横浜市立大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横浜市立大学
金沢八景キャンパス
金沢八景キャンパス
大学設置 1949年
創立 1882年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人横浜市立大学
本部所在地 神奈川県横浜市金沢区瀬戸22番2号
キャンパス 金沢八景(横浜市金沢区)
福浦(横浜市金沢区)
鶴見(横浜市鶴見区)
舞岡(横浜市戸塚区)
学部 国際総合科学部
医学部
研究科 国際総合科学研究科
都市社会文化研究科
国際マネジメント研究科
生命ナノシステム科学研究科
生命医科学研究科
医学研究科
ウェブサイト 横浜市立大学公式サイト
テンプレートを表示

横浜市立大学(よこはましりつだいがく、英語: Yokohama City University)は、神奈川県横浜市金沢区瀬戸22番2号に本部を置く日本公立大学である。1949年に設置された。大学の略称横浜市大・市大(しだい)[1][2]・浜大(はまだい)[3][4] 。

概観[編集]

大学全体[編集]

横浜市立大学は、横浜市立横浜商業学校(Y校)専修科を母体として、1928(昭和3)年に横浜市立横浜商業専門学校(Y専)として創設された。その後、横浜市立横浜商業専門学校(Y専)、私塾鎌倉アカデミア横浜医科大学を母体として、1949年学制改革に伴い新制大学として誕生した。

現在の校名は、学制改革による大学昇格時に決定した名称である。官立の新制大学(前身は旧制横浜経済専門学校旧制横浜工業専門学校神奈川師範学校神奈川青年師範学校)、横浜市立の新制大学(前身は旧制横浜市立経済専門学校)、旧制横浜専門学校の3校がともに「横浜大学」を名称として申請したため、協議を行うこととなった。その結果、各校がともに譲歩し「横浜大学」の名を使用しないことを決定した。その際、官立の新制大学は「横浜国立大学」、横浜市立の新制大学は「横浜市立大学」、旧制横浜専門学校は「神奈川大学」を使用することとされ、現在の大学名が決定された。

教育および研究[編集]

国際総合科学部は国際総合科学科1学科のみで構成され、その中に国際教養学系、国際都市学系、理学系、経営科学系の4学系を設置。各学系には3つのコースが設けられている。プラクティカルなリベラルアーツ(実践教養)を理念としている。

国際的に通用する人材を育てることを目標とし、英語教育を重視している。3年次に進級するにはTOEFL ITP500点以上の成績がなければならない。英語教育は週3日の履修が必須となっている。

沿革[編集]

略歴[編集]

2005年4月に、商学部・国際文化学部・理学部の3学部を統合し国際総合科学部を設置、看護短期大学部を医学部へ統合するなどの大幅な改組が行われた。

年表[編集]

  • 1882年(明治15年) - 旧商学部の起源となる横浜商法学校(後の横浜商業学校)設立。
  • 1898年(明治31年) - 横浜市立十全看護婦養成所設立。
  • 1928年(昭和3年) - 横浜市立横浜商業学校(Y校)専修科を母体として横浜市立横浜商業専門学校(Y専)設立。
  • 1944年(昭和19年) - 横浜市立経済専門学校、横浜市立医学専門学校、横浜市立医学専門学校附属十全病院設立。
  • 1949年(昭和24年) - 学制改革により横浜市立大学となる。
  • 1952年(昭和27年) - 横浜市立医学専門学校を前身とする市立横浜医科大学と統合し、医学部文理学部を設置。
  • 1963年(昭和38年) - 国鉄鶴見事故三枝博音学長が死去。大学葬が執り行われた。
  • 1987年(昭和62年) - 福浦キャンパス設置。
  • 1995年(平成7年) - 文理学部を改組し、国際文化学部・理学部を設置。看護短期大学部を設置。
  • 1997年(平成9年) - 医学部附属高等看護学校廃止。
  • 2005年(平成17年) - 商学部・国際文化学部・理学部の3学部を統合し国際総合科学部を設置、また看護短期大学部を医学部に統合し医学部看護学科を設置。公立大学法人に運営を移行。

※横浜市立大学・Y専・Y校の同窓会である社団法人進交会の沿革[5]も参照のこと。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 金沢八景キャンパス(神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2)
  • 福浦キャンパス(神奈川県横浜市金沢区福浦3-9)
  • 鶴見キャンパス(神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-29)
  • 舞岡キャンパス(神奈川県横浜市戸塚区舞岡町641-12)

象徴[編集]

