井上和彦 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井上和彦
出生 1963年9月19日(51歳)
日本の旗 日本滋賀県大津市
出身校 法政大学社会学部
職業 ジャーナリスト
別名 軍事漫談家
国籍 日本の旗 日本
主な業績 航空自衛隊幹部学校講師
東北大学大学院非常勤講師
商社シンクタンク部門主席アナリスト
「国民の自衛官」選考委員
公式サイト

井上 和彦(いのうえ かずひこ、1963年9月19日 - )は、日本軍事ジャーナリスト。『たかじんのそこまで言って委員会』では軍事漫談家の異名を持ち、自ら自称している[1]

略歴[編集]

滋賀県大津市出身[2]大津市立皇子山中学校卒業。滋賀県立膳所高等学校卒業。法政大学社会学部卒業。大学卒業後の職歴は未詳。

自衛隊・軍事・安全保障・外交問題・近現代史が専門。書籍・月刊誌等の執筆活動、テレビ番組のコメンテーター、パネラー、キャスターを務めるほか、全国各地で講演活動を行なっている[3]航空自衛隊幹部学校講師、東北大学大学院非常勤講師、(公財)国家基本問題研究所客員研究員、民間憲法臨調代表委員、商社シンクタンク部門の主席アナリストも務める。平成25年より「国民の自衛官」(フジサンケイグループ主催、産経新聞社主管、防衛省協力)の選考委員。中学時代は風紀委員長で非行の取締りをしていたとチャンネル桜で明かしている(映像観覧可能)。

活動・主張[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • 『そのとき自衛隊は戦えるか』2004年3月(扶桑社ISBN 4594045499
  • 『親日アジア街道を行く』2005年8月(扶桑社、ISBN 4594050026
  • 『国防の真実こんなに強い自衛隊』2007年2月(双葉社ISBN 4575299359
  • 『こんなに強い自衛隊その秘密99』2008年9月(双葉社、ISBN 4575300705
  • 『写真で見る!! 自衛隊の最新兵器99』2010年4月(双葉社、ISBN-10: 4575302112)
  • 『こんなに強い自衛隊』(新書版)2010年7月(双葉社、ISBN-10: 4575153540)
  • 『シリーズ こんなに強い自衛隊 北朝鮮と戦わば』2010年11月(双葉社、ISBN 4575302721
  • 『誰も知らない自衛隊の真実』2011年4月(双葉社、ISBN 4575303155
  • 『【図解】萌える自衛隊 国民のための防衛白書』2011年8月(扶桑社 ISBN-10: 4594064604)
  • 『東日本大震災 秘録 自衛隊かく闘えり』2012年2月(双葉社、ISBN 9784575303940)
  • 『尖閣武力衝突 日中もし戦わば』2012年10月(飛鳥新社、ISBN:9784864101967)
  • 『日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争』2013年9月(産経新聞出版ISBN 9784819112291
  • 『最後のゼロファイター 本田稔・元海軍少尉「空戦の記録」』2013年11月(双葉社、ISBN 9784575306019)

共著・監修[編集]

  • 『核武装が日本を救う』2011年11月(チャンネル桜叢書、ISBN-10: 4792604400)
  • 総合国防マガジン『自衛隊FAN』2012年11月(双葉社、ISBN-10: 4575453315)
  • 『自衛隊おでかけぴあ』2013年4月(ぴあ、ISBN978483562177)
  • 『尖閣一触即発』2013年4月(実業之日本社、ISBN9784408109596)
  • 『悪韓論VS悪日論 日本と韓国はどっちが嘘をついているか』2014年1月(双葉社、ISBN9784575154276)
  • 『自衛隊おでかけぴあ2014』2014年4月(ぴあ、ISBN9784835622989)

連載[編集]

  • SAPIO』(小学館)で共同連載した『闘う自衛隊従軍記』などがある。
  • 『列国の軍事力-緊迫・北東アジア』(夕刊フジ
  • 『要警戒 韓国軍事力』(夕刊フジ)
  • 『賞賛される日本』(夕刊フジ)
  • 『歴史街道 大東亜戦争写真紀行-世界で感謝された日本人』(PHP研究所
  • 『教科書が教えない自衛隊』(EX大衆

雑誌[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 軍事漫談家:井上和彦プロフィール
  2. ^ 自由民主党県議団研修会開催”. 自由民主党和歌山県議団 (2010年10月21日). 2011年4月17日閲覧。
  3. ^ 『防人の道 今日の自衛隊』”. 日本文化チャンネル桜. 2011年4月17日閲覧。
  4. ^ 井上和彦「NHKスペシャル「JAPANデビュー」抗議噴出後に番組担当者が台湾再訪で行なったこと=井上和彦」、『SAPIO』2009年8月19・26日号、小学館2009年9月3日2010年1月9日閲覧。
  5. ^ 井上和彦「相次ぐ訴訟に隠蔽工作文書まで流出 「JAPANデビュー」問題の収拾困難=井上和彦」、『SAPIO』2009年11月11日号、小学館、2009年11月19日2010年1月9日閲覧。
  6. ^ 【安全保障】井上和彦がニュースを斬る![桜H26/7/21]チャンネル桜公式YouTubeチャンネル
  7. ^ 【安全保障】井上和彦がニュースを斬る![桜H26/3/6 ]日本文化チャンネル桜 2014年3月6日

外部リンク[編集]