文鮮明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
文鮮明 / 문선명
ぶん・せんめい / ムン・ソンミョン
妻の韓鶴子と
生誕 1920年1月6日
朝鮮平安北道定州郡
死没 2012年9月3日(満92歳没)
大韓民国京畿道加平郡
職業 宗教家実業家
配偶者 韓鶴子
文鮮明
各種表記
ハングル 문선명
漢字 文鮮明
発音: ムン・ソンミョン
ローマ字 Moon Sun-myung
テンプレートを表示

文 鮮明(ぶん せんめい、朝鮮語: 문선명、ムン・ソンミョン、1920年1月6日陰暦)- 2012年9月3日)は、韓国宗教家、実業家。世界基督教統一神霊協会(以降「統一教会/統一協会」と表記する)、国際勝共連合の創立者。韓鶴子は妻。

概略

1920年1月6日、現在の北朝鮮にあたる平安北道定州郡で出生した[1][2]

若いうちから混淫派という新興宗教の熱心な信者となり、1946年混淫による社会秩序混乱の容疑で拘留された[1]。後に設立した統一教会/統一協会の「救世主とのセックスによって肉体の原罪は清められる」という教義の核心部分はこの新興宗教からアイデアを得たものである[3]1948年には信者の人妻との強制結婚現行犯で懲役5年の実刑判決を受け服役したが、服役中朝鮮戦争で進攻して来た米韓連合軍に「釈放」され、南朝鮮に逃亡した[1]1954年[2]5月1日ソウルにて「世界基督教統一神霊協会」を設立[1]1955年「72時間説教」と称して女性信者を監禁、「私は神の子だから、私と肉体関係を持てば、あなたは救世主を産むことができる」と貞操を奪った梨花女子大事件で逮捕されたが、陸軍保安司令部と政治取引をし懲役を免れたと言われている[1]など当初よりスキャンダルにまみれていた[2]1959年10月2日日本でも世界基督教統一神霊協会を設立、1964年には宗教法人の認証を受けた。1960年3月16日に当時高校生だった韓鶴子と公式には4度目の結婚をした[1]1975年に文鮮明が出した送金命令により[2]一時日本の統一教会/統一協会はその全経費の9割以上にあたる年間約240億円を文鮮明に送金しており[1]、日本の信者に大きな傷跡を残した[2]。この資金は文鮮明一族の私腹を肥やす他、一部は日本国内で国家機密法制定活動支援や中南米の反共右翼ゲリラ支援など反共謀略活動にも使われていた[1]

1968年に世界基督教統一神霊協会の下部組織として「国際勝共連合」を設立し反共活動に乗り出した[1]

1971年には「神の直接の命令」を受けたと称してアメリカ合衆国に渡り、朴正煕政権の手先としてアメリカ合衆国の国会議員買収工作や、リチャード・ニクソン大統領支援キャンペーン等に携わった[1]

メディアの影響力に早くから注目し、1975年1月には勝共連合機関紙「思想新聞」を改称発展させる形で一般日刊総合紙を装う形ながら事実上統一教会/統一協会と勝共連合の機関紙である「世界日報」を日本で、次いで1982年に「ワシントン・タイムズ」(有名紙ワシントン・ポストとは別物)をアメリカ合衆国で自らが主導して発刊[4]。その後も「ニューヨーク・シティ・トリビューン」、ウルグアイで「ウルティマス・ノティシアス」、中東で「ミドル・イースト・タイムズ」を発刊、1989年には韓国でも「世界日報」を発刊した[4]2000年には統一教会/統一協会系企業が経営危機となったアメリカのUPI通信社を買収した[5]。これらの発行に必要な莫大な経費は、日本の統一教会/統一協会の信者による経済活動が支えている[4]

1978年には世界言論人協会を発足させ、毎年世界各国の報道関係者を招いて「世界言論人会議」を開いている[4]1990年4月にソビエト連邦(現ロシア)モスクワで開催された「第11回世界言論人会議」ではクレムリンミハイル・ゴルバチョフ大統領と、翌年12月には北朝鮮を訪問し金日成主席と会談するなど世界の指導者や政治家などと何度か会談を行なった。

