松原敏春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松原 敏春(まつばら としはる、1947年2月13日 - 2001年2月6日)は、岐阜県岐阜市出身の脚本家作詞家演出家慶應義塾大学法学部卒業。1992年、「家族日和'93」で第11回向田邦子賞受賞。[1]

来歴・人物[編集]

代表作[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

舞台演劇[編集]

  • 黄昏れて、途方に暮れて(作・演出 劇団東京ヴォードヴィルショー)

参考文献・外部リンク[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【向田邦子賞】/受賞者 第11回:松原 敏春 - 東京ニュース通信社
  2. ^ 1993年日本民間放送連盟賞優秀賞受賞作品。第10回ATP賞'93「ベスト20番組」選出作品。第11回向田邦子賞受賞作品。
  3. ^ 第17回ATP賞2000優秀賞受賞作品。1999年度芸術祭参加作品。
  4. ^ 第56回芸術祭優秀賞受賞作品。2001年日本民間放送連盟賞優秀賞受賞作品。民放連ドラマ部門優秀5作品選出。第19回ATP賞2002優秀賞受賞作品。