ピースカップ (サッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピースカップ
開始年 2003年
主催 鮮文平和サッカー財団
参加チーム数 12
前回優勝 ドイツの旗 ハンブルガーSV
(1回目)
サイト 公式サイト(英語)
テンプレートを表示

ピースカップ: PEACE CUP)は、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 統一教会の創始者である文鮮明が設立した財団法人「鮮文平和サッカー財団」(郭錠煥理事長)の主催により、2003年から隔年で開催されていたが、2012年大会をもって終了した。

概要[編集]

  • 大会の趣旨が「国境と人種の違いを超え、サッカーを通して世界平和に寄与する」であるため、大会名に「ピース(Peace)」がつけられている。
  • 大会名称は当初「ワールドピースキングカップ」であったが、アジアサッカー連盟(AFC)が勧告したことにより、「ピースカップ」に変更された。
  • 大会発足当時、プロサッカーのクラブチームによるカップ戦は南米代表と欧州代表が戦う「トヨタカップ」があったが、各大陸の強豪8クラブチームが参加する大規模なカップ戦が行われたのは今大会が初めてである。
  • 2007年6月25日の韓国聯合ニュースによると、同日国際サッカー連盟(FIFA)から正式承認を受けたと報道された。
  • 「心情文化平和世界のための一連の活動」である(『ファミリー』2003年8月号)。

開催方式[編集]

2003~2007年大会では、グループリーグは8クラブを4クラブずつの2グループに分けて行われ、それぞれのグループの1位が決勝戦を行う。 2009年大会では、12クラブを3クラブずつの4グループに分けて行われ、2012年大会では4クラブ1グループで行われた。

参加クラブ[編集]

2003年大会[編集]

  • 開催期間は7月15日7月22日
  • 元々はASローマイタリア)、レバークーゼンドイツ)、サンパウロブラジル)が参加する予定だったが、それぞれ棄権した。
  • 運営側と韓国の各報道機関が見切り発表と憶測報道を繰り返したため、大騒動となる。特にASローマ公式サイトでは、アクセス過多によりサーバーがダウンする事態が発生。結局、ASローマは不参加となるが、運営側は当時猛威をふるっていたSARSのためと発表。この事態を受け、すでに前売りチケットを購入していたファンから不評を買い、訴訟騒ぎにまで発展することとなる。
  • 組み分け抽選会にはペレ夫妻が招待され、セレモニーでペレ夫人が唄を披露。その後、ペレ夫妻は当初の滞在予定を大幅に繰り上げ、ほとんどの試合を見る事なく早々に帰国。
  • 優勝したPSVには教祖の文鮮明からカップと賞金を直接手渡され、大会MVPには朴智星(当時PSV)が選ばれた。
  • このときの韓国サッカークジ「サッカー・トト」の売り上げが史上最高(11億4千万ウォン)を記録した(従来の最高は3億6千万ウォン)。
  • 大会終了後、高額なチケット代や韓国に縁のないクラブ同士の試合による集客問題、過密日程、マッチメイクなど運営面での課題が浮き彫りとなった。

グループA[編集]

グループB[編集]

2005年大会[編集]

グループA[編集]

グループB[編集]

2007年大会[編集]

  • 2005年から2006年にかけ、北朝鮮で開催される予定との報道が流れた。過去2大会と比較し、事前報道が少ないまま5月27日に参加クラブが確定した。
  • これまで日本の報道機関があまり取り上げなかったピースカップだが、2007年5月9日付の日刊スポーツが報道。
  • 日刊スポーツによると、2007年始めから横浜F・マリノスジェフ千葉ガンバ大阪鹿島アントラーズなどに参加を打診、特にガンバ大阪へは日韓共催を視野に入れた内容であった模様。ナビスコカップや代表日程と重なる等の理由で断ったと報道された。
  • 2007年5月28日朝鮮日報日本語版で清水エスパルスの参加が決定と報道(現地韓国では各紙が27日に報道済み)され、これを引用する形で日本の報道機関が続く。
  • 2007年5月29日午前11時、韓国ソウルで組み合わせ抽選会が行われた。現地韓国の各報道機関は速報で流し、同日正午には詳細が現地で報道された。なお、清水エスパルスが公式サイトで参加を発表したのは同日19時前後であった。
  • 2007年6月8日付の日刊スポーツが、全国霊感商法対策弁護士連絡会(対策弁連)が清水に参加辞退を要請したと報道。
    • 清水エスパルス広報部のコメント

      「統一教会の主催なら出場していない。財団と教会は直結した関係と認識していないので出場する」

    • 統一教会・広報部(東京)のコメント

      「全国霊感商法対策弁護士連絡会は、ある特定の政治的意図をもって発足した団体。彼らの主張は、健全なスポーツ精神によって人種、国境、文化の壁を越え、世界の和合を目指そうとする「スポーツ祭典」に対するひぼうであり、思想の自由に対する侵害行為。ピース杯は世界から、サッカーを愛する人々が集まって和合するための祭典で、ある特定の団体の利益を目的とするものではありません。」

  • しんぶん赤旗は、対策弁連が設定した回答期限は6月14日、また対策弁連のコメントとして、高額の賞金は出所が不明であることから日本での霊感商法の収益の疑いがあると報じている。
  • 6月12日付けの韓国連合ニュースによると、主力選手の移籍のため、ウディネーゼが出場をキャンセルし、代わりにラシン・サンタンデールが出場すると報道。
  • 清水エスパルスは全敗(無得点)でグループステージ敗退した。
  • オリンピック・リヨンが初優勝。前2大会では決勝まで進出するも敗れていたため、念願が叶っての優勝だった。
  • MVP(ゴールデンボール賞)はカリム・ベンゼマオリンピック・リヨン)が受賞。

グループA[編集]

グループB[編集]

2009年大会[編集]

グループA[編集]

グループB[編集]

グループC[編集]

グループD[編集]

2012年大会[編集]

  • この大会から開催地が再び韓国になった。開催期間は7月19日〜7月22日。
  • 参加チーム数は8チームから4チームへと縮小した。
  • 優勝はハンブルガーSV。
  • 後に文鮮明死去。統一教会はサッカー等の対外事業縮小により、今大会をもって廃止となる模様。

結果[編集]

年度 優勝 結果 準優勝
2003 オランダの旗 PSV 1 - 0 フランスの旗 オリンピック・リヨン
2005 イングランドの旗 トッテナム 3 - 1 フランスの旗 オリンピック・リヨン
2007 フランスの旗 オリンピック・リヨン 1 - 0 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ
2009 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 0 - 0 aet
(PK 4 - 3)
イタリアの旗 ユヴェントス
2012 ドイツの旗 ハンブルガーSV 1 - 0 韓国の旗 城南一和天馬

統計[編集]

クラブ別成績[編集]

クラブ名 優勝年度 準優勝年度
フランスの旗 オリンピック・リヨン 1 2 2007 2003,2005
オランダの旗 PSV 1 0 2003
イングランドの旗 トッテナム 1 0 2005
イングランドの旗 アストン・ヴィラ 1 0 2009
ドイツの旗 ハンブルガーSV 1 0 2012
イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ 0 1 2007
イタリアの旗 ユヴェントス 0 1 2009
韓国の旗 城南一和天馬 0 1 2012

クラブ所在国別成績[編集]

国・地域名
イングランドの旗 イングランド 2 1
フランスの旗 フランス 1 2
オランダの旗 オランダ 1 0
ドイツの旗 ドイツ 1 0
イタリアの旗 イタリア 0 1
韓国の旗 韓国 0 1

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]