児玉誉士夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こだま よしお
児玉 誉士夫
児玉誉士夫(映画『日本の悲劇』より)
生誕 1911年2月18日
日本の旗 日本 福島県
死没 1984年1月17日(満72歳没)
出身校 京城商業専門学校
日本大学
子供 児玉 博隆(長男)、児玉 守弘(三男)

児玉 誉士夫(こだま よしお、1911年明治44年)2月18日 - 1984年昭和59年)1月17日)は、日本右翼運動家。CIAエージェントであったという[1][2][3]暴力団錦政会[4]顧問[5]。「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。1960年生前葬を行う。河野一郎大野伴睦といった大物政治家や、力道山といった大スターが児玉のための葬儀に集まり、焼香した。三男はTBSサービス[6]社長の児玉守弘[7]

勝共右翼[編集]

福島県安達郡本宮町(現本宮市)に生まれた[8]。父酉四郎の旧姓は山田といい、先祖は代々二本松藩藩士だった[9]。祖父は明治維新後、二本松の副参事になったが、父の代になって、同じ二本松藩御典医児玉家から望まれて養子となったため、児玉姓にかわった[9]朝鮮に住む親戚の家に預けられ、京城商業専門学校を卒業した後、来日して[10]向島 (墨田区)の鉄工所に住み込んだ。それからは様々な右翼団体を転々とすることになる。

玄洋社の会合で中野正剛(前列左)・頭山満(前列中央)らと(1929年・前列右から2人目が児玉)

最初社会主義に傾倒したが、その後超国家主義に転じ、玄洋社頭山満に私淑した。1929年には赤尾敏と津久井龍雄ら高畠素之門下によって創設された急進的な右翼団体「建国会」(会長は上杉慎吉、顧問に頭山)に加わった。すぐに昭和天皇直訴しようとして捕まる。この天皇直訴事件で半年投獄された。

その後、建国会を脱退した津久井の急進愛国党を経て1931年に津久井と狩野敏がつくった全日本愛国者共同闘争協議会に参加。そこで国会ビラ撒き事件井上準之助蔵相脅迫事件を起こし投獄された。

1932年に釈放され、満州に渡り、大川周明門下の笠木良明ら率いる大雄峯会に参加。同年、帰国すると「独立青年社」を設立。頭山満の三男頭山秀三が主宰する天行会と共に、陸軍特別大演習に随行する斎藤首相や閣僚を暗殺し発電所を破壊して停電を起こすことで皇道派のクーデターを誘発しようと計画(天行会・独立青年者事件)。発覚して、3年半の懲役刑を受けた。その後、笹川良一が結成した右翼団体·国粋大衆党[11]に参加。

1937年、外務省情報部河相達夫の知遇を得て、中国各地を視察[12]。1938年、海軍の嘱託となり、1941年から上海で児玉機関を運営し、それをきっかけに黒幕へのし上がっていく。

60年代初期には15万人以上の会員がいた日本最大の右翼団体全日本愛国者団体会議全愛会議)を支える指導者の一人であった[13]。1961年、この全愛会議内に児玉に忠実な活動グループ青年思想研究会(青思研)が誕生した[14]。60年代終わりには青思研を全愛会議から脱退させた。

1967年7月、笹川良一の肝煎りで、「第一回アジア反共連盟[15]結成準備会」が開催された[16]。この時、市倉徳三郎、統一教会の劉孝之らが集まったが、児玉も自分の代理として白井為雄を参加させた。

1969年、青思研より独立した右翼団体日本青年社[17]が結成。これはヤクザと見分けが付かない任侠右翼の始まりであった。

児玉機関[編集]

1938年日中戦争が始まった。翌1939年、外務省情報部の懇意の笹川の紹介で採用され、海軍航空本部の嘱託となった。1941年真珠湾攻撃の直前、海軍航空本部独自の物資調達の為に笹川が山縣正郷少将に紹介、その後任者が大西瀧治郎少将(当時)で、後に大西中将が自決する日まで、親しい間柄となる[18]。この縁で上海児玉機関[19]と呼ばれる店を出した。これは、タングステン[20]ラジウムコバルトニッケルなどの戦略物資を買い上げ、海軍航空本部に納入する独占契約をもらっていた[21]。よく、児玉はこの仕事でダイヤモンドプラチナなど1億7500万ドル相当の資金を有するにいたったと言われている[22]。アメリカ陸軍情報局の報告では、児玉機関は鉄と塩およびモリブデン[20]鉱山を管轄下におさめ[23]、農場や養魚場、秘密兵器工場も運営。戦略物資、とくにタングステンを得るため、日本のヘロインを売っていた[24]

