有森裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有森 裕子 Portal:陸上競技
Yuko Arimori 20081108.jpg
選手情報
フルネーム 有森 裕子
国籍 日本の旗 日本
種目 マラソン
生年月日 1966年12月17日(47歳)
生誕地 日本の旗 日本岡山県岡山市
身長 165cm
体重 48kg
自己ベスト
ハーフマラソン 1時間12分52秒(2000年)
マラソン 2時間26分39秒(1999年)
 
獲得メダル
女子 陸上競技
オリンピック
1992 バルセロナ マラソン
1996 アトランタ マラソン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

有森 裕子(ありもり ゆうこ、1966年12月17日 - )は、元女子マラソン選手で日本におけるプロランナーの草分けでもある。日本体育大学体育学部体育学科卒業、日本陸上競技連盟理事スペシャルオリンピックス日本理事長、日体大客員教授、国際陸上競技連盟女性委員会委員、国連人口基金親善大使[1]。株式会社RIGHTS.取締役。

プロフィール

岡山県岡山市出身。岡山市立牧石小学校岡山市立岡北中学校を経て就実高等学校へ進む。中学時代はバスケットボール部に所属したが、校内運動会の800メートル競走で3回優勝していた。高校入学の際、陸上部に入部を希望するも、中学から大学までの一貫校である就実では中等部から持ち上がってきた素質ある陸上選手がおり、他の中学校から来た素人同然のランナーなど不要であると言われる。しかし有森は諦めず、1ヶ月後に入部を認めさせた[2]。高校時代に陸上競技で目立つ結果は残していないが、有森が高校に入学した年度に始まった全国都道府県対抗女子駅伝に、第1回から第3回まで補欠で登録されるという、同大会役員によれば大会史上唯一の記録が残っている[3]。このころの有森は、日本の女子長距離走の第一人者であった増田明美にあこがれ、増田について書かれた記事を練習日誌に貼っていた[4]

高校卒業後、高校の陸上部顧問の推薦を得て日本体育大学に進学[4]。1年の時に関東学生陸上競技対校選手権大会3000mで2位、また3年間補欠であった全国都道府県対抗女子駅伝に、4度目の正直で正選手として出走を果たす。が、生まれたときに股関節脱臼だったこともあり怪我が絶えず、その後は2年半に亘り鳴かず飛ばずで、密かにトライアスロン転向を目論み(女子の第一人者がいないという安易な思惑からであった)、親の仕送り全部を使って高額なトライアスロン用自転車を購入した。ところがその自転車は盗まれてしまい、そのことで有森は我に返ったという。3年の冬に学生駅伝にメンバーとして選ばれ、以降、有森は陸上競技からの転向は考えなくなった。全日本大学女子駅伝では区間賞を獲得している。

大学で競技者としての生活は終えて卒業後は教師になるつもりでいた。父親が教師をしている影響で、高校時代から体育教員志望であったという。しかし、教育実習期間中に、何の特別な準備もせずに出場した記録会で自己ベストから2番目の好タイムで優勝したことで、進路を実業団へと変える。折しもリクルート事件の真っ只中にあったリクルート社に、半ば押し掛けのような形で自分から連絡を取り、全くの無名で記録も残していない身でありながらその熱意を監督の小出義雄に認められ、最初はマネージャー兼選手という形で陸上部への入部を果たす。

初マラソン日本最高・日本最高記録達成

1990年大阪国際女子マラソンがマラソン初レースだった。中間点を過ぎて先頭集団から脱落するが、その後も粘り続けて2時間32分51秒の記録で6位に入賞する。この記録は当時の初マラソン日本女子最高記録であった。1991年にも大阪国際女子マラソンへ2年連続で出場。レース後半に入った35Km手前からカトリン・ドーレドイツの旗 ドイツ、当時東ドイツの旗 東ドイツ)と激しく首位を競り合うが、終盤でドーレに突き放される。惜しくも優勝はならなかったものの日本人ではトップでゴール、2時間28分1秒の2位と健闘し、当時の日本最高記録を樹立。同年開催の世界陸上東京大会女子マラソン代表にも選出され、一躍日本女子のトップランナーへ世間の注目を集め始めた。

この間の1990年、有森は日本陸上競技連盟(日本陸連)が初めて行った高地トレーニングに山下佐知子らとともに参加した[5]

