木崎良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木﨑 良子 Portal:陸上競技
Replace this image JA.svg
選手情報
ラテン文字 Ryoko Kizaki
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走マラソン
所属 ダイハツ工業
生年月日 1985年6月21日(29歳)
生誕地 京都府与謝郡与謝野町
身長 157cm
体重 46kg
自己ベスト
1500m 4分23秒36 (2004年)
3000m 9分18秒60 (2008年)
5000m 15分22秒87 (2011年)
10000m 31分38秒71 (2010年)
ハーフマラソン 1時間10分16秒 (2009年)
マラソン 2時間23分34秒 (2013年)
 
獲得メダル
女子 陸上競技
ユニバーシアード
2007 バンコク 10000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

木﨑 良子(きざき りょうこ 1985年6月21日 - )は、日本陸上競技選手。専門は長距離走マラソンダイハツ工業所属。2012年ロンドンオリンピック代表(16位)、2013年世界陸上モスクワ大会4位入賞(共に女子マラソン)。

経歴・人物[編集]

1985年6月21日京都府与謝郡与謝野町出身。実父・和夫はかつて順天堂大学在学時、箱根駅伝競走に4年連続4回出場を果たしたランナーである[1]

京都府立宮津高等学校から佛教大学社会福祉学部社会福祉学科卒業。佛教大学在学中の2007年タイ王国バンコクで開催された夏季ユニバーシアード大会に日本代表選手として出場し、陸上競技女子10,000mにて2位(32分55秒11)となっている。

大学では、1年次(2004年)から駅伝大会のレギュラーメンバーに入り、特に4年次(2007年)の全日本大学女子選抜駅伝競走大会では1区を走り区間賞を獲得してチームの準優勝に寄与した。

2008年4月にダイハツに入社し、国内企画部に勤務する一方で同社陸上競技部で選手として活動。2010年日本陸上競技選手権大会では女子10,000mで2位、全日本実業団対抗陸上競技選手権大会では女子10,000mで優勝するなど、地道に実績を積み上げた。同年11月のアジア競技大会女子5,000m日本代表に選出され8位。

フルマラソンは2010年1月31日大阪国際女子マラソンが初マラソンだった。23Km付近から日本人トップで3位の小崎まりノーリツ)等の先頭集団から遅れたものの、2時間27分台の6位に入った[2]。2度目のマラソンは2011年1月30日の大阪国際女子マラソンに2年連続で出場したが、30Kmを過ぎて優勝した赤羽有紀子ホクレン)らについていけず再び失速、5位に留まった。

2011年11月20日2012年8月開催のロンドンオリンピック女子マラソンの国内選考レースとなる、第3回横浜国際女子マラソンでは、3度目のマラソンながらも自ら進退を掛けるレースとして出場。気温20度を超える高温の中、2009年世界陸上ベルリン大会女子マラソン銀メダリスト・前回の第2回横浜国際女子マラソン(2011年2月20日開催)で優勝し同大会2連覇を狙った尾崎好美第一生命)と、レース終盤までデッドヒートを繰り広げた。ゴール残り2Km辺りで先に尾崎がスパートを仕掛け一旦差が開いたが、そこから木崎は徐々に追い上げ、41Km地点を過ぎると木崎が尾崎を追い抜いて逆転。ゴールタイムは2時間26分台ながらもマラソン初優勝を果たし、ロンドン五輪の有力候補に名乗りを挙げる[3][4]。その後は大阪国際女子マラソン・名古屋ウィメンズマラソンと2大会の結果を待つ身となったが、約4か月が過ぎた翌2012年3月12日、念願のロンドン五輪女子マラソン日本代表へ正式に初選出され、記者会見では感極まり嬉し涙を流していた[5][6]

2012年8月5日ロンドン五輪女子マラソンに出場したが、25Km手前辺りで急激にペースアップした先頭集団についていけずメダル争いから脱落。終盤の35Kmを過ぎて、前を走っていた尾崎らをかわし日本女子ではトップだったものの、結果16位に終わり目標の8位入賞にも遠く及ばなかった[7](他尾崎好美は19位、重友梨佐天満屋)は79位で日本女子3選手共メダル・入賞はならなかった[8])。

2013年3月10日、世界陸上モスクワ大会女子マラソン選考会の、第2回名古屋ウィメンズマラソンに出場。レースは終盤までベルハネ・ディババエチオピア)、野口みずきシスメックス)と3人で先頭争いを演じていた。35Kmを過ぎて3位だった野口が脱落、40Kmの給水地点付近で自らラストスパートを仕掛けると2位のディババも一気に引き離し、2時間23分台の自己ベスト更新をマーク、2度目のマラソン優勝を達成。又選考派遣記録の2時間24分を切った事により、世界陸上モスクワ大会日本代表へ即内定も獲得した[9][10]

