中澤聡太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中澤 聡太 Football pictogram.svg
名前
愛称 ソウタ[1]
カタカナ ナカザワ ソウタ
ラテン文字 NAKAZAWA Sota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1982年10月26日(31歳)
出身地 東京都三鷹市[2]
身長 188cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム 川崎フロンターレ
ポジション DF (CB)[1]
背番号 7
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2006 柏レイソル 29 (00)
2006 FC東京 2 (00)
2007-2012 ガンバ大阪 135 (12)
2013- 川崎フロンターレ 20 (1)
代表歴
2000-2001  日本 U-19/20
1. 国内リーグ戦に限る。2014年2月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中澤 聡太(なかざわ そうた、1982年10月26日 - )は、東京都三鷹市出身のプロサッカー選手Jリーグ川崎フロンターレ所属。ポジションディフェンダー(センターバック)。妻はタレント金田美香

来歴[編集]

東京都三鷹市に生まれ、物心つく前に引っ越した埼玉県朝霞市で育つ[3]。中学生時には浦和レッズジュニアユースに加入し、3年時にはユースへの昇格が確実視されていたが[4]同年の高円宮杯で浦和ユースが東福岡高校に大敗したことから高校サッカーに臨むことを決め、1998年トレセンで知り合った西紀寛[4]が在学する市立船橋高校へ進学。2年生時には羽田憲司とセンターバックを組み高校選手権で優勝した。高校の同期には永井俊太本橋卓巳植草裕樹らがいる。3年生時には強化指定選手として柏レイソルに登録された。

2001年西野朗監督率いる柏レイソルに入団[5]。同年にはU-20日本代表としてFIFAワールドユース選手権では3試合に先発出場した。しかし、クラブでは3度の骨折など[4]負傷が重なったこともあって試合に出られずにいた[6]2005年には早野宏史監督の下で出場機会を得るが、翌2006年はJ2に降格したチームの中でも出番が与えられず、シーズン途中の6月に志願してFC東京期限付き移籍[6][2]。負傷した茂庭照幸に代わってベンチ入りするようになったが[7]、初の先発出場となった第25節新潟戦でPKを献上してしまい[8]2試合の出場にとどまった。

2007年、西野が監督を務めるガンバ大阪に期限付き移籍[9]。西野からの期待は大きく[1]2008年には完全移籍で加入し[10]、新加入の水本裕貴ミネイロらを押しのけて自身初めてシーズンを通してのレギュラーの座を掴み、ACL天皇杯などのタイトル獲得に貢献。ファン選出の同年度MVPを受賞した[11]

2009年は開幕から新加入のパク・ドンヒョクにポジションを譲るも、第8節FC東京戦以降は再びスターティングメンバーとして起用された。同年6月21日、金田美香との入籍を発表[12]2010年1月9日、金田の26歳の誕生日に挙式・披露宴を行った[13]。同年10月3日、第一子となる長女が誕生した[14]。同年7月、J1第13節浦和戦でJリーグ100試合出場を記録。12月の天皇杯準々決勝・浦和戦では相手チームの選手と接触し負傷。「左精巣損傷」と診断された。2011年はDFながら5得点を挙げるなど攻撃面では精彩を放つも、守備面では安定感を欠いた。2012年は7月に左腓骨遠位端骨折により4か月の戦線離脱を余儀なくされ、リーグ戦出場は18試合に留まり、クラブもJ2降格を喫した。

2013年川崎フロンターレへ完全移籍[15]。怪我の完治が遅れ、戦術に適応しきれないまま開幕を迎えたため[4]、第3節鳥栖戦では5失点で大敗。シーズン半ばにかけて徐々に復調したが[4]、8月以降はDFジェシの復帰によって先発から外れた[16]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2001 5 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2002 1 0 0 0 0 0 1 0
2003 0 0 1 0 0 0 1 0
2004 9 0 6 0 1 0 16 0
2005 16 0 6 1 0 0 22 1
2006 J2 2 0 - - 2 0
FC東京 38 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2007 G大阪 2 2 0 5 0 1 0 8 0
2008 30 3 4 0 5 1 39 4
2009 26 0 2 1 5 0 33 1
2010 32 4 2 0 4 0 38 4
2011 27 5 2 0 1 0 30 5
2012 19 2 0 0 3 0 22 2
2013 川崎 7 20 1 7 0 3 0 30 1
2014
通算 日本 J1 185 15 35 2 23 1 243 18
日本 J2 2 0 - - 2 0
総通算 187 15 35 2 23 1 245 18
  • 2000年度は強化指定選手としての公式戦出場はなし。

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2008 G大阪 2 11 0 3 0
2009 6 0 -
2010 6 1 -
2011 5 2 -
2012 6 0 -
2014 川崎 7 6 0 -
通算 AFC 40 3 3 0
その他の国際公式戦
出場歴

タイトル[編集]

市立船橋高校
ガンバ大阪

個人[編集]

  • 全国高校選手権 優秀選手 (2000年)[9]

代表歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 選手データベース 中澤聡太 - ウェイバックマシン(2008年4月20日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2008年2月21日)
  2. ^ a b 中澤聡太選手 期限付移籍加入のお知らせ - ウェイバックマシン(2006年6月29日アーカイブ分) FC東京 (2006年6月25日)
  3. ^ 「Humane FOOTBALLER」『週刊サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、2005年5月10日号 No.1024 57-59ページ。
  4. ^ a b c d e F-スポット SEASON 2013 / vol.11 川崎フロンターレ
  5. ^ 2001年シーズン新加入選手決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2001年1月23日アーカイブ分) 柏レイソル (2001年1月10日)
  6. ^ a b 中澤 聡太選手がFC東京へ期限付移籍 柏レイソル (2006年06月25日)
  7. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2006年12月2日)
  8. ^ 【J1:第25節】F東京 vs 新潟:試合終了後の各選手コメント J's GOAL (2006年9月30日)
  9. ^ a b c d e 中澤 聡太選手がガンバ大阪へ期限付移籍 柏レイソル (2007年01月10日)
  10. ^ a b c 中澤 聡太選手 ガンバ大阪へ完全移籍 柏レイソル (2008年1月19日)
  11. ^ 2008 BMW提供ファンが選ぶ『MVP』を中澤選手が受賞! そして恒例の日刊スポーツ提供『黄金の脚』賞は二川選手に! - ウェイバックマシン(2014年1月8日アーカイブ分) ガンバ大阪 (2008年12月7日)
  12. ^ 報告します。 中澤聡太オフィシャルブログ、2009年6月21日
  13. ^ 1月9日 中澤聡太オフィシャルブログ、2010年1月10日
  14. ^ 誕生 中澤聡太オフィシャルブログ、2010年10月3日
  15. ^ 中澤聡太選手加入のお知らせ 川崎フロンターレ (2013年1月8日)
  16. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2013年12月7日)

外部リンク[編集]