児玉の行動について憲兵の監視はあったが、大西瀧治郎のような大物が庇護しているため逮捕してもすぐに釈放されるという結果となった。この間、1942年4月30日に行われた第21回衆議院議員総選挙(いわゆる翼賛選挙)に5人当選区の東京5区から立候補をして8位落選をしている。

「逆コース」[編集]

戦犯として収容時のマグショット

終戦後、講和内閣の首班として東久邇宮稔彦王が組閣した時には東久邇宮自身は児玉を知らなかったが内閣参与となっていた。1946年初頭、A級戦犯の疑いで占領軍に逮捕され、巣鴨拘置所に送られた。その間、ジャパン・ロビーの暗躍により右翼をパージするSCAPの方針が批判され、アメリカの占領政策は協力的な戦犯を反共のために利用する「逆コース」を走るようになった。1948年12月24日に釈放されるが、そこでCIAに協力するようになったかが今でも議論されている[25]。確かなのは、拘留中に昭和通商との関係を暴かれていたことと[26]、釈放後も続く調査で吉田彦太郎が児玉機関の所有した国内鉱山を明らかにしていること[23]、そして後にCIAが、児玉を反共思想・軍閥構想の持ち主であると分析していること[27]である。

「フィクサー」へ[編集]

児玉邸にて政治家たちと密談(1953年)
前列左側が児玉、後列左から廣川弘禅鳩山一郎三木武吉

児玉は児玉機関が管理してきた旧海軍の在留資産をもって上海から引き上げていた[28]。児玉は、巣鴨拘置所に共にいた辻嘉六[29]に勧められて、1946年初頭、逮捕される直前に、この資金の一部を鳩山ブランドの日本民主党(鳩山民主党)の結党資金として提供した。

1950年、北炭夕張炭鉱の労組弾圧のため明楽組を組織して送り込んだ[30]G2[31]と多くの暴力団の中心的仲介者としての地位を築き、十数年後には児玉は来たるべき闘争に備えて右翼の結集を目論んだ。暴力団との仲介には児玉機関にいた村岡健次が大きな役割を果たすことになる。

岸信介[編集]

岸信介

1954年には、河野一郎を総理大臣にする画策に力を貸した。1955年には自由党(緒方自由党)と合併して自由民主党になった後も緊密な関係を保ち、長らく最も大きな影響力を行使できるフィクサー黒幕)として君臨した。岸信介が首相になる際にもその力を行使した。

岸首相の第1次FX問題問題をめぐる汚職を社会党今澄勇が追及していたときは、等々力の児玉の私邸へ二度も呼び、児玉は追及をやめるように説得した。しかし今澄が聞き入れないため、身上調書を渡した。それには今澄の政治資金の出所、その額、使っている料理屋、付き合っている女が全て書かれていた。児玉は東京スポーツを所有する他[32]に、腹心をいくつもの雑誌社の役員に送り込んでいた。それらに書き立てられることは脅威となった。

ドワイト・D・アイゼンハワー

日米安保条約改定のため党内協力が必要となった岸信介は1959年1月16日、次期総理大臣を党人派の大野伴睦に譲り渡す誓約をした[33]。その立会人が児玉であり、河野一郎や佐藤栄作も署名した誓約書が残されている。改定に反対する安保闘争[34]を阻止するため、岸信介首相は自民党木村篤太郎らにヤクザ・右翼を動員させたが[35]、児玉はその世話役も務めた[36]

1962年(昭和37年)夏ごろから、「(安保闘争のような)一朝有事に備えて、全国博徒の親睦と大同団結のもとに、反共の防波堤となる強固な組織を作る」という構想のもと、児玉誉士夫は東亜同友会の結成を試みた。結局、同会は結成されなかった。しかし、錦政会稲川裕芳会長、北星会岡村吾一会長、東声会町井久之会長らの同意を取り付けていた。昭和38年(1963年)には、関東と関西の暴力団の手打ちを進め、三代目山口組田岡一雄組長と町井会長との「兄弟盃[37]」を実現させた。

