小島よしお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小島よしお
本名 小島 義雄(こじま よしお)
生年月日 1980年11月16日(34歳)
出身地 日本の旗 日本沖縄県[1]
血液型 O型
身長 178cm
方言 共通語
最終学歴 早稲田大学教育学部国語国文学科
出身 ギャグ大学偏差値2000(WAGEとして)
グループ名 WAGE(活動休止中)
相方 森ハヤシ岩崎う大
槙尾ユースケ野中淳
(いずれもWAGE時代)
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2001年 -
同期 友近 ナイツ 安田大サーカス など
過去の代表番組 クイズ!ヘキサゴンII
エンタの神様
爆笑レッドカーペット
配偶者 未婚
親族 小島孝之(実父・実業家)
受賞歴
2007年 第5回お笑いホープ大賞 激励賞
ユーキャン 新語・流行語大賞 2007 トップテン

小島 よしお(こじま よしお、1980年11月16日 - )は、日本お笑いタレント俳優である。本名及び旧芸名、小島 義雄(読み同じ)。沖縄県島尻郡久米島町生まれ、千葉県千葉市稲毛区育ち。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。サンミュージックプロダクション所属。

プロフィール[編集]

身長178cm、体重70kg[2]血液型O型で左利き(ただしペンは右で書く)。WAGEを結成する以前はモデル活動していた時期もある。父は北海道出身。母は沖縄県出身。沖縄県(久米島)に生まれ、その後東京都に移り、さらに千葉市に転居。兄が一人いる。テレビ番組などでは沖縄にちなんだトークも多い。また、親の手伝いなどもあって、沖縄料理もできる。

千葉市立都賀小学校千葉市立都賀中学校千葉市立稲毛高等学校出身。小学1年生の時に、少年野球(学童野球)をしていた兄の影響を受け野球を始める。少年野球以降も中学・高校と野球部に所属。左投左打。ポジションは当初ピッチャーだったが、高校3年生の春にファーストにコンバートされる。打順は中学時代は主に3番、高校時代は4番。腕前に関しては「球は速いがストライクが入らないノーコン投手」「稲毛高校歴代4番で、一番セーフティバントが多い男」とされる[3]。また少年野球と中学野球部の時には主将を務める(高校野球部の時は主将ではない[4])。

TBSで放送された炎の体育会TVでは、持ち前のパワーを生かし、第一打席にペヤングソフトボール部のエース小長井美希からレフトへの決勝ホームランを放ち、抜けた打球をセンターからの好返球で三塁アウトにするなど、極めて野球についての能力は高い。

高校卒業後は一年間の浪人生活を経て、2000年に早稲田大学教育学部国語国文学科に入学。広末涼子とは同じ学部学科である[5]千葉俊二ゼミに所属し、後輩に綿矢りさがいた。 大学時代のサークルの中で活動していた元WAGEのメンバー(メンバーにはかもめんたるの2人がいた)。wageは素人でMXに出てコントをやっていた。 大学時代は日本テレビアナウンサーの宮崎宣子南日本放送アナウンサーの豊平有香と同じオールラウンドサークルに所属していた[6]。2006年に卒業。『ヒルナンデス!』で大学時代に2年留年していたことを明かした。

ネタに「祖父はブラジル人」というものがあるが、それはファンのアイデアからできたものであり、ブラジル人の祖父はいない[7]

「早慶制覇」を長年目標としており、2011年には山根良顕庄司智春らと慶應義塾大学を受験したが、全員不合格だったことが、自身の出演しているラジオ番組『レコメン!』などで発表された。[8]

日本漢字能力検定準1級を所持している。2008年には、なまはげの里の「なまはげ伝導士」認定試験を受け資格取得している。

2012年に、「ダイエット検定」の2級・1級を獲得。次いで、2013年に上位資格である日本ダイエット健康協会認定「インストラクター」を取得。

翌2013年に初著作である「小島よしおのダイエット検定 カロリー関係ねぇ!」を、日本ダイエット健康協会責任監修のもと、TOKIMEKIパブリッシングより上梓。 この本の出版により、ダイエット・健康・美容の専門知識を持つニュータイプの知性派芸人のイメージも強めた。

