福田赳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
福田 赳夫
ふくだ たけお
Takeo Fukuda 1977 adjusted.jpg
福田赳夫の肖像写真
生年月日 1905年1月14日
出生地 日本の旗 日本 群馬県群馬郡金古町
没年月日 1995年7月5日(満90歳没)
出身校 東京帝国大学法学部卒業
前職 大蔵省主計局局長
所属政党 無所属→)
自由民主党
称号 正二位
大勲位菊花大綬章
法学士(東京帝国大学・1929年
群馬県名誉県民
親族 福田善治
福田平四郎(
福田宏一
福田康夫長男
越智通雄娘婿
越智隆雄
福田達夫(孫)
サイン FukudaT kao.png

内閣 福田赳夫内閣
福田赳夫改造内閣
任期 1976年12月24日 - 1978年12月7日
天皇 昭和天皇

内閣 三木内閣
三木改造内閣
任期 1974年12月9日 - 1976年11月6日

日本の旗 第78代 大蔵大臣
内閣 第2次田中角榮第1次改造内閣
任期 1973年11月25日 - 1974年7月16日

内閣 第2次田中角榮内閣
任期 1972年12月22日 - 1973年11月25日

日本の旗 第99代 外務大臣
内閣 第3次佐藤改造内閣
任期 1971年7月5日 - 1972年7月7日

その他の職歴
日本の旗 第73代-74代 大蔵大臣
1968年11月30日 - 1971年7月5日)
日本の旗 第70代 大蔵大臣
1965年6月3日 - 1966年12月3日
日本の旗 第27代 農林大臣
1959年6月18日 - 1960年7月19日
日本の旗 衆議院議員
1952年 - 1990年1月24日
テンプレートを表示

福田 赳夫(ふくだ たけお、1905年明治38年)1月14日 - 1995年7月5日)は、日本大蔵官僚政治家位階正二位勲等大勲位

衆議院議員農林大臣第27代)、大蔵大臣(第70737478代)、外務大臣第99代)、行政管理庁長官第36代)、経済企画庁長官第26代)、内閣総理大臣第67代)などを歴任。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

群馬県群馬郡金古町足門(現在の高崎市足門町)に父・福田善治(元金古町長)の二男として生まれた[1]日露戦争において日本軍が旅順入城をした翌日に生まれたため、「赳夫」と命名された。

福田家は江戸時代には名主(庄屋)を務めた地元の名門であった。小学校の頃から神童の誉れ高く、旧制高崎中学(現在の群馬県立高崎高等学校)を首席で卒業し、第一高等学校から東京帝国大学法学部へ進学。

官僚時代[編集]

高等文官試験に一番の成績で合格し、大蔵省に入省した[2]

大蔵省入省から1年を経ずに、財務官付の役職でロンドンの在英日本大使館に派遣された。当時の上司にあたる財務官は津島寿一である。3年半のイギリスでの勤務の後、帰国。戦時中は汪兆銘政権の財政顧問をつとめるなどした。その後は大蔵省の主計局で順調に出世して局長にまで登り詰めたが、1948年(昭和23年)の政府関係者に対する贈収賄が問題になった昭電疑獄の際に、大蔵省主計局長だった福田は収賄罪容疑で逮捕される。結果として無罪にはなったものの、これを機に大蔵省を退官した。

国会議員へ[編集]

1952年(昭和27年)の第25回衆議院議員総選挙群馬三区から無所属で立候補し当選、岸信介に仕えた。野田卯一池田勇人と共に「大蔵省の3田」と呼ばれる。当時は大蔵省出身の国会議員が衆参あわせて24人いた。無所属の福田を除く23人は全て吉田茂池田勇人の自由党所属だったが、福田は自らこれを「栄えある一議席」と呼んだ。1958年(昭和33年)には当選4回ながら自由民主党政調会長就任。

