日本歯科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本歯科大学
飯田橋キャンパス
飯田橋キャンパス
大学設置 1947年
創立 1907年
学校種別 私立
設置者 学校法人日本歯科大学
本部所在地 東京都千代田区富士見1-9-20
キャンパス 東京キャンパス(東京都千代田区)
新潟キャンパス(新潟県新潟市
学部 生命歯学部
新潟生命歯学部
研究科 歯学研究科
ウェブサイト 日本歯科大学公式サイト
テンプレートを表示

日本歯科大学(にほんしかだいがく、英語: The Nippon Dental University)は、東京都千代田区富士見1-9-20に本部を置く日本私立大学である。1947年に設置された。大学の略称は日歯(にっぱ)。

沿革[編集]

略歴[編集]

1907年明治40)年、東京市麹町区に私立共立歯科医学校として創立、終戦時に存在していた旧制歯科医学専門学校のうち戦後直後に廃校にならずに大学に昇格した6歯科大学、いわゆる旧六で、名門歯科大学として紹介される事も少なくない。

同窓会組織の日本歯科大学校友会は、歯科大学歯学部の同窓会組織としては国内最大である。また海外にも歯科姉妹校を多く有しており、留学生が日本歯科大学に訪れることもある。日本を代表する歯科大学であり、学部学生数や卒業生数において世界最大規模の歯科大学である、東京歯科大学大阪歯科大学とともに私学御三家と称される。

年表[編集]

学部[編集]

学費[編集]

  • 入学時納入金額:8,935,000円
  • 卒業までの納入金額:31,435,000円

新潟生命歯学部[編集]

日本歯科大学新潟生命歯学部(にっぽんしかだいがくにいがたせいめいしがくぶ)は、1972年(昭和47年)、歯科医師の需要増加に対応するため、日本歯科大学2番目の歯学部として新潟市(現中央区)浜浦町に開設された。

設置の経緯[編集]

当時、社会からの要請で1人でも多くの歯科医師の養成が急務であった。単科大学が2つめの歯学部を設置するという変則的なかたちになったのは、経営基盤を考えるとゼロから大学を開設するよりも有利と考えられたからである。新設の私立歯学部は伝統校の同窓が母校から教員の供給を受けて系列校として開設される事が多かった。日本歯科大学の第2歯学部をどこに設置するか何ヶ所か候補地があったが、東京からあまり遠すぎないこと、上越新幹線の建設が決定したことが決め手となったといわれている。一説には後の参議院議員木暮山人の政治力が働いたともいわれている。ちなみに東京歯科大学にも市川市に第2歯学部を開設する計画があった。

特色[編集]

まず目を引くのがレンガにガラス張りの特徴的な校舎である。最高裁判所を設計した岡田新一の設計によるもので、1974年の建築業協会賞を受賞している。またその後のリフォームでもベストリフォーム賞を受賞している。現在の入学定員は73名。開設当初は学部のみであったが、現在は2つの付属病院と大学院新潟生命歯学研究科、医の博物館、新潟短期大学を併設する。日本歯科大学の2番目の歯学部として同一大学としての配慮が多々考慮されている。生命歯学部と学費、カリキュラム、医局講座構成などはほぼ同じ。年に1度、クラブ活動の合同合宿が開催される。卒業生は大学創立以来の通し学年で呼ばれ、同窓会組織も共通である。このため同窓会組織である日本歯科大学校友会は歯学部の同窓会組織としては日本最大である。ちなみに新潟の1期生は日本歯科大学の67回生である。しかしながら両学部の学風はかなり異なる。1つの学部ではあるが、実態は単科大学と言ってもよい。 歯科大学としては全国に先駆けて在宅歯科往診ケアを行っており、学生が実習として参加することもある。また内科外科耳鼻咽喉科がそれぞれ講座を持ち、その診療科は医科病院として独立した病院となっているのも大きな特徴である。これらの領域に関しては講義だけでなく、病院実習が行われる。 キャンパス内に「医の博物館」が設置されており、日本唯一の公的な医学に関する博物館として一般公開されている。ここには歯科にとどまらず医学に関する歴史的資料が展示されている。

新潟生命歯学部概要[編集]

  • 学部 - 日本歯科大学新潟生命歯学部歯学科
  • 大学院 - 日本歯科大学大学院新潟生命歯学研究科
  • 付属病院 - 日本歯科大学新潟病院、日本歯科大学医科病院
  • 併設校 - 日本歯科大学新潟短期大学
  • 付属施設 - 医の博物館、先端研究センター(ハイテクリサーチセンター)

年表[編集]

  • 1972年4月 - 日本歯科大学新潟歯学部開設 入学定員120名
  • 1981年6月 - 内科外科耳鼻咽喉科の3科で付属医科病院開院
  • 1983年4月 - 付属新潟専門学校歯科衛生学科開校
  • 1987年4月 - 日本歯科大学新潟短期大学を敷地内に開学
  • 1989年9月 - 学内に国内唯一の医学に関する公的な博物館「医の博物館」を開設
  • 1990年4月 - 日本歯科大学大学院新潟歯学研究科を開設(これ以前の新潟の大学院生は、正式には東京の大学院に籍を置き、新潟の教授を指導教授として新潟で研究を行っていた。)
  • 1999年2月 - 先端研究センター開設(文部省ハイテクリサーチセンター)
  • 2006年4月 - 日本歯科大学新潟生命歯学部に名称変更、これに併せて新潟生命歯学研究科、日本歯科大学新潟病院、日本歯科大学医科病院にそれぞれ名称変更
  • 2007年4月 - 敷地内全面禁煙に。これにより校舎内、付属病院やグランド、駐車場の全てが禁煙になる。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

公式サイト[編集]