京葉線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR logo (east).svg 京葉線
主力車両E233系 5000番台(2010年7月6日 検見川浜駅)
主力車両E233系 5000番台
(2010年7月6日 検見川浜駅)
京葉線の路線図
路線総延長 43.0 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
最高速度 100 km/h
西船橋駅付近の三角線

京葉線(けいようせん)は、東京都千代田区東京駅から東京湾湾岸沿いを経由して千葉県千葉市中央区蘇我駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線幹線)である。このほかに、千葉県船橋市西船橋駅南船橋駅の間および西船橋駅と市川市市川塩浜駅の間に支線を持つ。

支線は運転系統上武蔵野線直通に使われており、路線図や乗り換え案内では同線の一部とされているケースも見受けられる。

  • 東京駅 - 蘇我駅間 43.0km
  • 市川塩浜駅 - 西船橋駅間 5.9km(高谷支線)
  • 西船橋駅 - 南船橋駅間 5.4km(二俣支線)

鉄道要覧』では以下のように書かれている。

  • 西船橋 - 蘇我 22.4km
  • 東京 - 南船橋 26.0km
  • 市川塩浜 - 西船橋 5.9km

概要

JRの前身である日本国有鉄道(国鉄)の末期に一部区間が開業し、のちの国鉄分割民営化後の2度にわたる延伸を経て1990年平成2年)に全線が開通した、首都圏のJR線の中では最も新しい路線である。全線開業後は東京から千葉・蘇我まで総武本線のバイパス的役割を果たすとともに、東京都心と、沿線の東京ディズニーリゾートや、幕張メッセ千葉マリンスタジアムなどのある幕張新都心を結ぶアクセス路線となり、また沿線の船橋市浦安市千葉市などの生活路線ともなっている。ラインカラー、ワインレッド)。首都圏のJRでは京葉線のみが使用するカラーである。

蘇我駅内房線外房線と接続しており、東京駅から房総方面へ向かう特急列車が当路線を経由して運行されている。各駅停車快速電車も朝夕ラッシュ時に内房線・外房線・東金線との直通運転を行っている。また、武蔵野線のほぼすべての電車が西船橋駅から東京駅あるいは海浜幕張駅まで乗り入れる。

2007年度の国土交通省発表による調査において、京葉線は2006年には最大196%の乗車率(葛西臨海公園駅 → 新木場駅間、東京方面)であると発表された[1]。これは首都圏の鉄道の混雑率の中で上位10位内に入る数字となっている。

2008年3月31日に発表されたJR東日本の「グループ経営ビジョン2020-挑む-」において、京葉線は武蔵野線・南武線横浜線とともに「東京メガループ」に指定された。私鉄との接続で重要な役割を担っているとして、今後利便性・快適性を輸送サービス・駅設備・生活サービスのそれぞれの面から向上させ、乗り換えの利便性を含めて今までより脚光を当てるとしている。

東京 八丁堀 越中島 潮見 新木場 葛西臨海公園 舞浜 新浦安 市川塩浜 西船橋 二俣新町 南船橋 新習志野 海浜幕張 検見川浜 稲毛海岸 千葉みなと 蘇我KeiyoLineStations.png
画像の詳細


歴史

京葉線の計画以前に、京成電鉄が京葉線とほぼ同じルートで自社線のバイパス路線の建設を計画していた(京成の免許申請区間は東陽町 - オリエンタルランド - 船橋港 - 稲毛海岸 - 千葉港 - 千葉寺)。京成電鉄が浦安沖の砂州を埋め立てて開発をし、京成の社長が誘致した東京ディズニーランド(当時の仮称はオリエンタルランド)は、この新規路線の沿線開発の一環であった。

京成電鉄がその路線計画から手を引いた後、国鉄がそれまで計画していた汐留 - 月島 - 晴海 - 越中島間を結ぶ月島線構想に代わる貨物線(東京外環状線)として別途計画され、日本鉄道建設公団(鉄建公団)により大都市交通線(D線)[2]として建設された路線が京葉線であり、後に旅客線化された。なお、京葉貨物線の旅客線化が決定する以前にも京葉貨物線沿線にある海浜ニュータウン(検見川浜駅・稲毛海岸駅付近)周辺から東京都心方面へ通勤・通学する住民のために京葉貨物線を利用して、営団地下鉄(当時)有楽町線へ直通運転させる計画が存在した。

高架の設計・建築は貨物扱いを前提としたもので、川崎製鉄(現在のJFEスチール)千葉製鉄所内への乗り入れ分岐部分(元:都川信号場)や千葉貨物ターミナル駅(2000年廃止)の東京方発着分岐部分、京葉電車区(現在の京葉車両センター)脇の地平への分岐部分など、貨物列車用として用意された数多くの分岐の廃線部分および未完成部分が見受けられる。西船橋駅周辺のデルタ線もその名残りである。これらの構造を活用して、2000年12月2日からこれまで総武・新金常磐線経由で武蔵野線へ走っていた京葉臨海鉄道発着の貨物列車が蘇我駅 - 西船橋駅間を経由するルートに変更された。

新木場駅以東は、将来の複々線化が容易にできるような設計で建設された。例えば、二俣新町駅付近で西船橋方面と蘇我方面とを結ぶ支線が京葉線下り線を乗り越える箇所は、現在の下り線の北側(山側)に線路を増設できるような設計になっている[3]。また、千葉県内では、1978年に千葉県企業庁と鉄建公団との間で交わされた覚書に基づいて、千葉県企業庁が京葉線に沿って複々線化用地を確保していた[4]。その後、覚書は破棄された[4]。千葉県企業庁はJR東日本に複々線化用地の買取りを打診したが、JRは買い取らなかったので、用地は東京湾岸道路の拡幅に転用されることとなった[4][要出典]