2014年には、NESTA(アメリカのフィットネス協会)の認定資格、「キッズコーディネーショントレーナー」の資格を取得。

上記書籍の発表とともに、“ダイエット芸人”としての側面的パフォーマンスとして、「あずき体操」を発表。 健康・美容に良いダイエット食材のアズキ(小豆)の成分や効果を紹介しながら、“アズキンキンキンキン”という小気味良いフレーズとテンポに合わせて、二の腕・美胸・お腹・美尻・美脚の部位別にダイエットダンスを行う。

同振付については、日本ダイエット健康協会が監修を行い、医療知識や解剖学に基づいており、「あずき体操」は過去のスベリ系、下ネタ系とは明らかに一線を画している。

将来の夢[編集]

  • 小学生時代に、小学校先生になる夢を抱いており、のちに教員採用試験を受けたが不合格であった。

略歴[編集]

芸風[編集]

筋肉質な体を強調するようにブーメランパンツ一丁の姿で登場することが多い(いわゆる「裸芸人」)。2008年10月31日放送分『ぐるぐるナインティナイン』では、自分と同じブーメランパンツを着用した所属事務所の後輩芸人達(あんぺあ、フィフティーカーニバルなど)を引き連れて「小島よしお&ブーメランズ」として出演したこともある。

「そんなの関係ねぇ!」[編集]

『ユーキャン新語・流行語大賞2007』トップ10に入賞。小島をスターダムにのし上げたもっとも代表的なネタ。最も多用する流れは以下のようになる。

  1. まず体験談などを話す、小ネタをやって見せたりするなどの前振りを行う。
  2. 途中で言葉を間違えたり先にオチを言ってしまったりといった失敗に気付き「あー、下手こいたー!」と落ち込んで床にひざまずき頭を垂れる。
  3. すかさずBGMが流れだし、リズムにあわせて尻を高く突き上げたあと勢いよく立ち上がる。そして軽快な音楽に合わせてネタを始める。最初は「ウィー!」「ホラホラホラホラ!」、あるいは両肩を揺らしながら「揺れてるよー!」などから始まる。
    • 尺が短い場合はBGMを流しながら登場して、ネタを始めることもある。
  4. 先の失敗を受けて「ア、ソレ、ア、ソレ、ア、ソレソレソレソレ、○○○、(だけども だっけぇど)、×××、でもそんなの関係ねぇ! あー そんなの関係ねぇ! あー そんなの関係ねぇ!」と利き腕の左腕を、こぶしを握り締め振り下げる。
  5. その後続けて白目をむきながら左腕と右脚を斜めに伸ばして“イ”に似たポーズを取り、「はい(セイ(say))!おっぱっぴー」と叫ぶ。
    • 傾向としては、『ぐるぐるナインティナイン』では「セイ!おっぱっぴー!」、その他の番組では「はい!おっぱっぴー」と言うことが多い。
  6. 「チントンシャンテントン、チントンシャンテントン」と唱えながら軽妙な踊りを見せる。
    • 元々は三味線の擬音を表現したもの。ただし、2007年に『東貴博のヤンピース』へゲスト出演した際、アニメ『少年アシベ』の主題歌「まかせて!チン・トン・シャン」から採ったという発言もしている。このフレーズを間に挟むことで、激しい動きによりあがった息を一旦整え、次に備えるブリッジとしての役割も兼ねているようである。

というもの。「でも『そんなの関係ねぇ!』×3→『はい!おっぱっぴー』→『チントンシャンテントン』×2」が基本の流れとなるが、短いネタを連発するときはこの限りではない。最近[いつ?]は「はい!おっぱっぴー」→「ウィー」という流れが多い。

BGMは初期はWoodyの「hype 'o' tek」、TWIN PITCHの「GHETTO BLASTER」を使用、いずれもDJ TASAKAのミックスアルバム『DJ Tasaka Presents Mix Of Colors』収録。この2曲をノンストップで編集したものを演奏)。2011年現在は元さくらんぼブービーの木村圭太(苺森圭太)リミックスによる「小島よしお Episode I / Episode II」を使用している。イントロは前者が1小節、後者のうち「I」は3小節、「II」は2小節である。

