宮本恒靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮本 恒靖 Football pictogram.svg
名前
愛称 ツネ、ツネ様
カタカナ ミヤモト ツネヤス
ラテン文字 MIYAMOTO Tsuneyasu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1977年2月7日(37歳)
出身地 大阪府富田林市[1]
身長 176cm[1]
体重 72kg[1]
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-2006
2006-2009
2009-2011
日本の旗 ガンバ大阪
オーストリアの旗 レッドブル・ザルツブルク
日本の旗 ヴィッセル神戸
295 (7)
21 (0)
42 (1)
代表歴
2000-2006[2] 日本の旗 日本 71 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

宮本 恒靖(みやもと つねやす、1977年2月7日 - )は、大阪府富田林市出身の元プロサッカー選手(元日本代表)。ポジションディフェンダー(センターバック)。2013年7月19日、第13期FIFAマスターを卒業し、元プロ選手としては2人目、日本人元プロ選手としては初めてのFIFAマスター卒業生となった[3]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府富田林市出身。サッカーを始めたのは富田林市立伏山台小学校5年生(10歳)。ポジションはフォワードだった。サッカーを始めるまでは、地区の少年ソフトボールをしていた。地元の富田林市立金剛中学校に進学、同校にてサッカーの指導を受けて技術を向上、サッカーを始めてから約3年後の中学2年生時「第14回全日本選抜中学生大会」(現・14歳以下ナショナルトレセン)、日本ジュニアユース代表候補(現・U-15代表候補)合宿に招集。中学校2年生時「大阪府英語暗唱大会」で優勝。

大阪府立生野高等学校時代はガンバ大阪ユースに所属し、上級生がいなかったため初代キャプテンに就任[4]、ユースチーム卒業までの3年間務めた。ユースでは1994年12月にJユースカップで優勝し初めてのタイトルを得た[4]。1993年にはU-17日本代表に選ばれ、日本で開催された1993 FIFA U-17世界選手権に出場しベスト8の成績を修めた[5]。U-18ジュニアユース(監督・山本昌邦)招集。

ガンバ大阪時代[編集]

1995年6月24日、ガンバ大阪のトップチームにクラブでは初めて昇格[4](同期入団は實好礼忠森下仁志中口雅史高木健旨松山明男)スイーパーとして活躍。プロ契約後、数年間中々出場機会に恵まれず、ポジションも頻繁に変わりプロ選手として苦悩する事になる。同時期に同志社大学経済学部に進学。労働経済学のゼミに所属し、2001年に卒業した。

1996年から1998年頃、当時のクゼアントネッティ両監督にはボランチで起用されたこともあった。初ゴールは1997年10月4日、同年オールスター戦にも初選出されキャプテンを務める[4]。2000年にトップチームの主将に就任、オールスター戦にJ-EASTとJ-WESTの両チーム合わせての得票1位で選出(2002年も1位選出される)[4]。出場回数:8回【1997・1999・2000・2001・2002・2004・2005・2006】(2003年は怪我で辞退)。2001年1月にイングランドサッカーのトップリーグであるプレミアリーグに所属していたウェストハム・ユナイテッドFC[6]への移籍を試みたが、イギリス政府から労働ビザが発給されずに断念した。このゴタゴタで、背番号が5から35になった[4][7]2003年からは再び5番に戻った。2002年に就任した西野朗監督にはセンターバックで起用され、山口智シジクレイと3バックを形成した。2004年度には再び主将に就任。2005年12月3日、リーグ最終節川崎フロンターレ等々力)戦ではヘディングシュートを決め、クラブ初、自身にとっても初となるJリーグ優勝のタイトルを得て、ピッチ上で号泣した[4]

レッドブル・ザルツブルク時代[編集]

2006年シーズン終了後、オーストリア・ブンデスリーガレッドブル・ザルツブルクに1年間の契約で完全移籍し[8][9]、初年度にリーグ優勝を果たした。

レッドブル・ザルツブルクでは、4バックの左右どちらのセンターバックもこなし、2007-08年シーズンからはSKラピード・ウィーン戦(12月7日)、SKシュトゥルム・グラーツ戦(12月15日)などで左サイドバックとしてもスタメン出場した。宮本本人は自らのブログで10年ぶりにこのポジションでプレーしたと振り返っている[10]

2007年12月には、2009年6月までの1年半の契約延長に合意した。

2008年1月、チームでの練習中に左太腿裏の腱断裂の怪我を負い、現地で手術、リハビリに務めることになった。6月に本格的に練習再開、8月17日には8か月ぶりに公式戦出場を果たす。同年10月28日のオーストリア協会カップ3回戦では海外移籍後初のキャプテンを任され、フル出場した。 前任者のジョバンニ・トラパットーニ監督時代と違い、コー・アドリアーンセ新監督が就任してからは試合出場機会が減少した。

