石田弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いしだ ひろし
石田 弘
生誕 1943年9月21日(71歳)
東京都杉並区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 日本大学芸術学部
職業 テレビプロデューサー
活動期間 1967年 - 現在
活動拠点 フジテレビジョン
テレビ番組 ミュージックフェアオールナイトフジ夕やけニャンニャンとんねるずのみなさんのおかげでした
配偶者 あり

石田 弘(いしだ ひろし、1943年9月21日 - )は、フジテレビジョン人事局付嘱託エグゼクティブプロデューサーフジパシフィック音楽出版取締役。愛称は「ダーイシ」。東京都出身。

来歴[編集]

海城高校卒業後、日本大学芸術学部在学中からフジテレビでアルバイトを始め、1967年に中途入社。アルバイト時代から引き続きドラマを制作していたが、フジテレビ制作部門の分社化に伴い、ビデオソフト制作部門に異動。成人向けビデオの制作も行っていた。その後、分社化したフジ制作会社に出向し、音楽・バラエティ番組を担当した。『リブ・ヤング!』では洋楽とフォーク、ロックのみ扱い、この番組がキャロルのデビューのきっかけとなる。1973年より『ミュージックフェア』のディレクター、1980年よりプロデューサーを務める。

1980年代以降、『オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』、『とんねるずのみなさんのおかげです』などのバラエティ番組をヒットさせる。とんねるず石橋貴明にテレビ局に関係なくマネされていて、それを「ダーイシ男」としてコントにしたものもあった。

おニャン子クラブでは、傘下の音楽出版社であるフジパシフィック音楽出版を介して、権利をレコード会社と折半させたほか、ファンクラブの運営も委託。自前のファッションブランド「Hip's road」を立ち上げ、これらのグッズ販売の会社を設立(現在「エフアイランド」を運営する株式会社オンエア)させるなど、フジサンケイグループメディアミックスの基礎を作り上げた一人である。2005年の定年(役員待遇の特権を行使し2年延長)後もフジテレビに嘱託として在籍。2011年現在も、時折『ミュージックフェア』で自ら演出を担当する。

テレビ番組の演出以外では、1973年に日本初のプロモーションビデオ(PV)といわれるチューリップ心の旅」のミュージック・ビデオを制作。また、1975年の「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」の映像制作も担当。国内外の音楽関係イベントのプロデュース、演出も多数あり。映画『おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!』ではスペシャルアドバイザーを務めた。

エピソード[編集]

学生時代からエルヴィス・プレスリーの大ファンで、好きな曲は「ラブミーテンダー(Love Me Tender)」。『とんねるずの石田さんのおかげでした オールスター大感謝祭〜台場の中心で、Iが叫ぶ〜』では誕生日祝いとして、和田アキ子などの大御所たちが石田のためにこの曲を歌い、プレゼントした。

GARLAC』誌上のインタビューで「低俗と俗悪は違う。ふざける番組でも超えてはならない一線がある。悪ふざけにならないようにしなければならない」と自説を述べたことがある。ただし、『とんねるずのみなさんのおかげです』にて、「木梨憲武さんを偲んで」という視聴者ドッキリ企画を行なった際は、局に約800件の抗議電話が来たことがある。

糖尿病の持病があり、石橋からもしばしばネタにされている。しかしなぜかダイエットコーラと一緒にアイスクリームを好んで食べる。

担当番組[編集]

石田班のスタッフ[編集]

概要[編集]

フジテレビに限らず、テレビ局の制作スタッフは何らかの班に分かれて番組を作る。

上司だった横澤彪率いる「ひょうきんディレクターズ」と呼ばれる横澤班とは仲が悪く、後輩の王東順率いる「王班」とも一線を画していた。そのためか、横澤班が担当していた番組の収録には『ザ・ベストテン』(TBSテレビ)の追っかけ中継の立ち入りを許可されていた一方、石田は同番組を敬遠する対応を取っていた。

その後、横澤と王は退社し、石田が率いる石田班、横澤の横澤班、王の王班、それぞれに所属していた部下達はプロデューサーなどに昇進している。

2005年9月29日放送の『とんねるずの石田さんのおかげでした オールスター大感謝祭〜世界の中心で、Iが叫ぶ〜』では、スタッフロールの冒頭に「石田班」と表示され、以降は「石田チルドレン」とも呼ばれているらしい。

近年はFNS27時間テレビの特番等で三宅恵介ら横澤班出身のスタッフと組む事が多い。

スタッフの近況[編集]

