羽生直剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
羽生 直剛 Football pictogram.svg
名前
愛称 ニュウ[1]、はにゅー
カタカナ ハニュウ ナオタケ
ラテン文字 HANYU Naotake
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1979年12月22日(34歳)
出身地 千葉県千葉市花見川区
身長 167cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム FC東京
ポジション MF
背番号 22
利き足 右足[2]
ユース
1986-1991
1992-1994
1995-1997
1998-2001
こてはし台SC
こてはし台中学校
八千代高校
筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2007 ジェフ市原/千葉 165 (24)
2008- FC東京 136 (10)
2013 ヴァンフォーレ甲府 20 (00)
代表歴
2006-2008 日本の旗 日本 17 (00)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年1月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

羽生 直剛(はにゅう なおたけ、1979年12月22日 - )は、千葉県千葉市出身のサッカー選手。ポジションミッドフィールダーJリーグFC東京所属。筑波大学卒業。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年生の時にサッカーを始める[1]。 1995年、「(強豪の)習志野市立船橋よりも、理論的なサッカーで試合に出るチャンスが高い」と千葉県立八千代高校への進学を選び[3]、3年次に国体で3位を獲得[4]。冬の全国選手権ではベスト8に進出[4]、準々決勝で中田浩二を擁する帝京高校に敗退した。

1998年筑波大学に進学し、同大学の蹴球部でプロ入り後に通じるボールに絡みながらスペースで活きるプレースタイルを体得[5][3][注 1]。同期には石川竜也平川忠亮鶴見智美らがいた。2001年、関東選抜として参加したデンソーカップのMVPに選出され[7]同年開催のユニバーシアード北京大会には大学選抜として出場。決勝戦(対ウクライナ戦)での決勝点を含め、チーム最多タイとなる3得点を挙げた(巻誠一郎も同点)[8]。また、同年の関東大学リーグ1部でも、得点・アシスト共に上位に入り[9]MVPに選出された。

ジェフユナイテッド市原/ジェフユナイテッド市原・千葉[編集]

大学卒業後の2002年ジェフユナイテッド市原[注 2]に入団[4]3月3日、開幕戦の対京都戦(市原臨海)で初出場を果たす。初得点は11月9日の対浦和戦(国立[10]。このシーズンは新人でありながら、リーグ戦とカップ戦を合わせて32試合に出場し、2得点を記録した。

2003年より千葉の監督に就いたイビチャ・オシムからは「羽生はそのポジションにもっといい選手がいても、どこかで使いたくなる選手だ」と評価され[11]レギュラーに定着[12]2005年10月29日大分戦でJ1通算100試合出場を記録した[13]。千葉では主にトップ下、1.5列目でのシャドーストライカーに配され、その走力で「考えて走るサッカー」の中核を担った。当時のコーチである江尻篤彦は後に「走る能力は、羽生は別として、佐藤勇人阿部勇樹村井慎二、皆平均以下だった」と語っている[14]

2006年、オシムが日本代表監督に就任すると、代表合宿に招集され、8月16日アジアカップ2007予選、対イエメン戦で国際Aマッチ初出場を果たした[12]。翌2007年の本選にも代表メンバーとして参加。途中出場ながら効果的な飛び出しと鋭い突破でアクセントとなり[15]5試合に出場したが、3位決定戦の対韓国戦ではPK戦で失敗し敗退[15]。日本代表はこの大会を4位で終えた。

FC東京[編集]

2008年、J1のFC東京へ完全移籍し[16][17]、同年4月の東京ダービーで移籍後初ゴール[18]城福浩監督が推し進めるムービングフットボールの核として奮闘し、特にオフ・ザ・ボールの動きの質はチームメートから一目置かれていた[注 3]。オシムの後任である岡田武史が率いる日本代表にも引き続き招集され、出場機会を得ていたが[20]、4月の日本代表トレーニングキャンプを下腿三頭筋挫傷により辞退[21]したことが響き[22][23]、これ以後、A代表には選出されていない。

2009年は、前年に続いてゲームキャプテンを任され、リーグ戦全試合に先発出場[24]。チームトップの9アシストを記録する[25][注 4]と同時に、ビルドアップへの加担や、味方が空けたスペースを埋めるなどのバランサーとしての役割を担った[1]

2010年にはボランチにも配されたがチームはJ2降格を喫し、大幅な減俸提示を受けた[26][27]。しかし、翌2011年には千葉所属時以来となるトップ下に入ると、キーマンとして[28]パスを繋ぐ中でのアクセントとしてリズムを作るなど[29][30]攻撃の核を担い、J1復帰に導く[27]活躍を見せた。2012年は序盤こそ先発出場を続けていたものの[31]足底筋膜炎による手術[32]など負傷が重なり[33]プロ入り後初めての公式戦無得点に終わった。

ヴァンフォーレ甲府[編集]