2008-2009シーズンはアドリアーンセ監督が攻撃戦術を採用した影響もあり、リーグ戦は1試合も出場機会がなかった[11]。そのため、ザルツブルクとの契約は6月まで残っていたものの出場機会を求めて移籍を検討。クロアチアリーグやオーストリア国内のクラブからもオファーが届いていたが[12]、欧州での経験を日本で生かしたいという思いから、複数年契約や高額年俸を用意するなど熱心に誘いのあったヴィッセル神戸入りを決めた[4][11]

ヴィッセル神戸時代[編集]

2009年1月15日、ヴィッセル神戸が、ザルツブルクとの間で完全移籍に合意したと発表した。神戸入団後に主将に就任[13]。2009年の序盤戦はセンターバックで、2009年の後半はボランチの位置でプレーするようになった。同年7月18日のJ1リーグ第18節川崎戦では自身初となるバイシクルシュートを決め、これが宮本のプロ選手生活で最後の公式戦ゴールとなった。2010年および2011年北本久仁衛河本裕之をバックアップする控えのセンターバックとしてプレーし、出場機会は減った。2011年はJ1リーグ戦で4試合出場のみ、うち先発は第23節の福岡戦(レベスタ)と公式戦最終出場試合ともなった最終節の仙台戦(ユアスタ)の2試合だったが、残る30試合でも全てベンチ入りをしていた。

2011年のシーズン終了後、宮本は神戸側から出されていた契約延長の申し出を固辞。12月19日に現役引退を表明した[1][4][14]。また、引退後に国際サッカー連盟(FIFA)スイスで運営する「FIFAマスター」(「スポーツに関する組織論、歴史・哲学、法律についての国際修士」の大学院コース)で学び、また、コーチングライセンスの取得を目指す意向を示した[15]

日本代表[編集]

1997年にU-20に選出され、U-20ワールドカップでキャプテンとして5試合に出場[5]

2000年6月18日キリンチャレンジカップボリビア戦で日本代表初出場[5][2]シドニー五輪を経て、2001年末からは、トルシエJAPANにおいて日本代表キャプテンを務めていた森岡隆三の離脱時に代わってキャプテンを任された。

2002年日韓W杯では、開催直前の大学生との練習試合で競り合った際に相手の肘が顔に入り、鼻骨骨折した[5]。これにより、顔面を保護するために兵庫医大病院が用意した医療器具のフェイスガード(ノーズガード)を付けることになり、元々白いガードに自らの手で黒いマジックで色をつけて[16]出場した。そのプレーする姿を見た海外のメディアから、バットマンと渾名された[5][17]。代表初ゴールは2004年2月7日のマレーシア戦[5][2]

トルシエ後のジーコJAPANでは、発足時よりキャプテンを務めた中田英寿故障で離脱して以降、出場した試合全てのキャプテンを務めた。2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン戦のPK戦では、中村俊輔三都主アレサンドロが外したことで、審判に「ピッチ状態がよいほうでやるべきだ」と通訳なしでPKの位置変更を申し入れる。PK戦の途中で審判への申し入れによってサイド位置が変わることはまず無いが、変更理由にフェアプレーを持ち出すことでこれを認めさせた[18]。この時主審を務めた人間が、マレーシア出身のスブヒディン・モハマド・サレー国際審判員だった。結果、川口能活のファインセーブもありこのPK戦を制すると、日本代表は2大会連続のアジア制覇を果たし、自身も大会ベストイレブンに選出された。

2006年、自身2大会連続2度目のワールドカップ出場となった2006年ドイツW杯では、第1戦(オーストラリア戦)と第2戦(クロアチア戦)はフル出場したが、第3戦(ブラジル戦)は累積警告により出場出来なかった[5]

日本代表ではU-17からA代表に至るまでの全カテゴリでキャプテンを務めた[19]

現役引退後[編集]

現役引退後は、FIFAマスター入学に向けての準備に励む傍ら、サッカー教室などを開催したり、NHKWOWOWのサッカー中継にゲスト解説者として登場。2012年ロンドンオリンピックの期間中には、ジャパンコンソーシアムの男女サッカー中継に解説者として出演した。

2012年4月17日に自らの公式サイト内のブログで、FIFAマスター第13期生への合格を公表した。日本人の元プロサッカー選手では初めての合格で、2012年9月17日に入学した[20][21]。卒業してからも、引き続き欧州にて指導者資格の取得を目指す可能性があることを表明している[22]

