スコラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スコラは、グラビアなどを主体とした若年男性向け情報誌。および雑誌の発行元である出版社株式会社スコラ(および株式会社スコラマガジン)の社名。

雑誌「スコラ」[編集]

雑誌『スコラ』は、1982年に創刊された若年男性向け情報誌である。創刊当初は発行元として株式会社スコラと講談社の両方が記載されていたが、その後、株式会社スコラのみとなり、1999年の株式会社スコラの倒産後には株式会社スコラマガジンから発行された。

株式会社スコラ時代[編集]

毎月第2・第4木曜日発行の月2回刊であった。内容は、フォトグラビアを中心に新車情報や音楽情報のほか漫画までと多岐にわたっており、発行日・内容ともに先発の小学館の『GORO』を強く意識した作りであった(『GORO』も同様に毎月第2・第4木曜日発行)。また、当初はフランスの男性誌『lui英語版』と提携し、外国人のヌード・グラビアも掲載していた。この点では、「PLAYBOY日本版」という位置づけを持つ『月刊プレイボーイ』との類似性も見いだせる。グラビアについては、『GORO』に連載されていた篠山紀信激写シリーズに対抗して、長友健二による素人ヌード「キミの街の女の子」や野村誠一の「熱風写真館」シリーズが連載された。また、図解付きのセックス特集が売り物であった。

株式会社スコラの倒産に伴い、創刊17周年記念特別号と銘打った1999年4月8日号(通巻第423号)が最後の号となった。

株式会社スコラマガジン時代[編集]

1999年12月に新装刊第1号(通巻第424号)を発行。毎月1回刊の月刊誌となった。誌面構成は、当初は旧スコラを踏襲していたが、徐々に水着グラビアが中心の雑誌構成となった。2006年8月発刊の2006年9月号をもって通巻500号を達成した。

有限会社エンカウンター時代[編集]

2007年、『スコラ』編集長であった生井伸彦は、株式会社晋遊舎の子会社として株式会社エンカウンターを設立。発行元はスコラマガジン=辰巳出版、編集を株式会社エンカウンター=晋遊舎が行うという変則的な体制をとるに至った。

2010年5月、同月25日発売の2010年7月号を持って休刊することをブログ上で発表した[1]

株式会社スコラ[編集]

1981年講談社が若年男性向け週刊誌の拡充を狙う目的で、株式会社スコラを設立。主に講談社発行の出版物の編集業務を担っていた。その後、1982年に雑誌『スコラ』が創刊され、以後同社は自社による雑誌・書籍の出版を行った。創社当時は販売、宣伝を講談社が担当し、株式会社スコラは編集、広告を担当した[2]。後、販売、宣伝も株式会社スコラが担当し、事実上の独立をした[3]。創刊当時は『ニュートン』(1981年創刊)や『オムニ』(1982年創刊)等の科学雑誌の創刊ラッシュが背景にあり、ヌード記事もある大人のためのニュースタイルのサイエンス・マガジンとして計画されていた。事実、小説家渡辺淳一による「渡辺淳一 未来学対談」などの科学記事も連載されていた。他、評論家立花隆による連載「青春漂流」や時の人をドキュメンタリータッチで描くロングインタビューの連載など、硬派な側面も合わせもった誌面作りとなっていた。また毎号20名以上の著名人が入れ替わり立ち替わり書くエッセイ集「スコラ・スクランブル」なども連載された。[要出典]

最盛期には、『コミックスコラ』『コミックバーガー』(1996年に『コミックバーズ』に誌名変更)などを始めとする漫画雑誌や、書籍、ビデオ、写真集などを出版、デジタルメディアにも進出していた。主力である『スコラ』の売上げ部数が落ち込むようになり業績が悪化、1999年3月に倒産した。

株式会社スコラマガジン[編集]

その後、雑誌『スコラ』自体は新たに設立された株式会社スコラマガジンによって引き継がれたが、2010年7月号を最後に休刊した。また、スコラマガジンは辰巳出版の傘下企業として、各種雑誌・書籍の発行を行っている。一方、スコラが発行していた漫画雑誌『コミックバーズ』は、編集部がソニー・マガジンズに移籍し、一ヶ月の中断をはさんで復刊。後の2001年に、ソニー・マガジンズがコミック関連事業から撤退した際には、幻冬舎傘下の幻冬舎コミックスへ移管され継続発行されており、現在まで至っている。

脚注[編集]

  1. ^ 読者の皆様へ - データなし(2010年5月20日時点のアーカイブ
  2. ^ バーガーKC単行本奥付参照。
  3. ^ バーガーSC単行本奥付参照。

外部リンク[編集]