フェラ・クティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fela Kuti
フェラ・クティ(1970年)}
フェラ・クティ(1970年)
基本情報
出生名 Olufela Olusegun Oludotun Ransome-Kuti
別名 Fela Anikulapo Kuti
出生 1938年10月15日
出身地 ナイジェリアの旗 ナイジェリア アベオクタ
死没 1997年8月2日(満58歳没)
ナイジェリアの旗 ナイジェリア ラゴス
ジャンル アフロビート
職業 シンガーソングライター, ミュージシャン
担当楽器 サックス, キーボード, トランペット, ギター, ドラム, ヴォーカル
活動期間 1958年 - 1997年
共同作業者 Africa '70, Egypt 80, Koola Lobitos, Nigeria '70
公式サイト felaproject.net

{{{Influences}}}

フェラ・クティFela Anikulapo Kuti, 1938年10月15日-1997年8月2日)はナイジェリア出身のミュージシャン、黒人解放運動家。ミュージシャンとしてはサックスピアノヴォーカルと多彩な技術を誇るマルチミュージシャンで、アフロビートの創始者として世界的に著名である。「Black President黒い大統領)」の呼び名で知られる。

来歴[編集]

幼時~大学まで[編集]

1938年フェラ・ランサム・クティナイジェリアアベオクタに生まれる。父は牧師兼教師でミュージシャンのキャノン・I・O・ランサム・クティ、母はナショナリズム運動家のフンミラヨ・アニクラポ・クティ。他に兄と弟、妹が1人ずついる。経済的には中程度以上の家庭であり、両親の影響で幼時は医学を学んでいたが、比較的早期に音楽への道を志すようになる。

クーラ・ロビトス[編集]

1958年ロンドンのトリニティ音楽大学に入学し、単身留学する。在学中にトランペットを習得し、友人たちと「フェラ・アンド・クーラ・ロビトス」(Fela Ransome-Kuti & the Koola Lobitos) を結成する。なおこの時期に黒人差別を体感したことが、彼に生涯にわたる深い影響を及ぼすことになる。1963年、同大学卒業。21歳のときに結婚した3歳年下の女性とナイジェリアに帰国する。クーラ・ロビトスを率いて本格的に音楽活動を開始するが、金銭面でかなり苦戦する。これはナイジェリアには音楽を愛好する富裕層が少ないことが一因であった。そのため彼はガーナへツアーに旅立つ。当時は流行のハイライフ・ジャズを演奏しており、バンドは人気を獲得するが金銭面での不調は続く。1968年アメリカツアーに向けた記者会見上で、自身の音楽を「アフロビート」と定義する。1969年、アメリカへツアーに旅立つ。しかし同国においてハイライフ・ジャズはありふれた音楽であり、聴衆の関心を集めるものではなかった。マネジメントにも恵まれず、さらに彼らは労働許可証を保持していなかったためアメリカ移民局に睨まれ、メンバーの一部が離脱するなど辛酸を舐めることになる。さらにここでも黒人差別に直面し、マルコムXブラックパンサー党などについて学び始める。これにより彼の音楽性は輸入音楽の物真似からアフリカ土着音楽への転換と、さらに政治的メッセージの重視へと変貌を遂げる。

アフリカ70[編集]

1970年、ナイジェリアへ帰国。アフロ・スポットと名付けた会場を拠点に活動し、バンド名を「'フェラ・アンド・ナイジェリア70」'、次いで「フェラ・アンド・アフリカ70」(Fela Ransome-Kuti and the Africa '70)に改名、この頃に上記の音楽性は確立される。これが「アフロビート」の完成である。聴衆の獲得に成功し、アフロ・スポットを「アフリカ・シュライン」に改名し、以後同会場はフェラの活動本拠地となり、聖地として現在も名高い。なおシュラインは「聖堂」を意味する。政治的メッセージはより強化され、黒人の解放に加えてキリスト教イスラム教の破棄、パン・アフリカニズムの実現をも訴えるようになる。またそれによる富裕層の圧迫も、時とともに激しさを増すようになる。

1974年、弾圧はついに公権力に及び、フェラは警察の自演による大麻所持容疑と未成年者誘拐で逮捕され、カラクタ監房に2週間拘置される。しかし大麻所持は証明されず、さらにフェラの許にいた未成年の女性(実際は成年女性だった)はあくまで自身の意思による家出であることが明かされ、彼は釈放される。帰宅したフェラは自宅の周囲を高さ4mの有刺鉄線で囲み、そこを「カラクタ共和国」と命名した。彼はその場所で志を同じくして集まった仲間たちと共同生活を営み、国家との対立を一層深めるようになる。一方でカメルーンツアーを成功させるなど、商業的には絶大な成功を収めるようになる。1975年、再び逮捕された経験を元に「Expensive Shit」を、警察にカラクタ共和国を攻撃された際に負傷した経験を元に「Kalakuta Show」を発表しヒットする。彼は都合12回逮捕されるが、そのつど証拠不十分によって釈放されている。