フィクサー[編集]

児玉は1965年日韓国交回復にも積極的な役割を果たした。国交回復が実現し、5億ドルの対日賠償資金が供与されると、韓国には日本企業が進出し、利権が渦巻いていた。児玉誉士夫もこの頃からしばしば訪韓して朴政権要人と会い、日本企業やヤクザのフィクサーとして利益を得た。児玉だけではない。元満州国軍将校、のちに韓国大統領となる朴正煕[38]とは満州人脈が形成され、岸信介[39]椎名悦三郎らの政治家や元大本営参謀で商社役員の瀬島龍三が日韓協力委員会まで作って、韓国利権に走った。

日本国内では企業間の紛争にしばしば介入した。1972年河本敏夫率いる三光汽船ジャパンラインの乗っ取りを計画して同社株の買占めを進めた。困惑したジャパンラインの土屋研一は児玉[40]に事件の解決を依頼した[41]。しかし、児玉が圧力をかけても、河本はなかなかいうことを聞かなかった。そこで、児玉はそごう会長の水島廣雄に調停を依頼。水島の協力により、河本は買い占めた株の売却に同意する。児玉は水島に謝礼として1億円相当のダイヤモンドを贈った。こうして児玉の支配下に収まったジャパンラインは、昭和石油の子会社だった日本精蝋を1974年夏に買収した[42][43]

児玉が圧力をかけるときは今澄のときのように傘下のメディアを駆使した。利用された大手メディアに博報堂がある。その中に児玉は次の二つの目的を持ったセクションを作った。一つは、博報堂の取引先を児玉系列に組み込む。もう一つは、その系列化された企業に持ち込まれるクレームを利用してマスコミを操作し、なびかないメディアには広告依頼を回さない[44]。このセクションは広告会社として品位に欠けた。そこで、当時の博報堂の持ち株会社であった伸和[45]の商号を、1975年に博報堂コンサルタントへ変えて、また、定款にも「企業経営ならびに人事に関するコンサルタント業務」の項目を加えて、この元親会社に業務を請け負わせた[46]。役員は、広田隆一郎社長の他に、町田欣一、山本弁介、太刀川恒夫が重役として名を連ねた。広田は、福井純一[47]博報堂社長の大学時代ラグビー関係者で、警視庁が関西系暴力団の準構成員としてマークしていた人物。町田は、元警察庁刑事部主幹。山本は元NHK政治部記者。太刀川は塚本素山ビルの等々力産業社長で児玉側近の第一人者であった[48]

ロッキード事件[編集]

ロッキード代理人[編集]

児玉はすでに1958年昭和33年)からロッキード社の秘密代理人となり、日本政府に同社のF-104“スターファイター”戦闘機を選定させる工作をしていた。児玉が働きかけた政府側の人間は自民党の大野伴睦河野一郎岸信介らであった。1960年代末の契約が更新され、韓国も含まれるようになった。児玉は親しい仲にあった韓国の朴政権にロッキード社のジェット戦闘機を選定するよう働きかけていたのである。韓国に対する影響力の大きさが窺える。しかし、この頃、大野も河野も死亡しており、新しい総理大臣の佐藤栄作田中角栄にはあまり影響力をもっていなかった。

そこで児玉は田中との共通の友人、小佐野賢治に頼るようになった。小佐野は日本航空全日本空輸の大株主でもあり、ロッキード社製のジェット旅客機の売り込みでも影響力を発揮したが、すでに日本航空はマクドネル・ダグラス社製のDC-10型機の購入を決定していたこともあり、その矛先を全日空に向けた。

この頃深い関係を作り上げていた田中角栄が1972年昭和47年)に首相になると児玉の工作は功を奏し、全日空はすでに決定していたマクドネル・ダグラスDC-10の購入計画を、後に贈賄で逮捕される元運輸次官若狭得治社長の指示で破棄し、ロッキード社のL-1011トライスターの購入を決定[要出典]。その後全日空は同機種を21機購入し、この結果ロッキード社の日本での売上は拡大した。さらに全日空は、ロッキードから得た資金を自社の権益の拡大を図るべく航空族議員や運輸官僚への賄賂として使い、その後このことはロッキード事件に付随する全日空ルートとして追及されることとなった。