世界陸上4位入賞・オリンピック代表選考騒動

同1991年夏に東京で開かれた世界陸上競技選手権大会のマラソンでは、メダルには届かなかったが、2時間31分08秒で4位入賞を果たし、バルセロナオリンピック1992年)代表の有力候補となったものの、その時点ではまだ代表内定は出なかった(山下佐知子が2時間29分57秒で2位に入り銀メダルを獲得、先にバルセロナ五輪内定に決まった。荒木久美は12位)。有森はその後バルセロナ五輪国内選考会の一つである、翌1992年1月の大阪国際女子マラソンに出場予定だったが、左足の怪我の為に欠場。又次の同年3月の名古屋国際女子マラソンも回避し、バルセロナ五輪女子マラソン代表選考は決定をただ待つのみとなった。

そのオリンピックの女子マラソン代表の座をめぐり、有森が出場しなかった1992年1月の大阪国際女子マラソンでは、有森の日本最高記録を更新して2時間26分26秒のゴールタイムで優勝し、バルセロナ五輪代表を確定的にした小鴨由水に次ぎ、2時間27分2秒の好記録で2位となった松野明美と比較されることになる。[6]。当時の国民的な大論議となり、松野が自ら五輪代表決定直前に「私を選んで下さい」という異例の記者会見も大きな話題となった。しかし代表選考の結末は、最後の3人目に有森の方がマラソンの経験と実績が買われて、山下・小鴨と共にバルセロナ五輪女子マラソン代表となった。それでも、有森よりも記録が良かった松野を落選させるという、日本陸連の不透明で曖昧な選考方法に抗議の声が殺到、有森の所属するリクルート等にも誹謗中傷の電話や手紙が相次いだという。

その後、有森と松野は20年間に渡って一度も互いに言葉を交わすことはなかった。後に『[劇場版]ライバル伝説 光と影』の映画鑑賞企画において20年ぶりに再会した際、有森は「20年間、松野明美を避けて来た」、「以前も何回か対面の機会はあったのですが、心情簡単には会えないなと思いまして、私の方が避けていました」と心情を吐露している[7]

バルセロナ五輪で銀メダル

その1992年バルセロナ五輪女子マラソン本番での有森は、29Km付近で3位集団から抜け出してスパート。レース終盤の35Km過ぎ、先頭を走っていたワレンティナ・エゴロワロシアの旗 ロシア、当時独立国家共同体の旗 独立国家共同体)に追いつき、その後エゴロワと二人で急な登り坂が続くモンジュイクの丘にて、約6キロに及ぶ激しい死闘を繰り広げた。

しかし有森は、競技場へ入る直前でエゴロワに引き離されてしまい、惜しくも8秒の差で五輪優勝はならなかった。それでも2位入賞でのゴールを果たし、見事に銀メダルを獲得する。日本女子陸上競技界では、1928年アムステルダムオリンピック・女子800mで同じく銀メダリストの人見絹枝以来、64年ぶりの五輪メダル獲得という快挙を達成する。奇しくも有森は人見と同郷(岡山出身)であり、その上銀メダルを獲得した日付も同じ8月2日(日本時間・現地では8月1日)というおまけも付いた。さらにその8月2日は、人見の命日(享年24で夭折)でもあった。

しかし、その後の有森は足底筋膜炎や、小出監督やチームメート等との軋轢等もあってスランプに陥った。「何故走り続けるのか」という事に答えが出ず、苦悩する時期が続いてマラソンは暫く走れなかった。その頃はよく、机の引き出しにしまっていた銀メダルを何度も見つめては「御免なさい」とつぶやき、メダルに向かって謝りながら泣いた事もあったという。さらには「もう死んでしまいたい」と、真剣に思い詰めたりしていたらしい。それでも「このまま選手生活を終わらせたくない」とも常に考えていた有森は、1994年足の踵の手術成功をきっかけに、再び走る事への意欲を持ち、次の1996年開催のアトランタオリンピックにも女子マラソン代表で目指す事を決意する。

アトランタ五輪で銅メダル

1995年、五輪選考レースだった北海道マラソンへバルセロナ五輪以来、約3年ぶりのフルマラソンに出走する。そのレース前日の記者会見で有森は、今までの苦悩を思い巡らせながら「もう一度スタートラインに立てて嬉しい」と涙を見せた。北海道マラソン当日は、気温25度前後と小雨の涼しい好条件の中をスタート。有森はレース前半から独走となり、粘り強い走りが復活。大会初のサブ30となる2時間29分17秒の当時の大会新記録を樹立し、マラソン初優勝を遂げる。この成績が高く評価されて、アトランタ五輪女子マラソン代表に選出。二大会連続の五輪出場となった。

