まるまるちびまる子ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
まるまるちびまる子ちゃん
ジャンル バラエティ番組・ドラマの複合形式
放送時間 毎週木曜 19:00 - 19:57(53分)
放送期間 2007年4月19日 - 2008年2月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 松崎容子(フジテレビ編成制作局編成部)
監督 ドラマ部分:平野眞小林和宏
演出 バラエティ部分:中村肇(ビー・ブレーン
原作 さくらももこちびまる子ちゃん』(集英社
脚本 ドラマ部分:樫田正剛
バラエティ部分構成:樋口卓治、都築浩、そーたに、天野慎也、大井洋一、大悟法弘一
プロデューサー ドラマ部分:東康之
バラエティ部分:菅野貴志(ビー・ブレーン)
出演者 伊藤綺夏
酒井法子
さまぁ〜ず
大竹一樹三村マサカズ
宮崎美子
モト冬樹
村崎真彩
岩本千波
笠井信輔(フジテレビアナウンサー)
松尾翠(同上)ほか
音声 ステレオ放送
字幕 字幕放送
オープニング B.B.クイーンズ『おどるポンポコリン』
エンディング ちびまる子ちゃん(歌:TARAKO) with 爆チュー問題『アララの呪文』

特記事項:
スペシャルドラマのレギュラー化版。爆笑問題は不定期にモクスペと出演時間が重なる日がある。2007年8月11日土曜ワイドでドラマ3話(第3回、第8回、第10回)を再放送。2007年9月27日19:00 - 20:54 JSTは拡大版2時間スペシャル(2時間スペシャルのビデオリサーチ関東地区調べの平均視聴率は、初回からの16回平均視聴率と同じ、10.1%)
テンプレートを表示

まるまるちびまる子ちゃん』(まるまるちびまるこちゃん)は、2007年4月19日から2008年2月28日までフジテレビで放送されていた、さくらももこ漫画アニメちびまる子ちゃん』を原作とした子供向け番組で、ドラマバラエティの2部構成である。愛称は『まるまるちびまる子』もしくは『まるちび』。

番組概要[編集]

カスペ!』枠で放送された『スペシャルドラマ版ちびまる子ちゃん』が好評だったことから、『クイズ$ミリオネア』の後番組としてスタートした。当初この枠に入る予定だった『メントレG』が、捏造問題で打ち切られた『発掘!あるある大事典II』(関西テレビ放送)の後番組に変更となったため、代わって入ることとなった。 まる子ことさくらももこ役は、単発シリーズでの森迫永依に代わり、オーディションで選ばれた伊藤綺夏が演じる。

番組内容は、放送開始当初は前半に通常のドラマ、後半にインチキおじさん(大竹一樹)及びパパイヤ鈴木松尾翠アナによるバラエティーコーナー、エンディングは爆チュー問題とのダンスを放送していたが、開始後数回でほぼ、前半にバラエティ、後半にドラマのパターンになっていった。 番組の仮タイトルは当初『〜まるまる全部ちびまる子ちゃん〜 まるまるちびまる子!』が挙げられていた。

番組のスポンサーは『あるある大事典II』の単独スポンサーだった花王を筆頭とし、前番組『ミリオネア』のスポンサーだったスポンサー(トヨタ自動車タマホームJAバンク再春館製薬所)を含む複数社で、再春館製薬所は後クレの後にCMが流れていた。

ドラマパートは『のだめカンタービレ』で定着した、エフェクトで漫画の表現を再現するというスタイルを継承している。

2007年8月11日には一部地域を除いて初の90分スペシャルが放送された(土曜ワイド枠にて、タイトルは『ちびまる子ちゃん豪華夏休みスペシャル』)。スペシャルでは第3回の『お母さんの日』と第8回の『父の日』と第10回の『幸せ極楽、保健室』の3本が再放送された。また、2007年9月27日には初の2時間スペシャルが放送された。

公式サイトで山田役の中上海輔が“半年間見るんだじょ〜”とメッセージを書いていることから、当初の放送予定が半年であったが、10月以降も放送。しかし、11月〜年末年始にかけては『ワールドカップバレー07』や後番組『奇跡体験!アンビリバボー』のスペシャルなどを放送で休止が多かったが、最終的に一年間まで延長されて終了した。民放でゴールデンタイム枠における児童層を対象にした連続ドラマは約20年ぶり(一応、同局による『木曜の怪談』も存在した)、またフジテレビ木曜19:00開始のドラマは、1973年4月9月放送の特撮番組『ロボット刑事』(19:00 - 19:30)以来、33年半ぶりである(一応この間『木曜の怪談』のほか、『スケバン刑事』シリーズなどの19:30開始ドラマも存在した)。

