羽田憲司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
羽田 憲司 Football pictogram.svg
名前
愛称 ハネ、ハネケン
カタカナ ハネダ ケンジ
ラテン文字 HANEDA Kenji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1981年12月1日(33歳)
出身地 千葉県市川市[1]
身長 180cm[1]
体重 75kg[1]
選手情報
ポジション MF[1]DF
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

羽田 憲司(はねだ けんじ、1981年12月1日 - )は、千葉県出身の元サッカー選手。ポジションはMF(ボランチ)DF

来歴[編集]

市立船橋高校時代は、キャプテンおよびディフェンスリーダーとして第78回高校選手権の優勝に貢献。2000年に鹿島アントラーズに入団。2001年ワールドユース選手権ではU-20日本代表のキャプテンを務めた。

2001年8月、足首に原因不明の痛みを覚え、長期にわたる戦線離脱を余儀なくされる。ブラジルでの手術後は状態が好転し、2005年5月21日のナビスコカップセレッソ大阪戦で3年9ヶ月ぶりの公式戦出場を果たす。2007年よりセレッソ大阪へ期限付き移籍し、2009年には同チームへ完全移籍した。2011年よりヴィッセル神戸へ移籍したが、故障の影響で2年間で6試合出場にとどまる。2012年限りで契約満了により退団し、現役引退を発表した[1]

上記の通り長期離脱を余儀なくされるも、リハビリ中にサッカーを諦める事は考えなかったという。

エピソード[編集]

  • 読売ジャイアンツのファンで、原辰徳にあこがれていた。羽田自身も小学生の時は野球少年でもあり、ショートを守っていた。また、父に初めて東京ドームに連れて行ってもらった時は感動したという。セレッソ大阪移籍後も、阪神甲子園球場で阪神対巨人戦を巨人サイドで見たという。
  • 中澤聡太とは、高校の先輩後輩、2007年に大阪のチームに移籍し、同じ背番号をつけているという共通点がある。
  • C大阪移籍当初は、当時のチームの状態を「本当にぬるいチーム」と正直思ったことを移籍後のサポーター有志の送別会にて語っている。昇格した2009年を境に、チームは少しずつ変わってきたとのこと。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2000 鹿島 24 J1 3 0 5 0 3 0 11 0
2001 14 6 1 0 0 0 0 6 1
2002 0 0 0 0 0 0 0 0
2003 0 0 0 0 0 0 0 0
2004 0 0 0 0 0 0 0 0
2005 6 1 2 0 0 0 8 1
2006 4 0 5 0 0 0 9 0
2007 C大阪 2 J2 25 0 - 2 0 27 0
2008 32 1 - 2 0 34 1
2009 50 1 - 1 0 51 1
2010 J1 20 0 5 0 2 0 27 0
2011 神戸 6 6 0 1 0 0 0 7 0
2012 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 J1 45 2 18 0 5 0 68 2
日本 J2 107 2 - 5 0 112 2
総通算 152 4 18 0 10 0 180 4

その他の公式戦

代表歴[編集]

指導歴[編集]

  • 2013年 - セレッソ大阪 スクールコーチ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h MF羽田憲司選手現役引退のお知らせ ヴィッセル神戸 2013.01.26

関連項目[編集]