なお、1975年の蘇我駅から千葉貨物ターミナル駅までの先行開業時には、蘇我駅から都川信号場までは川崎製鉄の専用線を通り、千葉貨物ターミナル駅に向かっていた。

また東京外環状線の計画段階では、新木場駅以西については国道357号沿いに直進して東京臨海副都心を経由し、東京湾横断後品川埠頭直下で南進、東京貨物ターミナルに接続させる予定であった。計画変更時に新木場駅 - 東京貨物ターミナル間の軌道はほぼ完成していたため、既設設備を利用して東京臨海高速鉄道りんかい線が開業している。品川埠頭のトンネル内分岐点から南の区間は、当初接続予定であった東京貨物ターミナルの隣にある同社の八潮車両基地への回送線として使用されている。

東京延伸開業時に高橋留美子デザインによる「マリン」というイメージキャラクターが登場した。オレンジカード、駅に飾るタペストリー、電車(205系)の前面に装着する全線開通と「マリンです。どうぞよろしく」の2種類のヘッドマークなどが制作された。

年表

全線開業20周年記念ヘッドマークを付けた209系電車(2010年4月11日 蘇我駅)
  • 1975年昭和50年)5月10日:蘇我駅 - 千葉貨物ターミナル駅間が貨物線として開業。このうち蘇我駅 - 都川信号場間は川崎製鉄(現在のJFEスチール)専用線を借用。千葉貨物ターミナル駅が開業。
  • 1986年(昭和61年)
    • 1月21日:蘇我駅 - 都川信号場間の現行線供用開始。都川信号場が廃止。川崎製鉄専用線の借用運転解消。
    • 3月3日:第1期線の西船橋駅 - 千葉貨物ターミナル駅間が旅客線として開業。起点が西船橋駅に変更。西船橋駅 - 千葉港駅間で旅客営業を開始。南船橋駅・新習志野駅・海浜幕張駅・検見川浜駅・稲毛海岸駅・千葉港駅(現在の千葉みなと駅)が開業。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道が承継。日本貨物鉄道が千葉貨物ターミナル駅 - 蘇我駅間の第二種鉄道事業者となる。
  • 1988年(昭和63年)12月1日:第2期の新木場駅 - 南船橋駅間、市川塩浜駅 - 西船橋駅間が開業し、JRで初めてATS-P型の本格運用を開始。千葉港駅 - 蘇我駅間の旅客営業を開始[5]。武蔵野線からの乗り入れ開始。新木場駅・葛西臨海公園駅・舞浜駅・新浦安駅・市川塩浜駅・二俣新町駅が開業。
  • 1990年平成2年)3月10日:第3期の東京駅 - 新木場駅間が開業し全通。全線で列車集中制御装置 (CTC) が導入。八丁堀駅・越中島駅・潮見駅が開業。工事時には「京葉都心線」とも称された。同時に快速の運転が開始。休日は快速「マリンドリーム」、快速「むさしのドリーム」(武蔵野線直通)という名前で運転。
  • 1992年(平成4年)3月14日:千葉港駅が千葉みなと駅に改称。なお、旧駅名も読みは同じ「ちばみなとえき」であった。近くに同じ字の"ちばこう"があり混同を避けるためである。
  • 1994年(平成6年)12月3日:土曜・休日ダイヤ実施。土曜日も休日と同じダイヤとなる。
  • 2000年(平成12年)
    • 4月1日:千葉貨物ターミナル駅が廃止。
    • 12月2日:日本貨物鉄道が西船橋駅 - 蘇我駅間の第二種鉄道事業者となる。同時に貨物列車乗り入れ開始。旅客列車の武蔵野線の海浜幕張駅までの直通運転開始。新港信号場が開設。
  • 2002年(平成14年)12月1日:開業以来初の白紙ダイヤ改正。土曜・休日に運行される快速「マリンドリーム」「むさしのドリーム」が廃止。南船橋駅と千葉みなと駅に京葉快速が終日停車。
  • 2004年(平成16年)10月16日:ダイヤ改正により、通勤快速が新木場駅停車。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月18日:ダイヤ改正により、一部の特急列車をのぞき特急列車が海浜幕張駅に停車。E331系の営業運転開始。
    • 3月25日:全駅で発車メロディーが導入される。
  • 2009年(平成21年)
    • 1月25日:千葉支社管内では初となる列車無線のデジタル運用開始。
    • 7月30日:新木場駅 - 葛西臨海公園駅間を走行中の東京発蘇我行き各駅停車(205系10両編成)で車両の電気回路がショートし立往生、当該車両から越中島変電所に過電流が流れて火災が発生して送電不能になり、約7時間にわたって不通になる[6]。翌31日、国土交通省関東運輸局はJR東日本に対して早期の原因究明と再発防止を求める警告文書を発出。
  • 2010年(平成22年)
    • 3月10日:全線開業20周年記念キャンペーンが開始され、海浜幕張駅で記念出発式が行われたほか、記念ヘッドマークを付けた電車の運転を開始(1年間)。
    • 7月1日:E233系5000番台の営業運転開始[7]
    • 9月27日:天皇皇后の千葉県訪問(国体視察など)に伴うE655系使用のお召し列車が、内房線館山駅から京葉線経由で東京駅間に運転される[8]
  • 2012年(平成24年)11月28日:二俣新町駅 - 南船橋駅を走行中に府中本町発海浜幕張行きの武蔵野線直通の各駅停車(205系8両M15編成)で車両の電気回路のヒューズが切れ立ち往生し、京葉線全線で4時間にわたって運休した[9][10]
  • 2013年(平成25年)3月16日:通勤快速をのぞいて朝通勤時間帯の快速の運転を取りやめすべて各駅停車での運転となる。また、武蔵野線直通列車も各駅停車となる。
  • 2015年(平成27年)度までに東京圏輸送管理システム (ATOS) の導入開始予定。

運行形態

京葉線の列車の運行形態を、列車種別ごとに分けて解説する。

特急列車

京葉線を経由して外房線方面へ「わかしお」と、内房線方面へ「さざなみ」が運行されている。これらの列車が京葉線を経由しているのは、特急「成田エクスプレス」の運行開始に伴って総武快速線において線路容量が不足したことが背景としてある。

当初は、京葉線内途中駅は無停車であったが、2000年12月2日の改正で一部列車が幕張新都心海浜幕張駅に停車するようになった。そして、2007年3月18日のダイヤ改正から東京発16時までの下りおよび同駅発11時以降の上り全特急列車が同駅に停車するようになった。

