前田遼一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前田 遼一 Football pictogram.svg
名前
愛称 マエチン
カタカナ マエダ リョウイチ
ラテン文字 MAEDA Ryouichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1981年10月9日(33歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 183cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本 ジュビロ磐田
ポジション FW (CF)
背番号 18
利き足 右足
ユース
0000-1993
1994-1996
1997-1999
リバースJr.FC
暁星中学校
暁星高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000- ジュビロ磐田 363 (195)
代表歴2


2007-[1]
日本の旗 日本 U-20
日本の旗 日本 U-23
日本の旗 日本
29 (7)
18 (1)
33 (10)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年現在。
2. 2013年6月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

前田 遼一(まえだ りょういち、1981年10月9日 - )は、兵庫県神戸市出身のサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションはフォワード日本代表

来歴[編集]

兵庫県神戸市で生まれる。1歳の頃からアメリカへ転居し、小学1年生までの6年間をロサンゼルスで過ごす。小学2年生の頃に日本に帰国し、東京横浜へと転居した。横浜市の鴨志田緑小学校3年生の時に本格的にサッカーを始める。その後、東京都の暁星中学校でサッカー部に入部し、東京都選抜チーム、ナショナルトレセンの一員となった。暁星高校時代は東京都代表の国体選抜メンバーやU-18日本代表、ヴェルディ川崎の強化指定選手にも選ばれ、国体選抜では1学年下の田中達也とともに、2年時の国体ではベスト8に入る。高校サッカー選手権予選では、高2高3のいずれも東京都予選の準決勝で敗れた。

クラブ[編集]

慶應義塾大学に推薦入学が決まっていたが、J1の13チームからの勧誘や高校の監督の薦めもあってプロ入りを決断し、ジュビロ磐田に入団。当時監督を務めていたハジェヴスキー・ギョキッツァはFWでの起用を明言していたが、1年足らずで解任されたこともあり、その後はトップ下、1.5列目のFWなど起用法が一貫しなかった。[要検証 ]また、チームの選手層が分厚かったこともあってか2000年2001年は出場機会があまり多くなかった。

2002年ナビスコカップベガルタ仙台戦で受けたファウルにより右膝を負傷。右膝外側半月板縦断裂と診断され、長期離脱した。

負傷から回復した2003年、恥骨結合炎により長期欠場した中山雅史の代役として起用され、フォワードに固定されて試合に出るようになり、リーグ戦7得点を挙げた。

2005年からはリーグ戦で3年連続で2桁得点を記録し、翌2007年10月9日、自身の誕生日に結婚した。

2008年、序盤は怪我で離脱したが中盤以降復帰し、10月5日ヤマハスタジアムでのコンサドーレ札幌戦では、2005年7月9日セレッソ大阪戦以来となる3年ぶりのハットトリックを達成した。

2009年には10月25日名古屋グランパス戦で自身J1リーグ戦3度目となるハットトリックも達成。自身初めてリーグ戦全試合フル出場を果たし、PKなしでの20得点を記録して得点王に輝いた。また、自身初のJリーグベストイレブンにも選出された。

2010年11月27日、ヤマハスタジアムでの名古屋戦で、史上9人目 (日本人のみでは5人目) となるJ1通算100得点をヘディングで決め達成する。また、ジュビロ磐田に所属経験のある選手としては中山雅史、藤田俊哉(達成時は名古屋)に次ぐ3人目のJ1通算100ゴール達成者となる。ひとつのクラブでJ1通算100得点を達成したのは日本人では中山と前田のみである。また、得点は前年より減ったものの、17得点を記録し、2年連続の得点王(ジョシュア・ケネディ(名古屋)と同点で、2者が受賞)に輝いた。2年連続得点王は史上初である[2][3]個人タイトルとしてはこの他にナビスコカップMVPと2年連続でJリーグベストイレブンに選ばれた。

2011年、シーズン中盤に怪我で離脱していたことなどもあり、3年連続得点王とはならなかったものの、怪我から復帰後は9試合6得点と奮闘し、シーズンを通して14得点を挙げた。

2011年12月、イングランドウェストハム・ユナイテッドFC(当時2部)から獲得オファーを受け2012年1月、チームに練習参加するも、契約には至らなかった[4][5]

2012年、日本代表の欧州遠征中での怪我の影響で1試合欠場したものの、33試合に出場した。序盤や中盤までは好調で、得点ランキングでは一時佐藤寿人に次ぐ2位まで浮上するも、後半は調子を落とし、最終節まで9試合無得点(自身が欠場した試合含めれば10試合)だったが、最終節では1ゴール1アシストの活躍で、シーズンを通して13得点をあげた[6]

2014年7月5日西京極スタジアムで行われた京都サンガF.C.戦で、J1・J2通算150得点をあげた[7]