2013年7月19日、2012-2013年FIFAマスター第13期生修了式が行われ、宮本恒靖を含め24か国の生徒が卒業した[3]。日本人は2013年7月19日時点で、宮本を含め通算9名ほどがFIFAマスターを卒業している。元プロサッカー選手の卒業生は2名で、日本人元プロサッカー選手としては宮本が初めてである[23]

なお、ロンドンオリンピック開幕直前の2012年7月16日には、ホームズスタジアム神戸で引退試合を開催。ガンバ・ヴィッセル・日本代表時代のチームメートが多数参加したほか、中田英寿や宮本の長男もサプライズで登場した。この試合はスカチャンBSスカパー!で生中継されたほか、同月22日の深夜には、この試合のダイジェストを中心に構成された特別番組『宮本恒靖引退試合スペシャル〜日本のキャプテン17年の歩み〜』が、MBSテレビで放送されている。

FIFAマスター取得後の2013年10月ベースボール・マガジン社発行のサッカー専門誌「サッカーマガジン」のリニューアル(週刊から月刊の「サッカーマガジンZONE」に移行)[24]に伴い、特別編集長を委嘱される[25]

2014年1月31日より、日本プロサッカーリーグにリーグ運営の円滑化を目的として新たに設置される、議決権を持たない特任理事(非常勤)に就任[26]

2014年4月4日、2014年ブラジルW杯テクニカルスタディーグループ10名のうちの1人(試合を分析し、技術や戦術、傾向などを分析し、試合ごとのテクニカルリポート及び大会の総括リポートを作成するグループ。指導改善や強化に役立てる。W杯では、1966年イングランドW杯から導入)に内定したと発表された[27]

家族[編集]

父、宮本恒明は東大卒の元関西電力常務取締役で、独立行政法人造幣局監事[28]を経て、現在は一般財団法人関西電気保安協会理事長。母、宮本弘子は元堺市市民人権局理事教育委員会学校教育部長[16]。3歳年長の姉がひとりいる[29]。妻は生野高校で宮本の2年先輩にあたり[30]、2001年に結婚した。夫妻の間には長男と長女の1男1女がある。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 G大阪 - J 11 0 - 4 0 15 0
1996 13 0 7 0 2 0 22 0
1997 20 26 1 4 0 3 0 33 1
1998 32 0 4 0 1 0 37 0
1999 J1 30 0 2 0 2 0 34 0
2000 5 29 0 4 0 0 0 33 0
2001 35 24 0 2 0 3 0 29 0
2002 20 1 2 0 2 0 24 1
2003 5 26 1 5 1 2 0 33 2
2004 24 0 0 0 1 0 25 0
2005 30 3 4 0 2 0 36 3
2006 30 1 0 0 5 0 35 1
オーストリア リーグ戦 リーグ杯 オーストリア杯 期間通算
2006-07 ザルツブルク 17 ブンデス 9 0 - 1 0 10 0
2007-08 12 0 - 0 0 12 0
2008-09 0 0 - 2 0 2 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 神戸 14 J1 32 1 5 0 2 0 39 1
2010 6 0 4 0 2 0 12 0
2011 4 0 0 0 1 0 5 0
通算 日本 J1 337 8 43 1 32 0 412 9
オーストリア ブンデス 21 0 - 3 0 24 0
総通算 358 8 43 1 35 0 436 9
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2006 G大阪 5 5 1
通算 AFC 5 1

その他の国際公式戦

経歴[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 71試合 3得点 (2000-2006)[2]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2000 2 0
2001 3 0
2002 11 0
2003 10 0
2004 19 2
2005 15 1
2006 11 0
通算 71 3

注:2002年5月7日、国際親善試合として、レアル・マドリード対日本代表戦が行なわれた。したがって、日本代表としての出場試合数は72となる。

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2004年2月7日 日本鹿嶋 マレーシアの旗 マレーシア ○ 4-0 キリンチャレンジカップ2004
2. 2004年9月8日 インドコルカタ インドの旗 インド ○ 4-0 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
3. 2005年2月2日 日本、埼玉 シリアの旗 シリア ○ 3-0 キリンチャレンジカップ2005