快速・普通列車

京葉線内運行列車は東京駅・新習志野駅・海浜幕張駅・蘇我駅発着で運行されている。他路線との直通運転は、以下の通り行われている。

  • 武蔵野線
    • 1時間あたり平日日中、土曜・休日日中ともに6本運行されており、日中は西船橋駅から東京駅および南船橋駅まで乗り入れている。また、朝夕の時間帯には海浜幕張駅発着(2010年12月4日から運行を開始した大宮駅 - 海浜幕張駅間の「しもうさ」を含む)の列車も運転されているほか、出入庫を伴う列車は新習志野駅発着もある。
  • 内房線
    • 直通区間は君津駅まで(朝の上り通勤快速1本は上総湊駅始発)で、平日の通勤快速(土曜・休日は快速)が下り1本、上り2本、快速が下り4本、上り1本乗り入れている。
  • 外房線
    • 直通区間は上総一ノ宮駅(1往復のみ勝浦駅発着)で、外房線経由で東金線が成東駅まで乗り入れている(一部列車は誉田駅折り返し)。平日の通勤快速(土曜・休日は快速)が下り1本、上り2本、快速が下り5本、上り2本乗り入れるほか、日中時間帯には京葉線内のみ快速運転で外房線内各駅停車の列車が6往復設定されている。

通勤快速

通勤快速(木更津駅

平日の朝に上りが4本、平日夜間に下りが2本運行される。線内の停車駅は東京駅、八丁堀駅、新木場駅、蘇我駅の4駅であり、東京近郊の路線の中では少ない。新木場駅 - 蘇我駅間で、先行する京葉快速などを追い越す。全列車が内房線・外房線・東金線と直通運転を行う。種別カラーは赤。

外房線への通勤快速は東京駅 - 誉田駅間は外房線方面の列車と東金線方面の列車を併結して誉田駅で切り離し、翌朝には誉田駅で両線の列車を併結して東京駅へ運転されている。そのため、この列車に関連する運用では分割併合に対応した編成が充当されている。

快速(京葉快速)

京葉快速(潮見 - 新木場間)

平日の日中は30分間隔、土曜・休日の日中は15分間隔で運行されている。種別カラーは緑。

日中は上りは海浜幕張駅で同駅始発の各駅停車東京行きに接続している。下りは平日の日中以外はほとんどの列車が新浦安駅で各駅停車に接続している。また、南船橋駅発着の武蔵野線直通と接続する。途中駅での特急列車の通過待ちまたは時間調整をする列車が多く、最速の各駅停車よりも所要時間がかかる列車もある。また一部下り列車は海浜幕張駅で通勤快速の通過待ちをする。

2010年12月4日改正より、日中1時間あたり1本が外房線上総一ノ宮駅まで直通運転を行っており、これらの列車は外房線内は各駅に停車し、また蘇我駅では内房線方面の列車との同一ホーム接続が図られている[11]

2013年3月16日改正では、平日朝通勤時間帯の快速の運転が取りやめられ各駅停車のみの並行ダイヤとなり、快速通過駅からの乗車機会が増加した(通勤快速は引き続き運転)。

京葉快速という表記は、武蔵野線に直通する武蔵野快速と区別するために用いられていた案内上の表記であるが、武蔵野快速が廃止された現在でも、京葉線の快速は京葉快速と案内されている。

各駅停車

すべての駅に停車する種別である。種別カラーは青。

京葉線内では日中は1時間あたり4本運行されており、平日は東京駅 - 海浜幕張駅間と東京駅 - 蘇我駅間でそれぞれ毎時2本ずつ、土曜・休日はすべて東京駅 - 海浜幕張駅間で運行されている。平日の日中以外は新浦安駅で快速の待ち合わせを行うことが多いほか、一部列車は千葉みなと駅・海浜幕張駅・新習志野駅・新浦安駅・葛西臨海公園駅のいずれかで特急の通過待ちを行う。夜間の一部の列車は内房線、外房線から直通する。

また、後述の武蔵野線直通列車を補完する形で、東京駅発着の武蔵野線直通列車と連絡する西船橋駅 - 南船橋駅・新習志野駅間の区間運転の列車が夜間に運転されている。

武蔵野線直通列車

東京駅発着の武蔵野線直通列車は、2013年3月16日改正前日まで原則として全列車とも快速として運行された。この運行形態は新木場駅暫定開業時から行われており、当時は葛西臨海公園駅を通過していた。2002年12月1日ダイヤ改正までは平日と土休日で停車駅が異なり、土休日の列車には「むさしのドリーム」の愛称が付いていたが、同改正で愛称が廃止された。その後も東京駅 - 蘇我駅方面間を結ぶ京葉線快速が市川塩浜駅を通過するのに対して、武蔵野線直通列車は同駅に停車するという違いがあることから、京葉線内では「武蔵野快速」と案内された。平日と土休日の停車駅が異なることは、2013年のダイヤ改正により快速が廃止されるまで続いた。2010年3月改正で日中毎時2本から3本に増発され[12]、朝夕は毎時3 - 5本運転された。平日朝の下りの一部列車は葛西臨海公園駅を通過して各駅停車を追い越していた。また一部列車は、新浦安駅もしくは葛西臨海公園駅(土曜・休日)で特急列車の通過待ちを行っていた。2013年3月16日のダイヤ改正より東京駅直通列車の快速運転が取り止められ、終日全区間で各駅停車となった[13]

南船橋駅発着の武蔵野線直通列車は日中1時間あたり3本運行されている。日中の南船橋駅発着列車は南船橋駅で蘇我・東京方面両方に接続している。海浜幕張駅着の1本のみ新習志野駅で特急「さざなみ」の通過待ちをする。

臨時列車

前述の通り、沿線に東京ディズニーリゾートなどの観光施設を抱えていることから、最寄り駅の舞浜駅などに停車する東京駅発着の臨時列車が土曜・休日やゴールデンウィーク夏休み冬休みを中心に設定されることがある。

