サタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギュスターヴ・ドレによるダンテの『神曲』地獄篇の挿絵。地獄の最下層にいる悪魔大王を描いている。
ギュスターヴ・ドレによるジョン・ミルトンの『失楽園』の挿絵。地球へ向かうサタンを描いている。

サタンヘブライ語: שָּׂטָן‎、アラム語שָׂטָנָאギリシア語Σατᾶν, Σατανᾶςラテン語: Satan, Satanās)は、ユダヤ教キリスト教イスラム教における悪魔イスラームではアラビア語のアル=シャイターン (الشيطان) がこれに相当する[1]

ユダヤ教、キリスト教ではの敵対者、イスラム教では人間の敵対者とされる。

自由主義神学(リベラル)ではサタンが人格的存在であるとは必ずしも考えられていない。

ヘブライ語[編集]

ヘブライ語のサタン(シャーターン שָּׂטָן)は「敵対者」「妨げる者」「誹謗する者」「訴える者」を意味する。ヘブライ聖書では「敵」などを意味する普通名詞として何度もあらわれる。例えば、『民数記』22:22-35には道に立ちふさがる天使が登場するが、これにはサタンという言葉が「道をふさぐ者」という意味の普通名詞として使われている(翻訳された聖書ではサタンとは記されていない)。


新約聖書[編集]

新約聖書にサタンは多く出てきており、マタイ4:1-11、ルカ10:18、19、ヨハネ13:2、27、第一ペテロ5:8、黙示録12章、13:1-4、20:1-3、7-10などがある[2]ヨハネの黙示録12:9、20:2ではイヴを誘惑した蛇を「年を経た蛇」と呼んでいて、サタンと同一視している。

キリスト教で[編集]

キリスト教の伝統によると サタンは、元々「ルシフェル」という名の、神に仕える御使いであった。彼は多くの天使を率いる十二枚の翼を持った美しい大天使長であった。

サタンと悪霊[編集]

サタンと悪霊は堕落した御使いという共通点があるが、サタンと悪霊は区別されている。この場合サタンは堕落した御使いの階級的頂点にある存在であり、悪霊はその手下を指している。[3]

イスラム教で[編集]

天使を人間より下位の存在として位置づけるイスラム教においては、サタンが神に背いた理由は、神が天使より人間を上の位置に置いたことに嫉妬したためとされる。アザゼル参照。

オカルトで[編集]

上記の通り多様な面を持つサタンであるが、サタンという悪魔に関しては扱いがあいまいなことが多い。

サタンとは「悪魔・悪霊の統率者」としてのイメージが一般的であるが、その中で一体どのような存在であるか定まっていない。「悪魔の王・サタン」という存在でも、「サタンという名の悪魔がいる」「特定の著名な悪魔(主にルシファーなど)の異名」「サタンという悪魔・悪霊の階級がある」など、多様なとらえ方が存在する。七つの大罪や地獄の階級付けなど一般的な信仰とは相いれないような、神学的側面でも取り上げられることもあり、その名は多様な場所で見受けられる。

サタンと同一視される悪魔としてはルシファー(ルシフェル)を筆頭として、サマエルサタナエルベルゼブブなどが存在するが、書籍によってこれらがサタンという存在と明確に分けられていたり、同一視されている。

また、ヨハネの黙示録では赤い竜と同一視されているため、サタン=竜という図式が一部で存在する。これは西洋におけるドラゴンを悪魔と同列に扱う姿勢にも影響を与えている[4]

また、ルシファーやベルゼブブといった悪魔ほどではないが、フィクションでも用いられることが多い。いわゆる「悪霊・悪魔・魔物などの王」=魔王としての登場が多いが、その際も上記にある無数の説が入り乱れて利用されるなど、「これ」と言い切れるようなモデルは存在しない。

脚注[編集]

  1. ^ 複数形シャイヤーティーン (شياطين) は悪霊の意味で用いられる。
  2. ^ シーセンp.333
  3. ^ ビリー・グラハム『天使』いのちのことば社
  4. ^ 苑崎透『幻獣ドラゴン』(新紀元社)

参考文献[編集]

関連項目[編集]