佐々木七恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐々木七恵
ささきななえ
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 佐々木七恵
永田七恵(本名)
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走マラソン
所属 岩手県立盲学校エスビー食品
生年月日 1956年2月8日
生誕地 岩手県大船渡市
没年月日 2009年6月27日(満53歳没)
自己ベスト
3000m 9分39秒86
5000m 15分55秒30
10000m 32分54秒90
マラソン 2時間33分57秒 (1985年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

佐々木 七恵(ささき ななえ、本名:永田 七恵1956年2月8日 - 2009年6月27日)は昭和時代に活躍した女子陸上競技(主に長距離走マラソン)選手である。1984年ロサンゼルスオリンピック女子マラソン日本代表。

岩手県大船渡市出身。岩手県立住田高等学校日本体育大学卒業。大卒後は教育職を経て、瀬古利彦らがいたヱスビー食品に所属。増田明美らと共に、初期の日本女子マラソン界を代表する選手の1人だった。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

5男2女の7人兄弟の末娘として生まれたことから七恵と命名される。中学時代はバレーボール部に所属し、住田高時代から兄の影響で陸上競技を始める。日体大時代までは中距離の選手としてインカレ等で活躍し、大学卒業後マラソンに進む。1979年11月に始まった第1回大会の東京国際女子マラソンが初マラソン。その後徐々に記録を伸ばし、日本の第一人者と言われるようになる。

当時、七恵は岩手県で県立学校(岩手県立盲学校→岩手県立盛岡第一高等学校)の教員をしていたがさらなる記録向上をめざし学休期に上京しては、瀬古利彦の師である中村清の指導を受けるようになる。その甲斐あって、1981年4月のボストンマラソンでは日本最高記録を樹立した[1]。しかし、その直後日本で出場したトラックレースで成田高校の在学生であった増田明美に何度も水をあけられて衝撃を受ける。これをきっかけに中村の指導をさらに熱心に受けるようになった。

中村の指導は厳しいものであったが、まもなく成果が現れる。1982年5月のスポニチ陸上5000mでは初めて増田を破って優勝。6月にはニュージーランドクライストチャーチマラソンで再び日本最高記録を樹立し、2月に増田に奪われた首位の座を奪い返した。自信を付けた佐々木は、2年後の1984年8月に開催されるロサンゼルスオリンピック女子マラソン代表をめざし、陸上競技に本格的に取り組む決意を固め、1982年7月7日付で教員を辞職し、中村のいるヱスビー食品陸上部に入部した。

ヱスビー食品時代[編集]

1983年11月の東京国際女子マラソンに、ロサンゼルス五輪の女子マラソン代表(このロス五輪から女子マラソンが正式種目となる)をめざして出場。このレースには9月に再び日本最高記録を出した増田明美もエントリーしており、マラソンでの2人の初対決が期待されたが増田は直前に足を痛めて欠場した。七恵は先頭に食い下がる我慢のレースからスパートをかけて、結果国内の国際女子マラソン大会で日本人としても初優勝を果たし、念願だったロス五輪代表の座をつかんだ(その後増田も大阪女子マラソンに出走し2位となり、2人が女子マラソン五輪代表となる)。その走り方には、同年ヒットした連続テレビ小説にちなんで「おしん走法」のあだ名も付けられていた。

1984年1月の全国都道府県対抗女子駅伝に岩手県チームのアンカーで出場、実に17人抜きを演じる。この記録は2007年1月、愛知県チームの2区で出場した湯田友美が29人抜き(17人抜き以上が湯田の他に3人いた)を演じるまで23年間破られることはなかった。

1984年8月、ロス五輪の女子マラソン本番レースでは、2時間37分台のゴールタイムで完走したもののメダル・8位内の入賞に届かず、順位は19位に終わる(増田明美は16Km付近で途中棄権)。当時の日本女子マラソン界は、まだ世界との壁が厚かった。
オリンピック後、中村の薦めもあって結婚(夫は永田姓で、自衛隊勤務)に伴い「家庭とマラソンの二足のわらじは無理」と1985年3月の名古屋国際女子マラソンを引退レースと決める。そのレースでは2時間33分台の自己ベスト記録で見事優勝を果たし、最後の花道を飾った。

現役引退後[編集]

現役引退後、2人の子供をもうけた。

1991年から古巣のヱスビー食品陸上部のコーチ、1996年から顧問を務めた。また1999年から2003年まで、居住する神奈川県相模原市教育委員を務めた。

郷里の大船渡市では、彼女の業績を称える市民ロードレース「大船渡ポートサイド女子マラソン大会」が1988年以降毎年開催されている。

2009年6月27日直腸がんのために死去。享年54(満53歳)だった。彼女の早過ぎる死に、ヱスビー食品のチームメートだった瀬古利彦は「26歳で安定した仕事を捨てて来たこと自体に驚いた。覚悟が伝わった」「まだ若いのに…残念」、同じロス五輪女子マラソンの日本代表だった増田明美は「レース中に七恵さんに抜かれたことが一番悔しかった」「思い出話に花を咲かせる機会が増えるだろうと楽しみにしていただけに、大変悲しい気持ち」と、それぞれ追悼のコメントを述べていた。

尚、佐々木七恵の葬儀は身内のみで行われた為、元の所属先だったヱスビー食品の江戸龍太郎社長らが発起人となって、同年9月29日に「お別れの会」を執り行った。

略歴[編集]

大船渡市立日頃市小学校 - 大船渡市立日頃市中学校 - 住田高 - 日体大

自己ベスト記録[編集]

  • 3000m 9分39秒86
  • 5000m 15分55秒30
  • 10000m 32分54秒90
  • マラソン 2時間33分57秒

マラソン全成績[編集]

  • 1979年11月18日 東京国際女子マラソン 3時間07分20秒 26位(初マラソン)
  • 1980年11月16日 東京国際女子マラソン 2時間52分35秒 9位(日本人最上位)
  • 1981年04月20日 ボストンマラソン 2時間40分56秒 13位(当時日本最高記録・日本人最上位)
  • 1981年11月15日 東京国際女子マラソン 2時間45分53秒 5位(日本人最上位)
  • 1982年01月24日 大阪女子マラソン 2時間42分09秒 11位(日本人最上位)
  • 1982年06月06日 クライストチャーチマラソン 2時間35分00秒 優勝(当時日本最高記録)
  • 1982年11月14日 東京国際女子マラソン 2時間43分13秒 4位(日本人最上位)
  • 1983年11月20日 東京国際女子マラソン 2時間37分09秒 優勝(大会史上日本人初優勝)
  • 1984年08月05日 ロサンゼルス五輪女子マラソン 2時間37分04秒 19位(日本人唯一の完走者[2]
  • 1985年03月03日 名古屋国際女子マラソン 2時間33分57秒 優勝(大会史上日本人初優勝・自己ベスト記録・ラストラン)

脚注[編集]

  1. ^ 岩手日報体育賞(昭和)”. 岩手日報. 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ ただし、日本出身者としては他に香港国籍を取得して香港代表で出場したユーコ・ゴードン(旧名・長谷川遊)が34位で完走している。

外部リンク[編集]