1959年(昭和34年)1月から自民党幹事長を、6月からは農林大臣を務める。

1960年(昭和35年)12月、大蔵省の先輩である池田勇人の政権下で、政調会長に就任するが、「高度経済成長政策は両3年内に破綻を来す」と池田の政策を批判、岸派の分裂を受ける形で坊秀男田中龍夫一万田尚登倉石忠雄ら福田シンパを糾合し、「党風刷新連盟」を結成し、派閥解消を提唱するなど反主流の立場で池田に対抗した[3]。これが後に福田派(清和政策研究会)に発展する。池田から政調会長をクビにされ、福田及び同調者は池田内閣の続いている間、完全に干し上げられ長い冷飯時代を味わう[3][4][5]。続く佐藤栄作政権下では大蔵大臣、党幹事長、外務大臣と厚遇され、佐藤の後継者として大いにアピールしたが、この時から“ポスト佐藤”をめぐる田中角栄との熾烈な闘争(角福戦争)が始まる。

日本列島改造論を掲げ、積極財政による高度経済成長路線の拡大を訴える田中に対して、福田は均衡財政志向の安定経済成長論を唱える[6]。また中華人民共和国との日中国交回復を急ぐ田中に対して台湾との関係を重視した慎重路線を打ち出す。これらの「外交タカ派」のスタンスは岸派以来の伝統で、福田派の後継派閥である清和政策研究会森喜朗小泉純一郎安倍晋三らに引き継がれている。

1972年(昭和47年)7月、「われ日本の柱とならん」を掛け声に佐藤後継の本命として保利茂松野頼三園田直藤尾正行ら他派の親福田議員を結集して総裁選に出馬する。決選投票(田中282票、福田190票)で角栄に敗れるが、「やがては日本が福田赳夫を必要とする時が来る」と強気の発言を残した。また、この際福田に肩入れをしていた当時の金融界のフィクサーであった大橋薫は、生前「自分が病気で入院していたために福田が負けた」と漏らしている。

発足した田中内閣においては下野する形になったが、同年12月の総選挙で自民党が改選前議席を割り込むと田中が挙党一致を求める形で第2次田中角栄内閣行政管理庁長官として入閣。翌1973年(昭和48年)11月の内閣改造では、田中の列島改造論オイルショックによる経済の混乱の収束を求められ、急逝した愛知揆一の後任として大蔵大臣に就任し、総需要抑制などのインフレ抑制策を発動した(1974年7月の参議院選挙後に閣僚辞任)。1974年(昭和49年)12月に発足した三木内閣でも副総理経済企画庁長官として入閣し、引き続き経済政策の陣頭に立ったが、ロッキード事件への対応を巡って党内で三木おろしが決定的になった1976年(昭和51年)11月に閣僚辞任している。

総理大臣[編集]

1977年5月8日第3回先進国首脳会議参加首脳とともに(右から1人目)
1978年6月16日第4回先進国首脳会議参加首脳とともに(左から2人目)

1976年(昭和51年)、総裁選で他の立候補者がなかったため、両院議員総会での話し合いにより総裁に選出され、過半数をわずかに一票上回る得票で首班指名され、三木武夫の後任として念願の政権(福田内閣)を樹立。自民党以外の政党に属したことのない政党政治家として初の総理・総裁となる。71歳という高齢を心配する周囲からの声に対し、自らの生年に因み「明治三十八歳」と言って若さをアピールした。また、外交問題の解決をはじめ、実務型の内閣であったことから、内閣を「働こう内閣」と表現。また、前内閣で政治改革は進む一方で外交や経済の案件が遅れており、総理大臣をもじって「掃除大臣」と自称した。

就任当初は党内抗争(三木おろし)において、大平正芳との間に「2年で政権を譲る」と大福密約によって、総理の座を得たということや、新鮮味に欠けるなどの理由、また自民党内でも右派の立場であったため左派層に支持を広げにくいなどの理由から支持率は低かった。福田は大平を幹事長に据えて大平派との連携により政局の安定を図る。

1977年(昭和52年)、第11回参議院議員通常選挙で自民党は改選議席を上回る議席を確保。同年夏、新たに党友組織自由国民会議創設に当たり党国民運動本部長中川一郎を通じて保守派の論客として知られる作曲家黛敏郎に初代代表就任を要請し受諾を得る。またこの頃、国民栄誉賞を創設した。

