シドニーオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニーオリンピック
第27回オリンピック競技大会
Games of the XXVII Olympiad
Sunset before 2000 Summer Olympics closing ceremony.JPEG
開催都市 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
参加国・地域数 199+個人参加(東ティモール)
参加人数 10,651人(男子6,582人、女子4,069人)
競技種目数 28競技300種目
開会式 2000年9月15日
閉会式 2000年10月1日
開会宣言 ウィリアム・ディーン総督
選手宣誓 リシェル・ホークス
審判宣誓 ピーター・カー
最終聖火ランナー キャシー・フリーマン
主競技場 スタジアム・オーストラリア
テンプレートを表示

シドニーオリンピックは、2000年9月15日から10月1日までの期間、オーストラリアシドニーで行われた第27回夏季オリンピック20世紀最後のオリンピック南半球での開催は1956年メルボルン大会以来44年ぶり。2000年に開催されたことから、「ミレニアムオリンピック」とも呼ばれる。

大会開催までの経緯[編集]

シドニーオリンピックの開催は1993年9月23日に決定された。北京との決選投票で45対43と接戦の末破り、20世紀最後のオリンピックの開催地に選ばれた。

2000年夏季オリンピック 開催地投票
都市 1回目 2回目 3回目 4回目
シドニー オーストラリアの旗 オーストラリア 30 30 37 45
北京 中華人民共和国の旗 中国 32 37 40 43
マンチェスター イギリスの旗 イギリス 11 13 11 -
ベルリン ドイツの旗 ドイツ 9 9 - -
イスタンブール トルコの旗 トルコ 7 - - -

大会マスコット[編集]

  • オリー(Olly, ♂) - ワライカワセミがモチーフ。空を象徴。彼の社交的で正直、熱心で従順な性格は、オリンピックの国境を越えた友情精神を反映している。情報収集及やコミュニケーションが得意。名前の由来はオリンピック
  • シド(Syd, ♂) - カモノハシがモチーフ。エネルギー溢れ活気があり、リーダー的存在。水泳をこよなく愛す。自然保護に燃えるナチュラリストである。名前の由来はシドニー
  • ミリー(Millie, ♀) - ハリモグラがモチーフ。陸を象徴。彼女は、シドニーの希望と楽観主義の化身で、新テクノロジーの天才である。スポーツを通して、より平和な世界を築くのが夢。名前の由来はミレニアム

ハイライト[編集]

開会式[編集]

約半世紀ぶりに南半球での開催となった今大会は、9月15日午後7時(JST同5時)から開会式が行われた。
(本来、シドニーのあるニューサウスウェールズ州では、10月最終日曜から夏時間に入るが、この年、同州、オーストラリア首都特別地域と、隣接するビクトリア州、および通常10月第1日曜から夏時間に入るタスマニア州の3州は、オリンピックに合わせ特別に8月最終日曜から夏時間に入っていた。通常この時期、シドニーと日本の時差は1時間であるが、この時2時間差になっていたのはそのためである。なお、サッカーの一部試合が行われたアデレードのある南オーストラリア州ではこの措置を取らず、通常通り10月最終日曜に夏時間に切り替えたため、期間中はシドニーとの時差が1時間半になっていた。)

冒頭、ストックマンが登場。その後、当時13歳のニッキー・ウェブスター(英語版)主演によるオーストラリアの歴史の一大絵巻を描いたエンターテイメントショーが展開された。マーチングバンドの演奏の中、選手入場。日本選手団は虹色の鮮やかなマントを着用して登場したが、欧米では虹色はしばしば同性愛者の象徴として見られるため、日本人選手は全員ゲイではないかと驚いた現地の人も多かった(詳しくは「ゲイプライド旗」を参照)。

また、南北首脳会談が行われたばかりの韓国北朝鮮統一旗を掲げて合同入場行進を行ったほか、インドネシアから解放されたばかりの東ティモールの選手たちが五輪旗を掲げて最後(開催国オーストラリアの直前)に入場し、盛大な拍手を送られた。秘密にされていた聖火リレー(尚、本大会の聖火リレーはグレートバリアリーフで史上初めての海中聖火リレーが開催された)の最終点火者は、アボリジニキャシー・フリーマンだった。大盛況の開会式は予定よりも約1時間遅れの午後11時(JST同9時)過ぎに終了した。