ロッキード裁判[編集]

しかし1976年昭和51年)、アメリカ上院で行われた公聴会で、「ロッキード社が日本の超国家主義者を秘密代理人として雇い、多額の現金を支払っている」事実があきらかにされ、日本は大騒ぎとなった。その後三木武夫首相によってこの事件の捜査が開始され、すでにこの事件の中心人物と目されていた65歳の児玉は衆議院での証人喚問がおこなわれる直前に「発作」を起こし、床についた[49]

しかし、間もなく児玉は脱税と外為法違反で起訴され、裁判に臨むことになった。1977年昭和52年)6月に一度公判に出廷した後は病気と称して自宅を離れなかった。元総理の田中角栄は収賄容疑で逮捕され、1983年昭和58年)10月に有罪判決が出された。児玉は死期が近づいた時、「自分はCIAの対日工作員であった」と告白している。72歳の児玉は判決が出る直前の1984年昭和59年)1月に再び発作を起こして没した。

逸話[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ティム・ワイナー「CIA秘録」文藝春秋
  2. ^ 角間隆 (1979). ドキュメント日商岩井. 徳間書店. 
  3. ^ 川端治 (1963). 自民党 その表と裹. 新日本出版社. 
  4. ^ 後の稲川会。会長は稲川裕芳で、後の稲川聖城
  5. ^ 出典は、大下英治『首領 昭和闇の支配者 三巻』大和書房<だいわ文庫>、2006年、ISBN 978-4-479-30027-4のp.273
  6. ^ 東京放送ホールディングス(TBSHD)子会社
  7. ^ こだま もりひろ、1943年5月17日 -
  8. ^ 出典は、大下英治『黒幕 昭和闇の支配者 第1巻』大和書房<だいわ文庫>、2006年、ISBN 4-479-30018-Xのp.16
  9. ^ a b 猪野健治著『日本の右翼』p.254
  10. ^ 日本大学皇道科を卒業したということになっている。
  11. ^ 後の国粋同盟
  12. ^ 自著『われかく戦えり』広済堂出版、1975年、pp.321-327
  13. ^ 顧問には日本国粋会、松葉会、義人党などの親分がいた。実名では天野辰夫橘孝三郎小沼正佐郷屋留雄笹川良一三浦義一らがいた。全愛会議はスト破りや組合潰しを暴力で行った。
  14. ^ 日乃丸青年隊高橋正義を議長とし、下部組織には住吉会系の元組長や東声会町井久之が代表を務める組織があった。新潟県の山中で軍事訓練を行い、児玉は訓練後、「君達各人が一人一殺ではなく一人で百人を殺してくれることを望む」と会員に語った。青思会は日本最大の行動右翼として児玉に反目する者を恐れさせた。
  15. ^ 世界反共連盟の地域団体。後に統一教会系の反共団体・国際勝共連合の設立につながる。「朝日ジャーナル」によれば、米国では、文鮮明-児玉誉士夫-笹川良一などを通ずる関係が、米下院国際機関小委員会(フレーザー委員会。委員長はドナルド・M・フレーザー民主党議員)での証言で明らかになっている。
  16. ^ 山梨県本栖湖畔にある全日本モーターボート競走連合会の施設で開催。
  17. ^ 前身は楠皇道隊
  18. ^ 大西中将が自決に使った刀は児玉が贈った物といわれる。
  19. ^ 右翼団体大化会の村岡健次(後の暴力団北星会会長・岡村吾一)らが児玉機関で働いていた。中国人や満州人を銃で脅し、恐ろしく安い値で物資を獲得したため略奪と呼ばれた。他の部下には副機関長となった吉田彦太郎岩田幸雄藤吉男許斐氏利右翼の無法者がそろった。
    この類の「○○機関」は当時大陸において非常に多く、前述の表の仕事と比して裏の仕事として中国側へのスパイ活動、抗日スパイの検挙や殲滅等を請け負っていた。以下は里見機関と水田機関とに対する関係である。
    ・児玉は吉田彦太郎を里見甫のもとへ何度もやって、里見から中国の情報をもらっていた。里見が親しい人にこぼすには、こと中国の情報収集に関しては、児玉はだめだった。 竹森久朝 『見えざる政府-児玉誉士夫とその黒の人脈』 白石書店 1976年 P 70