常磐線日立方面からの「舞浜・東京ベイエリア号」や、東京駅 - 仙台駅間(武蔵野線・東北本線経由)で583系を使用した臨時夜行快速列車「ムーンライト仙台」・「ムーンライト東京」が運転されている。

「舞浜・東京ベイエリア号」は以前は「わくわく舞浜・東京号」・「ワンダーランド号」・「イクスピアリ号」として運行されていた。

貨物列車

2000年12月2日のダイヤ改正より、日本貨物鉄道(JR貨物)による貨物列車西船橋駅 - 蘇我駅間で乗り入れを開始した。京葉臨海鉄道からの車扱貨物コンテナ列車が乗り入れる。これらの列車は総武本線新金貨物線経由で武蔵野線などを走っていたが、京葉線経由にシフトした結果、以前のルートより最大8時間35分短縮することができ、千葉方面から日本各地への貨物輸送の一層の効率化が図られた。電気機関車高崎機関区EH200形新鶴見機関区EF65形EF210形岡山機関区のEF210形が入線する。

停車駅の変遷

東京駅開業以前の1990年3月9日までは各駅停車のみの運転のみであったが、新木場駅までの暫定開業時に武蔵野線直通電車(当初6両、1991年12月より順次8両化・列車番号末尾はE、蘇我方面行はY)は葛西臨海公園駅を通過するダイヤが組まれた。

1990年3月10日の東京駅延伸開業と全線開通により、臨海副都心葛西臨海公園東京ディズニーリゾート幕張新都心など再開発地域・観光施設を沿線に抱えることから快速電車の本数が比較的多いダイヤを組み、平日は葛西臨海公園駅を通過、土曜・休日は八丁堀駅を通過とし、休日の快速は「マリンドリーム」、武蔵野線直通電車は「むさしのドリーム」という愛称で運行されていた。当初、快速「マリンドリーム」と快速「むさしのドリーム」は新木場駅を通過していた一方、葛西臨海公園駅には終日停車していた。また京葉快速は当初は海浜幕張駅と千葉みなと駅は終日通過であった。

1990年3月10日東京直通運行開始時の停車駅
平日 通勤快速
京葉快速
武蔵野快速
各駅停車
  東京 八丁堀 越中島 潮見 新木場 葛西臨海公園 舞浜 新浦安 市川塩浜 二俣新町 南船橋 新習志野 海浜幕張 検見川浜 稲毛海岸 千葉みなと 蘇我
土休日 快速マリンドリーム
快速むさしのドリーム
各駅停車

●:停車、―:通過、=:経由しない

2000年12月2日ダイヤ改正時点の停車駅
平日 通勤快速
京葉快速
武蔵野快速
各駅停車
  東京 八丁堀 越中島 潮見 新木場 葛西臨海公園 舞浜 新浦安 市川塩浜 二俣新町 南船橋 新習志野 海浜幕張 検見川浜 稲毛海岸 千葉みなと 蘇我
土休日 快速マリンドリーム
快速むさしのドリーム
各駅停車

●:停車、○:9時00分ごろから18時00分ごろまでは停車
―:通過、=:経由しない

2002年12月1日に、開業以来初となる白紙ダイヤ改正が行われた。この改正では、日中の運転間隔均等化、朝ラッシュ時の快速電車と各駅停車の混雑の均等化のほか、快速電車の停車駅追加が行われた。平日と土曜・休日の停車駅が統一されたことから、快速の愛称は廃止された。

結果として、朝ラッシュ時の上り快速は通勤快速の待避に伴いスピードダウン(約43分 → 48 - 50分)、海浜幕張駅 - 蘇我駅間の日中における1時間あたりの本数は減少(平日:6本→4本、土曜・休日:7本 → 4本)、土曜・休日日中の上り快速もスピードダウン(約40分→ 約48分)[14]となった。また、日中の武蔵野線直通の海浜幕張駅発着電車が廃止されたが、朝夕時間帯に同駅発着の武蔵野線直通が増発されたため、総運転本数は変わっていない。

2002年12月1日ダイヤ改正時の停車駅
  東京 八丁堀 越中島 潮見 新木場 葛西臨海公園 舞浜 新浦安 市川塩浜 二俣新町 南船橋 新習志野 海浜幕張 検見川浜 稲毛海岸 千葉みなと 蘇我
通勤快速
京葉快速
武蔵野快速
各駅停車

●:停車、■:土休日は停車、―:通過、=:経由しない

2004年10月16日に、通勤快速が新木場駅に停車するようになった。

2004年10月16日ダイヤ改正時の停車駅
  東京 八丁堀 越中島 潮見 新木場 葛西臨海公園 舞浜 新浦安 市川塩浜 二俣新町 南船橋 新習志野 海浜幕張 検見川浜 稲毛海岸 千葉みなと 蘇我
通勤快速
京葉快速
武蔵野快速
各駅停車

●:停車、■:土休日は停車、―:通過、=:経由しない

さらに9年後の2013年3月16日のダイヤ改正で武蔵野線直通列車が各駅停車となり、現行のダイヤに至っている(→停車駅は「駅一覧」参照)。

使用車両

現在の使用車両

すべて電車で運転されている。通勤形車両は武蔵野線用を含め千葉支社京葉車両センター所属、特急形車両は同幕張車両センター所属である。

特急

特急「さざなみ」「わかしお」用に以下の車両が使用されている。

快速・各駅停車

すべて片側4ドアの車両であり、京葉線用車両は10両編成、武蔵野線からの乗り入れ車両は8両編成である。

京葉線用ステンレス車両はラインカラーである赤(、ワインレッド)の帯を巻いている。一方、2011年まで運用されていた201系2005年まで運用されていた103系の車体色は、京浜東北線と同様の青(、スカイブルー)である。これは、東京湾の海の色をイメージしたのと、同線に最初に投入された103系の半数以上が京浜東北線からの転入車であったため、また、101系を使用したワインレッドの試験塗装が思わしくなかったためである。