初期の頃はネタの途中に必ずと言っていいほどおかしくなり、オチに繋がらずに終了してしまったり、また「はい!おっぱっぴー」ではなく、「○○○おっぱっぴー」と言っていた。2007年5月に行われた「第5回お笑いホープ大賞」で準決勝(B組)に進出した際、ネタ見せのオチは「暗転下さいおっぱっぴー」だった。司会者に「『おっぱっぴー』ってなんですか?」と質問されると、さも「当然でしょう」と言わんばかりのしたり顔で「ーシャン・シフィック・ピース(太平洋に平和を)」の略だと答える所までがネタ。 太平洋の英語での表記は(The)Pacific ocean(パシフイック オーシャン)であり、本人は太平洋のことを英語では Ocean Pacific であると勘違いしていたことをテレビ番組で述べている。

「おっぱい」の「い」の部分を放送禁止用語を隠すためのビープ音(ピィー)として表現し、「おっぱ○ー」が元ネタという説もある。

日本語の擬声語(オノマトペ)について著書がある小野正弘によると、「おっぱっぴーは、あの動きと白目をむいた顔のオノマトペだと思う」とのこと[9]

ネタが誕生したきっかけについては、学生時代DJだった先輩(さくらんぼブービーの木村圭太)がいきなりマイクを振ってきたが、面白いことを言えなかったときに「そんなの関係ねぇ!」という言葉がとっさに思いついたことがきっかけと小島自身が述べている[10]

このネタには明確な終わり方が存在せず、スタッフの判断や、小島本人があらかじめ決めておいた時間に音楽が止まり、その時点で終了となる形をとっている。そのため音楽が止まらなければギャグを言い続け、また話すことがなく、間をつなぐ時などは両手を軽く開いて肩をすくめて左右交互に前後にゆすり、どさくさ紛れに共演者に近づきながら「ウィー!」と言う。「ウィー」の応用的用法として、共演者が「僕、昨日家でWiiしてました」というものや、小島が肩を揺らしながら「ウィー!」とボケる、というものがある。

爆笑レッドカーペット』では1分という制限時間内にネタを披露するため「おっぱっぴー! 終わり!」と自らネタを締めたり、「はい、おっぱっぴー! 流して!」とステージ上のコンベアを動かすよう促したりしている。『エンタの神様』では当初「でも、そんなの関係ねぇ!」と連呼している間に照明が落ちて強制終了というのがパターンとなっていた。2011年現在では趣向が変わり「○○○○ ○○○○ 魔法の言葉 おっぱっぴー」でネタを締めて終了になっている。

プロ野球チームなどのマスコットが「そんなの関係ねえ!」の芸を真似ることも少なくない。特に中日ドラゴンズのマスコットのドアラが代表格とされ、動画サイトにも掲載されている。

その他のギャグ[編集]

ゲストや周りにいる人に「筋肉、ナイスですね」と言わせ、親指を頭の上に立て「ナイス! ナイス! ナイスタカラッターナイス!」と言わせるものがある。また、まれに最後の「ナイス!」が「コン!」(影絵の狐をつくりながら)や「おにぎり!」(拳をグーにして)などに変化することがある。

また、全身をブラブラさせながら体の各所をパーカッションのように叩き「ラッタラッタピーヤ ラスタピーヤ」などと踊り歌いつづけるものや、行進しながら「何の意味もない!! 何の意味もない!!」(締めは「ハイ、ズイズイズイー」)と叫ぶものもある[11]