  • 校歌は、西条八十作詞、古関裕而作曲である。歌詞は大学公式サイト内に掲載されている。
  • シンボルマークは英略称"YCU"の3文字を組み合わせたものであり、2005年4月の公立大学法人移行を機に制定された。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 国際総合科学部
    • 国際総合科学科
      • 2012年度以降入学生
        • 国際教養学系
          • 人間科学コース
          • 社会関係論コース
          • 国際文化コース
        • 国際都市学系
          • まちづくりコース
          • 地域政策コース
          • グローバル協力コース
        • 経営科学系
          • 経営学コース
          • 会計学コース
          • 経済学コース
        • 理学系
          • 物質科学コース
          • 生命環境コース
          • 生命医科学コース
      • 2011年度以前入学生
        • 国際教養学系
          • 人間科学コース
          • 国際文化創造コース
        • 理学系
          • 基盤科学コース
          • 環境生命コース
        • 経営科学系
          • 政策経営コース
          • 国際経営コース
        • 融合領域
          • ヨコハマ起業戦略コース


  • 医学部
    • 医学科(6年制)
    • 看護学科

大学院[編集]

  • 1961年~
    • 医学研究科(博士課程)
  • 1966年~
    • 医学研究科(博士課程)
    • 経営学研究科(修士課程)
    • 経済学研究科(修士課程)
  • 1989年~
    • 医学研究科(博士課程)
    • 経営学研究科(修士課程)
    • 経済学研究科(修士課程)
    • 総合理学研究科(修士課程)
  • 1991年~
    • 医学研究科(博士課程)
    • 経営学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 経済学研究科(修士課程)
    • 総合理学研究科(修士課程・博士後期課程)
  • 1993年~
    • 医学研究科(博士課程)
    • 経営学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 経済学研究科(修士課程)
    • 総合理学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 国際文化研究科(修士課程)
  • 1996年~
    • 医学研究科(博士課程)
    • 経営学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 経済学研究科(修士課程)
    • 総合理学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 国際文化研究科(修士課程・博士後期課程)
  • 1997年~
    • 医学研究科(博士課程)
    • 経営学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 経済学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 総合理学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 国際文化研究科(修士課程・博士後期課程)
  • 1998年
    • 医学研究科(修士課程・博士課程)
    • 経営学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 経済学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 総合理学研究科(修士課程・博士後期課程)
    • 国際文化研究科(修士課程・博士後期課程)
  • 2001年
    • 総合理学研究科(連携大学院)に生体超分子システム科学専攻博士後期課程を増設
  • 2003年
    • 医学研究科博士課程を再編
  • 2005年
    • 経営学、経済学、理学、国際文化研究科を統合し、国際総合科学研究科を設置
  • 2009年度まで
    • 国際総合科学研究科
      • 国際文化研究専攻(博士前期課程博士後期課程
      • 経営学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
      • 理学専攻(博士前期課程)
        • 基盤科学系
        • 環境生命系
      • ナノ科学専攻(博士後期課程)
      • バイオ科学専攻(博士後期課程)
      • 生体超分子科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 医学研究科
      • 医科学専攻(修士課程
      • 生命分子情報医科学専攻(4年制博士課程)
      • 生体機能医科学専攻(4年制博士課程)
      • 生体システム医科学専攻(4年制博士課程)
  • 2009年度より
    • 都市社会文化研究科
      • 都市社会文化専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 生命ナノシステム科学研究科
      • ナノシステム科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
      • 生体超分子システム科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
      • ゲノムシステム科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 国際マネジメント研究科
      • 国際マネジメント専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 医学研究科
      • 医科学専攻(修士課程)
      • 生命分子情報医科学専攻(博士課程)
      • 生体機能医科学専攻(博士課程)
      • 生体システム医科学専攻(博士課程)
  • 2010年度より
    • 都市社会文化研究科
      • 都市社会文化専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 生命ナノシステム科学研究科
      • ナノシステム科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
      • 生体超分子システム科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
      • ゲノムシステム科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 国際マネジメント研究科
      • 国際マネジメント専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 医学研究科
      • 医科学専攻(修士課程)
      • 看護学専攻(修士課程)
      • 生命分子情報医科学専攻(博士課程)
      • 生体機能医科学専攻(博士課程)
      • 生体システム医科学専攻(博士課程)


附属機関[編集]


研究[編集]

21世紀COEプログラム[編集]

21世紀COEプログラムとして、1件のプロジェクトが採択されている。

  • 2003年
    医学系
    細胞極性システム研究に基づく未来医療創成(からだの形づくりの仕組みの解明から病気の克服へ)

教育[編集]

学生生活[編集]

課外活動[編集]

多くの活動団体は、金沢八景キャンパスおよび福浦キャンパスに別個に設置されており、運営組織も独立している。

金沢八景キャンパスでは、学生自治中央委員会を頂点としており、その下に文化部連合会・運動部連合会・浜大祭実行委員会があり、文化部・運動部はそれぞれの連合会に所属する。

福浦キャンパスでは、医学部碧水会を頂点としており、その下に医学部運動部連合会・医学部文化部連合会・医学祭実行委員会・医学部新聞会・医学科学生会・看護学科学生会がある。

