スルガ銀行チャンピオンシップ2010

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スルガ銀行チャンピオンシップ2010
大会名 スルガ銀行チャンピオンシップ2010TOKYO Jリーグヤマザキナビスコカップ /
コパ・スダメリカーナ王者決定戦
PK 4 - 3
開催日 2010年8月4日
会場 国立競技場(東京)
主審 スチュアート・アトウェル
観客数 19,423人
天気 晴 29.3℃ 72%

スルガ銀行チャンピオンシップ2010(スルガぎんこうチャンピオンシップ2010)は、スルガ銀行チャンピオンシップの2010年大会である。

参加クラブ[編集]

出場クラブ 出場資格 出場回数
日本の旗 FC東京 2009Jリーグヤマザキナビスコカップ優勝 初出場
エクアドルの旗 LDUキト コパ・スダメリカーナ2009優勝 初出場

エクアドルからは初の参加となる。

概要[編集]


  • レギュレーション
    • 前後半45分ハーフの合計90分で行う。
    • 90分で決着が付かなかった場合には、延長戦は行わずPK戦により勝敗を決する。
    • 選手交代は6人まで可能。

試合結果[編集]

2010年8月4日
19:00
FC東京 日本の旗 2 - 2 エクアドルの旗 LDUキト 国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 19,423人
主審: イングランドの旗 スチュアート・アトウェル
平山相太 34分にゴール 34分
大黒将志 90+1分にゴール 90+1分
レポート (PDF) バルコス 29分にゴール 29分
ウルティア 63分にゴール 63分 (PK)
    PK戦  
大黒将志 成功
松下年宏 成功
重松健太郎 ミス(GKのセーブ)
今野泰幸 成功
梶山陽平 成功
4 - 3 ミス(GKのセーブ) ウルティア
成功 デ・ラ・クルス
成功 ララ
ミス ルーナ
成功 カジェ
 
FC東京
LDUキト
FC東京
GK 20 日本の旗 権田修一
DF 33 日本の旗 椋原健太 62分に警告 62分 81分に交代退場 81分
DF 17 韓国の旗 キム・ヨングン
DF 06 日本の旗 今野泰幸 captain
DF 14 日本の旗 中村北斗
MF 03 日本の旗 森重真人 46分に交代退場 46分
MF 27 日本の旗 田邉草民 64分に交代退場 64分
MF 19 日本の旗 大竹洋平 46分に交代退場 46分
MF 18 日本の旗 石川直宏 77分に交代退場 77分
FW 16 ブラジルの旗 リカルジーニョ 57分に交代退場 57分
FW 13 日本の旗 平山相太
控え
GK 01 日本の旗 塩田仁史
DF 08 日本の旗 松下年宏 81分に交代出場 81分
MF 30 韓国の旗 ソ・ヨンドク 64分に交代出場 64分
MF 22 日本の旗 羽生直剛 46分に交代出場 46分
MF 10 日本の旗 梶山陽平 46分に交代出場 46分
FW 39 日本の旗 大黒将志 57分に交代出場 57分
FW 24 日本の旗 重松健太郎 77分に交代出場 77分
監督
日本の旗 城福浩
LDU キト
GK 22 エクアドルの旗 ドミンゲス
DF 13 エクアドルの旗 レアスコ captain 81分に交代退場 81分
DF 02 アルゼンチンの旗 N.アラウーホ
DF 06 エクアドルの旗 グアグア 40分に警告 40分
DF 21 エクアドルの旗 チラ 88分に交代退場 88分
DF 14 エクアドルの旗 カルデロン
MF 04 エクアドルの旗 デ・ラ・クルス
MF 08 エクアドルの旗 ウルティア
MF 07 エクアドルの旗 ボラーニョス 46分に交代退場 46分
FW 19 ウルグアイの旗 サルゲイロ 71分に交代退場 71分
FW 18 アルゼンチンの旗 バルコス 85分に交代退場 85分
控え
GK 01 エクアドルの旗 セバージョス
DF 23 パラグアイの旗 エスピノーラ
DF 03 エクアドルの旗 カジェ 88分に交代出場 88分
DF 17 エクアドルの旗 ガメス 81分に交代出場 81分
MF 15 エクアドルの旗 W.アラウーホ 71分に交代出場 71分
MF 10 エクアドルの旗 ララ 85分に交代出場 85分
FW 20 アルゼンチンの旗 ルーナ 50分に警告 50分 46分に交代出場 46分
監督
アルゼンチンの旗 エドガルド・バウサ

副審:
シンガポールの旗 ジェフリー・ゴー
シンガポールの旗 ハジャ・マイディン
第4の審判:
日本の旗 高山啓義

スルガ銀行チャンピオンシップ
2010 優勝
日本の旗
FC東京
初優勝

外部リンク[編集]