2009年初頭から、ゲストや周りにいる人から「大丈夫?」と振ってもらった後、手を頭の上でたたきながら、「ダイジョブダイジョブー、ダイジョブダイジョブー…」[12]とリズミカルに繰り返し、「ハイ、ラスタラウェイ!」と叫び(右足を45度に傾けながら右手を敬礼風にこめかみに当て)、「ヤカシャカランランラン…」とグーにした手を上下させながら自身は左右に動くというものもある。「ラスタラウェイ」とは「Last Around Way」のことであり、「最後の遠回り」という意味とのこと。これは一種のすべり芸であり、島田紳助からやめたほうがいいと忠告を受けたが、同年1月16日放送の『一攫千金!日本ルー列島』3時間SPにおいて、周りの人間に触れて伝染させる形式を完成させた。なお、伝染ギャグという形ではFUJIWARA原西孝幸の「ポクチン」や、ペナルティワッキーの「オバケの救急車」がある。紳助は「本番中に完成さすな」「(ヘキサゴンチームのメンバーに)今度の『ヘキサゴン』からやってあげてくれや」とコメントした。この伝染形式はまだ、終わらせ方が決まっていないため、同年2月18日・25日放送分『クイズ!ヘキサゴンII』において、同番組の携帯サイトで終わらせ方を公募することが発表された。そして同年3月18日放送で、約3,000通集まったと発表。その中から幾つかやるがスベった感じになってしまい、再度公募されることとなった。

また、「ウィリアム・テル序曲」に乗せ乳首を両手で隠したり見せたりしながら「パッパカパッパカパイパイパイ、パカパッパカパッパカパイパイパイ、パカパッパカパッパカパイパイパイ、パカパーッパカパイパイパイ」と踊るギャグもある。                             

『ぐるナイ』などでは、実母である「お母さん」(別名:おっぱっぴーの母)と共演することもある。

「そんなの関係ねぇ!」と流行の終了したネタをやり、共演者から「何ですか、それ?」などと言われると「2007年に一世風靡した…」と自身でフォローを入れる。

他にも「なんかちょーだい」「コジマリオネット'」「90度ー90度ーここ(膝など)の角度は90度ー」といったギャグがあり、上記のギャグと合わせて『ケロロ軍曹』のエンディング「だいじょうぶスッポンポン・フレンド」でいくつか見ることができる。ゴリラ漫談という関西弁で喋り、すぐにバナナを欲するというネタもある。

エピソード[編集]

