合同結婚式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

合同結婚式(ごうどうけっこんしき)とは世界基督教統一神霊協会、いわゆる統一教会(統一協会)の主催する宗教的行事の一つ。正式名は「国際合同祝福結婚式」。統一教会の内部では「祝福」と呼ばれる[1]

概略[編集]

統一教会では、人間の原罪(罪の根本)は人類始祖のアダムとエバ(イブ)がサタンを中心として愛の関係を結んだことにあるとしており、それを正すためには、神を中心として男女が結婚しなければならないとしている。そのために統一教会の教義において、この結婚が最も重要視される。

文鮮明の血統を受けた者だけが無原罪の子を産むことができるという儀式である。文鮮明と女性信者が手を重ね合わせたり聖水を受ける等の形式に転じた。

1960年4月に3組の信者を祝福したのが最初で、その後数年ごとに行われ、ほぼ毎回参加人数は増えており、2000年文鮮明は人類の半数にあたる4億組を祝福すると話した。

草創期は目の前で教祖がカップルを指名したり、信者に希望する相手を書かせたりもしていた。1988年頃から参加人数が多くなったこともあって、写真を見てカップルを決めるようになった。

信者同士が結ばれる本来の祝福の他に既婚者で祝福を受けた場合を「既成祝福」、夫婦いずれかが死亡している場合を「独身祝福」と言う(1997年までは伴侶が絶対善霊ではなかったためと言われ、現在は「霊肉界祝福」と言う)。また、一時は伴侶に先立たれた信者を他の信者と再婚させ、夫婦として祝福する「慰労祝福」というものもあったが、文鮮明は本来の原則にはないものとして、行わなくなった。

近年は見合い形式で伴侶を捜して祝福を受けるようになっており、また信者の子供達は親同士の計らいで結婚させることができるようになっている。このことはすでに祝福を受けた信者に限られているが、ほとんどの信者が祝福を受けるようになるので、ほとんどの信者の子供達が対象である。

1960年に第1回の合同結婚式が行われて以来、教団の発表では参加者数は回数を重ねるごとに増えているようだが、1997年以降からの祝福は参加条件が次第に緩くなった。必須条件とされた事前の7日間断食や21日修練会への参加や「霊の子」(自分が伝道した信者)を一定数持つこと、3年以上の献身生活(出家)、女性の年齢が23歳以上等の従来の条件が緩和(現在は18歳以上(高卒以上で親権者の同意必要)、但し家庭出発できるのは33歳以上)が緩和ないし撤廃され、一度破局した者の再参加や、既婚者で相手の充分な了承なく一人で参加することや、教会員にならなくても、教祖をメシアとして受け入れれば、他の信仰を持ったままでの参加も許されるようになった。

子女[編集]

合同結婚式で結婚した夫婦の間に生まれた子は「神の子」「祝福子女」「祝福二世」と呼ばれ、そうでない子「ヤコブ」「信仰二世」と区別され、「神の子」と「ヤコブ」は教義上「血統が違う」ということで区分され、両者がカップリングされることはなかった。「神の子」の父母「信仰一世」は熱心な信者であることが多いため、熱心な布教で全く構ってもらえず情緒不安定な子どもが多い。また献金で家庭が破産したり、そうでなくても非常に貧しい生活を送ることになる[2]。ベビーシッターや家政婦として二世の世話を任せられた信者は、家庭崩壊で子どもが健やかに育っていないのを目の当たりにしてその後例外なく退会したという[3]

祝福二世として生まれたにもかかわらず祝福相手と別れて結婚できないケースがあるなど、文鮮明の選んだ相手との婚姻の義務(憲法24条の問題)が薄れるにつれて、子女の不信心が芽生えてきたともいわれる。そこで近年は文鮮明教祖の後継者と目される三男の文顯進世界原研会長を中心に、子女教育に力を入れている。日本教会ではそのための本部の機構改編も行われたと言われ、子女の呼称も従来のように「祝福二世」「信仰二世」と区分せず単に「二世」と呼ぶように変わった。

歴史[編集]