    ・当初、現地で商事会社東光公司を経営していた水田光義の水田機関を通じて物資を調達していた。1943年、水田が暗殺される。
  20. ^ a b 児玉のタングステン保有状況は、OSSの1943年12月14日付調査報告書に詳細な記述がある。
    児玉は1948年の釈放後、東京レアメタルという会社を銀座に作った。目的はSCAPのためにタングステンとモリブデンを調達することだった。のちに大元産業と改称された。Glenn Davis and John G. Roberts 守山尚美訳 『軍隊なき占領-ウォール街が「戦後」を演出した』 新潮社 1996年12月 P 100
    朝鮮戦争の頃、大久保利春が代表取締役であった日本海商事は、東京レアメタルの輸送部門を請け負っていた。 竹森久朝 『見えざる政府-児玉誉士夫とその黒の人脈』 白石書店 1976年 P70-71
    そして児玉は、小松信之助という人物がCIAにタングステンを納入する契約書の保証人となっている。 1954年8月10日に報告された情報。CIA Name Files, the Second Release 2002, Yoshio Kodama.
  21. ^ 児玉機関のような仕事はすでに三井三菱などの大企業が入っていたが即決主義で集めたため現地では重宝された。
  22. ^ 巣鴨拘置所での1947年4月21日付取調べによると、児玉機関の資産の総額は当時の日本円に換算して7000万円あったという。また、資産の2/3を吉田彦太郎に与えたとしている。
    ただし、終戦時の資産評価額。有馬哲夫『児玉誉士夫-巨魁の昭和史』文春新書 2013年 p.82.
  23. ^ a b 1948年6月4日の尋問。所有していたという鉱山は以下の通り。
    山梨県 塩山 乙女鉱山(タングステン、モリブデン)
    滋賀県 鮎川(ひょうたん石)
    京都府 鐘打鉱山(タングステン)
    福岡県 福岡鉱山(タングステン)
    島根県 清久鉱山(モリブデン)
    秋田県 平沢 北日本カーバイド社(タングステン鉄、モリブデン鉄)
    前掲書『児玉誉士夫-巨魁の昭和史』P.48.
  24. ^ Glenn Davis and John G. Roberts 守山尚美訳 『軍隊なき占領-ウォール街が「戦後」を演出した』 新潮社 1996年12月 p.100.
  25. ^ 「1948年末、釈放された児玉は中央情報局(CIA)に協力するようになった」と後にアメリカでも報道された[要出典]という。しかし、1953年に記録され2005年に機密解除されたCIA文書で、児玉は次のように評されている。
    諜報工作員としての価値は事実上ゼロ。職業的な嘘つき、ギャング、ペテン師、根っからの泥棒。……。実際の諜報工作技能は皆無であり、金儲け以外に関心がない。
    Edward Drea, Greg Bradsher, Robert Hanyok, James Lide, Michael Petersen, and Daqing Yang, Researching Japanese War Crimes - Introductory Essays (2006), p208
  26. ^ 有馬哲夫『児玉誉士夫-巨魁の昭和史』文春新書 2013年 pp.67-80.
  27. ^ 1953年9月1日付報告書『日本人インテリジェント・サービス』が児玉の取り組んでいる課題とするものを4点掲げている。
    ・日本共産党を破壊し、共産主義の影響力をアジアから排除すること。
    ・日本を反共産主義連盟の主要国とすること。
    ・軍閥の再武装を通じて、国家主義的日本を再建すること。
    ・予想される日本共産党による流血革命に対抗する計画を練り、それに備えること。
    前掲書『児玉誉士夫-巨魁の昭和史』p.128.