武蔵野線から乗り入れる車両はオレンジ色と茶色( )の帯を巻いている。かつて運用されていた103系はオレンジ一色であった。

  • E233系5000番台(10両編成・6両編成+4両編成)
    • 2010年7月1日より運用が開始された現在の主力車両である[7]。投入初期は10連貫通編成のみだったが、増備途中で6両+4両分割編成が製作され2011年3月7日より分割運用にも投入された。なお、E233系投入により、201系と205系の一部は廃車となり、209系500番台の一部は武蔵野線に転用された[15][16]
  • 209系500番台(10両・8両編成)
    • 2008年10月より、京浜東北線根岸線E233系1000番台が導入されるのに伴い、同線用209系500番台のうち4編成が京葉線に順次転入、2008年12月1日より運行を開始した[17]2010年3月から205系の東京延伸時から在籍している編成と共通運用になり、外房線千葉駅 - 上総一ノ宮駅間、内房線蘇我駅 - 上総湊駅間にも乗り入れる。
    • E233系投入により3編成が8両編成として武蔵野線用に転用され、直通電車として乗り入れている。
  • 205系(8両編成)
    • 京葉線用の10両編成は2011年7月25日で運用を離脱しており(次節「過去の使用車両」を参照)、武蔵野線用の8両編成が運用されている。この8両編成は、武蔵野線用に製作された先頭車前面の形状が従来と違うスタイルの編成と、後年中央・総武緩行線山手線南武線埼京線からそれぞれ転入した車両が存在している。また、他線区から京葉線に転入後、再度武蔵野線に転用された車両もある。

過去の使用車両

快速・各駅停車として、以下の車両が使用されていた。

  • 103系(10両編成・8両編成・6両編成・4両編成)
    • 開業当初、4両編成と6両編成を併結した編成が京浜東北線横浜線より青22号に揃えて津田沼電車区に転入、日中6両編成、朝夕ラッシュ時10両編成で運行された。1986年9月頃から1990年3月の東京延伸開業まで日中が4両編成化され、その後、1993年12月より京葉線内限定運用の編成は終日10両編成化された。
    • 原則として京葉線内限定運用であったが、201系投入までは6両+4両分割編成による京葉線から外房線勝浦と外房線経由で東金線成東に向かう分割併合運用も担当していた。
    • 津田沼電車区→習志野電車区配置の中央・総武緩行線用103系にも京葉線対応工事が施工された編成が存在し、東京開業までの間京葉線で営業運転を行うこともあった。
    • 武蔵野線直通電車は当初6両編成であったが、1991年12月から1996年12月にかけて8両編成化された。
    • 8両編成の武蔵野線直通用に使用されていたE38編成が西日本旅客鉄道(JR西日本)に、E20 - 22・27編成のうちの各4両の計16両がインドネシアの鉄道会社(PT Kereta Api、KRLジャボタベックで使用)に売却されたほかは全廃された。
    • 10両編成の京葉線内限定運用のクハ103-713の車体は一部をカットして鉄道博物館で展示されている。
  • 201系(10両編成・6両編成+4両編成)
    • 103系置き換え用として中央・総武緩行線から転入した車両が在籍していた。2007年には205系の転出分の穴埋めで中央線快速からも2本(元T32・T130編成)が改造の上で転入したが、209系500番台に置き換えられ非分割編成2本とともに2009年2月までに長野総合車両センターに廃車回送された[18]。また、試作車の900番台も京葉線で使用されていたが、こちらは山手線から転入した205系に置き換えられ2005年に廃車された。
    • 車両分割のある外房線・東金線直通運用では分割併合に対応した「51 - 54」+「K1 - K4」編成が最後まで残っていたが、2011年6月20日をもって運用を離脱した。
  • 205系(10両編成)
    • 1990年の東京延伸開業にあわせ京葉線用に製作された先頭車前面の形状が従来と違うスタイルの編成と、後年103系置き換え用として中央・総武緩行線・山手線(量産先行車の4編成含む)からそれぞれ転入した車両が存在していた。なお、外房線・内房線直通列車は、原則として110km/h運転対応の、東京延伸時からの在籍車である先頭車の前面形状が違う編成が使用されていた。E233系投入により順次運用から離脱、2011年7月25日をもって同線での定期運用を終了した。[19]
  • 165系改造車3両編成(快速「シャトル・マイハマ」)
    • 東京開業からしばらくの間、東京ディズニーランドへの連絡輸送を目的とする快速列車「シャトルマイハマ」として東京駅 - 西船橋駅間で運行していたこともある。また、休日などごくわずかに内房線外房線からも運行した。内装はディズニーをイメージしたものになっていた。1995年に上沼垂運転区(現在の新潟車両センター)に転出し、「アルファ」と改称され主に新潟地区で運用されたが、2001年に廃車された。
  • E331系(14両編成)
    • 試験的に投入された連接車両で、1編成のみ存在した。14両編成で通常の列車の10両編成分と同じ長さである。
    • 2007年3月18日のダイヤ改正から土曜・休日のみの運用として営業運転を開始したが、後に部品の一部について改良が必要と判明し同年4月に営業運転から暫定的に離脱した。改良後、何度かの試運転を経て2008年12月23日より改めて土休日ダイヤでの営業運転を再開した[20]
    • ドアの位置が既存車両と異なるため、本系列独自の乗車口マークが各ホームに設置されたほか、発車標や一部駅の時刻表では本系列運用時に「14両」と表記された。
    • E233系への置き換え対象からは唯一外れておりE233系導入後も継続して京葉線で使用するとされているが、2011年10月1日の運用改訂で再度運用から外れていた(実際には改訂以前より他車種による代走となっていた)。
    • 2014年4月2日付で廃車となった。

運賃計算の特例

東京駅 - 蘇我駅間には、総武本線・外房線との間に経路特定区間が設定されている。この区間を経由する場合は総武本線・外房線経由で運賃計算を行い、いずれの経路を経由することも(乗車券が101km以上、かつ東京近郊区間相互発着ではない場合は)経路上で途中下車をすることも可能である。