港浩一
石田の一番弟子。フジテレビ取締役兼編成制作局バラエティ制作センター担当局長兼局内監査(常務取締役)。
稲村健(いなむら たけし)
ピボーテ代表者。AD時代に野猿オーディションで不合格。『とんねるずのみなさんのおかげです』ディレクター、コントドラマ「今何待ち?」演出、『脳内エステ IQサプリ』演出。
太田一平(おおた いっぺい)
AD時代に野猿オーディションで不合格。『メントレG』、『SDM発』、『とんねるずのみなさんのおかげでした』ディレクター、プロデューサーを経て現在チーフプロデューサー。『お台場明石城』(初回・2回目と『お台場生明石城120万石』)に出演。通称といち(細木数子命名)
関卓也(せき たくや)
まるまるちびまる子ちゃん』スーパーバイザー。『とんねるずのみなさんのおかげでした』演出担当。『ロバートホール水』、『木梨ガイド・週末の達人』プロデューサー。ドラマは「今何待ち?」をプロデュース、『美少女H』や『ほんとにあった怖い話』「社内怪報」(1999年8月27日放送)を演出。
時宗大(ときむね だい)
MUSIC FAIR 21』演出。『とんねるずのみなさんのおかげです』『オールナイトフジ・リターンズ』ディレクター。『MUSIC FAIR 21』演出。現在は『アイドリング!!!』のコンテンツプロデューサー。作曲家すぎやまこういちの長男
中垣佐知子(なかがき さちこ)
あいのり』AP
松村匠
AKS所属。ヒゲを生やしたイジられキャラ。AP時代にAPではなくアシスタントAP:AAP(オブザーバーアシスタントプロデューサー)だったらしい。『VivaVivaV6』プロデューサーのほか、『F2-X』、『はねるのトびら』チーフプロデューサーを担当であった。その後制作現場から離れ、事業局企画部長へ昇進。2010年、フジテレビを退社。
笠井一二
コンテンツ制作会社社長。『オールナイトフジ』ディレクター、『夕やけニャンニャン』チーフディレクター。その後フジテレビを退社。
水口昌彦
ポニーキャニオン取締役映画事業本部長。AD時代、石田の元で修行する。2009年6月、フジテレビからポニーキャニオンへ出向。
坂間和夫
『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』ディレクター。石田班所属以前は『ママとあそぼう!ピンポンパン』のディレクターを担当。皮肉にも当時の同番組のプロデューサーは石田班と犬猿の仲と言われた横澤彪であった。その後人事部へ異動、以降は制作現場から離れている。2006年、フジテレビを定年退職。おニャン子クラブ「会員番号の唄」の歌詞に出てくる"オコリンボ坂間さん"その人である。
木村忠寛
ライツ開発局企画部長。ものまね王座シリーズを担当。石田班時代は『夕やけニャンニャン』『桃色学園都市宣言』ディレクター。
石井正幸
営業局。『とんねるずのみなさんのおかげです』ディレクター・プロデューサー、『ミュージックフェア』ディレクター、『アイドルハイスクール 芸能女学館』プロデューサー。
小西康弘
コンテンツ事業部長。石田班時代は『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』ディレクター。その後は『めちゃ×2イケてるッ!』初代プロデューサー、『これがキャイ~ンだ!?』プロデューサー。めちゃイケでは岡村隆史が小西をモデルにした、こにしプロデューサーというキャラクターを演じていた。
鈴木正人
FCC出向。『夕やけニャンニャン』AD、『とんねるずのみなさんのおかげです』ディレクター。愛称:「スーさん」。長髪だったが、とんねるずのみなさんのおかげですの番組内で断髪した。現在は『run for money 逃走中』チーフプロデューサー。
渡邊俊介(わたなべ しゅんすけ)
バラエティ制作センター。 西山喜久恵アナウンサーの夫。入社時は生活情報局。その後、第二制作部(現:バラエティ制作センター)。『とんねるずのみなさんのおかげでした』プロデューサー。『中居正広のボクらはみんな生きている』ディレクターなどを経て、2003年6月、『FNS27時間テレビ みんなのうた』総合演出。2004年7月に編成部に異動し、『僕らの音楽-OUR MUSIC-』、『考えるヒト』、『ブログタイプ』、『恐怖の食卓』、『お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』などの編成を担当。2006年7月20日放送分よりバラエティ制作センターへ復帰。
神原孝
FCC制作室企画開発部長。王班を経て港浩一の下に属し『とんねるずのみなさんのおかげです』でディレクターを務める。野猿の結成メンバー。その後は『クイズ!ヘキサゴンII』演出兼任プロデューサーが主な代表。現在は『アイドリング!!!』の総合プロデューサー。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]