1996年アトランタ五輪女子マラソン本番での有森は、30Km地点で2位集団を抜け出してスパート、トップを走っていたファツマ・ロバエチオピアの旗 エチオピア)を追いかけ始める。その後33Km過ぎでは、前回のバルセロナ五輪に続いて、ワレンティナ・エゴロワとの激闘を繰り広げた。しかし35Km手前でエゴロワとは徐々に引き離され、苦しい表情を浮かべながらも3番手の位置を死守していた。

そして有森は優勝したファツマ・ロバ、2位のエゴロワに続いて陸上競技場へ入る。4位のカトリン・ドーレにゴール直前で追い上げられたが、わずか6秒の差で逃げ切って3位入賞、銅メダルを獲得した。二大会連続の五輪メダル獲得は、日本女子陸上選手では有森が初めての快挙である。

ゴール後のインタビューで「メダルの色は、銅かもしれませんけれども……、終わってから、なんでもっと頑張れなかったのかと思うレースはしたくなかったし、今回はそう思っていないし……、初めて自分で自分をほめたいと思います」と涙ながらに語った姿は感動を呼んだ。「自分で自分をほめたい」という言葉はフォーク歌手高石ともやが書いた詩の一節を引用したもので、この詩を初めて聞いたとき涙を流して感動し、いつかこの言葉を言いたいと暖めていたもので、その年の流行語大賞に選ばれた。なお、「自分で自分をほめてあげたい」は誤記である[8][9]

この年、肖像権の自主管理(それまで日本の陸上選手は、日本陸連が選手から肖像権の預託を受け、陸連が日本オリンピック委員会に一括して委託していた[10])を主張し、自らプロ宣言を行いCMに出演。事実上日本の「プロランナー」第1号となった。有森のプロ宣言や上述のライツの影響もあり、日本オリンピック委員会は選手の肖像権の一括管理を断念した[11]

休養宣言・引退

1999年4月、アトランタ五輪以来2年8カ月ぶりのマラソンとなったボストンマラソンに出走。練習過程で転倒し、膝や顔を打撲するハプニングに遭いながらも、自己記録を8年ぶりに更新する2時間26分39秒のゴールタイムをマークして3位入賞を果たす(6位には後の世界記録保持者となる初マラソンのキャサリン・ヌデレバケニアの旗 ケニア)がいる)。この記録が有森のマラソン自己ベスト記録となった。

2000年1月の大阪国際女子マラソンに出走、シドニーオリンピック代表を目指した。体調が万全でない中、レース序盤から先頭集団のハイペースに加わるも、15Km手前で集団から脱落して結局9位に終わり、五輪3大会連続出場はならなかった。翌2001年6月のゴールドコーストマラソンでは約6年ぶりのマラソン優勝を果たしたが、ゴールタイムは2時間35分40秒の平凡な記録に留まった。同年11月の東京国際女子マラソンでは20km付近まで大集団を引っ張って10位でゴール、その後一旦休養を宣言する。

2000年9月、シドニー五輪本番で有森はTVゲスト解説者として出演、かつてリクルート所属時の後輩だった高橋尚子(当時積水化学所属)の優勝を見届けている。2004年8月のアテネオリンピックでも、TVのマラソン実況解説者として野口みずきの優勝を伝えた。

2006年5月、翌年2月の東京マラソン2007を最後に、競技生活から引退することを発表する。その東京マラソン女子の部では22km過ぎで転倒、膝や手を出血するアクシデントに見舞われたが、2時間52分45秒で5位と完走した(優勝は豊田自動織機新谷仁美、2時間31分1秒)。この東京マラソンでは走行中、自身のarimoと書かれた帽子をスーパーニュースの記者・スタッフに向かって投げた。後に帽子は視聴者にプレゼントされた。

競技者としては引退したが、それ以降もゲストランナーとしてはレースに出る意向である。

現在の活動

有森裕子像(岡山県総合グラウンド内)

2001年に休養を宣言してからの有森は、ハート・オブ・ゴールドや国連人口基金親善大使(2002年より[12])などで幅広く活躍している。また、2002年にはスポーツ選手のマネジメントやイベントなどスポーツビジネスを手掛ける会社、ライツ小出義雄金哲彦鈴木博美衣笠祥雄デーブ大久保竹原慎二中垣内祐一デューク更家イアン・ソープらの窓口となっている)の設立に参画し、自らは同社取締役として経営の一角を担っている[1][11]