金沢八景キャンパス部活動[編集]

2012年2月現在、文化部は40部、運動部は34部が登録されている。

運動部では、南関東の公立大学である首都大学東京と毎年定期戦が6月に行われており、2013年大会で32回の開催を数える。

福浦キャンパス部活動[編集]

2012年2月現在、文化部は15部、運動部は18部が登録されている。

大学祭[編集]

大学祭も、両キャンパスで別個に開催されている。

金沢八景キャンパスでは浜大祭が、おおむね11月第1週の週末に3日間の日程で開催されている。

福浦キャンパスではYokohama Medical Festivalが、浜大祭の翌週に2日間の日程で開催されている。


大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

金沢八景キャンパス
福浦キャンパス
舞岡キャンパス

金沢八景キャンパス[編集]

  • 使用学部:国際総合科学部、医学部(1年次)
  • 使用研究科:大学院国際総合科学研究科
  • 使用附属施設:学術情報センター
  • 交通アクセス:京急本線シーサイドライン金沢八景駅より徒歩5分
  • 旧称:瀬戸キャンパス[6]

福浦キャンパス[編集]

ヘボンホール

鶴見キャンパス[編集]

舞岡キャンパス[編集]

社会との関わり[編集]

不祥事[編集]

横浜市立大学病院患者取り違え事件[編集]

1999年(平成11年)1月、横浜市立大学病院において心臓に手術を受ける患者と肺に手術を受ける患者を看護士が間違えて手術室に運び、医師も取り違えに気づかぬまま、それぞれの患者の本来の患部でない部位の切開を行った。神奈川県警は同年7月、病院長を含め医師ならびに看護婦の計18人を業務上過失傷害容疑で書類送検、横浜地検は2000年(平成12年)3月、そのうち六人を在宅起訴した[7][8]

医学部で学位取得の謝礼として現金の授受が行われていた問題[編集]

2008年(平成20年)3月、内部通報により、医学部の学部長の研究室で、学部長のほかに教授ら十数人が大学院生らから学位取得の謝礼として現金を受け取っていたことが発覚した。2008年2月12日、医局に所属する准教授や講師11人から理事長と学長に同内部通報を非難し、追及を求める嘆願書が送られたが[9][10]、文部科学省は事実関係の調査と報告を速やかに行い、再発防止策を講じるよう同大を指導、同大調査検討委員会は医学部全教員を対象に調査を行い[11][12]2008年7月29日、同大は受領額の多さなどを理由に前副学長を停職4カ月、前医学部長を停職2カ月の懲戒処分とした。なお、2人は同日付で依願退職した。また、監督責任を問われた副学長ら2人と現金を受け取った者1人を懲戒処分に、現金を受け取るなどした教授ら15人を文書訓戒とした[13]。なお、依願退職した前副学長、前医学部長に2010年8月1日、同大学は名誉教授の称号を授与した。学長は「処分から2年たち、悪しき慣習もなくなった。2人以上に功績のあった教授はいなかった」と語った[14]

横浜市立大学センター病院の麻酔医、看護師が麻薬取締法違反で逮捕された問題[編集]

2010年(平成22年)11月、横浜市立大学センター病院の集中治療室に勤務する麻酔科医師が医療用麻薬の共同所持及び自己施用で、また、医師と同一職場に勤務する看護師が医療用麻薬の共同所持でそれぞれ「麻薬及び向精神薬取締法」違反の容疑で逮捕[15][16]2010年12月8日、横浜地方検察庁は同医師と同看護師を同法違反で起訴し、同医師に懲役3年、執行猶予4年の判決が[17]、同看護士に懲役1年、執行猶予3年言い渡された[18]。 また、2010年12月24日、同大学は医師を懲戒解雇、同市は看護師を懲戒免職にした[19]

医学部教授によるパワハラ問題[編集]

2011年(平成23年)2月に、医学部の男性教授が学年末試験を受けに来た男子学生の一人に対し、身に覚えの無い「犯罪者」「ストーカー」などと発言した。この学生は、抗議のために試験終了後に教授室を訪れたが、この時、教授から土下座を強要されたり、頭を丸めた上に反省文を提出するよう要求された。 この学生は、「多大な精神的苦痛と恐怖を受けた」として、当該の教授を相手取り、2011年4月28日横浜地裁に330万円の損害賠償を求める訴訟を起こし[20]2012年3月26日に同地裁は同教授に121万円の支払いを命じる判決を下した [21]。 また、横浜区検察庁は同教授を名誉毀損ならびに暴行罪で略式起訴、2011年12月21日に横浜簡易裁判所は罰金50万円の略式命令を出し、同教授はこの命令に従い罰金を納付した[22]2011年2月29日に大学は同男性教授を「指導の域を超えた暴力行為」があったとして、停職3カ月の懲戒処分に、医学部長には監督責任を問い、戒告の懲戒処分とした。同教授は同大を通じ、「教育に携わる者が決して行ってはならない許されざるものであり、学生とご家族に心よりおわび申し上げます」とコメントした[23][24]