1976年、フェラは白人に強制されていたキリスト教の洗礼名「ランサム」を捨て、フェラ・アニクラポ・クティと改名する。アニクラポは「死を操れる者」の意味。また軍隊をゾンビに喩えた屈指の代表作「Zombie」はこの年に発表された。1977年、対立はついに頂点に達し1,000人の軍隊により共和国は襲撃を受ける。建造物は放火によって消失、77歳になっていたフェラの母フンミラヨはこのとき受けた傷が元で翌年他界する。フェラは拘留され裁判が開かれるが、この公判は警察によってニューヨーク・タイムズなどの外国報道機関を追放した閉鎖的なものであった。結果的に彼は釈放されるが政府の圧力により公演会場からは締め出されてしまい、カラクタ「共和国」という呼称も禁止勧告を受ける。1978年、バンドメンバーである女性コーラス27人と合同結婚式を行う。

エジプト80[編集]

1981年、音楽活動の傍ら講演会やシンポジウムに精力的に参加するようになり、大学生などから熱烈な支持を受ける。またこの年以降、バンド名を「フェラ・アンド・エジプト80」(Fela Anikulapo Kuti and the Egypt '80) に改名する。なおこの年日本版アルバムが初めて発売され、日本における認知が深まる。1984年、為替管理違反でついに懲役10年の実刑判決を受ける。しかし刑を宣告した裁判官本人が圧力による不当な判決である旨を公表し、国際的に支援運動が展開され1986年には釈放される。1980年代には音楽にエレクトリックサウンドが導入されるようになるが、フェラの体調不良やモチベーションの低下もあり活動は停滞を始め、リリースが減少していく。

1997年8月2日エイズによる合併症で死去。58歳。自身の音楽活動は実子のフェミ・クティ(Femi Kuti、1962年6月16日-)やフェミとは腹違いのシェウン・クティにより受け継がれている。

ディスコグラフィー[編集]

フェラはその長いキャリアにおいてスタジオアルバム、ライブアルバムを縦横無尽に発表した。彼の曲は非常に長大なものが多く、1枚に2~3曲しか含まれないものが多いこと、一旦音源に収録した楽曲は二度とライブで演奏しなかったこと、によってそのディスコグラフィーは体系的な整理を困難にするほど膨大なものである。ここでは日本でも聴くことが出来る作品を列記する。

  • Koola Lobitos 64-68
  • The '69 Los Angeles Sessions1969年
  • Fela's London Scene1971年
  • Why Black Man Dey Suffer(1971年)
  • Live!(1971年)
クリームジンジャー・ベイカーと競演したロンドン公演を収録したライヴアルバム。
  • Na Poi1972年
  • Open & Close(1972年)
  • Shakara(1972年)
音楽性が完成を見たと評価されているアルバム。
  • Roforofo Fight(1972年)
  • Afrodisiac1973年
  • Gentleman(1973年)
  • Alagbon Close1974年
  • Noise for Vendor Mouth1975年
  • Confusion(1975年)
  • Everything Scatter(1975年)
  • He Miss Road(1975年)
ジンジャー・ベイカーがプロデュースしたアルバム。
  • Expensive Shit(1975年)
警察に収監された体験から生まれたアルバム。タイトルは大麻所持容疑で逮捕されたフェラに対し、その証拠品を飲み込んだ彼の大便を執拗に要求した警察に対する皮肉。
カラクタ襲撃事件を描いたアルバム。最も著名なものの1つ。
  • Upside Down(1976年)
  • Ikoyi Blindness(1976年)
アニクラポに改名して初めてのアルバム。IKOYI(イコイ)は上流階級が多く住む地区の名前。
  • Before I Jump Like Monkey Give Me Banana(1976年)
  • Excuse O(1976年)
  • Zombie(1976年)
軍隊の襲撃を受けた体験から生まれたアルバム。こちらも最も著名なものの1つ。
  • Yellow Fever(1976年)
  • Opposite People1977年
  • Fear Not For Man(1977年)
  • Stalemate(1977年)
  • Johnny Just Drop (J.J.D Live!! at Kalakuta Republic)(1977年)
  • No Agreement(1977年)
  • Sorrow, Tears, and Blood(1977年)
  • Shuffering and Shmiling1978年
  • Unknown Soldier1979年
  • V.I.P. (Vagabonds in Power) Live in Berlin(1979年)
1978年のベルリン公演を収録したライブアルバム。タイトルは「VERY IMPORTANT PERSON」ではなく「権力を手にしたヤクザ者」の意味であることが冒頭で語られている。
  • Coffin for Head of State1980年
  • I.T.T. (International Thief Thief)(1980年)
ナイジェリアの企業を「国際的窃盗集団」と罵倒したアルバム。
  • Music of Many Colours(1980年)
Fela Anikulapo Kuti & Roy Ayers
  • Authority Stealing(1980年)
  • Original Suffer-Head1981年
初めてエレクトリックサウンドを導入したアルバム。本作からバンド名をエジプト80に改名。
フェラに無断でリミックス盤が製作されたこともあるアルバム。
  • Teacher Don't Teach Me Nonsense1986年
  • Beasts of No Nation1989年
  • O.D.O.O. (Overtake Don Overtake Overtake)(1989年)
  • Underground System1992年
結果的に遺作となったアルバム。だがその点を抜きにしても音楽性の評価は高い傑作。
  • Live in Detroit, 19862012年

映像

1981年にパリで行ったライヴを収録したDVD
1980年にフランスで制作されたドキュメンタリー、日本盤は「ザ・ベスト・オブ・フェラ・クティ(DVD+2CD)」として発売された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]