2013年、城福が率いるヴァンフォーレ甲府期限付き移籍[2]。シーズン当初よりスタメン出場を続けたが、前年の手術の影響も残る中[34][35]J1第16節湘南戦で肉離れを起こし[36]戦線離脱。羽生不在の間にチームは守備的なシステムへと変更して調子を上向かせたこともあり[37]、これ以降出場機会を激減させた[38]。また、前年に続き公式戦無得点に終わった。

甲府では副将を務め[39]、選手ミーティングを主導した他[35]、城福と選手の間での橋渡し役を担い、厚い信頼を得ていた[40]。慰留を受けていたものの[40]、責任を取りたいという自身の希望により移籍期間を延長せずに退団[41]

FC東京へ復帰[編集]

2014年、FC東京へ復帰[42]

人物[編集]

  • 千葉在籍時の同僚である阿部勇樹から尊敬されており、阿部が浦和に移籍した際は「羽生さんみたいになりたいから(背番号を)22番にしました」と言ったが、羽生は「後付けでしょ(笑)まあ、そう言われるのはありがたいけど」と言った[要出典]
  • 2008年3月28日に長女が誕生[43]。同月30日のJ1第3節京都戦で吉本一謙が先制点を挙げた際にFC東京のチームメートと「ゆりかごダンス」を行った[44][45]。これを受けて、2013年3月19日に次女が生まれた際には[46]、甲府のチームメートが得点時のゆりかごダンスを約束していたが[47][48]、同月30日のJ1第4節川崎戦で得点を挙げた平本一樹は、得点の喜びで約束を失念していた[48]
  • 2010年のワールドカップ南アフリカ大会で活躍したドイツ代表メスト・エジルに顔が似ていると話題になった[49]。師のオシムも「プレーもハニューに似ている。ただし、身長はエジルの方が高いが」とコメントしている[50]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1999 筑波大 9 - - - 1 0 1 0
2000 - - 2 0 2 0
2002 市原 22 J1 23 2 5 0 4 0 32 2
2003 25 6 2 0 3 1 30 7
2004 25 1 6 0 0 0 31 1
2005 千葉 31 2 10 2 1 0 42 4
2006 32 7 9 2 1 0 42 9
2007 29 6 4 1 1 0 34 7
2008 FC東京 27 1 4 0 4 0 35 1
2009 34 2 8 0 3 0 45 2
2010 25 2 7 0 2 0 34 2
2011 J2 37 5 - 5 0 42 5
2012 J1 13 0 1 0 1 0 15 0
2013 甲府 20 0 2 0 3 0 25 0
2014 FC東京
通算 日本 J1 284 29 58 5 23 1 365 35
日本 J2 37 5 - 5 0 42 5
日本 - - 3 0 3 0
総通算 321 34 58 5 31 1 410 40
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2012 FC東京 22 4 0
通算 AFC 4 0
その他の国際公式戦
出場歴

代表・選抜歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 17試合 0得点 (2006年 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2006 5 0
2007 7 0
2008 5 0
通算 17 0