同年に起きたダッカ日航機ハイジャック事件では「人命は地球より重い」として犯人側の人質解放の条件を飲み、身代金の支払いおよび、超法規的措置として6人の刑事被告人や囚人の引き渡しを行ったことで、テロリストの脅迫に屈したと国際的な批判を浴びることとなった。この後北朝鮮による拉致が急増した。しかし在任中を通じて福田内閣の支持率は徐々に持ち直し、日中平和友好条約の締結や積極的な東南アジア外交の展開を行う。その姿勢はアジア開発銀行の設立やフィリピンマニラで発表された福田ドクトリンへと結実することとなった。

1978年(昭和53年)10月23日鄧小平副総理を日本に迎え、「日中平和友好条約」に調印。

派閥解消を目指して党員・党友投票による自民党総裁予備選挙を導入したが、大福密約の総理総裁2年任期後の大平への政権禅譲を拒否し、「世界が福田を求めている」として自民党総裁選挙に再選をかけて立候補。自民党総裁選では現実には大平正芳候補を支持する田中派が大掛かりな集票作戦を展開する一方で、福田派は派閥解消を主唱する建前や事前調査における圧倒的優勢の結果に油断し、動きが鈍く、当初の下馬評が覆され、福田は大平に大差で敗北した。福田は「予備選で負けた者は国会議員による本選挙出馬を辞退するべき」とかねて発言していたため、本選挙出馬断念に追い込まれることになる。自民党史上、現職が総裁選に敗れたのは、福田赳夫ただ1人である(任期切れ時に形勢悪化などで出馬断念に追い込まれた現職総裁の例としては鈴木善幸河野洋平谷垣禎一がいる)。記者会見で「民の声は天の声というが、天の声にも変な声もたまにはあるな、と、こう思いますね。まあいいでしょう! きょうは敗軍の将、兵を『語る』でいきますから。へい、へい、へい」(1993年12月31日放送TBSテレビ「自民党戦国史」の映像より)の言を残して総理総裁を退く。

総理退任後[編集]

1979年(昭和54年)、大平政権下では反主流と化して四十日抗争ハプニング解散で再び田中・大平主流派と対立した。その後も度々総裁候補として浮上し、自民党の実力者であり続けた。また、世界の大統領・首相経験者らが世界の諸問題の解決へ向けた提言を行う場として「インター・アクション・カウンシル(OBサミット)」設立(1982年)するなど、「世直し改革」を訴え「昭和の黄門」を自認した。後に総理大臣になる森喜朗小泉純一郎は彼の教えを受けた[7]1984年(昭和59年)に二階堂擁立構想をきっかけに発言力が低下し、福田の教え子であった森や小泉らからも世代交代を主張する声が出たため1986年(昭和61年)に派閥を安倍晋太郎に譲った。この件が元で中選挙区で安倍のライバルであった田中龍夫が引退を決意したとされている。

リクルート事件によって竹下内閣が崩壊した際には福田を後継の総理・総裁に推す動きが、また安倍が死去した際には森らが福田を再度派閥の長にしようとする動きを起こしたが、何れも福田は「私は高齢だから相応しくない」として辞退している。

1990年(平成2年)、第39回衆議院議員総選挙を機に政界引退。長男康夫が後継者となるが、当初は次男の征夫を後継者として考えていたため、征夫が病気に倒れるまでは「康夫は面の皮が薄すぎて政治家に向かない」と周囲に語っていた。引退するまで連続14回当選。同じ選挙区である旧群馬3区では「上州戦争」と呼ばれるほど中曽根康弘と激しいトップ当選争いを繰り広げたが、毎回福田が圧勝。中曽根が首相在任時でも、福田の得票数の方が勝っていた(通算成績・福田の11勝3敗)。1995年(平成7年)、岩波書店から『回顧九十年』を刊行し、出版記念パーティーには元気な姿を見せたが、同年7月5日、肺気腫で死去。90歳没。

年譜[編集]

1978年6月16日第4回先進国首脳会議参加首脳とともに(左から1人目)

政見・政策[編集]

福田(1951年)

政治理念[編集]