また、電車大環状線通過の規定により、蘇我駅以遠(鎌取駅浜野駅方面)と三河島駅以遠(南千住駅方面)・川口駅以遠(西川口駅方面)・北赤羽駅浮間舟渡駅方面)・大久保駅以遠(東中野駅方面)のいずれかとの相互発着の場合は、本千葉駅新小岩駅(外房線・総武本線)経由の上、錦糸町駅 - 秋葉原駅 - 日暮里駅赤羽駅新宿駅の経路で運賃を計算する(使用上は、京葉線を経由してもよい)。

りんかい線との関係

前述したように、京葉線と東京臨海高速鉄道りんかい線は、もともと東京外環状線建設計画の中で同時に計画された路線のため、新木場駅の蘇我寄りで線路がつながっている。りんかい線が新木場駅 - 東京テレポート駅で部分開業した際、東京臨海高速鉄道70-000形電車の検査を京葉電車区に委託していたため、同車が本連絡線を使用して行き来していた。また、八潮車両基地東京貨物ターミナル駅も容易に接続できる構造で、貨物列車も走行可能な設計になっている。そのため当初の計画通りに東京貨物ターミナルでりんかい線が接続された場合には「京葉線 - りんかい線 - 東京貨物ターミナル - 東海道貨物線」といった貨物列車や東海道貨物線を経由して横浜駅方面への東海道本線への直通旅客列車の運行が可能となる。現状でも「(内房線・外房線・武蔵野線) - 京葉線 - 新木場駅 - りんかい線 - 大崎駅 - 山手貨物線埼京線川越線」、さらに新宿駅から中央本線東北貨物線の使用によって高崎線東北本線との直通列車の運行が物理的には可能となっている[21]

なお、乗客が特定の団体客に限られ、普通乗車券やSuicaなどの乗車カードの運賃処理の問題がない団体列車などではりんかい線を介した直通列車が運転されることがある。

2012年3月6日 - 9日幕張メッセにおける「第37回国際食品・飲料展」 (FOODEX JAPAN 2012) 開催にあたり、FOODEX主催者である日本能率協会が招待客用に特別列車をチャーターする形で直通運転が実現した。新宿駅からりんかい線に乗り入れ幕張メッセの最寄り駅の海浜幕張駅までを結ぶ特別列車が1日1本だけ運行されたが、りんかい線経由で海浜幕張駅までJR東日本の列車が走ったのは初めてであった。千葉県、千葉市等関係機関は、実績を積み上げ、定期的な直通運転を実現させるための要請を強化する方針としている[22][23][24]

旅客がりんかい線を介してJR線を乗り継ぐ場合、通過連絡による前後のJR線距離を通算した連絡乗車券が発売されていないため、現状の普通乗車券やSuicaなどの乗車カードでは接続駅となる大崎駅・大井町駅・新木場駅で運賃が別に加算され、距離の割りに割高になる。「休日おでかけパス」などの東京周辺のJR線を自由に乗り降り可能な特別企画乗車券では、りんかい線やJR東日本が傘下に入れた東京モノレールも対象に加えるようになったものが多い。

沿線概況

東京湾岸を走ることにより、強風など気象条件に弱い。海岸沿いの高架線を走るため、海風の影響を強く受け、強風などの荒天の時は運転中止やダイヤの大幅な乱れに見舞われやすい。このため、沿線では強風対策を求める声が上がり、2007年に一部の高架橋の海側に風対策フェンスが設置された[25][26]。さらに2010年、潮見駅 - 葛西臨海公園駅間の両側と二俣新町駅 - 南船橋駅間の海側で、新たな防風柵の設置工事を開始し[26]、2012年10月31日から全面的に使用を開始している[25][27]。JR東日本千葉支社によれば、防風柵設置後は、運転見合わせが設置前の約9割減となっている[28]

ダイヤが乱れた時は武蔵野線との直通運転を中止し、同線用の8両編成(車体はオレンジ+茶帯)の電車が京葉線内の東京駅 - 西船橋駅間のみで運用され、赤帯の205系10両編成なども西船橋駅まで運用されることがあり、これらも通常は使用されない「西船橋」の行き先表示を持っている。

京葉線は周辺にほかの鉄道路線がないエリアを走行しているため、運転を見合わせると代替交通手段がなくなる。以前には、送電障害が生じた際に交通手段がなくなったため、最も近くても3km程度離れている東京メトロ東西線葛西駅浦安駅行徳駅南行徳駅に利用客が殺到したことがある。

本線(東京駅 - 蘇我駅間)

東京駅 - 新木場駅間

東京駅の京葉線ホームは、東海道新幹線八重洲南乗り換え口コンコースから約300m南、東京都道406号皇居前鍛冶橋線鍛冶橋通り)の直下の地下にあり、1974年に成田新幹線が着工された際、日本鉄道建設公団により建設が開始された[29]東京駅の場所に位置する。新幹線の工事凍結後、東京駅についてはJR東日本により工事が開始され、京葉線の駅として完成した[30][31]

各新幹線やほかの在来線ホームと離れた場所にあり、ほかの路線との乗り換えに徒歩で10 - 15分程度を要するため、途中に動く歩道が設置されている。

東京駅を出ると鍛冶橋通りの直下を進む。中央区に入ると首都高速八重洲線(地下)を潜って右へカーブして南東を向き、東京メトロ銀座線都営地下鉄浅草線(共に地下)を相次いで潜る。首都高速都心環状線と交差すると左へカーブして東を向き、東京メトロ日比谷線が接続する八丁堀駅に至る。同駅は東京駅の補完的役割も果たしている。駅周辺は東京マツダ麒麟麦酒の本社が所在する典型的なオフィス街である。

八丁堀駅を出ると右へカーブして鍛冶橋通りから分かれ亀島川を潜る。カーブを抜けて南東を向くと隅田川と晴海運河を潜って江東区に入り、都営地下鉄大江戸線(地下)を跨ぐと越中島駅に至る。東京23区内のJR駅で最も利用客数が少ない駅だが、駅直上に東京海洋大学越中島キャンパスがあるため、大学生の利用がある。越中島駅は、大江戸線の月島駅門前仲町駅との間の線路のすぐ近くにあるが、大江戸線には越中島駅はない。