  28. ^ 戦時犯罪の疑いをかけられたくなかった海軍は、児玉に処分を依頼。この海軍の秘密資金を米内光政海相の了承を得て掌中にしていた。旧海軍の資産のためアメリカも没収せずに、宙に浮いた。そして吉田彦太郎の管理する緑産業ビル地下に隠匿。後の本州製紙本社所在地。
  29. ^ 北一輝大川周明と並ぶ右翼のボス。児玉源太郎の私設秘書であった。政友会系の黒幕として隠然たる影響力を持った。児玉の出所3日前に病死。 春名幹男 『秘密のファイル : CIAの対日工作』 上巻 共同通信社 2000年 p.264
  30. ^ 「あきらぐみ」と読む。
  31. ^ アメリカ諜報担当・参謀第2部。
  32. ^ 町井久之ともに芸能界とのつながりも深く、特に三田佳子と親しい。 「芸能界新興勢力の首領 バーニング・プロ社長の『実力』研究」 p.18
  33. ^
  34. ^ 1959年(昭和34年)から1960年(昭和35年)の第一波。アイゼンハワー大統領の訪日を日本政府に中止させた。
  35. ^ 警察の動員数では大統領の移動経路を確保できなかった。
  36. ^ このとき自民党からは6億円前後の資金が提供されていたが、右翼と暴力団の間で行方不明となった。児玉らは嫌疑をかけられ真相究明会まで設けられたが、いつしか沙汰やみになった。 竹森久朝 『見えざる政府-児玉誉士夫とその黒の人脈』 白石書店 1976年 P 79-80
  37. ^ 田岡を兄とする
  38. ^ 朴政権の政策には統一教会が呼応し、安岡正篤が共鳴した。
  39. ^ 統一教会に大変賛同的であったことは有名である。
  40. ^ 当時銀座4丁目の雑居ビルに事務所を構えていた。
  41. ^ 報酬は現金1億円だった。
  42. ^ 日本精蝋では太刀川恒夫が役員に名を連ねたこともある。 竹森久朝 『見えざる政府-児玉誉士夫とその黒の人脈』 白石書店 1976年 P 160
  43. ^ 児玉が介入した乗っ取り事件は数多い。
    ・例えば野村證券社長の瀬川美能留から莫大な資金提供を受けていた。
    1973年には粉飾決算に揺れる殖産住宅相互株式会社の株主総会乗り切りに絡んで、同社長の東郷民安から児玉や、配下の岡村吾一に金銭が渡っている。
    ・他にもインドネシアへの政府開発援助では東日貿易秘書としてスカルノ大統領の夜の相手に選ばれたクラブホステス根元七保子(源氏名はデビ、後の通称デヴィ夫人)を送り込んで荒稼ぎをしている。
  44. ^ 博報堂ルート以外でも言論に圧力をかけた例は数多い。悪事を書き立てる正論新聞を黙らせるため、巽産業株式会社代表取締役石井唯博(後の稲川会会長石井進)を送り込んだこともあった。
  45. ^ 1960年10月設立。現在の実質的な持ち株会社は博報児童教育振興会。
  46. ^ 主として電通が宣伝広告部門で独占契約をしている企業を標的にした。三越味の素などは、広告部門の一部を博報堂に割かねばならなかった。 竹森久朝 『見えざる政府-児玉誉士夫とその黒の人脈』 白石書店 1976年 P 169-170
    なお、電通は里見甫との関係が論じられている。
  47. ^ 1972年11月30日に社長就任。9日前に「亜土」という会社を設立。資本金は200万円。のちに博報堂の株式30.6%を所有するトンネル会社となる。株式保有の過程に特別背任容疑をかけられ、1975年11月27日に福井は東京地検特捜部に逮捕された。
  48. ^ 竹森久朝 『見えざる政府-児玉誉士夫とその黒の人脈』 白石書店 1976年 P 167-169
  49. ^ 同年3月23日児玉誉士夫邸セスナ機特攻事件では、右翼から非難される頽廃ぶりを露呈した。
  50. ^ 権田萬治『松本清張 時代の闇を見つめた作家』(文藝春秋・2009年)第八章
  51. ^ 加藤典洋編『村上春樹』(荒地出版社・1996年)p.70

児玉誉士夫関連の書籍[編集]

児玉誉士夫関連の映画・オリジナルビデオ[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

ウェブサイト[編集]

書籍・雑誌[編集]