  • 「協調と連帯」
  • 「政治は最高の道徳」

岸信介の流れを汲み、「タカ派」と評されることが多い。

経済[編集]

  • 均衡財政志向の安定経済成長論を主張。
  • 国際的に、黒字過剰問題の解決のために、内需主導型の経済運営による輸入を拡大など、市場の開放に努めるべきとした[10]
  • 1965年昭和40年)、大蔵大臣として、不況による税収不足への解決策として、日本において初めて国債赤字国債、当時で2千億円)を発行する。

外交[編集]

  • 外交理念として「全方位平和外交」を提唱。
  • アジア諸国との連帯を目指し「福田ドクトリン」を提唱。
  • 中華人民共和国との関係について、「お互いに内政に干渉しないことが一番大事であり、それが守られなければ、『日中平和友好条約』が名ばかりのもの(名存実亡)になってしまう」という旨の見解を述べた[11][12]
  • 日韓両国に隣接する大陸棚の北部の境界の画定や大陸棚の南部の共同開発を定めた「日韓大陸棚協定」を批准。

靖国参拝[編集]

語録[編集]

また造語・警句の名手として知られ、「狂乱物価」「昭和元禄」「視界ゼロ」「日々是反省」「福田内閣はさあ働こう内閣だ」「掃除大臣」など福田語録を残している[14]

評価[編集]

総理大臣としての在任期間は短かったが、長年に渡って保守政界の一方の雄として期待され続け、閣僚としても党幹部としても、そつなく仕事をこなした。60年代の高度成長期には水田三喜男とともに数度に渡って蔵相をつとめ、また70年代のオイルショック後の転換期にもほぼ一貫して経済運営の中心にあった。「60年代~70年代の経済危機はいずれも福田によって収拾された」という指摘もあり[15]、とくに田中・三木内閣でオイルショック後の官民あげた総需要抑制政策を指揮し、成功させたことは高く評価されている。

その後総理大臣に就任すると、与野党伯仲国会という環境に加えて党を政敵の大平に握られ、初の予算修正や減税を強いられるなど、内政面では必ずしも思い通りの政権運営はままならなかった。むしろ総理としては外交における業績が顕著であり[16]1977年のいわゆる福田ドクトリンは、今日に至る日本の東南アジア外交の基軸となっている。また、日中平和友好条約の締結は、その後の日中経済協力の礎を築くことになった。こうして、1980年代以降の日本の外交路線、及び東アジアの経済発展に多大な影響を及ぼしたとされる。

関係する人物や団体[編集]