2013年8月10日に開催された世界陸上モスクワ大会・女子マラソンに出場。気温30度を超える過酷な気象条件の中、レース序盤の5Km付近で先頭集団から徐々に離され、8Kmの給水地点ではペットボトルが足に当りバランスを崩すアクシデントもあったが、その後はマイペースで追走。12Km過ぎで前を走っていた野口みずき(33Km付近で途中棄権)を追い越し、その後も落ちていく選手を次々と抜いて追い上げる。結果3位・銅メダル獲得の福士加代子ワコール)にはあと一歩届かなかったが、4位入賞の好成績でゴールイン[11][12]

その世界陸上モスクワ大会から帰国した際に、2012年12月に高校時代からの交際相手の男性と結婚していたことを明らかにしている[13]

2013年8月27日、男子短距離走桐生祥秀(当時洛南高等学校3年生)と共に、京都市スポーツ栄誉賞を受賞した[14]

2014年3月9日、名古屋ウィメンズマラソンに大会2連覇を狙って出走したが、優勝したマリア・コノワロワロシア)ら30Km過ぎのペースアップに対応出来ず優勝争いから脱落。35Km過ぎでは早川英里TOTO)・田中智美(第一生命)からも遅れ日本人3番手へ下がったが、40Km手前で二人に追いつき逆転、日本人トップの3位に食い込んだ[15]

自己記録[編集]

主な戦歴[編集]

マラソン全成績[編集]

年月 大会 順位 記録 備考
2010年1月 大阪国際女子マラソン 6位 2時間27分34秒 初マラソン・アジア競技大会選考レース
2011年1月 大阪国際女子マラソン 5位 2時間29分35秒 世界陸上大邱大会選考レース
2011年11月 横浜国際女子マラソン 優勝 2時間26分32秒 マラソン初優勝・ロンドン五輪選考レース
2012年8月 ロンドンオリンピック 16位 2時間27分16秒 日本女子では最高順位
2013年3月 名古屋ウィメンズマラソン 優勝 2時間23分34秒 自己記録・世界陸上モスクワ大会選考レース
2013年8月 世界陸上モスクワ大会 4位 2時間31分28秒 4位入賞
2014年3月 名古屋ウィメンズマラソン 3位 2時間25分26秒 アジア競技大会選考レース

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 箱根駅伝公式Webサイト 選手詳細情報・主な戦績(木崎和夫)
  2. ^ 木崎“健闘”初マラソン6位 大阪国際女子マラソン スポーツニッポン 2010年2月1日閲覧
  3. ^ 木崎良子 逆転優勝!五輪に前進!横浜国際女子マラソン スポーツニッポン 2011年11月20日閲覧
  4. ^ 離されても追った木崎良子「残り100メートルまではあきらめない」スポーツニッポン 2011年11月20日閲覧
  5. ^ 木崎良子、4カ月待ちの吉報に涙 日刊スポーツ 2012年3月12日閲覧
  6. ^ 木崎代表決まり路上で号泣 日刊スポーツ 2012年3月13日閲覧
  7. ^ ゲラナV 日本勢は木崎16位が最高/陸上(女子マラソン) 日刊スポーツ 2012年8月5日閲覧
  8. ^ 女子マラソン 日本人最高は木崎の16位 尾崎は19位 スポーツニッポン 2012年8月6日閲覧
  9. ^ 木崎が優勝、野口復活3位 日刊スポーツ 2013年3月10日閲覧
  10. ^ 陸上:名古屋ウィメンズマラソン2013 スポーツナビ実況 2013年3月11日閲覧
  11. ^ 福士が銅メダル! 木崎4位入賞 野口は棄権 スポーツナビ 世界陸上:女子マラソン 2013年8月11日閲覧
  12. ^ 木崎 涙の4位「正直悔しいですけどうれしい」 スポーツニッポン 2012年8月11日閲覧
  13. ^ マラソン木崎、結婚告白も完全同居は先 日刊スポーツ 2013年8月16日閲覧
  14. ^ 世界陸上で活躍 木崎選手と桐生選手に京都市スポーツ栄誉賞 京都新聞 2013年9月1日閲覧
  15. ^ 陸上:名古屋ウィメンズマラソン2014 スポーツナビ実況 2014年3月10日閲覧

外部リンク[編集]