第39回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第39回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 21:00 - 23:45(165分)
放送期間 1988年昭和63年)12月31日NHK紅白歌合戦第39回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 和田アキ子(紅組司会)
加山雄三(白組司会)
杉浦圭子アナウンサー(総合司会)他
音声 ステレオ放送
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第39回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1988年(昭和63年)12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第39回NHK紅白歌合戦』(だいさんじゅうきゅうかいエヌエイチケーこうはくうたがっせん)は、1988年昭和63年)12月31日NHKホールで行われた、通算39回目で昭和最後のNHK紅白歌合戦マイケル・ジャクソンに参加して貰う計画もあったが実現しなかった。 21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • この年9月昭和天皇の病状が悪化し、日本全国で華美な放送やCMを控える自粛ムードが高まっており、この年の紅白は中止になるかと懸念されていたが、当時NHK放送総局長の遠藤利男11月17日の会見で「(今年の紅白を)実施したい」と発言[1]。その発言通りに開催された。なお、昭和天皇は本紅白直後の1989年1月7日に崩御したため、昭和での紅白は今回が最後となった。
  • 両軍司会は前回に引き続き和田アキ子加山雄三(3年連続)が担当。一方、総合司会には杉浦圭子が初起用、女性の総合司会起用は史上初である。
  • 両軍司会の候補には、和田・加山の他に由紀さおり北島三郎のコンビ案もあったという。なお、総合司会に起用された杉浦は前回同様、紅組司会での起用プランもあったとされる[2]
  • 2年連続で紅組司会を務めた和田は前回は紅組トリも担当したが、今回は中盤でのステージとなった。和田の歌手ステージの曲紹介は小林幸子佐藤しのぶら紅組歌手が行った。今回歌った「だってしょうがないじゃない」は翌1989年にかけてさらに売れ出し、翌年の第40回でも歌唱された。
  • 加山が歌手として出演する際の代理の曲紹介は先述の和田とほぼ同じ形で白組歌手が行った。
  • 紅組トリは今回が連続10回目の出場となった小林幸子が務め、前回から引き続いてヒット中であった「雪椿」を披露した。
  • 白組トリおよび大トリは北島三郎の「年輪」。
  • 今回のトリ選考では、紅組は当初松田聖子が最有力候補だった。その後、「タンスにゴン」のCMが話題になり『歌謡パレード』の今月の歌として発表された「紅とんぼ」を持つ復帰出場のちあきなおみが急追。さらに土壇場で「人生いろいろ」の大ヒットで復帰出場を果たした島倉千代子、小林が参戦してくる構図となり、最終的に小林が選出される運びとなった。白組は例年通り北島、森進一五木ひろしの接戦となったが、白組司会兼任の加山の「My Way」で締め括ろうという案も出され、紅組以上に混戦状態になった。最終的に「今回は人物ではなく全体的な演出のひとつとして、曲で決めました」と、北島の起用が決定した[3]
  • 関東地区における平均視聴率は、53.9%となり、またも視聴率ワーストを更新。一方、関西地区では前回の47.8%から54.9%へ、名古屋地区では前回の59.8%から61.2%と視聴率上昇を見せた[4]
  • NHKアーカイブスで視聴できる紅白としては最も新しい紅白である。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 遠藤利男・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
中山美穂(初) Witches 光GENJI(初) 光GENJI '88メドレーガラスの十代パラダイス銀河Diamondハリケーン剣の舞
松田聖子(9) Marrakech〜マラケッシュ〜 少年隊(3) じれったいね
工藤静香(初) MUGO・ん…色っぽい 男闘呼組(初) DAYBREAK
中森明菜(6) I MISSED "THE SHOCK" 近藤真彦(8) あぁ、グッと
小泉今日子(5) 快盗ルビイ チェッカーズ(5) 素直にI'm Sorry
坂本冬美(初) 祝い酒 細川たかし(14) 北緯五十度
ケー・ウンスク(初) すずめの涙 堀内孝雄(初) ガキの頃のように
松原のぶえ(4) 男なら 新沼謙治(12) さよなら橋
和田アキ子(12) だってしょうがないじゃない 吉幾三(3) 酒よ
岸千恵子(初) 津軽じょんから節 BAKUFU-SLUMP(初) Runner
島田歌穂(初) オン・マイ・オウン-On My Own- タイム・ファイブ(初) 星に願いを
益田宏美(14) 未成年 TM NETWORK(初) COME ON EVERYBODY '88 FINAL MEGAMIX
佐藤しのぶ(2) シューベルトのアヴェ・マリア 加山雄三(12) My Way
島倉千代子(31) 人生いろいろ チョー・ヨンピル(2) 恨五百年
大月みやこ(3) 乱れ花 尾形大作(2) いやんなっちゃうなァ
瀬川瑛子(2) 憂き世川 鳥羽一郎(2) 男の港
小柳ルミ子(18) 愛のセレブレイション英語版 菅原洋一(22) ラ・クンパルシータ
ちあきなおみ(9) 紅とんぼ 森進一(21) 京都去りがたし
石川さゆり(11) 滝の白糸 五木ひろし(18) 港の五番町
五輪真弓(5) Wind and Roses 谷村新司(2) 群青
小林幸子(10) 雪椿 北島三郎(25) 年輪