  • トーク番組、クイズ番組などのお笑い番組以外では普通に服を着て出演する事が多い。
  • 母親から琉球王国第一尚氏王統第2代目国王の尚巴志王の子孫だと聞かされている[13]
  • 父親は、国政選挙に民社党民主党公認で六度出馬したことがあるが、結果はすべて落選。ちなみに千葉県議選にも出馬しているが小島によると「プリティ長嶋は当選したがうちの親父は落ちた。」とのこと。
  • WAGEで活動していた2003年頃の髪型は、アフロヘアーだった[14]
  • 「おっぱっぴー」の本当の起源については諸説ある、日本たばこ産業 (JT) の地球温暖化防止キャンペーン広告には「Only Panty Pickup(オンリーパンティーピックアップ、パンツしか穿きません)」というパロディがあった。
  • 浪人時代は夏まではアルバイトをしたりなど、受験勉強をあまりしていなかったが、夏から気持ちを入れ替え1日16時間近く勉強をしたとのこと。
  • 体型は見かけ倒しではなく、ベンチプレスは95kg(フォームはJPA公式ルールだと失格)まで持ち上げることができる。シェイプもアメリカのプロボディビルダー、メルビン・アンソニーが来日した時に小島の出演するテレビ番組を観てその絞られた体を褒めたほどである。ブルース・リーのような締まった肉体が理想と語っている。
  • WAGE時代からポルノグラフィティ新藤晴一と交友があり、新藤の野球チーム「桜ヶ丘クロゴス」にも所属している。また、新藤がパーソナリティーを務めるラジオ「カフェイン11」にゲスト出演したことがある。
  • PerfumeとはWAGE時代からの顔見知りで、西脇綾香曰く「インストアイベントで小島さんが司会をしてくれたこともあった」という[15]。Perfumeのレギュラー番組『HAPPY!』では久々の再会を果たした。Perfumeの面々はブレイク当時の小島を見て「売れて良かったなぁー!」と喜んだという。
  • 当初の芸名は本名そのままの「小島義雄」だったが、親交のあるフジテレビの双川正文(ピン芸人「ふたじろう」)に「小島よしお」と平仮名にした方がいいと言われ改名する。
  • 自分が一発屋だということもネタにしている。同じ事務所のダンディ坂野から「まるで俺と同じ道を歩んでいる」と言われたことがある[16]
  • ジャマイカレゲエDJPATEXXが自身の曲「japaneeze dance ft cutty」で「おっぱっぴー」や「そんなの関係ねぇ!」を取り入れている。これらは自身のMyspaceのページ [1]で無料試聴することができる。さらに2008年にはアメリカのヘヴィメタルシンガーアンドリューW.K.が、「そんなの関係ねぇ!」「おっぱっぴー」を連呼する「そんなの関係ねぇロック」を着うた限定でリリースした。
  • 2007年に小島のギャグから名前がつけられた「ソンナノカンケーネ」という競走馬中央競馬でデビューした。当初は「ソンナノカンケーネェー オッパッピィー」で申請したが文字数制限(9文字)の規定により却下された。命名は小島および事務所非公認であったが、のちに馬の存在を知った小島は馬券を買って応援した[17]
  • 小島が愛用している、通称「オッパッピー海パン」と呼ばれる赤と緑のストライプが施されたブーメランパンツ(海水パンツ)は、フランスのブランド「HOM」の「TAMARIS」シリーズの2007年春夏バージョン。日本ではトリンプ・インターナショナルが輸入し販売を行っていた。トリンプではこのデザインの商品を約200枚輸入したが、小島が同年夏にブレイクしたことから、トリンプや販売店には8月以降「オッパッピーの海パンはあるか」「息子にはかせたい」などといった問い合わせが相次ぎ、ほどなく入手困難になった。さらに10月に入ると、小島があるテレビ番組[要出典]で入手先が東京都内の伊勢丹であることをカミングアウトし、それから間もなく完売したという。また同時期、あるテレビ番組[要出典]が都内の取扱店で「オッパッピー海パン」数十枚を買い占めたという説も流れた。このデザインは同年春夏限定のため、今後の入手は不可能となっている。
  • 2008年1月26日、Yahoo! Japan内のサービスYahoo!知恵袋に小島を名乗る人物が現れ、「僕のことをどう思っていますか?」という質問を投稿した。投稿には補足として「本物です」「今後の参考にします」などと小島本人であることを強調する書き込みがあり、中には「ネタ切れなんです」という自虐的な発言もあった。質問者が本人かどうかを確認する術がないため真偽は不明ながらも芸人名義での書き込みが話題を呼び、トピックは20万回以上閲覧され、コメントも700件を超える大反響となった。コメントには辛辣なものもあったが大半は好意的なもので、「2008年に消えるタレント」として名前が挙がる小島の人気を図らずも証明する形となった。この件について小島の所属事務所・サンミュージックは「コメントできません」との回答をしている。その後2008年2月6日、日本テレビ『ラジかるッ』内の小島自らが担当するコーナーでこの投稿を基にした新聞記事が取り上げられ、小島はこの投稿に対し「偽者である」とコメント。その際「ネタ切れは本当」「コメントは参考にしている」などとオチをつけた。
  • 上記の通り、沖縄県出身となっているが物心付いた頃には関東で生活していたため、2008年3月20日放送分『秘密のケンミンSHOW』では千葉県民として出演した。
  • 2008年7月5日放送分『ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円』では1stステージで敗退し、その後8月2日放送分で、マネージャーから「もう終わりますよ」と言われ周囲からもプレッシャーを感じたと言う。しかし、その放送では100万円を獲得した。
  • 反射神経がよく、小学生の頃、教室に入ってきたを捕まえるのが得意だったため「ハニーハンター」と呼ばれていた。
    • アドレな!ガレッジ』ではバッティングマシーンの球を正面からバットを振り下ろして打ち落とすという企画でいとも簡単に打ち落としただけでなく、自らバッティングマシーンに近づいて行って超至近距離から打ち落とすという快挙を見せた。その際、「小島は特殊な能力を持っているのでマネしないで下さい」というテロップが表示された。
  • 「そんなの関係ねえ!」と言っている時には1/fゆらぎが出ていることが判明したが[18]、同じ機械で測定した結果、それ以外のギャグでは出ていないことも判明した。
  • かなりの漫画好きであり、自身のラジオ番組では漫画に関する専用コーナーを立ち上げた。特に好きな作品には『おぼっちゃまくん』、アニメでは『きんぎょ注意報!』を挙げている。
  • 第94回全国高校野球選手権千葉大会の2回戦(VS拓大紅陵戦)にて、海パン一丁で母校の千葉市立稲毛高校の応援を行っていた[19]
  • 2013年放送の深夜番組で小島よしおは本当にいい人?と言う事で実験をしたがお婆ちゃんの荷物を持ってあげたり、金を貸してくれと言う後輩芸人を宥め自分のマンションに住んでいいと言ったり、さらにはサラリーマンがヤクザ風の男たちに絡まれていたところを助けたりととてもいい人だと言う事が分かった。
  • 自分の腹筋に1億円の保険をかけたことが判明。