放送時間[編集]

プロ野球中継に伴う差し替え[編集]

  • 東海テレビは、中日ドラゴンズナイターが放送されるため、第1回は4月22日13:45 - 14:39(JST)に時差放送。木曜日に中日戦をローカルで放送する場合は、土曜日日曜日の昼に時差放送される。
  • テレビ新広島広島東洋カープのナイターを放送した場合も同様の対応となる。やはり第1回が週末時差放送だった。
  • テレビ西日本福岡ソフトバンクホークスのナイター中継を行ったときは土曜12:00 - 12:57(JST)に時差放送される。また、9月27日の2時間スペシャルも、千葉ロッテマリーンズ対ソフトバンク戦中継のため、9月29日14:00 - 15:54(JST)に時差放送された(ただし、8月2日分に関してはプロ野球中継(オリックス・バファローズ対ソフトバンク)のため8月4日12:00 - 12:57(JST)に時差放送する予定だったが、台風5号の影響で野球が中止になったため、差し替えなしでフジテレビとの同時ネットで放送された)。
  • 関西テレビ5月17日に一度だけナイター中継に差し替えたことがあった(テレビ新広島制作中継の実況自社差し替え)。その他の木曜日では野球中継に差し替えず、野球中継のほうを深夜の録画中継番組として放送された。

キャスト[編集]

ちびまる子ちゃんの登場人物も参照

さくら家[編集]

3年4組[編集]

バラエティーパート
エンディング

ゲスト[編集]

第1回
  • ドラマ『新学期。まる子、生き物係になる』
第2回
  • ドラマ『まる子、忘れ物をする』『遠足の準備が好き』(二本立て)
    • ドラマゲストなし
  • バラエティ
第3回
  • ドラマ『おかあさんの日』
  • バラエティ
第4回
第5回
第6回
第7回
  • ドラマ『まる子、お泊りに行く』
  • バラエティ
第8回
第9回『1時間バラエティスペシャル第1話』
第10回
第11回
第12回
  • ドラマ『家庭教師がやってきた』
第13回
第14回
第15回
第16回『1時間バラエティスペシャル第2話』
  • バラエティ
    • クォン・サンウ
    • 野沢直子
    • 小川菜摘
    • 荻原博子
第17回
第18回
第19回
第20回
第21回
第22回
第23回
第24回『1時間バラエティスペシャル第3話』
第25回
第26回
第27回
  • ドラマ『ほっかほっかのクリスマス』
    • 石塚英彦- 石焼いも屋のおじさん
第28回
  • ドラマ『モモエちゃんに会いに行く』
第29回
第30回
  • ドラマ『たかしくんの給食袋』
第31回
第32回
  • ドラマ『お姉ちゃんのバレンタインデー』
第33回『最終回ドラマスペシャル
  • ドラマ『まる子とお姉ちゃん、南の島に行く』
    • 上野樹里 - はたちになったまる子
    • パパイヤ鈴木 - バスガイド
    • 福井謙二(フジテレビアナウンサー) - 福引のおじさん

バラエティ[編集]

これまでに放送されたコーナー

  • インチキおじさん企画
  • 親子で熱唱!フロオケのど自慢
    • 厳密には投稿ビデオコーナーであり、そのビデオで親子が風呂の中でアカペラカラオケをしている場面が放送される。ちなみにお母さん役のノリピーの歌は出てきたことがない。
  • 狙いうち3文字しりとり
    • 七人のしりとり侍の踏襲企画で、まる子・お父さん・ゲスト等がリズムに乗ってしりとりするゲームコーナーである。
  • さくら家の特別授業
    • さくら家一員と戸川先生によるコーナー、2007年6月7日よりスタート。
  • 3年4組まるまる新聞
    • まる子とたまちゃんと花輪君とみぎわさんのコーナー、2007年7月26日よりスタート。
  • クイズ!まる子検定
    • さくら家一員が3年4組の教室のセットを借りて、まる子とお姉ちゃんが司会のクイズコーナー、解答者はお父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんの4人。2007年8月16日よりスタート。なお、出題者は司会のまる子とお姉ちゃんではなく副担任の松尾先生がナレーションアナウンスで担当。
  • 音楽教科書クイズ 唄う!まるまる音楽室
    • 森公美子と男性合唱団がアカペラで歌う、音楽科の教科書掲載の楽曲の歌詞を当てる。さくら家一員とゲストチームの対抗戦。2007年9月6日スタート。

アニメ版との共通点[編集]

