順天堂大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
順天堂大学
順天堂大学1号館
順天堂大学1号館
大学設置 1946年
創立 1838年
学校種別 私立
設置者 学校法人順天堂
本部所在地 東京都文京区本郷2-1-1
キャンパス 本郷(東京都文京区)
さくら(千葉県印西市
浦安(千葉県浦安市
三島(静岡県三島市
学部 医学部
スポーツ健康科学部
医療看護学部
保健看護学部
研究科 医学研究科(本郷キャンパス)
スポーツ健康科学研究科(さくらキャンパス、本郷キャンパス)
医療看護学研究科(浦安キャンパス)
ウェブサイト 順天堂大学公式サイト
テンプレートを表示

順天堂大学(じゅんてんどうだいがく、英語: Juntendo University)は、東京都文京区本郷2-1-1に本部を置く日本私立大学である。1946年に設置された。大学の略称順大(じゅんだい)と呼称されることもある。なお、東京にある順天中学校・高等学校は別法人。

医学部が2008年度入学生より学費を値下げをし、それまで3000万円程度であった学費を6年間で2080万(1年次の寮費、後援会等の費用は別途)とした。

概要[編集]

医学部を中心とした4学部5学科構成である。1838年(天保9年)、堀田正睦が招聘した佐藤泰然江戸薬研堀(現東京都中央区東日本橋二丁目6番8号)に蘭方医学塾(和田塾)を開学。これが現在の順天堂大学の起源である。複数の大学附属病院を有する順天堂大学医学部は、170年以上の日本の医学校としての歴史と伝統がある。佐藤泰然の後を継いだ順天堂の堂主(理事長)となった佐藤尚中は、1869(明治2)年、明治政府から大学大博士を任ぜられ大学東校(東京大学医学部の前身)の創設時の初代校長となり、後の東京大学医学部をはじめ、1873年(明治6年)に、順天堂医院(現在の順天堂大学医学部附属順天堂医院)を開設。そのため東京大学医学部から病院長や教授などを多く受け入れていたが、近年は順天堂大学出身者が教授の多数を占めるようになっている。

建学の精神[編集]

「順天堂」の「順天」とは、”天道に従う”の意味。また、順天堂大学のロゴマークの基である「仁」は、順天堂大学の学是「仁」である。これは、「人ありて我あり、他を思いやり、慈しむ心」を、医療の基本として、この精神は「仁」に尽きるということである。

教育および研究[編集]

『健康総合大学・大学院大学』を自認し、医学・看護学・スポーツ健康学の教育・研究を行っている。医学部では医師の育成と共に附属6病院(計約3200床)を運営している。また2つの看護学部を擁し多数の看護師・保健師を輩出している。スポーツ健康科学部では多くのアスリートやスポーツ関連の人材を輩出してる。

法人の格付け[編集]

本学を運営している学校法人順天堂は、平成19年 8月より、株式会社格付投資情報センター(R&I)による格付けを取得している。結果としては、平成24年度まで連続して、「AA」(ダブルAフラット)(安定的)を取得している。

沿革[編集]

  • 1838年天保9年) - 佐藤泰然が、江戸薬研堀に蘭方医学塾「和田塾」を創立する
  • 1843年(天保14年) - 和田塾が佐倉に移転し、医学塾順天堂を開設する
  • 1873年明治6年) - 下谷練塀町九番地に移転し、順天堂医院を開院する
  • 1875年(明治8年) - 下谷練塀町より湯島、本郷に移転する
  • 1943年昭和18年) - 順天堂医院が、順天堂医事研究会を母体に順天堂医学専門学校を開設する
  • 1946年(昭和21年) - 大学に昇格する(順天堂医科大学)
  • 1947年 (昭和22年) - 千葉県習志野市の旧陸軍騎砲兵連隊跡地に習志野キャンパス開設
  • 1951年 (昭和26年) - 新制大学として順天堂大学開学。体育学部(I類:体育学専攻、健康教育学専攻、II類:医学進学課程)開設
  • 1952年 (昭和27年) - 新制の医学部医学科開設
  • 1967年 (昭和42年) - 静岡県田方郡伊豆長岡町の町立伊豆長岡病院を譲り受け、順天堂伊豆長岡病院(現静岡病院)とする
  • 1968年 (昭和43年) - 埼玉県越谷市に順天堂越谷病院を開院
  • 1971年(昭和46年) - 体育学部を改組、体育学科と健康学科を設置
  • 1984年 (昭和59年) - 千葉県浦安市に浦安病院を開院
  • 1988年 (昭和63年) - 千葉県印旛郡印旛村にさくらキャンパスを開設し、習志野キャンパスを移転
  • 1989年 (平成元年) - 順天堂看護専門学校を改組し順天堂医療短期大学を開設 浦安キャンパス開設
  • 1993年 (平成5年) - 体育学部をスポーツ健康科学部に改組
  • 2002年 (平成14年) - 東京都江東区で東京都江東高齢者医療センター(現順天堂東京江東高齢者医療センター)の運営開始
  • 2004年 (平成16年) - 順天堂医療短期大学を改組し、医療看護学部を開設
  • 2005年 (平成17年) - 東京都練馬区に練馬病院を開院
  • 2010年 (平成22年) - 静岡県三島市に三島キャンパスを開設、保健看護学部を設置