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー[編集]

過去の出演[編集]

レギュラー出演[編集]
準レギュラー出演[編集]
特別・単発出演[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

BS・CS・インターネット放送[編集]

ナレーション[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

  • 小島よしおのペチクリカ (2009年12月23日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小島よしおSun Music Group Official Web Site 2013年8月9日閲覧
  2. ^ 小島よしお 自宅で細マッチョになる方法”. number do (2012年2月23日). 2013年1月4日閲覧。
  3. ^ 2007年9月1日のTOKYO FMカウントダウン・ジャパン』公開放送の岡野昭仁の発言による
  4. ^ 『週刊プレイボーイ』2010年3月15日号(集英社)
  5. ^ 広末は1999年入学なので1学年上だった。広末は後に中退
  6. ^ 2007年6月14日放送の日本テレビ『ラジかるッ』より、豊平の項は本人の証言による。
  7. ^ ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ)「おもしろ荘へいらっしゃい!」より
  8. ^ 小島よしお慶大文学部受験失敗
  9. ^ 2010年10月23日放送のTBSラジオ『久米宏 ラジオなんですけど』に小野正弘がゲスト出演した際の発言。
  10. ^ 2007年8月8日放送のTBS『明石家さんちゃんねる』による。
  11. ^ 『クイズ!ヘキサゴンII』の行列早抜けリレークイズで、正解すると必ず叫ぶ。2011年4月13日放送分において、島田紳助が「何の意味があるんやろ?」と質問した際に「何の意味もない」とネタ交えで答えた。2011年6月22日放送分でも叫ぼうとしたが、叫ぼうとしているのを察知した島田紳助に腕を掴まれて強制停止させられた。
  12. ^ 本人曰く、今の日本を元気にしたいという思いのギャグだが、今田耕司からは辛口のコメントをされている。
  13. ^ 2009年5月18日放送『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ)
  14. ^ 2007年8月18日放送『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(日本テレビ)
  15. ^ 2008年2月13日、PerfumeのライブMCより。
  16. ^ 2007年9月30日放送『行列のできる法律相談所』による
  17. ^ 「ソンナノカンケーネ」6着 それでも小島よしお「GI勝つぞー!」” (日本語). J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2007年11月12日). 2013年4月9日閲覧。
  18. ^ タモリ教授のハテナの殿堂!』より
  19. ^ 【甲子園】海パン姿で母校を応援する小島よしおさんの動画がアップされる
  20. ^ ビフォーアフター2010年3月7日放送「有名人の実家リフォーム相談スペシャル『人前で服を脱ぐ家』」
  21. ^ ビフォーアフター2010年4月25日放送「有名人の実家リフォーム番外編『人前で服を脱ぐ店』」
  22. ^ 読売新聞 (2013年5月23日). “千葉市長選 そんなの関係ある”. 2013年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]