  • オープニングテーマ曲がB.B.クイーンズの『おどるポンポコリン』(開始当初はアニメ版と同様に1番全体が流れていたが、5月以降はオープニングにはテーマ曲の一部のイントロが流れたあと、すぐドラマ、またはバラエティ部分が始まることがほとんどであった。末期にはこの曲が流れず、いきなりバラエティコーナーが始まることが多かった。)である。
  • エンディングテーマ曲もちびまる子ちゃん with 爆チュー問題の『アララの呪文』である。
  • ナレーションもアニメと同様、キートン山田である。

一夜限りの同窓会スペシャル[編集]

2007年7月12日に放送。20年後のまる子と3年4組の生徒たちの表情を描く。

キャスト(20年後の3年4組の生徒)[編集]

使用曲[編集]

劇中で槇原敬之の「遠く遠く」が使用された。

備考[編集]

  • 第1回は初回特別版であり、ドラマは45分間放送し、バラエティはエンディングのダンスとかつて『ポンキッキーズ』で放送していた『爆チュー問題の部屋』を放送するだけでとどまった。
  • 第2回はドラマを2本放送したが第3回からは従来の1本だけになった。また第3回では番宣当時、まる子とお母さんがジェットコースターに乗るシーンが放送されていたが、5月5日にエキスポランドで事故が発生。本放送時はカットされた。
  • 第9・16・24回は『1時間バラエティスペシャル』のためドラマは休止であった。
  • 第15回は『終戦記念特別ドラマ』のため第1回と同様ドラマを45分間放送し、バラエティは『親子で熱唱!フロオケのど自慢』とエンディングのダンスを放送するだけでとどまった。
  • 本作放映時においては原作漫画の掲載誌『りぼん』及び、その増刊の『あみーご!』においても本作のドラマ部分は取り上げられており、特に『あみーご!』では全4冊出ている内の2冊は本作(アニメ、原作含む)の特集号である。
  • 一夜限りの同窓会スペシャルで大人になった野口さんを演じた箕輪は後に『永沢君』でも中学生の野口さんを演じている。

スタッフ[編集]

  • 原作・原案 - さくらももこ『ちびまる子ちゃん』(集英社
  • 企画 - 松崎容子(フジテレビ)
  • スーパーバイザー - 関卓也(フジテレビ)
  • 制作著作 - フジテレビ

ドラマ[編集]

  • ナレーション - キートン山田
  • 脚本 - 樫田正剛
  • 技術プロデューサー - 江花佳恵(フジテレビ)
  • SW - 白田龍夫
  • 撮影 - 福澤亮介(バスク)
  • 映像調整 - 青田保夫(バスク)
  • 音声 - 堀知也(バスク)
  • 照明 - 清水智(FLT
  • 選曲 - 泉清二(SPOT
  • 音響効果 - 壁谷貴弘(SPOT)
  • VTR編集 - 杉山英希(バスク)
  • オフライン編集 - 落合真子(ワインド・アップ
  • HDエフェクト - 高岡直樹
  • MA - 上杉春奈(バスク)
  • 美術プロデューサー - 三竹寛典(フジテレビ)
  • 美術デザイン - 桐山三千代(フジテレビ)
  • 美術進行 - 久保典子(フジアール
  • アシスタントプロデューサー - 西澤桂
  • 演出 - 平野眞(フジテレビ)、小林和宏FCC)、樹下直美
  • プロデューサー - 東康之(フジテレビ)

バラエティ[編集]

  • ナレーション - 古川登志夫
  • 構成 - 樋口卓治都築浩そーたに、天野慎也、大井洋一、大悟法弘一
  • 技術プロデューサー - 高瀬義美(ニユーテレス
  • SW - 長瀬正人(ニユーテレス)
  • CAM - 小池悟志(ニユーテレス)、永澤剛(スウィッシュ・ジャパン
  • 映像調整 - 山下悠介(ニユーテレス)
  • 音声 - 篠良一(ニユーテレス)
  • 音響効果 - 高田智彰、山口将史(3×7
  • VTR編集 - 武藤洋徳(IMAGICA
  • MA - 円城寺暁(IMAGICA)
  • 美術進行 - 村瀬大(フジアール)
  • アシスタントプロデューサー:水田さおり
  • ディレクター - 城間康男(グスク)、内山大輔
  • 演出 - 中村肇(ビー・ブレーン)
  • プロデューサー - 菅野貴志(ビー・ブレーン)
  • 制作協力 - BEE BRAIN

DVDソフト化[編集]

「まるまるちびまる子ちゃん DVD-BOX」

2007年12月21日発売、ドラマをメインに収録。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 木曜19時台
前番組 番組名 次番組
クイズ$ミリオネア
(2000年4月 - 2007年3月)
まるまるちびまる子ちゃん
(2007年4月 - 2008年2月)
全国一斉!日本人テスト
(2008年4月 - 2009年7月)