相澤秀禎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相澤秀禎
基本情報
出生名 相澤與四郎、相澤芳郎
出生 1930年1月20日
出身地 日本の旗 日本神奈川県横須賀市
死没 2013年5月23日(満83歳没)
学歴 法政大学卒業
ジャンル カントリー・ミュージック
職業 ミュージシャン、芸能プロモーター
担当楽器 スティール・ギター
活動期間 1948年 - 2013年

{{{Influences}}}

相澤 秀禎(あいざわ ひでよし、1930年1月20日 - 2013年5月23日[1])は、日本実業家芸能プロモーターサンミュージックプロダクションの創業者で初代社長。本名は相澤芳郎(與四郎とも記されている[2])。自伝によれば姓名判断で上記の通称に改めたという。

来歴[編集]

神奈川県横須賀市出身。実家は金物商。中学生の時に第二次世界大戦終戦を迎え、横須賀に進駐軍が駐留した際にカントリー・ミュージックに触れるようになる。アメリカ海軍軍艦のエンジン洗浄のアルバイトなどもしていた[3]

三浦学苑高等学校卒業。法政大学在学中にバンド・ウエストキャラバンを結成。スティール・ギター奏者とマネジメントを担当して、米軍キャンプで演奏して回り、銀座のジャズ喫茶にも進出したが、ヴォーカルの山下敬二郎が移籍してバンド活動は行き詰まる[4]1959年にプレイヤーを引退して、銀座ACBのオーナーや堀威夫らが設立した東洋企画にスタッフとして参加。守屋浩のマネージャーを担当し[5]佐々木功佐川満男の発掘を行う。1961年、「龍美プロ」を立ち上げて日本クラウンより西郷輝彦をデビューさせた。

1968年鈴木栄治をスカウトし、森田健作としてデビューさせるにあたり龍美プロをサンミュージックプロダクションと改称し設立。 1970年代渡辺プロダクションが年功序列の給与制を、吉本興業等が完全歩合制を敷く中で、基本給にプラスして歩合給も支給した[6]

その後、森田を始め、野村将希桜田淳子松田聖子香坂みゆき早見優岡田有希子酒井法子安達祐実といったタレントをスカウト・育成し、デビューさせ、桜田・松田・早見・岡田・酒井の存在で“女性アイドルと言えばサンミュージック”という評価を確立させている。1973年には、以前からマネージメントしたいとラブコールを送っていた都はるみの移籍も実現させている。酒井がデビューした1980年代半ばには有力プロダクションとして名を馳せた[4]

アイドルの有望株には自宅2階に住まわせて寝食を共にして親代わりとなり[4][7]暖かく家族的な事務所経営を行っていたが[8]、1986年に岡田有希子が自殺、1989年に松田聖子が独立、1992年に桜田淳子が世界基督教統一神霊協会(統一教会)の合同結婚式に参加して芸能活動休止などの苦労も絶えなかった[4]

2004年12月、創業以来36年間務めてきた社長の座を長男の相澤正久に譲り、自らは会長に就任。自身のブログでは生涯マネージャーを標榜し、全国の事務所オーディションに自ら足を運んで有望な若者を発掘することに意欲を燃やし続けていた。

酒井法子が覚せい剤取締法違反(所持)で起訴された2009年9月には管理責任を取って会長を辞任、代表権のない相談役に退き、1年後に会長へ復帰している。

晩年は脾臓と肝臓に腫瘍が見つかり、通院を繰り返していた[1][9]2013年5月23日22時27分、膵臓癌のため入院先の東京都内の病院で死去。83歳没。戒名は「幸響院讃譽秀偉浄楽清居士」。28日に執り行われた通夜には桜田、松田・神田沙也加母子、酒井が参列した[10]。29日の本葬ではサンミュージックグループ各社所属タレントや芸能関係者が参列する中、相澤の一番弟子とも言うべき存在だった西郷、サンミュージック第1号タレントの森田、バンドマン時代から相澤と親交が深かった堀威夫(ホリプロ創業者)が弔辞を読み、相澤を偲んだ[11]12月10日、没する10日前を中心に再現ドラマなどで構成した『独占!昭和芸能界の真実 アイドル発掘王・相澤秀禎 ~泣いて笑った最後の10日間~』がフジテレビ「カスペ!」枠で放映された。

人物[編集]

ライターの中森明夫は、「悪く言われるのを聞いたことがない。私が芸能界で出遭った再高の人格者の一人だ」と記している[12]

CBSソニーのディレクターだった若松宗雄は訃報に接した際に「いつも笑顔で、人に優しかった」「魑魅魍魎の芸能界ではまれな、温厚で裏表のない方でした」と偲んだ[13]

かつての商売敵であり、ピンクレディー育ての親として知られる貫泰夫・T&Cミュージック社長も自らのブログのなかで「相澤さんの所ほどアットホームな事務所はないだろう」と述べている。

稲増龍夫の「アイドル工学。」インタビュー中では「ただテレビに出たいだけというような志の低い子は採用しない」と述べるなどタレント育成に厳しい一面も見せていた。

著書[編集]

  • 松田聖子のバランスシート(1983年、光文社
  • 人生に拍手を!(2007年、講談社

出典[編集]

  1. ^ a b “サンミュージック相沢会長死去…聖子さん育てる”. 読売新聞. (2013年5月24日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130524-OYT1T00688.htm?from=tw 2013年5月24日閲覧。 
  2. ^ サンミュージック創設者・相沢会長が死去 社員へ“遺書” スポーツ報知 2013年5月25日閲覧
  3. ^ 相澤秀禎のあゆみ 相澤秀禎プロフィール参照
  4. ^ a b c d 「蓋棺録 相澤秀禎」『文藝春秋』2013年8月号、pp.485-486
  5. ^ 堀威夫『いつだって青春 ホリプロとともに30年』東洋経済新報社、1992年、pp.63-64
  6. ^ 軍司貞則『ナベプロ帝国の興亡』文藝春秋社、1992年、pp.338-339
  7. ^ 相澤秀禎「『わが娘』酒井法子への手紙」『文藝春秋』2009年12月号、p.298
  8. ^ 吉田豪『元アイドル2』ワニマガジン社、2007年、p.270。在籍した来栖あつこの証言。
  9. ^ サンミュージックの相沢秀禎会長が死去 日刊スポーツ 2013年5月24日閲覧
  10. ^ 相澤会長通夜しめやかに 森田健作、ベッキーら参列 ORICON STYLE 2013年5月28日閲覧
  11. ^ 相澤会長告別式に約700人 北島三郎らが最期の別れ「厳しい道を歩いてきた良き友」 ORICON STYLE 2013年5月29日閲覧
  12. ^ 中森明夫「アタシジャーナル 141 酒井法子を擁護する!」『週刊朝日』2009年9月28日号、p.99
  13. ^ 松田聖子 岡田有希子 酒井法子… お騒がせ女優の"太陽"だった相澤会長」『週刊文春』2013年6月6日号、p.149

外部リンク[編集]