2014年シーズンは、松井大輔がゲームキャプテンを担当していたが、名波浩監督の初陣となった9月28日の愛媛FC戦から前田がゲームキャプテンを担当。それについて名波は、「ゴールでチームを引っ張ってほしいのですが、それだけの責任では足りないと。彼がこのクラブで高校を卒業してからやってきて作り上げた地位は確固たるものだと、僕自身もサポーターもそれからクラブも思っていると思うので。その確固たる地位というのはだれからも信頼されて、尊敬される立場だと思いますし、そこに責任というのを前田にのしかけたいということが一つです。」と話している[8]

日本代表[編集]

高校時代からU-18日本代表に選ばれ、2000年に、U-19日本代表の一員としてAFCユース選手権2000準優勝に貢献し、大会MVPに選出された[9]

2001年に、U-20日本代表の一員としてワールドユースに出場した。

2001年10月22日、23日の日本代表候補合宿に初選出された[10]

2004年には、U-23日本代表にも選ばれアテネオリンピック最終予選に出場[11]するも本大会のメンバーからは落選してしまったが、その後2006年秋にイビチャ・オシム指揮の下、日本代表に初選出された。

2009年9月、Jリーグでの活躍が評価され、岡田武史指揮の下、約1年3ヶ月ぶりに日本代表に復帰した。しかし、翌年のワールドカップ本戦のメンバーからは外れた。

2010年アルベルト・ザッケローニが監督に就任して以降は初采配時から代表に選ばれ、2011年1月に行われたAFCアジアカップ2011で日本代表に選出され、全6試合に先発出場。グループリーグのサウジアラビア戦では2得点。準決勝韓国戦では同点に追いつくゴールを決め、日本代表の2大会ぶり4回目の優勝に貢献した。怪我の影響でその後少しの間呼ばれなくなるが、同年11月、代表に復帰し、2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選タジキスタン戦では途中出場し1得点。北朝鮮戦ではスタメン出場を果たした。

2012年も代表に呼ばれ続け、ザッケローニが海外でプレーしている選手のFWが見たいと明言した2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選ウズベキスタン戦以外の全試合に招集されるも、欧州遠征では練習中に左太腿裏痛め、途中離脱となり、試合には出場できなかった[12]2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選では、全試合にスタメン出場し、5試合で3得点を挙げた。FIFAコンフェデレーションズカップ2013では全3試合に出場。元イタリア代表監督のアリゴ・サッキからイタリア戦で一番印象に残った選手にも挙げられたが[13]、コンフェデ以降代表から遠ざかり、2014 FIFAワールドカップにも落選してしまった[14]

プレースタイル[編集]

フィジカルの強さ、シュート技術、ドリブル、ポストプレー、オフ・ザ・ボールの動きと、すべての面で能力が高く、183cmの身長もあり、両足でゴールを決めることができる[15][16]。抜群のスピードはないものの、足元の高度なテクニックと「危険なエリア」に嗅覚で入っていけるセンスを備え、運動量も豊富で献身的な選手でもある[17]

イビチャ・オシム元日本代表監督には、運動量が非常に多く、個人技術に優れ、見た目にはそれほど速くは見えないが、いつの間にか相手にとって危険な地域にいる、これまでの代表には不足していたタイプと評された[18]。そして、オシムが最後に日本代表監督として指揮した試合では前田を先発出場させ、前田はその試合で記念すべき代表初ゴールをあげていた[17]

ジュビロ磐田入団時のポジションはミッドフィルダーであった[19]

高校時代の憧れの選手は中村俊輔で、足元の技術やプレースタイル全般について影響を受けた[19]

人物[編集]

大食漢であり、30歳を過ぎても食べる量が落ちず、ジュビロ磐田のシーズンシート購入者への感謝イベント『2012 Jubilo Corte Azul Awards』で今年一年最も食べたで賞を受賞した[20]。また、食べたらタダになる1300グラムのココイチカレーを約20分で完食したことがある[21]

前田遼一のジンクス[編集]

「前田遼一がリーグ戦でシーズン最初のゴールを決めた相手はJ2に降格する」という内容のジンクス「前田(遼一)の呪い」が、2012年シーズン終盤に相次いで報じられた[22][23][24]。現に、2007年のヴァンフォーレ甲府に始まり、東京ヴェルディジェフユナイテッド千葉京都サンガモンテディオ山形と5年連続で対象クラブの降格が続いていた。