シドニー交響楽団が伴奏した国歌などが実際は演奏しておらず、メルボルン交響楽団による録音テープなどを流していたことが2008年8月26日までに明らかになった[1]

大会ハイライト[編集]

柔道田村亮子が悲願の金メダル。他にも柔道では2大会連続金メダルの野村忠宏をはじめ、井上康生瀧本誠らが金メダルを獲得した。一方、篠原信一が決勝で審判の誤審により銀メダルになるというトラブルも起こった。

マラソンでは、高橋尚子が日本の女子陸上競技として初の金メダルを獲得(オリンピック新記録)。女子マラソン中継の平均視聴率が40%を超えるなど日本中で話題になり、国民栄誉賞となった。

野球においてプロの参加が認められ、アメリカ、韓国、オーストラリアなどがプロ主体のメンバーで参加。日本はプロ側の足並みが揃わず、8球団が1名ずつ派遣するプロアマ混成チームであった。日本は1次リーグを勝ちあがったものの準決勝でキューバに、3位決定戦で韓国に敗れて4位となりメダルを逃した。

サッカーフィリップ・トルシエがA代表監督を兼任する形で率い、メンバーの大半がA代表でプレーしていた上に各年代の大会で好成績を収めていたこともあって前評判も高く、南アフリカ・スロバキア・ブラジルと同組になったグループリーグで2勝1敗の2位で勝ち上がり、銅メダルを獲得したメキシコシティオリンピック以来32年ぶりの決勝トーナメント進出を果たす。アメリカとの準々決勝ではPK戦までもつれ、4人目の中田英寿が外してベスト8で敗退となった。なお、この試合の中継がすべての競技を通じて最高の視聴率(42.3%)を獲得した。

男子レスリングのグレコローマンスタイル130kg級では、ルーロン・ガードナーが決勝でアレクサンドル・カレリンを破って金メダルを獲得した。カレリンは1987年から続いた国際大会無敗の記録が途絶え、オリンピック4連覇はならなかった。

閉会式[編集]

サマランチ会長最後のオリンピックの閉会式は五輪旗をアテネ市長に引き継がれ、最後に、出身言語のスペイン語でさようならと言った。地元のソプラノ歌手イヴォンヌ・ケニーがオリンピック賛歌を独唱する中、オリンピック旗を降納し、ウェブスターが「We'll Be One」を歌い、聖火は少しずつ火を弱めていって、最後に、聖火の上空を低空通過したジェット機(F-111戦闘爆撃機)が後方投棄した燃料に点火して聖火が空に飛んでいくように見せる演出で納火した。ジェイソン・ギルキソン振り付けダンサー社交ダンスを披露した。

尚、この大会は、25000人にも及ぶボランティアが成功させた大会とも言われ、その活動は閉会式でサマランチ会長からも絶賛され、後日、ボランティアが主役となるパレードも行われた。その際、ボランティアにはシドニーの名誉市民の称号が与えられた。

実施競技と日程表[編集]

競技名 / 日付 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 1
開閉会式
陸上競技
競泳
飛込
水球
シンクロナイズドスイミング
サッカー
テニス
ボート
ホッケー
ボクシング
バレーボール
体操
バスケットボール
レスリング
セーリング
ウエイトリフティング
ハンドボール
自転車競技
卓球
馬術
フェンシング
柔道
ソフトボール
バドミントン
射撃
近代五種
カヌー
アーチェリー
野球
テコンドー
トライアスロン

各国・地域の獲得メダル数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 マリオン・ジョーンズの金2銅1は削除済 38 24 32 94
2 ロシア ロシア 32 28 28 88
3 中国 中国 28 16 15 59
4 オーストラリア オーストラリア(開催国) 16 25 17 58
5 ドイツ ドイツ 13 17 26 56
6 フランス フランス 13 14 11 38
7 イタリア イタリア 13 8 13 34
8 オランダ オランダ 12 9 4 25
9 キューバ キューバ 11 11 7 29
10 イギリス イギリス 11 10 7 28
参考

日本のメダル数:合計 18個

金メダル:男子3個、女子2個 銀メダル:男子2個、女子6個(シンクロナイズドスイミングで銀2個を取っているが、男子種目は不採用) 銅メダル:男子0個、女子5個

主なメダリスト[編集]

主な競技会場[編集]

  • シドニーウエスト
    • ベロドローム(自転車競技)
    • 馬術センター(馬術)
    • シドニー国際射撃センター(射撃)
    • ベースボールセンター(野球)

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]