大島めぐみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大島 めぐみ Portal:陸上競技
Megumi oshima nyrr mini 10k new york 7th place photo by christopher peterson.jpg
選手情報
フルネーム おおしま めぐみ
ラテン文字 Megumi Oshima
愛称 「めぐ」「めぐめぐ」「めぐたん」
国籍 日本の旗 日本
種目 中距離走長距離走マラソン
所属 あさひ銀行埼玉りそな銀行しまむら
生年月日 1975年9月4日(39歳)
生誕地 埼玉県熊谷市
身長 160cm
体重 43kg
自己ベスト
5000m 15分17秒92 (1999年)
10000m 31分34秒01 (2004年)
ハーフマラソン 1時間09分59秒 (2005年)
マラソン 2時間24分25秒 (2005年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

大島 めぐみ(おおしま めぐみ、1975年9月4日 - )は埼玉県熊谷市出身の日本女子陸上競技選手(プロランナー)及び指導者。専門は長距離走マラソン。旧姓は田中 めぐみ(たなか めぐみ)。愛称は「めぐ」「めぐめぐ」「めぐたん」。現在1児の母。

来歴[編集]

1991年4月、埼玉栄高等学校に入学、同陸上競技部に在籍。同高校3年生だった1993年12月、全国高校駅伝大会に出場。1994年3月に高校卒業後、同年4月にあさひ銀行(現・埼玉りそな銀行)に入社、同女子陸上部に所属。2003年3月に埼玉りそな銀行の陸上部廃部に伴い、同年4月に衣料品販売業のしまむらへ移籍。2004年くろしお通信所属(当時、現日清食品)で4歳年下の大島健太と結婚。

五輪初代表は2000年9月のシドニーオリンピックだった。女子5000mに選出されての出場となるも、予選レースで9着に終わり決勝進出はならなかった(他、市川良子志水見千子共に予選敗退)。

2002年3月名古屋国際女子マラソンで初マラソンに挑戦。26Km付近で同じく初マラソンながら初優勝を果たした野口みずきのスパートについていけず、30Kmを過ぎてからは2位の大南博美にも追い抜かれたものの、3位の好成績を残した。これを機に、長距離トラック種目からフルマラソンまでこなせるランナーへと成長する。

2度目のマラソンだった2003年1月大阪国際女子マラソンは、中間点辺りまで先頭集団のハイペースについていったが、中間点を過ぎてから徐々に遅れて後退し、結局7位に終わった。

アテネオリンピック女子マラソン代表選考レースだった、2004年3月の名古屋国際女子マラソンでは、32km辺りからじわじわ土佐礼子を引き離して先頭に立ち、35km地点では11秒の差をつけ勝負あったかに見えた。しかし35kmを過ぎてからペースダウンとなり、追い上げられた土佐に37km地点で逆転を許して2位でゴール。惜しくも女子マラソンでの五輪代表を逃した。

その後、2004年6月の日本選手権女子10000mでは、気温30度近い高温の中自己記録で2位に入り、トラック種目で2大会連続2回目の五輪代表入りを果たした。同年8月のアテネ五輪女子10000mでは、残りトラック1周手前で優勝争いの先頭集団に周回遅れにされてしまい、メダルも入賞争いにも加わることは出来なかったが、日本人ではトップの13位だった(他、弘山晴美は18位、福士加代子は26位)。

2005年3月、再び名古屋国際女子マラソンで優勝を狙うものの、初マラソンの原裕美子にわずか6秒差で敗れ、マラソン自己記録をマークしたが又しても2位に甘んじる。しかしながら、この成績で世界陸上選手権ヘルシンキ大会の女子マラソン代表に選ばれた(世界陸上代表は通算3回目)。2005年8月の世界陸上女子マラソン本番では、序盤から冷静なレース運びを展開し、8位入賞にはあと一歩届かなかったものの、10位に入る健闘をみせた。なお、女子マラソン団体戦では日本代表として銀メダルを獲得している。

2006年2007年はケガの為にマラソンへ出場出来ず、トラック競技や駅伝の方に重点を置いていた。また、2006年9月の一関国際ハーフマラソンでは大会新記録で優勝している。

約2年半ぶりのマラソン出走となる、2008年3月9日開催の名古屋国際女子マラソンに一般参加選手として出場。同年開催の北京オリンピックの女子マラソン代表を目指したが、30km手前で優勝争いから脱落、終盤に追い上げたものの6位に留まった。その後同年6月の日本選手権は欠場したため、トラック種目での北京五輪代表入りも断念。日本女子陸上選手としては弘山晴美らに続く、3大会連続の五輪代表はならなかった。

2008年10月15日、所属先のしまむらを退社。翌2009年2月23日妊娠4か月を迎え、2009年9月14日長男出産した事を自身のブログにて公表した。

2010年12月12日、2年ぶりのマラソンとなるホノルルマラソンに出場、7位でゴール。2011年2月20日横浜国際女子マラソンへ約3年ぶりの国内メジャー大会に出走したが、25Kmを過ぎた後リタイアに終わる。2012年3月11日ロンドンオリンピックの国内最終選考レースとなる名古屋ウィメンズマラソンに一般参加でエントリーしていたが、故障が回復しない為欠場となった。

2010年より現在も現役プロランナーの傍らで、ランニングクリニックの講師や野菜ソムリエ資格を取得するなど、陸上競技指導者としても活動中。

主な成績[編集]

エピソード[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]