2012年の対象クラブはJリーグの「オリジナル10」のひとつであり、降格経験のないガンバ大阪であったが、G大阪もまた前年まで3、2、3位と続いていた好成績が一転して残留争いに巻き込まれ、最終節でジュビロ磐田との対戦に敗れれば降格という事態に陥る。そして試合は、前田の1得点1アシストを含む2-1のスコアで磐田が勝利し、G大阪は降格が決定。6年連続でジンクスが継続する結果となった[25][26]が、2013年に前田がシーズン初ゴールを決めた浦和レッドダイヤモンズは残留した[27]。また、2014年に前田がシーズン初ゴールを決めたカマタマーレ讃岐も年間21位の成績でJ2・J3入れ替え戦に回るも、AC長野パルセイロに勝ち、J2残留を決めた。

年度 初得点 対戦相手 順位 結果
2007 第14節 ヴァンフォーレ甲府 17位 J2降格
2008 第19節 東京ヴェルディ 17位 J2降格
2009 第5節 ジェフ千葉 18位 J2降格
2010 第4節 京都サンガ 17位 J2降格[28]
2011 第10節 モンテディオ山形 18位 J2降格[29]
2012 第3節 ガンバ大阪 17位 J2降格[30]
2013 第5節 浦和レッドダイヤモンズ 6位 J1残留[31]
2014
(J2)
第2節 カマタマーレ讃岐 21位 J2・J3入れ替え戦に勝ち残り、J2残留

2012年ガンバ大阪戦の後、前田はこのジンクスについて「思うところは何もない[32]」「もともと何も考えていない[33]」とコメントした。

その後、2013年シーズンの開幕時にコメントを求められた際には「僕としてはやめてほしい。そういう話とは関係なく、ゴールを決めたい[34]」と、あまり快く思っていないことを明かし、また、ジュビロ磐田の監督である森下仁志も「デスゴールなどと言うのは遼一に対しても相手に対しても失礼」と話した[35]。一方、2013年のリーグ初戦で対戦した名古屋グランパス監督のドラガン・ストイコビッチは、引き分けとなった試合終了後の会見で自ら切り出して「ひとつ大事なことがある。それは前田にゴールを入れさせなかったことだ」と語り、さらに頭の上で丸印を作り「これでJ1に残れる」と笑顔を見せた[36]

多くのスポーツ新聞やテレビ番組等に報じられ、過熱する「デスゴール報道」に、磐田は困惑し、服部健二GMは報道陣に対し、「パフォーマンスに影響が出る可能性があるので、1点目を取るまでは磐田発信でのこの件に関する報道は控えてほしい」と報道の自粛を要請した[37]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2000 磐田 24 J1 1 0 0 0 3 0 4 0
2001 9 2 5 1 2 1 16 4
2002 18 4 0 2 0 3 1 9 1
2003 28 7 9 5 5 1 42 13
2004 27 8 6 1 5 3 38 12
2005 25 12 2 2 0 0 27 14
2006 27 15 7 1 3 2 37 18
2007 22 12 0 0 2 1 24 13
2008 22 8 0 0 0 0 22 8
2009 34 20 6 3 2 1 42 24
2010 33 17 10 3 1 0 44 20
2011 28 14 3 1 0 0 31 15
2012 33 13 4 2 1 1 38 16
2013 33 9 4 1 2 1 39 11
2014 J2 37 17 - 0 0 37 17
通算 日本 J1 326 137 58 20 29 12 413 169
日本 J2 37 17 - 0 0 37 17
総通算 363 195 58 20 29 12 450 227
  • 1999年は強化指定選手としての公式戦出場はなし

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2004 磐田 18 3 1
2005 3 0
通算 AFC 6 1

その他の国際公式戦

記録等[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 33試合 10得点 (2007年 -)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2007 2 1
2008 1 1
2009 2 0
2010 2 0
2011 9 4
2012 8 4
2013 9 0
通算 33 10

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2007年10月17日 日本大阪 エジプトの旗 エジプト ○4-1 アフロアジア選手権
2. 2008年2月17日 中国重慶 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 △1-1 東アジアサッカー選手権2008
3. 2011年1月17日 カタールアル・ラーヤン サウジアラビアの旗 サウジアラビア ○5-0 AFCアジアカップ2011
4.
5. 2011年1月25日 カタール、ドーハ 韓国の旗 韓国 △2-2
(PK3-0)
6. 2011年11月11日 タジキスタンドゥシャンベ タジキスタンの旗 タジキスタン ○4-0 2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
7. 2012年2月24日 日本、大阪 アイスランドの旗 アイスランド ○3-1 キリンチャレンジカップ
8. 2012年6月3日 日本、埼玉 オマーンの旗 オマーン ○3-0 2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選
9. 2012年6月8日 日本、埼玉 ヨルダンの旗 ヨルダン ○6-0
10. 2012年9月11日 日本、埼玉 イラクの旗 イラク ○1-0