タイトル[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 自身と森島寛晃のプレースタイルを重ね合わせており、大学の卒業論文は「ルイ・コスタと森島寛晃と自分のプレーの違い」をテーマに書き上げた[6]
  2. ^ 出身の千葉県内のクラブを選んだことには、病床の父に試合を見せたいという考えもあったという[3]
  3. ^ 大竹洋平はオフ・ザ・ボールでの動き方を羽生に相談し、自分のプレーを取り戻した[19]
  4. ^ Jリーグ公式記録での「アシスト」は集計されていない。
出典
  1. ^ a b c 『FC東京ファンブック2010』 アサヒオリジナル2010年、26頁。
  2. ^ a b 羽生 直剛選手 FC東京より期限付き移籍加入 ヴァンフォーレ甲府 (2003年1月11日)
  3. ^ a b c 元川悦子 『黄金世代』 スキージャーナル2009年、207-217頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 羽生直剛選手の加入内定について ジェフユナイテッド市原 (2001年11月19日)
  5. ^ a b c 『FC東京ファンブック2008』 毎日新聞社2008年、40頁。
  6. ^ 「ひたむきに闘うクレバーな才能」羽生直剛(ジェフ市原/MF) 週刊サッカーダイジェストNo.670、2003.03.25号 103ページ
  7. ^ a b デンソーカップサッカー'01 最優秀選手・優秀選手 College Soccer Central
  8. ^ 2001年 ユニバーシアード・北京(中国)大会 予選リーグ 試合結果詳細同 決勝トーナメント 試合結果詳細 College Soccer Central
  9. ^ 2001年 第75回関東大学サッカーリーグ戦 得点、アシストランキング College Soccer Central
  10. ^ 「profile」羽生直剛オフィシャルサイト
  11. ^ 木村元彦 『「オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える」第8章 リスクを冒して攻める』 集英社インターナショナル、2005年、197頁。ISBN 4797671084
  12. ^ a b 【J1 注目選手スペシャルインタビュー】Vol.17:千葉 羽生直剛選手 J's GOAL (2006年11月6日)
  13. ^ 羽生直剛選手 Jリーグ100試合出場記念Tシャツ限定販売について J's GOAL (2005年11月12日)
  14. ^ Sports Graphic Number PLUS May 2014』 文藝春秋2014年、94頁。
  15. ^ a b (羽生直剛) 効果的な動きも悲劇に泣く (archive) ゲキサカ (2007年7月29日)
  16. ^ 羽生直剛選手の移籍について - ウェイバックマシン(2008年1月18日アーカイブ分) ジェフユナイテッド市原・千葉 (2008年1月15日)
  17. ^ 羽生直剛選手 完全移籍加入決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2012年7月14日アーカイブ分) FC東京 (2008年1月15日)
  18. ^ 羽生、オシム前監督の前で移籍1号 - ウェイバックマシン(2008年4月16日アーカイブ分)
  19. ^ 【Jリーグ注目選手スペシャルインタビュー】Vol.16:大竹洋平選手 J's GOAL、2008.10.21
  20. ^ 羽生 岡田ジャパンの切り札 東京中日スポーツ、2008.1.27
  21. ^ 羽生直剛選手の検査結果について - ウェイバックマシン(2008年9月23日アーカイブ分) FC東京 (2008年4月18日)
  22. ^ 「岡ちゃん合宿離脱組に“非情通告”」デイリースポーツ、2008.4.22
  23. ^ 岡田監督 不参加主力組に警告 - ウェイバックマシン(2008年4月22日アーカイブ分)東京中日スポーツ (2008年4月22日)
  24. ^ 選手出場記録 1/2同 2/2 Jリーグ (2009年12月5日)
  25. ^ FC東京データランキング Stats Stadium
  26. ^ チーム最年長の羽生残留 東京中日スポーツ (2011年1月22日)
  27. ^ a b ニューカマー・レコメンド J's GOAL (2013年2月5日)
  28. ^ FC東京は痛恨ドローも新システムに光明、羽生が“オシム流トップ下”で攻撃に変化 ゲキサカ (2011年5月22日)
  29. ^ 【第91回天皇杯 決勝 京都 vs F東京】大熊清監督(F東京)記者会見コメント J's GOAL (2012年1月1日)
  30. ^ 大熊監督「アジアに連れていく夢を達成できて感無量」天皇杯決勝後 FC東京監督会見 スポーツナビ (2012年1月1日)
  31. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2012年12月1日)
  32. ^ 羽生直剛選手の手術について FC東京 (2012年7月4日)
  33. ^ 試合記録 Jリーグディビジョン1 第28節 FC東京 (2012年10月6日)
  34. ^ 【甲府】羽生が練習に完全合流「だいぶ良い感じ」 - ウェイバックマシン(2013年8月31日アーカイブ分) スポーツ報知 (2013年8月29日)
  35. ^ a b 羽生直剛が復活、天皇杯2回戦でメンバー入りの可能性も blogola (2013年9月4日)
  36. ^ 羽生直剛選手の負傷について ヴァンフォーレ甲府 (2013年7月23日)
  37. ^ 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、86頁。
  38. ^ 羽生、F東京へ復帰 契約満了 山梨日日新聞 (2014年1月17日)
  39. ^ 2013シーズン キャプテン・副キャプテン 決定のお知らせ ヴァンフォーレ甲府 (2013年2月20日)
  40. ^ a b 昨季甲府の羽生が2年ぶりに東京へ復帰 日刊スポーツ (2014年1月15日)
  41. ^ 羽生 直剛選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ ヴァンフォーレ甲府 (2014年1月16日)
  42. ^ 羽生直剛選手 FC東京復帰のお知らせ FC東京 (2014年1月16日)
  43. ^ 羽生直剛選手に第1子(長女)誕生のお知らせ - ウェイバックマシン(2008年12月29日アーカイブ分) FC東京 (2008年3月29日)
  44. ^ F東京、“パパ”羽生祝うゆりかごダンス (F東京vs京都) ゲキサカ (2008年3月31日)
  45. ^ 【J1:第3節 F東京 vs 京都】レポート J's GOAL (2008年3月30日)
  46. ^ 羽生直剛選手に第二子誕生のお知らせ ヴァンフォーレ甲府 (2013年3月21日)
  47. ^ 甲府 憧れの選手との対戦を前に「リスペクトしすぎずに、勇猛果敢にやっていきたい」とレフティー堀米 blogola (2013年3月22日)
  48. ^ a b 【J1:第4節 川崎F vs 甲府】試合終了後の各選手コメント J's GOAL (2013年3月30日)
  49. ^ ゲルマン魂を受け継ぐトルコ系司令塔エジル ゲキサカ (2010年7月9日)
  50. ^ ドイツのエジルが羽生に似ていると話題 サポティスタ 2010.7.5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]