選考を巡って[編集]

「紅白改革」を謳い大幅な出場者刷新・多ジャンル化を目指した前回の方針は今回でも引き継がれた。

前回から連続出場の佐藤しのぶ(クラシック)、谷村新司(ニューミュージック)、尾形大作(演歌)らに加え、民謡界からは岸千恵子ミュージカル界からは島田歌穂ロック界からはTM NETWORKBAKUFU-SLUMP、男性コーラスグループのタイム・ファイブらが初出場した(なお、男性コーラスグループの出場は1976年第27回に出場したダークダックス以来、12年ぶりのことであった)。

前回出場を辞退(紅白卒業宣言)した島倉千代子が、この年「人生いろいろ」の大ヒットにより、NHKに請われる形で1986年第37回以来2年ぶりに復帰となった。この復帰出場に対しては「1度降りたのに」と批判の声も上がった。出演を決めた背景には当時療養中だった同曲の作曲者・浜口庫之助[6]に「歌う姿を見て元気になって貰いたい」との思いがあったためである[7]。翌1989年第40回は落選となったが、その後島倉は1994年第45回1995年第46回1996年第47回2004年第55回に復帰出場している。

田原俊彦がこの年「抱きしめてTONIGHT」がヒットし、当初2年ぶりに選出されていたが、前回に落選したこともあって田原曰く「昨年の段階で卒業しました」として辞退を宣言した[8]。その後、田原は一切紅白には出場していない。今回は代わって、田原と同じジャニーズ事務所男闘呼組が初めて紅白に出場した。

ほか、紅白の常連だった小柳ルミ子岩崎宏美(結婚を機に今回益田宏美へ改名)、ちあきなおみ(今回11年ぶり復帰)、五輪真弓菅原洋一加山雄三らが今回限りで紅白出場が途切れ、また1980年代デビューの松田聖子近藤真彦中森明菜小泉今日子らが今回限りで初出場からの紅白連続出場がストップした(ただし聖子、中森、加山、近藤はその後紅白復帰を果たしており、小泉も2013年第64回にゲスト歌手という形で紅白に復帰している)。ベテランアイドル勢と入れ替わる様に光GENJI中山美穂工藤静香ら後に大活躍する新世代アイドル勢が初出場を果たしたのも、今回である。

この年「乾杯」がヒットした長渕剛はスケジュールが合わず出場辞退した[9]

この年開催されたソウルオリンピックNHK中継テーマソング(NHKはこの時からオリンピック中継の自局テーマソングを設けるようになった)「HEART & SOUL」を担当した浜田麻里も出場を辞退(『紅白歌合戦の舞台裏』)。

マイケル・ジャクソンを出場させるというプランがあった。この年12月9日 - 26日まで9回の東京ドーム公演を開催するマイケルにそのまま日本に滞在してもらい、出場してもらうというものだった。結局、マイケルの出場は実現しなかったものの、これがこの後しばらく外国人歌手を紅白に出場させるケースを作り出した(『紅白歌合戦の舞台裏』)。

ゲスト出演者[編集]

  • 島村俊治アナウンサー(オープニング実況)
  • SMAP(タレント。光GENJIのバックダンサー)
  • 深井洋正(マジシャン。小泉今日子の曲紹介)

演奏ゲスト[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞』1988年11月18日付朝刊、30頁。
  2. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  3. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』、205頁。
  4. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、206頁。
  5. ^ この中にはソウルオリンピックスポーツピストル銀メダルの長谷川智子(現・福島實智子)もいた。
  6. ^ 2年後の1990年12月2日に死去。
  7. ^ 『紅白50回』、56頁。
  8. ^ 読売新聞』1988年12月14日付東京夕刊、13頁。
  9. ^ 『朝日新聞』1988年12月6日付朝刊、30頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]