越中島駅を出ると道路の直下を通り、左へカーブして汐浜運河平久川を相次いで潜る。カーブを抜け東を向くと首都高速9号深川線と交差し地上に出る。このトンネルの出口は東京支社と千葉支社の境界でもある。ここまでの区間は成田新幹線用に検討された用地を活用して建設された区間で、同新幹線はこのまま東進して東京メトロ東西線に並行する予定であった。京葉線は越中島貨物駅の横を通り、高架を上りながら右へカーブして南東を向き汐見運河を渡って潮見駅に至る。駅周辺は駅開業前は倉庫や造船所、鉄工所といった典型的な準工業地域だったが、駅開業を機に集合住宅開発が急速に進行し、現在は集合住宅や大型商業施設が混在する地域となっている。

汐見運河東雲北運河の合流地点に架橋された橋梁を渡る電車(2009年8月8日撮影)

潮見駅を出ると右へカーブして南を向き、右側の潮見GATE SQUAREを過ぎると曙運河を高い高架で渡る。この高い高架からは右手に辰巳の森海浜公園と丸太が貯留されている広大な新木場を、左手に夢の島を見渡すことができる。東京辰巳国際水泳場が見えると左へカーブし、大規模なトラス橋で曙運河と国道357号東京湾岸道路)、首都高速湾岸線を跨ぎ、カーブを抜けて東を向き右手から東京臨海高速鉄道りんかい線東京メトロ有楽町線が合流して新木場駅に至る。駅南側は駅名の通り木材関連企業が多いが、近年は開発が進みNECソリューションイノベータの本社など大企業のオフィスも軒を連ねるようになったほか、駅北側はスポーツ公園や熱帯植物園のある都立夢の島公園となっている。

新木場駅 - 新浦安駅間

新木場駅を出ると、国道357号(東京湾岸道路)と首都高速湾岸線と並行して進む。間もなく高架を下り、一層下の東京臨海高速鉄道りんかい線の連絡線と合流する。この連絡線は京葉線と東京臨海高速鉄道りんかい線が共に東京外環状線の一部として計画された名残で、現在定期列車は運転されておらず、京葉線 - 埼京線方面の一部の団体列車などがこの連絡線を使用する[32]。右へカーブすると右手に東京地下鉄新木場車両基地の引き込み線が分かれ、荒川放水路)を渡る。この橋梁は荒川と中川の河口に架橋されており、右側には東京湾が広がる。荒川を渡ると江戸川区に入り、左側の首都高速葛西ジャンクション、右側の葛西臨海公園付近を過ぎると右へカーブし南東を向き葛西臨海公園駅に至る。駅南側の葛西臨海公園は行楽地として賑わっているのに対し、駅北側は東京都下水道局葛西水再生センターがあるほか、工場や倉庫が立ち並んでいる。

葛西臨海公園駅を出ると旧江戸川を渡る。この橋梁も旧江戸川の河口に架橋されている。旧江戸川を渡ると千葉県浦安市に入り、国道357号(東京湾岸道路)と首都高速湾岸線が分かれ東京ディズニーリゾートの最寄駅である舞浜駅に至る。駅南側は舞浜リゾートラインディズニーリゾートラインリゾートゲートウェイ・ステーション駅などディズニー関連施設が多く、一方駅北側は京成不動産が開発した住宅街が広がっている。

舞浜駅を出ると左へカーブして見明川を渡る。カーブを抜けて北東を向くと工場街や住宅街の中を進み、境川を渡って新浦安駅に至る。駅周辺は都市基盤整備公団(現在の都市再生機構)や民間企業によって整備されたオフィスや集合住宅、大型商業施設が軒を連ねており、東京メトロ東西線浦安駅とともに浦安市の中心市街地を形成している。

新浦安駅 - 海浜幕張駅間

新浦安駅を出ると左へカーブして猫実川を渡って市川市に入り、三番瀬と左側の工場街に沿って進む。右手から三番瀬が離れると市川塩浜駅に至る。駅周辺は典型的な工業地域だが、駅北西は特別緑地保全地区に指定され、宮内庁新浜鴨場と市川野鳥の楽園がある。また駅近くにはamazon日本法人の物流拠点の一つであるアマゾン市川フルフィルメントセンターがある。

市川塩浜駅を出ると右へカーブして北東を向き、左手から再び国道357号(東京湾岸道路)と首都高速湾岸線が並行する。運河を渡って右へカーブすると江戸川(放水路)と運河を相次いで渡る。運河を渡ると高谷支線を分けて高架を上り、並行していた首都高速湾岸線が東関東自動車道に名称を変える。真間川を渡ると高架を下り左手に一層下の高谷支線が分かれ、右にカーブして運河を渡り二俣新町駅に至る。駅ホーム東端で左手から合流した二俣支線の高架を潜る。駅周辺は市川塩浜駅同様工業地域であり、駅北側に防衛省の宿舎などがある以外は工場や倉庫が立ち並んでいる。

二俣新町駅を出ると右へカーブして二俣川を渡って船橋市に入る。高架を上り一層上の二俣支線と合流し、高架を下りて南海神川を渡ると両手に住宅街が広がり、海神川海老川を相次いで渡ると右へカーブして南船橋駅に至る。駅北西にはららぽーとTOKYO-BAY、駅北側には船橋競馬場がある。駅南側は駅南西に船橋オートレース場があるほかは集合住宅が立ち並んでいるが、現在は駅南西にあったららぽーとスキードームSSAWS跡地の再開発で開店したイケア船橋がある。

南船橋駅を出ると習志野市に入り、右へカーブしながら谷津干潟を高架で渡っていく。谷津干潟を渡ると左へカーブして南東を向き、右側の工場街に沿って進み、市街地に入って新習志野駅に至る。駅周辺は駅開業前は駅北側に習志野市秋津公園サッカー場がある以外は空き地が目立ち閑散としていたが、近年は開発が進み商業施設や住宅が軒を連ねている。

