森岡紘一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森岡紘一朗 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 森岡紘一朗
国籍 日本の旗 日本
種目 競歩
所属 富士通
大学 順天堂大学
生年月日 1985年4月2日(29歳)
生誕地 長崎県諫早市
身長 184cm
体重 65km
自己ベスト 20km競歩:1時間20分43秒(2010年)
50km競歩:3時間44分45秒(2011年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

森岡 紘一朗(もりおか こういちろう、1985年4月2日 - )は、日本競歩選手。長崎県諫早市出身。長崎県立諫早高等学校から順天堂大学を経て、富士通に所属している。

経歴[編集]

長距離ランナーだったが、高校2年のとき競歩に転向。2003年、地元の長崎県で行われた長崎ゆめ総体5000m競歩決勝でトップでフィニッシュしたが、歩型違反により失格となった。同年のNEW!!わかふじ国体では、少年A5000m競歩で優勝を果たしている。

順天堂大学に進学後、2005年8月の世界陸上ヘルシンキ大会2007年8月の世界陸上大阪大会には、それぞれ20km競歩で出場。ユニバーシアードでは2005年2007年の2大会連続で銅メダルを獲得(いずれも20km競歩)した。2006年には、アジア大会で20km競歩の銅メダルを獲得した。

2008年に、富士通に入社し、同年の北京オリンピックの20km競歩に出場し、16位だった。10月、全日本50km競歩高畠大会で、50km競歩に初めて出場し、世界陸上ベルリン大会の標準記録Aを破った。

2009年1月の日本選手権20km競歩で優勝。また4月の日本選手権50km競歩山崎勇喜に次ぐ2位に入ったことで、2009年8月の世界陸上ベルリン大会では、20kmと50kmの2種目に出場した。2010年には、広州アジア大会の50km競歩に出場し、3時間47分41秒で3位に入り銅メダルを獲得した。

2011年2月の日本選手権20Km競歩は鈴木雄介に敗れ2位だったが、2011年4月の日本選手権50km競歩で、自己ベスト記録の3時間44分45秒で初優勝。2011年9月の世界陸上大邱大会の50Km競歩では、中間点では15位の通過だったが後半に入り順位を徐々に上げ、結果3時間46分21秒の記録で日本人トップの6位入賞を果たす。これにより、翌2012年ロンドンオリンピックの即内定代表に決まった。

主な成績[編集]

  • 2004年 世界ジュニア選手権:10000 mW 6位
  • 2005年 世界選手権:20kmW 29位
  • 2005年 ユニバーシアード:20kmW 3位
  • 2006年 アジア大会:20kmW 3位
  • 2007年 ユニバーシアード:20kmW 3位
  • 2007年 世界選手権:20kmW 11位
  • 2008年 北京オリンピック:20kmW 16位
  • 2009年 世界選手権:20kmW 11位
  • 2009年 世界選手権:50kmW 18位
  • 2010年 日本選手権:20kmW 優勝
  • 2010年 アジア大会:50kmW 3位
  • 2011年 日本選手権:50kmW 優勝
  • 2011年 世界選手権:50kmW 6位
  • 2012年 ロンドンオリンピック:50kmW 10位

外部リンク[編集]