李天秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李 天秀 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミレニアムエキスプレス
カタカナ イ・チョンス
ラテン文字 LEE CHUN SOO
ハングル 이천수
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1981年7月9日(33歳)
出身地 韓国の旗仁川広域市
身長 173cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム 仁川ユナイテッドFC
ポジション FW/MF
背番号 10
利き足 右足
ユース
チーム
2000-2001 大韓民国 高麗大学校
代表歴2
2000-2007 韓国の旗 韓国 78 (10)
2. 2009.3.6現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

李 天秀(イ・チョンス、이천수1981年7月9日 - )は、大韓民国出身のサッカー選手。ポジションはフォワードミッドフィールダー。現在は仁川ユナイテッドFC所属である。

来歴[編集]

1999年のニューイヤーユースサッカーに韓国U-18ユース代表として出場した。高麗大学校時代から海外志向が人一倍強くリールブレシアの入団テストを受けている[1][2]

2002年、高麗大学校から20歳で韓国Kリーグ蔚山現代に入団し頭角を現す。同年に自国開催されたワールドカップのメンバーにも選出されるも、イタリア戦でマルディーニ選手へ故意に延髄蹴りを浴びせる等で話題となる。もっとも、結果的にはベスト4進出に貢献。その活躍によりサウサンプトンPSVが獲得の興味を示していたが実現されなかった[3][4]

2003年にスペインのレアル・ソシエダに完全移籍。2004年CDヌマンシアに期限付き移籍したが、スペインでは2年で28試合出場無得点に終わった。2005年途中より蔚山現代に復帰。シーズン途中の加入ながら11試合に出場し8得点を挙げ、Kリーグの年間MVPを獲得した。

2006年のドイツW杯にもグループリーグ3試合に出場。初戦のトーゴ戦ではフリーキックを直接蹴り込みゴールを決めた。

2007年、オランダのフェイエノールトへ移籍。移籍金は200万ユーロ(約3億2000万円)。10月21日のエクセルシオール戦でオランダデビューを飾った。2007年の夏にはチェルシーFCへの入団を希望していたが叶わなかった[5]。しかし、2008年1月に足首を負傷して戦線を離脱。その後復帰するも、故障の再発により無得点という不本意な成績のままシーズンを終えた。国内で手術後のリハビリに努めている間、クラブは新監督G・ファーベクのもとでの来季構想を発表。李は戦力外となり、移籍を余儀なくされた。

2008年7月、フェイエノールトから水原三星ブルーウィングスへレンタル移籍。期間は1年、レンタル料は50万ユーロ(約8400万円)。しかし、わずか3試合に出場したところで試合から遠ざかり、同年12月、水原はプロサッカー連盟に対し、李への任意脱退の公示を要請した。任意脱退とは、クラブが選手との契約を一時ストップする制度であり、当該選手はすべての活動資格をはく脱され、復帰するまで給与も支払われない。水原が明らかにした任意脱退公示要請の理由は、李の練習不参加および指示不履行。水原は「チャンピオン戦を控え、11月16日から23日にかけて行われた慶州キャンプで、李が負傷を理由に練習を軽視し、その後コーチ陣によるリハビリ治療の指示にも従わなかった」と明らかにした。

2009年2月25日、Kリーグの全南ドラゴンズへレンタル移籍。3月7日Kリーグ開幕戦にて レフリーのジャッジを不服とし「銃で撃つジェスチャー」での威嚇・暴言等で警告。6試合出場停止・罰金600万ウォンの処分を受ける。さらにKリーグ賞罰委員会による社会奉仕命令が下され、プロサッカー選手として初めて試合前のフェアプレーフラグ旗手としてピッチに立った経験も持つ。同年7月、コーチ陣と衝突した末にチームを無断で離れ、任意引退選手となる。全南とのレンタル契約が終了するまでKリーグでは活動できないこととなり[6]、 同月、サウジ・プレミアリーグアル・ナスルへ移籍した。しかし給与未払い等の不満もあり、翌年3月には韓国へ帰国した。

2010年6月から大宮アルディージャに練習生としてキャンプに参加し、同年8月に大宮と2011年1月1日までの正式契約を結んだ[7]。同年12月には1年間の契約延長が発表された。2012年1月、契約満了により退団[8]

2013年よりKリーグ・仁川ユナイテッドと契約。10月14日、仁川広域市南洞区の飲食店で暴行事件を起こし、書類送検され[9]、10月25日、罰金2000万ウォンとシーズン残り試合の出場停止などの処分を受けた[10]

所属クラブ[編集]


個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2002 蔚山 Kリーグ 18 10
2003 9 18 8
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2003-04 レアル 19 プリメーラ 13 0
2004-05 ヌマンシア 22 15 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2005 蔚山 10 Kリーグ 11 8 1 0
2006 18 9 0 0
2007 8 4 1 1 0 0 9 5
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
2007-08 フェイエノールト 16 エールディヴィジ 12 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2008 水原 28 Kリーグ 3 0 1 1 0 0 4 1
2009 全南 9 7 4 1 0 1 0 9 4
サウジアラビア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2009-10 アル・ナスル 7 サウジ・プレミア 15 3
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2010 大宮 16 J1 16 2 - 3 2 19 4
2011 7 27 6 0 0 1 0 28 6
通算 韓国 Kリーグ 83 43
スペイン プリメーラ 28 0
オランダ エールディヴィジ 12 0
サウジアラビア サウジ・プレミア 15 3
日本 J1 43 8 0 0 4 2 47 10
総通算 181 54

タイトル[編集]

個人[編集]

  • 2002年 - Kリーグ 新人王
  • 2002年 - Kリーグ ベストイレブン
  • 2002年 - Kリーグ アシスト王
  • 2002年 - アジア年間最優秀ユース選手賞
  • 2004年 - ソリア市選定年間最優秀選手[11]
  • 2005年 - Kリーグ 年間MVP
  • 2005年 - Kリーグ ベストイレブン
  • 2006年 - A3チャンピオンズカップ MVP
  • 2006年 - A3チャンピオンズカップ 得点王

クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.chosunonline.com/article/20010621000010
  2. ^ http://www.chosunonline.com/article/20010727000008
  3. ^ サウサンプトン「李天秀の獲得断念」 朝鮮日報 2002.7.24付記事[リンク切れ]
  4. ^ 朴智星と李天秀がオランダへ? 朝鮮日報 2002.11.25付記事 [リンク切れ]
  5. ^ http://www.chosunonline.com/article/20060627000036
  6. ^ <サッカー>李天秀、Kリーグから「退場」 2011-05-13閲覧
  7. ^ 【大宮:李天秀選手 移籍加入】李天秀選手コメント J's Goal 2010.08.11
  8. ^ 李 天秀選手契約満了のお知らせ 大宮アルディージャ公式サイト 2012-01-13閲覧
  9. ^ イ・チョンスの証言は虚偽と判明、暴行容疑で書類送検 Qoly.jp 2013年10月18日
  10. ^ 暴行事件で書類送検のイ・チョンス、懲戒が決定 Qoly.jp 2013年10月26日
  11. ^ http://www.chosunonline.com/article/20041114000018[リンク切れ]