2012年9月3日午前1時54分、入院先の韓国・京畿道加平郡の清心(チョンシム)国際病院で肺炎などの症状によって死去[6]。92歳没。

統一教会/統一協会では、聖書預言された再臨イエス・キリストメシア)、全人類の父の立場にあるとし「真のお父様」[1]等と呼ばせている。

評価

経歴詐称

  • 本名は「文龍明」だが、統一教会/統一協会では龍はサタン(悪魔)だと教えており、都合が悪いので文鮮明と名乗ることにしたといい、信者のほとんどは本名を知らない[3][1]
  • 出身は現在の北朝鮮定州市にあたる平安北道定州郡であるが、北朝鮮地域の出身である事実は「北朝鮮はサタンの国」とする統一教会/統一協会の教義上都合が悪いため、内部誌では「韓国の平安北道出身」としている[1]
  • 早稲田大学で学んだと称していたがこれは古くから使っていた学歴詐称であり、統一教会/統一協会自身が経歴を公式に訂正したにもかかわらず、現場では未だそのように教えられている[3][1]

犯罪歴

  • 1946年北朝鮮平壌で混淫による社会秩序混乱の容疑で3ヶ月拘留された[1]
  • 1948年には信者の人妻との強制結婚現行犯で懲役5年の実刑判決を受けた[1]
  • 1955年女性信者を監禁、貞操を奪った梨花女子大事件で逮捕された[1]
  • 1984年アメリカ合衆国にて[7]、日本の統一教会/統一協会から送金された年間1億ドル(約240億円)に及ぶ莫大な献金[1]にからむ脱税[7][1]と文書偽造[1]の罪で懲役1年6ヶ月の実刑判決[1]を受けた。
  • 日本では統一教会/統一協会を通じて信者を洗脳し、献金のノルマを課し、「文鮮明に逆らうと地獄の一番下に落とされる[8]」「壷を粗末にすると不幸になる[8]」などと霊界と祟りの恐怖で人間の心を支配[8]し、価値のない壷や多宝塔を何百万円、あるいは何千万円で販売したと批判を浴びた[9]。献金ノルマは毎年厳しくなっている[10]
  • キリスト教原理主義が強い米国をはじめとする各国で統一教会/統一協会が異端視されている。また若者たちを洗脳して家庭から離反させ、街頭にて法外な値段でキャンディや花束を売らせるなどの商業営利事業や、右翼政治活動などに向けさせているなどのことから世論も批判的である[11]