  • 統一教会・国際勝共連合
    大蔵大臣在任中だった1974年(昭和49年)5月7日に、東京の帝国ホテルで開かれた、統一教会(統一協会)(世界基督教統一神霊協会)の教祖、文鮮明の講演会「『希望の日』晩餐会」(名誉実行委員長は岸信介元総理)に同僚議員の誘いで参加し、「アジアの偉大な指導者」と文鮮明を賛美し(統一協会のサイト[1]、韓国式の抱擁を交わした(当時の写真)。様々な社会問題で批判のあった統一教会に賛同を示すことに問題はないのかなど、国会でも度々追及を受けたが、福田は「文鮮明の思想はよく知らないが、自分の日頃主張する“協調と連帯”という考えを述べていたのでよかったと感想を言っただけ」、「パーティーや宴会ではちょっと輪をかけて話すんです。そのような環境のもとにおいて話したことで、そんなものを一々取り上げてそれを御質問されても、お答えすることはできない。」という旨の弁明をした[17]そして、福田は発言の内容について、「当時の記録がございますからよくごらんください」と述べていたが、衆議院の法務委員会で日本社会党の西宮弘が資料を要求したら、上村委員長からあいさつだから、原稿なしでやったのだから、記録があるはずがないという趣旨の報告がなされた[18]
    勝共連合については国会で「勝共連合が反共を旗印にしておる、そういう点に着目いたしまして自由民主党と勝共連合が協力的側面を持っておったということは、これは御理解願えると思う」、「余り勝共連合の中身につきましては承知しませんけれども、共産主義反対というたてまえについて共感を覚えている」と述べ、勝共連合の外国為替法違反や詐欺に該当するような資金獲得活動などの反社会的な問題を指摘された際は「そう悪いことを一般的にしておるというような認識でございませんので、一般的に調査するということは考えません。」と答弁。関係を断ったらどうかとの問いには「勝共連合についていままで持っておる認識に立つと、手を切るというような問題は起こり得ざることである。」旨の見解を述べた[19]
  • 児玉誉士夫らと並ぶ「戦後最大級のフィクサー」と称された大谷貴義との親交が深く、「福田の影に大谷あり」と言われた。政財界とアンダーグラウンドの世界に隠然たる力をもち、裏千家とも姻戚関係にあった大谷は、福田を首相にすべく、毎年代々木上原の千坪の豪邸に政財界の要人を招き、茶会を催していた。大谷の長女享子が、裏千家14世千宗室の子息・巳津彦と結婚した際には、作家の吉川英治夫妻と共に、福田夫妻が媒酌人を務めた。また、1991年平成3年)5月に大谷が逝去した際には、葬儀委員長も務めている。
  • WWF(現WWE)格闘技世界ヘビー級チャンピオンアントニオ猪木を公私に渡り可愛がり、自身が媒酌人を務めた堤義明がオーナーたる日本プロ野球パリーグ球団、西武ライオンズの初代名誉会長にも就任し1979年(昭和54年)4月西武ライオンズ球場初の公式戦で始球式を担当するなどプロスポーツ界との縁も深かった。
  • 1987年(昭和62年)に、安倍晋三電通社員の松崎昭恵の媒酌人を務めた。
  • 1989年(平成元年)に、元陸軍中将鈴木貞一が亡くなった際の葬儀委員長を務めた。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

親子二代の首相就任は、史上初めての例となった。

系譜[編集]

 太田清蔵━━━太田清之助
          ┣━━━太田誠一
      ┏━━俊子
      ┃
      ┣櫻内乾雄
┏櫻内幸雄━┫
┃     ┣櫻内義雄
┗櫻内辰郎 ┃        斎藤明
      ┗━━淑子     ┃
          ┃   ┏富佐子
          ┃   ┃
        嶺駒夫━━━┻貴代子
                ┃
             ┏福田康夫
             ┃
      ┏福田平四郎 ┣和子
      ┃      ┃ ┃
 福田善治━╋福田赳夫━━┫越智通雄
      ┃      ┃
      ┗福田宏一  ┣横手征夫━横手信一
             ┃      ┃
             ┗玲子   千野志麻
              ┃
             松谷明彦

脚註[編集]

  1. ^ 祖父、兄もまた、金古町長をつとめている
  2. ^ 同期に前尾繁三郎長沼弘毅西原直廉財務官参事官など)らがいる
  3. ^ a b 浦田進『評伝シリ-ズ9 福田赳夫』国際商業出版,1978,129-135頁
  4. ^ 『回顧九十年』 144頁
  5. ^ 古澤健一『福田赳夫と日本経済』講談社,1983,42頁
  6. ^ ただし福田は蔵相として証券不況の1965年7月27日、戦後初の長期国債発行による景気対策を打ち出している。 草野厚 『山一証券破綻と危機管理』 朝日新聞社 1998年 P 183
  7. ^ 小泉や佐藤静雄の政治人生は、福田の秘書となり、かばん持ちをすることから始まった
  8. ^ 『回顧九十年』 65頁 - 官房長兼秘書課長兼大臣秘書官、それにGHQと折衝する終戦連絡部長をも兼ねた
  9. ^ 『回顧九十年』 84-85頁に福田は「贈賄側で逮捕された昭和電工の当時の社長日野原節三氏が私の一高、東大の先輩で懇意だったことから、昭和電工への融資に特別の便宜を図ったという理由で私もこの事件に巻き込まれた。ただしこれは検察の全くのデッチ上げであり、判決では“検事の所論はまさにかのカラスと言いくるめる論法に似たものと評すべきであろうか”として私自身の潔白は明快に証明された」と記している
  10. ^ 第084回国会 本会議 第3号 昭和53年(1978年)1月21日
  11. ^ 第085回国会 外務委員会 第3号 昭和53年(1978年)10月16日
  12. ^ 第085回国会 外務委員会 第5号 昭和53年(1978年)10月18日
  13. ^ 朝日新聞』(1977年4月21日付)
  14. ^ 福田赳夫(1905-1995)
  15. ^ 五百旗頭真「福田赳夫―政策の勝者,政争の敗者―」『戦後日本の宰相たち』中央公論新社,2001
  16. ^ 北岡伸一『自民党』中公文庫,2009、福田赳夫フェローシップ設立趣意
  17. ^ 第084回国会 衆議院 決算委員会11号 昭和53(1977年)5月12日
  18. ^ 第80回 衆議院 法務委員会-8号 昭和52(1977年)年4月6日
  19. ^ 第084回国会 予算委員会 第23号 昭和53年(1978年)4月3日
  20. ^ 『回顧九十年』 31-32頁によると、妻三枝は群馬県原町(現東吾妻町)出身の新井文夫(足尾銅山の技師)の三女で、三枝の兄が福田と高崎中学の同窓で仲がよく、福田が東京の学校へ通うようになった頃から、三枝との付き合いが始まったという
  21. ^ ようこそ伊香保温泉横手館へ

