこ)名義で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』『船を降りたら彼女の島』へ出演しており、芸能活動の経験がある(公式には"石原さとみ名義"で初出演した『わたしのグランパ』をもってデビュー作品としている)。

2003年、『きみはペット』(TBS系)の澁澤ルミ役で連続ドラマ初出演。同年、NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロイン、岩田冬子役に抜擢された。以後多数のドラマ、映画に出演。

2005年、NHK大河ドラマ『義経』に静御前役として出演。

2006年、『Ns'あおい』(フジテレビ系)で民放連続ドラマ初主演。同年秋には、『奇跡の人』のヘレン・ケラー役で舞台に初挑戦する。

2008年、つかこうへい作・演出の舞台『幕末純情伝』の沖田総司役で2度目の舞台出演。

2009年、『ヴォイス〜命なき者の声〜』(フジテレビ系)で月9ドラマ初出演、ヒロイン・久保秋佳奈子役を演じる。同年秋、井上ひさし新作書き下ろしの舞台『組曲 虐殺』にヒロイン・田口瀧子役で出演。

2010年、スペシャルドラマ『坂の上の雲』(NHK)にて秋山季子役として出演。2年ぶりとなる主演ドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』(テレビ朝日系)

人物

第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン参加の時点でまだ高校1年生であり、以降しばらくは芸能活動とともに学業につとめたが、2005年3月に高校の卒業を経て以来現在は女優業に専念する。本格的な女優活動開始後も演劇に関する学科、もしくは単位制を設置する高校には転校せず、1年次に入学した全日制普通科のみの高校をそのまま卒業している。

本名は非公開である。現在の芸名の由来は自らは原石であるとしてつけた「原石」を逆にして苗字の『石原』、聡明で美しくありたいとしてつけた下の名前『聡美』を平仮名表記にしたものである。

2005年4月 - 2010年4月まで、週1回、自らの冠番組の番組のラジオパーソナリティを務めた。

役名の歌手を含め、歌手業は未経験である。芸能活動で歌ったことはあり、NHK連続テレビ小説てるてる家族』では、劇中「幸福を売る男」と「恋の季節」をソロで歌った。

石原が『てるてる家族』に出演したときにその活動報告のために公式ウェブサイトに『さとみの大阪日記』を開設。クランクアップ後石原のそれ以降の活動報告のために日記はそのまま残し、『さとみ日記』として継続された。2012年6月18日に『さとみ日記』はアメーバブログに移転され、『Satomi Diary』としてオフィシャルブログが開設された。

好きなアーティストはGLAYゆず

  • 初めて買ったCDもアルバムもコンサートもGLAY(『さとみ日記』より)。
  • ゆずは石原がデビュー間もない頃、学業と仕事の両立に人生で一番悩んでいたとき、「ゆずさんの曲を聴くと元気になれた」という。(『EXILE魂』より)。ほかにもフジテレビの新堂本兄弟において、自らがプロモーションビデオに出演したシングル曲、桜木町を歌ったことがある。その際、冒頭部分を琴で演奏した。

受賞歴

女優業

その他

出演

映画

テレビドラマ

ドキュメンタリー番組

ラジオ番組

舞台

CM・広告

声優

ミュージック・クリップ

ファッションショー

Web

イメージキャラクター

写真集

石原さとみファースト写真集
三部構成で、それぞれ根本好伸熊谷貫原田達夫により撮影。ホリプロタレントスカウトキャラバンの模様やわたしのグランパの収録風景も収める。文藝春秋により2003年3月25日発売。 ISBN 4-16-359540-6
たゆたい
ベトナムでのロケによるグラビアをはじめ、過去の週刊少年サンデーのグラビア、幼少時や小学生時代のプライベートの写真を収録。熊谷貫撮影。小学館により2005年11月16日発売。ISBN 4-09-363702-4
二十歳、夏
屋久島でのロケによるグラビア等を収める。小澤忠恭撮影。ワニブックスより2007年8月28日発売。 ISBN 4-8470-4034-1
moi-モア-
カナダでのロケによる撮り下ろしグラビアをはじめ、自身初となるエッセイを収録。大橋仁撮影。主婦と生活社より2011年5月13日発売。ISBN 978-4-391-13983-9

雑誌レギュラー

現レギュラー
旧レギュラー

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 「〈発表!〉第74回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン』第45号、角川マガジンズ、2012年11月、 36-39頁、2012年11月18日閲覧。
  2. ^ 井浦新、ベストフォーマリスト受賞 ベストジーニストと今年2冠”. ORICON STYLE. オリコン (2012年11月14日). 2012年11月17日閲覧。
  3. ^ “石原さとみ沖縄ギャル…「銀幕版スシ王子―」で堂本光一と初共演”. スポーツ報知. (2007年12月19日). オリジナル2008年1月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080118080845/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071219-OHT1T00087.htm 2013年9月10日閲覧。 
  4. ^ “石原さとみ「人生で発したことない言葉を…」”. YOMIURI ONLINE. (2013年9月30日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20130930-OYT8T00833.htm 2013年12月11日閲覧。 
  5. ^ 石原さとみ&DAIGO グリコ「牧場しぼり」CMスタート”. livedoor NEWS (2009年4月8日). 2013年11月12日閲覧。
  6. ^ 〜花王「ソフィーナ プリマヴィスタ」新TVCM〜 石原さとみ、化粧品CMに初出演!”. PR TIMES (2013年2月22日). 2013年12月11日閲覧。
  7. ^ 石原さとみが"キウイーハニー"に変身!”. TOKYO HEADLINE (2012年5月24日). 2013年12月11日閲覧。
  8. ^ 渡辺謙、石原さとみらがドコモの夏モデルをPR!”. TV LIFE (2013年5月21日). 2013年9月10日閲覧。
  9. ^ “石原さとみ:ドコモCMで松坂桃李と初共演”. MANTANWEB. (2013年8月1日). http://mantan-web.jp/2013/08/01/20130731dog00m200059000c.html 2013年9月10日閲覧。 
  10. ^ 石原さとみ、たんぱく質不足明かす「予防や管理しないと」”. ORICON STYLE (2013年10月10日). 2013年12月11日閲覧。
  11. ^ 石原さとみが新たな挑戦「正直緊張していた」”. modelpress (2013年11月28日). 2013年12月11日閲覧。
  12. ^ “第24回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーン〜ポスターのモデルに、映画、テレビドラマなどで活躍中の石原(いしはら)さとみさんを起用 〜” (プレスリリース), 日本ビクター, (2003年7月15日), http://prw.kyodonews.jp/prwfile/prdata/0240/release/200307147210/index.html 2013年9月10日閲覧。 

外部リンク