来日

  • 1975年2月 - 通過査証で入国し、武道館で布教公演を行った。通過目的で入国したのに宗教活動をしたためこれは出入国管理及び難民認定法違反である[7]
  • 1979年 - 入国が許可されなかった[7]
  • 1978年 - 埼玉県神川村(現神川町)で国際合同結婚式のため1,600組の指名婚約を行なった[7]
  • 1981年 - 当時東海大学大学院に在学していた先妻の息子文聖進に面会するという理由をつけ「法務省は日本に入ってからの講堂を関知しない」という方法で通過査証発給が検討された。しかし文鮮明は日本で国際合同結婚式ができるよう宗教活動目的の入国を最後まで求めた[7]。当時の法務大臣奥野誠亮が事務次官や入国管理局長などに査証発給を促したが、実務側が過去の経歴を理由に合意せず、入国が許可されなかった[7]
  • 1982年 - 入国が許可されなかった[7]
  • 1984年 - アメリカ合衆国で懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けたため出入国管理及び難民認定法第5条1項4号[7]の規定「日本国又は日本国以外の国の法令に違反して、一年以上の懲役若しくは禁錮又はこれらに相当する刑に処せられたことのある外国人は、本邦に上陸することができない。」に該当し上陸拒否者となった[7]
  • 1992年3月26日 - 3月16日に日本統一教会/日本統一協会神山威会長が自身を身元保証人とし「北東アジアの平和を考える国会議員の会」との意見交換という形式で文鮮明の日本入国を法務省に申請[7]し、「日程に記されている以外に政治、宗教活動を行わない」旨の文書を提出[7]し、当時の法務大臣田原隆[7]が「国際情勢の変化[7]」「実刑判決から時間が経っている[7]」などを理由とし、出入国管理及び難民認定法第12条の上陸特別許可(第3号:大臣決裁)を与えた。この許可については法務省に対し金丸信(当時自民党副総裁)から政治的圧力があったという[7][注釈 1][12]。3月29日に中曽根康弘元首相と会談、3月30日夜には「北東アジアの平和を考える国会議員の会」主催の歓迎晩餐会で閣僚関係者など国会議員31人を前に1時間程講演を行った。この講演の内容は「頭翼思想[注釈 2]」「神主義」など独特の宗教的内容と北朝鮮訪問の報告で、訪日の目的と説明されていた意見交換は行なわれなかった。3月31日金丸信[13]と2時間半に渡り会談[7]、うち1時間は2人だけの密室会見[7]だった。4月1日午前大韓航空機で韓国に向かった[7]。この他のスケジュールは東京、名古屋、大阪で信者に説教し、霊感商法で使われた壷や多宝塔を輸入する会社「ハッピーワールド」など統一教会/統一協会系企業の訪問と明らかに宗教活動が中心であった[7]

家族

自らの家庭を「神の家庭」「真の家庭」「全人類の父母の家庭」とし、全人類が模範とすべき「モデル家庭」だと主張しているが、文鮮明自身不貞を認めている[14]他、実際の家庭は以下の状態である。

崔先吉との子供

1944年結婚、1957年離婚。

  • 文聖進(1946年生) - 男性。

金明煕との子供

文鮮明と金明煕は婚姻していないこと、文喜進の出生が崔先吉との婚姻中であることに留意。

  • 文喜進(1954年生) - 男性。列車事故で死亡。

韓鶴子との子供

1960年結婚。これが公式に認められているだけでも4度目の結婚である[8]

  • 文誉進(ぶんえいじん、女性、1960年生) - 組織を脱会[15]
  • 文孝進(ぶんひょうじん、男性、1962年生) - 19歳で文鮮明が選んだ洪蘭淑と結婚し21歳で原理研究会初代会長に就任するなど後継者として期待されていたが、ロック音楽や銃器などの趣味に没頭し、アルコール依存症、薬物依存症に陥った。不品行や暴力により結婚生活は破綻、1997年離婚した。その後洪蘭淑は『わが父文鮮明の正体』という文鮮明一族の内情を描いた暴露手記を出版している。再婚したが2008年45歳で死亡した。
  • 文恵進(ぶんへじん、女性、1963年生) - 生後1週間で死亡。
  • 文仁進(ぶんいんじん、女性、1965年生) - 合同結婚式の前に付き合っていた男性信者が文鮮明の隠し子であることが判明、強いショックを受けている[16]。結婚したが離婚[15]
  • 文興進(ぶんふんじん、男性、1966年生) - 男性。1984年1月[8]17歳の時[8]、米国で改造自動車を無免許で暴走運転中に事故死した[15][8]。その死の1ヶ月後文鮮明は、統一教会/統一協会が洗脳に利用する聖書やキリスト教では全く説明がつかない事柄ながら、文興進を統一教会/統一協会幹部の娘だった22歳の女性と「霊魂結婚」させ、霊感商法を正当化する内容の「興進様の啓示」が霊感商法販売全店舗に出されるようになった[8]
  • 文恩進(ぶんうんじん、女性、1967年生) - 組織を脱会し一般男性と結婚[15]。父親である文鮮明に隠し子が存在することを証言した。
  • 文顕進(ぶんひゅんじん、1969年生) - 男性。文孝進のスキャンダルを受けて文鮮明の後継者とされ世界原理研究会の会長になった[15]が、2011年自分の活動が統一教会/統一協会とは関連がないことを宣言した。
  • 文國進(ぶんくっちん、男性、1970年生) - 統一教会/統一協会系企業の総まとめ役で銃器製造工場責任者。拳銃のコレクター[15]
  • 文權進(ぶんごんじん、男性、1975年生) - 組織の役職に就かず表立った活動をしていない[15]
  • 文善進(ぶんそんじん、女性、1977年生) - 合同結婚式を忌避した後、精神疾患に陥った[15]
  • 文榮進(ぶんゆんじん、男性、1978年生) - 組織の役職に就かず表立った活動をしていない[15]。1999年10月、旅先のネバダ州でホテルの17階から飛び降り自殺。統一教会/統一協会は事故と発表している。
  • 文亨進(ぶんひゅんじん、男性、1979年生) - 文顕進と統一教会/統一協会の間の対立を受けて宗教面での後継者とされた。
  • 文妍進(ぶんよんじん、女性、1981年生) - 組織の役職に就かず表立った活動をしていない[15]
  • 文情進(ぶんじょんじん、女性、1982年生) - 自殺未遂歴あり[15]