基礎データ[編集]

所在地[編集]

スクールカラー[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

大学院[編集]

  • 医学研究科
  • スポーツ健康科学研究科
  • 医療看護学研究科

附属機関[編集]

練馬病院

教育[編集]

医学部1年次及びスポーツ健康科学部1年次は原則さくらキャンパスの啓心寮に入寮し、共同生活を通じて人間教育を行っている。(習志野キャンパス時代から続いている)

スポーツ関連[編集]

前述にも紹介したが1年生(新入生)は全寮生であり中途退寮は原則できない。この1年間の寮生活で真の順大生となる。

スポーツ健康科学部(体育系学部)が設置されるなどスポーツに力を入れており、特に陸上競技体操が有名である。

陸上競技については2000年に、日本一を決定する全日本大学駅伝で初優勝(1回)しているほか、箱根駅伝の優勝争いの常連(優勝11回)でもある(連勝が難しいと言われる箱根で中央大学の6連覇、日本体育大学の5連覇に次ぐ4連覇(日本大学とタイ記録)を達成している)。近年は関東地域の各大学が強化を進めたことで競技レベルが上がったことなどから以前のような存在感はなくなったが、依然として「逆転の順大、復路の順大、調整力の順大」を体現するようなランナーを輩出し続けている。その育成メソッドは長距離を中心に先駆的な役割を果たしており、山梨学院大学中央学院大学などの監督も順大で箱根を目指した卒業生である。

医学部は医学部で別の部・サークル(体育会系)等がある。スポーツ健康科学部の学生は、医学部のサークル・クラブには原則入部できない。

近年、15年前から強化がなされたスポーツ健康科学部 - 体操部からは日本を代表する体操選手を多く輩出しており、一例として北京オリンピック(2008年)に出場した男子体操チーム6人中3人が在校生(1名)または出身者(2名)であった。

スポーツ健康科学部にある硬式野球部は大学野球において人気の東京6大学、実力の東都大学野球と云われる東都大学野球連盟3部に加盟している。最高位は2部5位の実績がある。また、同じく蹴球部サッカー部)は千葉県社会人リーグにも加盟しており、2004年には1部優勝したほか、全日本大学サッカー選手権大会でも1987年から1989年まで3連覇を記録している。


施設[編集]

キャンパス[編集]

本郷キャンパス[編集]

東京都文京区本郷に所在し、法人本部・大学本部・医学部(医学研究科)・医療看護学部(医療看護学研究科)・医学部附属順天堂医院がある[2]

さくらキャンパス[編集]

千葉県印西市平賀学園台に所在し、スポーツ健康科学部(スポーツ健康科学研究科)がある[2]。また、複数の体育施設があり当大学におけるスポーツ教育の拠点となっている。

サッカー場[編集]
順天堂大学さくらキャンパスサッカー場
施設情報
所在地 千葉県印西市平賀学園台1-1
位置 北緯35度44分49.3秒
東経140度15分21.6秒
座標: 北緯35度44分49.3秒 東経140度15分21.6秒
所有者 順天堂大学
グラウンド 人工芝
照明 鉄塔式4基
使用チーム、大会
順天堂大学蹴球部、天皇杯千葉県予選
収容能力
500席
アクセス
京成酒々井駅より徒歩20分、またはバスで5分

順天堂大学さくらキャンパスサッカー場(じゅんてんどうだいがくさくらキャンパスサッカーじょう)は、順天堂大学が所有するサッカー専用スタジアムで、同校蹴球部が試合・練習会場として使用している。人工芝ピッチが敷設されているほか、収容人数500人(座席数200・メインスタンド中央部のみ固定座席、他は芝生席)の客席および、照明設備や得点板が設置されている。

日本プロサッカーリーグ (J1) 開催実績はないが、天皇杯サッカー千葉県予選などの公式戦などにも頻繁に利用されている。

陸上競技場[編集]

順天堂大学さくらキャンパス陸上競技場(じゅんてんどうだいがくさくらキャンパスりくじょうきょうぎじょう)は、順天堂大学が所有・運営する陸上競技場である。日本陸上競技連盟第三種公認競技場。天然芝のピッチおよび400m×8レーンのトラックが敷設されているほか、収容人数200人(全て座席)の客席および照明設備が設置されている。

浦安キャンパス[編集]

千葉県浦安市高洲に所在し、医療看護学部(医療看護学研究科)がある[2]

三島キャンパス[編集]

静岡県三島市大宮町に所在し、保健看護学部がある[2]

対外関係[編集]

首都大学院コンソーシアムに参加しており、大学院は加盟する他の大学院と単位互換がある。 また大学院医学研究科は、東北大学大学院医学系研究科、東京医科歯科大学医歯学総合研究科、名古屋大学大学院医学系研究科、大阪大学大学院生命機能研究科、千葉大学大学院医学薬学研究科と特別研究学生交流協定を結んでいる[3]

交通[編集]

[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]