2004年12月22日に桃太郎スタジアム(岡山県総合グラウンド陸上競技場)にブロンズ像が設置された。像のタイトルは「animo」。岡山大学上田久利助教授が製作した。また、2003年5月17日には郷里の岡山市に記念館「アニモ・ミュージアム」が開館した。全盛期の靴やウェア、各種メダル等を展示している。

2007年3月12日に日本陸上競技連盟の理事に新しく就任した(同じく元走高跳五輪代表の曽根幹子も新理事に就任。それに伴い、2001年から理事を6年間務めた増田明美と山下佐知子の二人が退任)。

2016年の東京オリンピック招致に際してはアンバサダーに任命された。オリンピックデーと重なった2007年6月23日には、セ・パ交流戦東京ヤクルトスワローズVS千葉ロッテマリーンズ明治神宮球場)の始球式をおこなった[13]

2008年3月20日に認定特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本の理事長に就任。2014年1月31日付で、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)理事(非常勤)に就任[14][15]

また、母校の日本体育大学で講義(教員・客員教授)を受け持ち、教員になるという若い頃の夢を実現させている。

交友関係

師である小出義雄によると、日本最高記録を作ったことがあるとはいえ、有森のトラックでのスピードや練習量自体は他のランナーと比較して決して突出したものではないという。ただ彼女はいざというときに限界まで自分の力を出し切れる能力があり、それがレース本番での結果に結びついたとのことである[16]。なお1999年、小出の著書である『夢を力に!』が英訳されるかたちで、有森が高校2年生の英語教科書に登場している。

有森は、1988年ソウルオリンピック女子マラソンで優勝し金メダルを獲得したロザ・モタポルトガルの旗 ポルトガル)を尊敬している。1990年有森の初マラソンで6位だった大阪のレースでモタが優勝したが、一緒に出走したそのレースをきっかけに親交を深めていった。91年世界陸上女子マラソン東京大会で、優勝候補ながらも体調不良だったモタは、レース中盤で脱落しかける頃、有森に対し「イケル!」と笑顔で声を掛けた後に遅れていったという(その後モタは途中棄権)。そのモタの応援のおかげで有森は4位入賞が出来た、と言っている。又世界陸上最終日の男子マラソンで、谷口浩美が金メダル獲得の快挙を成し遂げた際、競技場のスタンドで有森の横に座っていたモタは、谷口の優勝の瞬間自分の事のように喜んだ、という。モタが現役引退後の96年アトランタ五輪女子マラソンでは、レース前にモタは有森の前にやって来て激励してくれて、有森は大変嬉しかったと語っている。

1994年に有森が足の踵の手術で入院中、バルセロナ五輪男子マラソンの金メダリストの黄永祚韓国の旗 韓国)も有森と一緒に同じ病院で過ごしていた。その時に黄からは「僕はオリンピックで金メダル獲ったけど、あなたは銀メダルでしょ?又次のアトランタ五輪に出場して、今度は金メダルを獲りにいかないとね」と励まされたのをきっかけに、黄とも仲良しになったという。

他、有森がトップランナーだった頃の日本女子代表の良き戦友であった、バルセロナ五輪女子マラソン4位入賞の山下佐知子(現・第一生命女子陸上部監督)とは、今でも仲の良い親友である。特に有森は1996年の正月に、山下から「頼むから(アトランタ五輪の)スタートラインだけには立ってくれ」と記した、年賀状を貰った事が一番の思い出であるという[11]

歌手の渡辺美里と親交があり、笑っていいともテレフォンショッキングでも紹介する間柄である。また渡辺の「ランナー」という曲は、「頑張っている友人(有森)のために歌う」として1997年西武球場ライブで披露された。

主な記録(マラソンのみ)

