メシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メシアは、ヘブライ語のマーシアハ(משיח)の慣用的カナ表記で、「(油[1]を)塗られた者」の意。メサイアは、Messiah の英語発音。

概説[編集]

出エジプト記には祭司が[2]サムエル記下には王が[3]、その就任の際に油を塗られたことが書かれている。後にそれは理想的な統治をする為政者を意味するようになり、さらに神的な救済者を指すようになった。ユダヤ教におけるメシア(w:Jewish Messiah)はダビデの子孫から生まれ、イスラエルを再建してダビデの王国を回復し、世界に平和をもたらす存在とされている。

メシアに対応するギリシャ語はクリストス(Χριστος)で、「キリスト」はその日本語的表記である[4]キリスト教徒イスラム教徒ナザレのイエスがそのメシアであると考えている。イエスをメシアとして認めた場合の呼称がイエス・キリストである。但し、メシアの捉え方は両者間で異なっている。詳しくは後述。

各時代にメシアを称した者(保守派や、大多数の者からは「偽メシア」ということになる)は、当然ユダヤ教内部でも解釈が分かれ、分派を形成した。また、これに賛同したキリスト教徒・イスラム教徒もいた。また、こちらも当然ながらユダヤ教からはイエスは偽メシアとして見られている。メシアニック・ジュダイズムのようにユダヤ教を自称し、ユダヤ教的様式の典礼を実践しつつイエスをメシアと認める教派も存在するが、彼ら自身を除いて主流派ユダヤ教やキリスト教両者側からもユダヤ教ではなくキリスト教の一派と認識されている事の方が多い。

イスラームでもユダヤ教、キリスト教からメシアの概念は継承されており、アラビア語で「マスィーフ」( مسيح masīḥ)と呼ばれ、イエスのことを指す。イスラームにおいてはイエス自身は預言者にして預言者ムハンマドに先行する「アッラーフ)の使徒とされており、また神が派遣したメシアであることも認識されている。クルアーンの記述から「マスィーフ」(救済者、メシア)はダビデの子孫から出現するとされ、人々を苦難から救済しアッラーフ(神)の支配を確立する者としている。終末のときに神の代理人として出現し偽メシアを討伐するといい、これらもユダヤ教、キリスト教のメシア像から受継がれている。イスラームにおいて「マスィーフ」はキリスト教の救世主であるのに対し、イスラム共同体における救世主は「マフディー」(「正しく導かれる者」の意味)と称する。単に「アル=マスィーフ」(al-Masīḥ)、「マスィーフッラーフ」( مسيح اللّهMasīḥ Allāh ;神のメシア)と呼ぶ場合、イエス自身を指す尊称である。

ユダヤ教においてメシアを自称したものたち[編集]

キリスト教におけるメシアを自称した者たち[編集]

  • 金百文(キム・ベンムン) - 自分が再臨のキリストであると主張
  • 朴泰善(パク・テソン) - 1960年代に、キリストが雲に乗ってくると言って、多くの信徒を連れて閉鎖的な信仰村を作った。キリストが来ると予言した日には何も起こらず、信徒たちは離れて行った。自分こそが再臨のキリストであると主張
  • 文鮮明 - 1992年に公にメシアであると宣言。
  • 麻原彰晃 - 1991年に「キリスト宣言」を出して、自分だけが世界を救済することのできる「救世主・キリスト」であると宣言。
  • 出口王仁三郎 - 自分を、再臨(再来)のキリストだと主張
  • 又吉イエス - 日本の政治運動家。選挙演説などで再来のキリストと主張。
  • 小松純也 - シンガーソングライター占い師。自ら神の子救世主を自称している。自分の位置付けをこの時代に神より遣わされた唯一の預言者としている。
  • dexiosu - CLAMPのストーカーで、自称・美術制作業(フリーのクリエイター)。キリストの再臨を自称しているが、根拠は12月24日生まれという事のみである。1992-2004年辺りにコミケの救世主を自称していた事がある。現在でもローマ字や発音記号を意図的に並べ替えた自分の名前の意味で男全能神と自称している。

脚注[編集]

  1. ^ 聖別に用いられる油はオリーブ油(にスパイス香料を加えた香油)であると考えられている。1500年前に絶滅した「バルサム樹(バルサムの木)」から採取した「バルサム油」とする説もある。
  2. ^ 出エジプト記 28:41
  3. ^ サムエル記下 2:4
  4. ^ ヨハネによる福音書 1:41

関連項目[編集]