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース

ガンバ大阪

ザルツブルク

個人[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d DF宮本恒靖選手、今シーズン限りで現役引退のお知らせ - ヴィッセル神戸(2011年12月19日)
  2. ^ a b c d “宮本 恒靖”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ma/tsuneyasu_miyamoto.html 
  3. ^ a b Jones: FIFA Master graduates fundamental for success-FIFA公式HP2013年7月19日
  4. ^ a b c d e f g h i 偉大なキャプテン宮本恒靖の軌跡part.2クラブ編『サッカーマガジン』2012年1月10.17日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23883-1/10.17, 014-015頁。
  5. ^ a b c d e f g 偉大なキャプテン宮本恒靖の軌跡part.1代表編『サッカーマガジン』2012年1月10.17日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23883-1/10.17, 012-013頁。
  6. ^ ウェストハムは2011-12から同国2部であるフットボールリーグに降格。
  7. ^ 2001年と2002年はジェフユナイテッド市原から移籍してきた山口智が背番号5(市原時代と同番号)となった。2003年に宮本に背番号5を譲って自らは6番になり、宮本退団後の2007年はシジクレイが付けていた背番号5に2008年から再び戻った(2011年にガンバを退団し、ジェフユナイテッド市原・千葉へ復帰)。
  8. ^ 宮本恒靖選手オーストリア1部リーグ「レッドブル・ザルツブルグ」への移籍基本合意”. ガンバ大阪オフィシャルサイト (2006年12月20日). 2012年3月30日閲覧。
  9. ^ G大阪宮本ザルツブルク移籍決定的! - ウェイバックマシン(2007年1月3日アーカイブ分) - 日刊スポーツ(2006年12月17日)
  10. ^ 交換”. 宮本恒靖公式サイト (2007年11月15日). 2013年3月14日閲覧。
  11. ^ a b 日刊スポーツ (2009年1月16日). “宮本が神戸に電撃移籍!J復帰即主将だ”. 2013年3月14日閲覧。
  12. ^ 神戸入り決定!宮本2年ぶりJ復帰”. 2009年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月14日閲覧。 - 日刊スポーツ(2009年1月16日)
  13. ^ J's GOAL (2009年1月30日). “ヴィッセル神戸 2009シーズン主将決定のお知らせ”. 2013年3月14日閲覧。
  14. ^ 日韓W杯主将の元日本代表DF宮本恒靖が引退「別れを告げる時が来た”. サッカーキング. 2013年3月14日閲覧。
  15. ^ 宮本引退「役割は多くないと思った」欧州で指導者資格の取得目指す - スポーツニッポン 2011年12月19日閲覧
  16. ^ a b PTA講演会 親と子を考える 平成20年12月22日号 (p. 2)”. 大阪府立富田林高等学校PTA (2008年12月22日). 2010-08-26T08:39Z閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ 英では「バットマン」宮本が人気! - ウェイバックマシン(2002年6月21日アーカイブ分) - 日刊スポーツ(2002年6月16日)
  18. ^ アジア杯・ヨルダン戦 奇跡には理由がある。”. Nunber Web (2010年5月24日). 2012年3月30日閲覧。
  19. ^ IBM SPECIAL LEADER'S INSIGHT インタビュー 宮本恒靖氏”. 日経ビジネス. 2010-08-26T08:59Z閲覧。
  20. ^ Former Japan captain Miyamoto takes up FIFA Master duties - FIFA公式サイト(2012年9月18日)
  21. ^ 宮本恒靖氏がFIFAの大学院“FIFAマスター”に入学「日本サッカーに価値ある貢献を」 - サッカーキング(2012年9月19日)
  22. ^ 元日本代表DF宮本氏がFIFA大学院へ入学決定…日本人の元プロ選手としては初 - サッカーキング(2012年4月17日)
  23. ^ 価値観、覆されるか サッカーを外から学ぶ-from FIFAマスター(宮本恒靖コラム)-日経新聞2012年9月10日
  24. ^ 日本最古のサッカー雑誌に何が……「サッカーマガジン」宮本恒靖編集長に広がる波紋(日刊サイゾー2013年10月7日 同10月30日閲覧)
  25. ^ 日本協会は複雑な思い? 新・サッカーマガジン編集長に宮本恒靖氏(夕刊フジ2013年10月2日 同10月30日閲覧)
  26. ^ “理事・監事内定の件”. 日本プロサッカーリーグ. (2014年1月17日). http://www.j-league.or.jp/release/000/00005596.html 2014年1月18日閲覧。 
  27. ^ 日本人初!宮本氏、TSG「世界の10人」入り SANSPO.com2014年4月5日
  28. ^ FDC | 2007年度 イエローリボン賞(ベスト・ファーザーin関西):宮本 恒明
  29. ^ 信号”. 宮本恒靖公式サイト (2003年3月3日). 2013年3月14日閲覧。 そのほか『週刊少年マガジン』32号・33号(2008年)掲載の『宮本恒靖 「Fire & Ice」』にも登場している
  30. ^ 素のツネ様 ヴィッセル神戸男前レポート特別篇: 宮本恒靖選手3”. れしぴねっと. 2010-08-26T09:05Z閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]