レース日 レース名 順位 記録 備考
1990年1月28日 大阪国際女子マラソン 06位 2時間32分51秒 当時初マラソン日本最高記録
1991年1月27日 大阪国際女子マラソン 02位 2時間28分01秒 当時日本最高記録、世界陸上東京大会選考レース
1991年8月25日 世界陸上競技選手権大会東京大会 04位 2時間31分08秒 世界陸上入賞、バルセロナ五輪選考レース
1992年8月1日 バルセロナオリンピック 02位 2時間32分49秒 五輪2位入賞、銀メダル獲得
1995年8月27日 北海道マラソン 01/優勝 2時間29分17秒 マラソン初優勝、当時大会新記録、アトランタ五輪選考レース
1996年7月28日 アトランタオリンピック 03位 2時間28分39秒 五輪3位入賞、銅メダル獲得
1999年4月19日 ボストンマラソン 03位 2時間26分39秒 マラソン自己最高記録
2000年01月30日 大阪国際女子マラソン 09位 2時間31分22秒 シドニー五輪選考レース
2000年11月5日 ニューヨークシティマラソン 10位 2時間31分12秒
2001年06月24日 ゴールドコーストマラソン 01/優勝 2時間35分40秒 約6年ぶりのマラソン優勝
2001年11月18日 東京国際女子マラソン 10位 2時間31分00秒 このマラソンで暫くの間休養宣言
2007年2月18日 東京マラソン 05位 2時間52分45秒 このマラソンを最後に現役引退

自己ベスト

エピソード

日本体育大学在学時代の1986年TBSテレビにて放映されたテレビドラマ『早春物語』では駅伝レースの場面で自らランナーとして出演している。その縁でドラマの主演を務めた荻野目洋子と親しくなったことを明かしている[17]

2008年5月に全国公開された映画『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』に、特別出演として約1万人のエキストラと共に、マラソンランナーとして数秒間スクリーンに登場している。

著作

関連書籍

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (1)」 『毎日新聞』 2010年1月4日、13版、5面。
  2. ^ 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (2)」 『毎日新聞』 2010年1月5日、12版、9面。
  3. ^ 20年後、20周年を記念して行われた、同大会を通過して世界に羽ばたいたランナー3人、オリンピックのメダリストである有森、高橋尚子、野口みずきの足形を飾る式典の除幕式においてこの珍記録が披露され、会場は笑いに包まれ、有森も苦笑いしたという
  4. ^ a b 「一生つきあえる」三菱UFJニコスカード会員誌『DEAR PARTNER』2010年10・11月号、p42[1]
  5. ^ 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (3)」 『毎日新聞』 2010年1月6日、12版、9面。
  6. ^ 有森や松野の他には、1991年の東京国際女子マラソンで後にバルセロナ五輪を制覇する事になるワレンティナ・エゴロワロシアの旗 ロシア、当時独立国家共同体の旗 独立国家共同体)を破り2時間31分27秒で優勝した谷川真理、1992年の名古屋国際女子マラソンで谷川を破り2時間31分04秒で優勝した大江光子がいたが、有森や松野と比べてタイムや実績で劣るとみなされ、最終候補には挙げられなかった。奇しくも、女子マラソン五輪代表選考レースで優勝しながら、五輪代表に選ばれなかったのは、この時の谷川と大江だけである。
  7. ^ 有森裕子 「20年間、松野明美を避けて来た」と吐露
  8. ^ [2] 名言はこうして生まれた、「初めて自分で自分をほめたいと思います」、有森:実は、一部の新聞は「自分をほめてあげたい」になっていたんです。それを見た人からは「あげたい、なんておかしい。何を言っているんだ」と、批判されたんです。「ほめたい」と言ったんですが。 2012年7月6日
  9. ^ [3] 「我が巨人軍は永久に不滅です」、2010年07月29日
  10. ^ 武田薫「武田薫の激辛スポーツ歳時記フジテレビ・スポーツコラム1999年6月22日
  11. ^ a b c 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (4)」 『毎日新聞』 2010年1月11日、13版、5面。山下は故障により、アトランタ五輪の代表にはなれなかった
  12. ^ 「時代を駆ける:有森裕子:YUKO ARIMORI (5)」 『毎日新聞』 2010年1月12日、13版、7面。
  13. ^ 有森の公式ブログによる[4]
  14. ^ “理事・監事内定の件”. 日本プロサッカーリーグ. (2014年1月17日). http://www.j-league.or.jp/release/000/00005596.html 2014年1月18日閲覧。 
  15. ^ Jリーグ新理事に有森裕子氏、小宮山悟氏 日刊スポーツ 2014年1月31日閲覧
  16. ^ 増田明美『おしゃべりなランナー』リヨン社、1997年、p90 - 91
  17. ^ 週刊新潮』2014年3月27日号「掲示板」

関連項目

外部リンク