教団公式ホームページなどから抜粋。参加者の数字はあくまでも教団の発表(教団の機関紙『ファミリー』2000年1月号)であり、その内容については、前節を参照。

  • 1960年
    4月16日 3組 ソウル市 龍山区青坡洞前本部教会
  • 1961年
    5月15日 33組 ソウル市 前本部教会
  • 1962年
    6月4日 72組 ソウル市 前本部教会
  • 1963年
    7月24日 124組 ソウル市民会館(鍾路区、現在の世宗文化会館の位置)
  • 1968年
    2月22日 430組 ソウル市民会館
  • 43組:1969年5月1日 渋谷区松濤・東京教会
  • 1970年
    10月21日 777組 ソウル市奨忠体育館
  • 1975年
    2月8日 1800組 ソウル市奨忠体育館
  • 1982年
    7月1日 2075組 ニューヨーク市 マディソン・スクエア・ガーデン - ホイットニー・ヒューストンが出演予定だったが直前でキャンセルされたことで話題になった[4]
    10月14日 6000組 ソウル市 蚕室総合室内体育館
  • 1988年
    10月30日 6500組 韓国京畿道 一和龍仁研修院
  • 1989年
    1月12日 1275組 韓国京畿道 一和龍仁研修院
  • 1992年
    4月10日 世界既成家庭合同祝福式(46カ国から126家庭)
    8月25日 3万組国際合同祝福結婚式(3万625組) 韓国ソウル市 蚕室オリンピック・メーンスタジアム
  • 1995年
    8月25日 36万組国際合同祝福結婚式 韓国ソウル市 蚕室オリンピック・メーンスタジアム
  • 1997年
    11月29日 4000万組世界祝福式(3960万組) アメリカ ワシントンD.C. ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム
  • 1998年
    6月13日 3億6000万組第1次世界祝福式(1億2000万組) アメリカニューヨーク市 マディソン・スクエア・ガーデン
  • 1999年
    2月7日 3億6000万組第2次世界祝福式(193カ国で3億6000万組) 韓国ソウル市蚕室オリンピック・メーンスタジアム
  • 2000年
    2月13日 4億組第1次国際合同祝福結婚式(186カ国から参加) ソウル及び各国会場
  • 2001年
    1月27日 4億組第2次国際合同祝福結婚式(135カ国参加) アメリカ 国際連合本部及び各国会場
  • 2002年
    2月16日 4億組第3次国際合同祝福結婚式(代表約3500組が韓国に参加) 韓国ソウル・オリンピック公園フェンシング競技場及び各国会場
  • 2003年
    7月13日 4億組第4次国際合同祝福結婚式(メーン会場に約3000組が参加) ソウル及び各国会場
  • 2004年
    7月26日 4億組第5次国際合同祝福結婚式(186か国の会員が祝福を受ける。日本から1000組以上のカップルが式典に参席) ソウル及び各国会場
    12月26日 天一国4年特別祝福(121組の国際家庭が誕生、日本から約40組の家庭が祝福を受ける) 米国・イーストガーデン
  • 2005年
    2月9日 天一国5年特別祝福式(主に韓国・日本・アメリカから代表が参加、113組のカップルが祝福受ける。) 韓国・天宙清平修錬苑
    8月1日 4億組第6次国際合同祝福結婚式 韓国・忠南柳寛順体育館及び各国会場
    12月29日 世界平和国際合同交叉祝福式(1147組) 韓国・天宙清平修錬苑及び各国公式会場
  • 2007年
    2月22日 平和世界実現のための太平聖代平和交叉・交体祝福結婚式(521組) 韓国・天宙清平修錬苑
    7月5日 2007太平聖代平和交叉交体祝福結婚式(1634組) 韓国・忠南柳寛順体育館及び各国会場 
  • 2008年
    7月6日 太平聖代神文明平和祝福結婚式(1次):153組 韓国・天宙清平修錬苑
  • 2009年
    1月31日 真のお父様卒寿祝賀記念「2009太平聖代神文明平和祝福結婚式」:マンハッタンセンター
    10月14日 10.14真の父母様天宙祝福式 韓国・鮮文大学校及び各国会場
    11月16日 11.16真の父母様二世祝福式 190組 韓国・天宙清平修錬苑
  • 2010年
    2月17日 1.4真の父母様天宙祝福式 韓国・KINTEX(国際総合展示館)及び各国会場
    10月10日 天地人真の父母定着完了10.14祝福式 韓国・鮮文大学校及び各国会場
  • 2012年
    3月24日 天地人真の父母勝利解放完成開門時代祝福式(メーン会場に2077組が参加)107,812組 韓国・清心平和ワールドセンター及び各国会場
  • 2013年
    2月17日 2013天地人真の父母天宙祝福式 (メーン会場に約3500組{未婚1000組、既婚2500組}が参加 )1万2000組 韓国・清心平和ワールドセンター及び各国会場
  • 2014年
    2月12日 2014天地人真の父母天宙祝福式(メーン会場に2500組が参加)2万組 韓国・清心平和ワールドセンター及び各国会場



脚注[編集]

  1. ^ 川崎経子 『統一協会の素顔 ─新装改訂版―その洗脳の実態と対策』 (教文館 2008年5月) ISBN 978-4764264335
  2. ^ 『カルトの子 心を盗まれた家族』p.168 - 170、178、p.180。
  3. ^ 『カルトの子 心を盗まれた家族』p.164。
  4. ^ 『カルトの子 心を盗まれた家族』p.153。

参考文献[編集]

教団側の文献[編集]

  • 世界基督教統一神霊協会広報部 『統一教会vsマスコミ―国際合同結婚式報道の真相』(光言社 1993年2月)ISBN 978-4876564057
  • 光言社出版企画部 『誰も書かなかった国際合同結婚式』(光言社 1993年3月)ISBN 978-4876560301
  • 世界基督教統一神霊協会 『統一教会の合同結婚式』(世界基督教統一神霊協会 1993年5月) ISBN 9784876564064

批判側の文献[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

教団側のサイト[編集]

批判側のサイト[編集]