また洪蘭淑の証言では文鮮明・韓鶴子夫妻は子どもが生まれるとすぐに統一教会/統一協会の『兄弟姉妹』に預けてしまって乳母や子守りをさせ、自身は養育にはあまり関わらず、具体的には洪蘭淑が文鮮明の家にいた14年間の間に、文鮮明夫婦が子どもの鼻を拭いてやったりゲームをして遊んでやったりしているのを一度も見たことがないという[16]洪蘭淑自身も親が統一教会/統一協会草創期の信者だったため放置されたが、文鮮明はこれについて「大衆を改宗するのが第一で、個人的な幸福を追求するのはわがまま」と説明している[16]

注釈

  1. ^ “法務委員会”. 3. 第143回国会. (1998-9-22). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/143/1080/14309221080003c.html. "政府委員(竹中繁雄君) 当時いろいろなところからこの文鮮明氏に関しては陳情のような話があったということはどうも事実のようでございまして、その中に金丸先生の名前も入っていたと承知しております。" 
  2. ^ 右翼と左翼の全体主義を統合するという思想。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『わたしは"洗脳"された』pp.111-122「統一教会の顔」。
  2. ^ a b c d e 統一教会の文鮮明教祖死去にあたって
  3. ^ a b c 『わたしは"洗脳"された』p.36-39「フォーデイズ」。
  4. ^ a b c d 『わたしは"洗脳"された』p.147-152「勝共連合の顔」。
  5. ^ 米メディア進出・北朝鮮投資…死去の文鮮明氏 2012年9月3日 読売新聞[リンク切れ]
  6. ^ Sun Myung Moon, self-proclaimed messiah who founded Unification Church, dies at age 92 The Washington Post 2012年9月3日閲覧[リンク切れ]
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『統一教会とは何か 追いこまれた原理運動』pp.83-124「統一教会の知られざる素顔」。
  8. ^ a b c d e f g h 『わたしは"洗脳"された』p.87-101「様々な体験」。
  9. ^ 『imago1993年8月号 特集マインドコントロール』p.110。
  10. ^ 『カルトの子 心を盗まれた家族』p.169。
  11. ^ 『imago1993年8月号 特集マインドコントロール』p.111。
  12. ^ “文鮮明統一教会教祖入国で公開質問状/霊感商法対策弁護士会”. 読売新聞 東京朝刊: p. 30. (1992年10月22日) 
  13. ^ “金丸副総裁が来日中の文鮮明師と会談”. 読売新聞 東京夕刊: p. 2. (1992年3月31日) 
  14. ^ 『わが父文鮮明の正体』p.252。
  15. ^ a b c d e f g h i j k 『カルトの子』p.157。
  16. ^ a b c 『カルトの子』p.158。

参考文献

関連項目

外部リンク

文鮮明師の生涯と業績 世界基督教統一神霊協会公式サイト