個人タイトル[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “前田 遼一”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ma/ryoichi_maeda.html 
  2. ^ 2010 Jリーグ 各賞受賞者決定 ~2010Jリーグアウォーズで表彰~ Jリーグ公式サイト 2010.12.6付ニュースリリース
  3. ^ 史上初! 前田が2年連続得点王…磐田 スポーツ報知 2010.12.4付記事[リンク切れ]
  4. ^ 代表エース前田移籍へ! イングランドnikkansports.com、2011年12月13日
  5. ^ 前田磐田残留「今年もお世話になります」nikkansports.com、2012年1月16日
  6. ^ 磐田・前田の呪い今年も! 先制弾&アシストサンケイスポーツ 12月2日付ニュース
  7. ^ 磐田FW前田がJ通算150ゴールデイリースポーツ 7月5日付ニュース
  8. ^ 2014 Jリーグ 34 VS.愛媛FC 試合日程・結果 ジュビロ磐田 Jubilo IWATA - ジュビロ磐田公式HP
  9. ^ a b c "U-22日本代表「群雄割拠の予兆」"週刊サッカーダイジェスト、2003年2月4日号
  10. ^ 寺野典子『未完成 ジュビロ磐田の戦い』河出書房新社刊、2002年2月28日発行(190ページ)
  11. ^ a b U-23日本代表オリンピック・アジア最終予選/UAEラウンドメンバー発表J's GOAL、2004年2月16日
  12. ^ 前田離脱…広島・佐藤寿を追加招集サンケイスポーツ 10月10日付ニュース
  13. ^ Number 2013年9月19日号
  14. ^ サッカーW杯代表決定 長谷部、内田、伊野波ら中日新聞(2014年5月13日)
  15. ^ 【日本代表】 今野泰幸のフル出場が示すザックジャパンが志向するスタイルweb Sportiva、2012年2月17日
  16. ^ 本田! 前田! 岡崎! 3発で勝利/W杯予選nikkansuport.com、2012年6月3日
  17. ^ a b 献身的なFW“ジュビロの前田遼一”は、“日本の前田遼一”になれるのか? Number Web、2010年10月17日
  18. ^ AFCアジアカップ2007日本代表チームメンバー発表記者会見でのオシム監督(日本代表)コメント、J's GOAL、2007年6月18日
  19. ^ a b DVD『Ryoichi MAEDA ROAD〜まだなにも成し遂げていない〜』ぴあ、2011年10月23日
  20. ^ ジュビロ磐田公式HPニュース 2012 12/8 『2012 Jubilo Corte Azul Awards』
  21. ^ Jリーグサッカーキング 2014年8月号
  22. ^ 前田遼一の呪い Goal.com、2012年9月27日
  23. ^ 前田の呪い”解く!逆転残留へ恐怖のジンクス破る…G大阪 スポーツ報知、2012年11月28日(2012年12月2日閲覧)。
  24. ^ ガンバ、磐田・前田の呪い打ち破って残留やサンケイスポーツ、2012年11月28日(2012年12月2日閲覧)。
  25. ^ G大阪 初の降格…磐田に敗戦、“不吉ジンクス”覆せずSponichi Annex、2012年12月1日(2012年12月2日閲覧)。
  26. ^ G大阪までもが…“前田の呪い”は今季も継続ゲキサカ、2012年12月1日(2012年12月2日閲覧)。
  27. ^ Jリーグ 2013年 J1 順位表Sponichi Annex。
  28. ^ Jリーグ 2010年 J1 順位表Sponichi Annex。
  29. ^ Jリーグ 2011年 J1 順位表Sponichi Annex。
  30. ^ Jリーグ 2012年 J1 順位表Sponichi Annex。
  31. ^ Jリーグ 2013年 J1 順位表Sponichi Annex。
  32. ^ “前田の呪い”6年連続! 本人は「思うところは何もない」…磐田スポーツ報知、2012年12月2日(2012年12月3日閲覧)。
  33. ^ 磐田前田6年連続「デスゴール」/J1日刊スポーツ、2012年12月2日(2012年12月3日閲覧)。
  34. ^ 呪いに注目も…寡黙な前田きっぱり「僕としてはやめてほしい」 スポニチアネックス 2013.3.2付ニュース
  35. ^ 【磐田】前田「ゴールを決めたい」でも騒ぐのは止めて! スポーツ報知 2013.3.2付ニュース
  36. ^ ピクシー "デスゴール"防ぎ「これでJ1に残れる」スポニチアネックス、2013年3月3日(2013年3月6日閲覧)
  37. ^ 【磐田】パフォーマンスに影響、デスゴール報道自粛要請 スポーツ報知 2013.3.9付
  38. ^ ジュビロ磐田公式HP 試合レポート 2005 J1第15節:ジュビロ磐田 vs セレッソ大阪

関連項目[編集]

外部リンク[編集]