参考文献[編集]

  • 福田赳夫 『回顧九十年』 岩波書店 1995年
  • 神一行 『閨閥 改定新版 特権階級の盛衰の系譜』 角川文庫 2002年 108-123頁

演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
三木武夫
日本の旗 内閣総理大臣
第67代:1976年 - 1978年
次代:
大平正芳
先代:
三木武夫
日本の旗 国務大臣副総理
1974年 - 1976年
次代:
伊東正義
先代:
倉成正
日本の旗 経済企画庁長官
第26代:1974年 - 1976年
次代:
野田卯一
先代:
田中角栄
水田三喜男
田中角栄
日本の旗 大蔵大臣
第70代:1965年 - 1966年
第73・74代:1968年 - 1971年
第78代:1973年 - 1974年
次代:
水田三喜男
水田三喜男
大平正芳
先代:
浜野清吾
日本の旗 行政管理庁長官
第36代:1972年 - 1973年
次代:
保利茂
先代:
愛知揆一
日本の旗 外務大臣
第99代:1971年 - 1972年
次代:
大平正芳
先代:
三浦一雄
日本の旗 農林大臣
第27代:1959年 - 1960年
次代:
南条徳男
党職
先代:
三木武夫
自由民主党総裁
第8代:1976年 - 1978年
次代:
大平正芳
先代:
川島正次郎
田中角栄
自由民主党幹事長
第4代:1959年
第10代:1966年 - 1968年
次代:
川島正次郎
田中角栄
先代:
三木武夫
椎名悦三郎
自由民主党政務調査会長
第4代:1958年 - 1959年
第8代:1960年 - 1961年
次代:
中村梅吉
田中角栄
先代:
結成
清和会会長
初代:1979年 - 1986年
次代:
安倍晋太郎
60
三木武夫
67
1976年 - 1978年
68
大平正芳

伊藤博文
黑田清隆
山縣有朋
松方正義
大隈重信
桂太郎
西園寺公望
山本權兵衛

寺内正毅
原敬
高橋是清
加藤友三郎
清浦奎吾
加藤高明
若槻禮次郎
田中義一

濱口雄幸
犬養毅
齋藤實
岡田啓介
廣田弘毅
林銑十郎
近衞文麿
平沼騏一郎

阿部信行
米内光政
東條英機
小磯國昭
鈴木貫太郎
東久邇宮稔彦王
幣原喜重郎
吉田茂

片山哲
芦田均
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
池田勇人
佐藤榮作
田中角榮

三木武夫
福田赳夫
大平正芳
鈴木善幸
中曽根康弘
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹

宮澤喜一
細川護熙
羽田孜
村山富市
橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎

安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
鳩山由紀夫
菅直人
野田佳彦

Emblem of the Prime Minister of Japan.svg