民間企業と公立大学法人で初めてクレジットカードを発行[編集]

公立大学法人で初めて、授業料等の納付にカード払の取扱と京急グループポイントサービスの加盟取扱を開始した。

大学と京浜急行電鉄株式会社、株式会社ディーシーカード(現:三菱UFJニコス)の三社で、2007年4月から、「横浜市立大学・京急カード」を発行を開始した。横浜市立大学は、公立大学法人化にあわせ、学生サービスの向上、経営効率の改善、新たな財源の確保等の実現に向けて様々な改革を行っており、このカード発行も法人化のメリットを生かした物。

このカードの特徴は、

  • クレジットカードの年会費が永年無料。
  • カードにて横浜市大の学費を納付する場合、最大6,000円の割引。

また「横浜市立大学・京急カード」のみ以下の特典も付与される。

  • カード所有者は、大学から直接シンボルマークグッズを購入する場合、10%割引。
  • 横浜市立大学が運営しているエクステンション講座の受講料を300円割引。

発行対象者は、18歳以上の学生本人とその保護者、教職員本人とその家族、卒業生が対象。

なお、現在新規発行はされておらず、カードによる授業料引き落としも2011年後期を最後に終了している。

脚注[編集]

  1. ^ 『Y-Press vol.4』横浜市立大学新聞会雑誌局、1989年4月、p32。
  2. ^ 『金沢HAKKEN vol.13』横浜市立大学学生広報ワークショップタウンマッププロジェクト、2013年11月、表紙。
  3. ^ 校歌歌詞による。横浜市立大学校歌2009-11-29閲覧。
  4. ^ 横市を「浜大」と呼ぶサークルも一部存在する。
  5. ^ 沿革 - 社団法人進交会(2010-10-24閲覧)
  6. ^ 『STUDENT LIFE'91 横浜市立大学』、NTTメディアスコープ、1991年3月、P4。
  7. ^ 横浜市大病院患者取り違え事件とは - 読売新聞 2001年9月20日
  8. ^ 報告書 - 横浜市立大学医学部附属病院の医療事故に関する事故調査委員会 2000年3月
  9. ^ 博士学位謝礼で激震続く横浜市大 今度は「内部通報者の追及」求める - 朝日新聞 2008年4月3日
  10. ^ 横浜市立大学における博士号取得の謝礼授受について - 横浜市会 2008年3月28日
  11. ^ 横浜市大、教授ら十数人にも現金 - 読売新聞 2008年3月13日[リンク切れ]
  12. ^ 横浜市立大学の学位審査等に係る調査について (PDF) - 横浜市立大学学位審査等に係る対策委員会 2008年7月9日
  13. ^ 横浜市立大の謝礼問題、前副学長ら20人を処分… - 47NEWS 2008年7月29日
  14. ^ 学位取得謝礼授受問題で懲戒処分を受けて自主退職した元副学長(65)と元医学部長(66)、名誉教授に - 朝日新聞 2010月11月27日
  15. ^ 横浜市立大学センター病院の37歳麻酔医、麻薬取締法違反の疑いで逮捕 - 医療ニュース 2010年11月18日
  16. ^ 横浜市立大学附属市民総合医療センター医師等の不祥事について(報告) (PDF) - 横浜市公立大学法人評価委員会 2011年3月9日
  17. ^ 横浜市立大学附属市民総合医療センター医師等の不祥事について(報告) - 横浜市公立大学法人評価委員会 2011年4月28日
  18. ^ 横浜市大の元看護師 医療用麻薬所持で有罪 - 産経新聞 2011年1月26日
  19. ^ 横浜市立大学附属市民総合医療センター医師等の不祥事について(報告) - 横浜市公立大学法人評価委員会 2011年4月28日
  20. ^ 土下座強要、頭踏まれた…教授をパワハラ提訴 - 読売新聞 2011年7月9日
  21. ^ 横浜市大教授に賠償命令 学生に土下座させ暴行… - スポーツニッポン 2012年3月26日
  22. ^ 土下座学生の頭踏んだ教授、罰金50万円の略式命令… - 読売新聞 2011年12月27日
  23. ^ アカハラ:学生に土下座させ頭踏む 横浜市立大医学部教授、停職3カ月 - 毎日jp 2011年7月30日[リンク切れ]
  24. ^ 学生を土下座させ踏み付け 横浜市大医学部教授を停職 女子学生からストーカー悩み相談され… - 産経ニュース 2011年7月29日

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。