太川陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太川 陽介
たがわ ようすけ
基本情報
出生名 坪倉 育生
出生 1959年1月13日(55歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京丹後市
血液型 A
ジャンル 歌謡ポップス
活動期間 1976年 ‐
事務所 サンミュージックプロダクション
公式サイト 公式

太川 陽介(たがわ ようすけ、1959年1月13日 - )は、日本俳優タレント、元アイドル歌手である。本名、坪倉 育生(つぼくら いくお)。

京都府中郡大宮町(現:京丹後市)出身。東京都調布市在住。サンミュージックプロダクション所属。

身長171cm。妻は女優藤吉久美子

来歴・人物[編集]

1976年、「陽だまりの中で」でレコードデビュー。デビュー時のキャッチフレーズは「昇れ!太陽くん」。芸名は都倉俊一によるもので、「太陽という文字を入れてみました」とのことである。

1977年、3曲目の「Lui-Lui」が太川自身最大のヒット曲となり、同年暮れの第19回日本レコード大賞を初め、各音楽大賞の新人賞を総なめにした。歌詞の最後で「Lui-Lui!」と叫ぶポーズが、太川のトレードマークとなっている(当時を知る女性ファンから「ルイルイやって!」とリクエストを受けることも少なくない)。1978年よりNHK総合レッツゴーヤング」の司会を務めるなど、昭和50年代を代表するアイドルであった。明るい曲調でヒットした「Lui-Lui」の次の曲が硬派路線の「Cry・Cry・Cry」だった。太川は「ルイルイの後はクライを三連発する曲となったけど、本当はB面の方が明るい曲でそちらを歌いたかった」と語ったことがある。

その後アイドル歌手から俳優・タレント業に転向。もともとアイドルとしては茶目っ気や庶民性を前面に出すタイプであったこともあり、ホームドラマやコメディに適した俳優としてNHKなどでは特に厚遇された。現在では主に舞台を中心に、ラジオパーソナリティ、旅番組などで幅広く活動している。

1995年、女優の藤吉久美子と結婚(太川は初婚だったが藤吉は再婚)。2001年には長男が誕生した。芸能界のおしどり夫婦として有名である。なれそめは、1994年にNHK大阪で藤山直美主演のドラマ新銀河『大阪で生まれた女やさかい』の撮影で共演したこと。撮影終了後に新大阪駅に向かうタクシーで相乗りし、そのまま新幹線で東京まで一緒に帰り、東京で食事をし、交際につながった。ちなみに前述のドラマでは、二人が一緒に出てくるシーンは一度しかなかった。また、それ以前はお互い顔と名前を知る程度で特に面識は無かったという[1]

実家は丹後ちりめんの卸販売をしている株式会社つぼりゅう香川県高松市叔母がいる。

蛭子能収とともに『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』に出演しているが、太川のリーダーシップと計画性、さらにはチームメンバーに対する細やかな気遣いには定評がある。なかでも正反対の性格である蛭子とのやりとりが好評で、ベストコンビとも言われている。このことは業界でも高く評価されており、水道橋博士は「蛭子さんを扱えるのは太川さんだけ」「自分たちの中で太川さんの何が凄いかといったら、蛭子さんと3泊4日一緒に過ごせること。なおかつ番組として成立させられてしまうのだから本当に凄い」と、評価している。これは問題行動や問題発言をよく繰り返す蛭子にうまく対処できない人が多いからである(だからといって、それでも常に蛭子をコントロールできているというわけではなく、道中で蛭子の心無い一言に激怒して感情的になったりする[2]ことはよくある)。

前述の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のほか「ぶらり途中下車の旅」の旅人としても長く活躍しており、旅番組のイメージが強い。また近年では旅番組にかぎらず太川が出演すると視聴率が跳ね上がることが多く、業界内では『太川は何かを持っている』という評価を持たれているとされる[3]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 陽だまりの中で(1976年12月20日発売)
(作詞:いではく/作曲・編曲:穂口雄右
  • 南風(1977年4月5日発売)
(作詞:石原信一/作曲:穂口雄右/編曲:高田弘
  • Lui-Lui(1977年7月5日発売)
(作詞:石原信一/作曲・編曲:都倉俊一
  • Cry Cry Cry(1977年10月25日発売)
(作詞:杉山政美/作曲・編曲:都倉俊一)
  • もって行け思い出(1978年2月5日発売)
(作詞:中村泰士/補作詞:石原信一/作曲:中村泰士/編曲:高田弘)
  • ヨーヨー(1978年4月25日発売)
(作詞:杉山政美/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀
  • ぼくの姉さん(1978年7月5日発売)
(作詞:上條恒彦/作曲:桑原研郎/編曲:高田弘)
  • それはないよお嬢さん(1978年8月25日発売)
(作詞:杉山政美/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀)
  • ビーナス・イン・ブルージン(1979年2月5日発売)
(作詞:山川啓介/作曲・編曲:馬飼野康二
  • ムーンライト・カーニバル(1979年5月25日発売)<NHK「レッツゴーヤング」オープニングテーマ>
(作詞:森雪之丞/作曲:平尾昌晃/編曲:あかのたちお
  • 走れ!江の電(1979年10月25日発売)
(作詞:藤公之介/作曲・編曲:小笠原寛
  • おとぎ話(1980年2月21日発売)
(作詞:太川陽介/作曲:福留順一/編曲:松井忠重
  • 心の翼(1980年5月21日発売)<日本テレビ「猿飛佐助」エンディングテーマ>
(作詞・作曲:小椋佳/編曲:戸塚修
  • そこに微笑が(1981年4月21日発売)<日本テレビ「かくれんぼ」主題歌>
(作詞:太川陽介/作曲:馬場孝幸/編曲:松井忠重)
(作詞:SHOW/作曲:小田裕一郎/編曲:入江純)

アルバム[編集]

  • 時の旅人(2014年9月25日発売)<全9曲>

ベストアルバム[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

音楽番組・バラエティー番組[編集]

情報番組・教養番組[編集]

  • ぶらり途中下車の旅(日本テレビ) - 準レギュラー。出演回数が2014年10月現在77回と最多で、舞の海秀平と共に当番組を牽引している。年に数回放送される2時間スペシャルにも2012年からは毎年1回は出演している。
  • 午後は○○おもいッきりテレビ(日本テレビ)
  • 健康は、おくち、からだ。教えて!歯周病のこと(2013年3月2日、BSフジ) - 番組内のドラマに出演(星山徹 役)
  • ゲンキになる!台湾~知られざる新北の魅力~(2013年6月1日、テレビ東京)

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • ルイルイ仕切り術:人生も会社も路線バスの旅も成功に導く40のツボ -2014年9月8日発売

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太川陽介 妻・藤吉久美子との出会いについてWikiの誤り指摘 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース” (2014年9月15日). 2014年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月15日閲覧。
  2. ^ 第12弾で蛭子の発言に激怒し、番組途中で「もう今回で最後にしよう、最終回です」と言い放ち、第16弾でも蛭子が太川の失敗を揶揄したことに激怒し「どういうことだよ、それは!」と言い放つなど、シリーズ終了の危機に見舞われたことが2度ある。詳細は当該項目参照。
  3. ^ 太川陽介 旅番組が高視聴率連発で「何か持っている」の声も (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース” (2013年11月10日). 2013年11月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]