新習志野駅を出ると菊田川を渡り、左側の香澄公園に沿いながら下り線が高架から地上に下りる。左手に国道357号(東京湾岸道路)と東関東自動車道が分かれ、千葉市美浜区に入る。左側の京葉車両センター、右側のイオンモール幕張新都心に沿って進み、前方の高層ビルに近づくと再び高架を上り、浜田川を渡って市街地に入り海浜幕張駅に至る。幕張新都心の中心であり、駅周辺は幕張メッセ千葉マリンスタジアム三井アウトレットパーク 幕張を賑わいを見せ、イオングループシャープなど大企業が入る高層ビルや大型集合住宅も立ち並んでいるが、現在も一部空き地があり開発が進められている状況である。

海浜幕張駅 - 蘇我駅間

海浜幕張駅を出ると幕張海浜公園を跨いで海浜ニュータウンに入っていく。右側には街並みや景観などが西欧風に統一された幕張ベイタウンがある。花見川を渡ると住宅街の中を進み検見川浜駅に至る。駅周辺は集合住宅が立ち並ぶ一方で美浜区の行政の中心であり、美浜区役所のほか郵便局や消防署、警察署などの公共施設が多い。

検見川浜駅を出ると住宅街の中を進む。左へカーブして草野水路を渡って東を向き稲毛海岸駅に至る。駅周辺は海浜ニュータウンで最初に入居が開始された地域で現在は海浜ニュータウンの中心となっており、商業施設が多く大型集合住宅も軒を連ねている。

稲毛海岸駅を出ると右へカーブして南東を向く。右側の高層住宅群はパイロット・ハウスといい、建設省(現在の国土交通省)などが主催して行われた将来住宅コンクールに出展されたものである。カーブを抜けたところが新港信号場となり、黒砂水路を渡ると上下本線が高架から地上に下り、右手に自動車学校や商業施設などが続く。ここは千葉貨物ターミナル駅の跡地である。新港信号場の下り待避線が高架構造となっているのは、この下り待避線は元々上り本線として使用されており、下り本線から千葉貨物ターミナル駅への入場分岐線の設置計画があったため、上り本線と入場分岐線の交点を立体交差としたものである。下り待避線が高架を降りて合流し、跨線橋を潜ると再び高架を上り中央区に入って千葉みなと駅に至る。駅東側と南側は千葉市の行政の中心であり、千葉市役所のほか警察署や郵便局などの公共施設が多い。駅南西には千葉港があり工場や倉庫が立ち並ぶ地域となっているが、駅南側に千葉ポートパーク千葉ポートタワーなどがあり賑わっているほか、駅周辺の空地も開発が進められている。

千葉みなと駅を出ると左に千葉都市モノレール1号線が分かれ、右側の千葉港近くを過ぎると左へカーブして東を向く。右へカーブして南を向くと三度国道357号(東京湾岸道路)と並行し、都川を渡る。右側のJFEスチール東日本製鉄所付近で左へカーブし南東を向いて国道357号を跨いで右手に分かれ、右へカーブし再び南を向き左手に外房線が合流して高架から地上に下り蘇我駅に至る。駅周辺は元々川崎製鉄(現在のJFEスチール)の企業城下町であり現在もJFEスチール関連施設が多いが、近年は再開発も進められており、フクダ電子アリーナハーバーシティ蘇我などの大型商業施設がある。

京葉線は蘇我駅が終点となっているが、一部の旅客列車は内房線外房線に、貨物列車は京葉臨海鉄道臨海本線に直通する。

支線(市川塩浜駅 - 西船橋駅間・西船橋駅 - 南船橋駅間)

市川塩浜駅 - 西船橋駅間は「高谷支線」、西船橋駅 - 南船橋駅間は「二俣支線」とも呼称される。両支線の名称は、本線から分岐する地点がそれぞれ高谷二俣である事から名付けられている。ただし上記の通り、二俣にある二俣新町駅には二俣支線のホームが設置されていない。

高谷支線は市川塩浜駅を出るとしばらくの間本線上を進む。江戸川(放水路)と運河を渡ると本線から分かれ、左側の首都高速市川ジャンクション付近で高架を下っていく。真間川を渡り、前方に二俣新町駅が見えると左へカーブして一層上の本線から分かれ、高架を上りながら国道357号東京湾岸道路)と東関東自動車道を跨ぐ。カーブの途中で右に二俣支線が現れ、カーブを抜けて北を向くと一層上の二俣支線が高架を下って合流し、京葉道路と二俣川を相次いで跨いで船橋市に入ると西船橋駅に至る。総武線各駅停車東京メトロ東西線東葉高速鉄道東葉高速線が接続する千葉県内の主要駅の一つであり、駅周辺は大型集合住宅などが増えている。西船橋駅の京葉線ホームは他線のホームの上で直交する南北方向に建設され、大半の列車はそのまま武蔵野線に直通する。

一方、二俣支線で西船橋から向かう場合は、上記の高谷支線のルートを逆に進んだ後、分岐点で左側にカーブして進む。東関東自動車道と湾岸道路に挟まれた空間を高架で抜けると右側に二俣新町駅が見え、駅前ロータリーの前を通過するが、ホームは設置されていないためそのまま通過する。二俣新町駅の先で本線に合流し、そのまま本線上を進んで南船橋駅に至る。

データ

路線データ

  • 管轄(事業種別)
  • 路線距離(営業キロ):本記事の冒頭参照
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:18(起終点駅および西船橋駅を含む)
    • 京葉線所属駅に限定した場合、東海道本線所属の東京駅、外房線所属の蘇我駅、総武本線所属の西船橋駅[33]が除外され、15駅となる。
  • 複線区間:全線
  • 複々線区間:支線分岐点 - 西船橋駅間
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:(複線)自動閉塞式
  • 保安装置:ATS-P
  • 最高速度:100km/h
  • 運転指令所:千葉総合指令室(京葉指令「拠点制御式CTC[34]
    • 運転取扱駅(駅が信号を制御、運行を管理):蘇我駅
    • 準運転取扱駅(異常時、入換時は駅が信号を制御):東京駅・新習志野駅・西船橋駅

千葉みなと駅 - 蘇我駅間を除く区間が旅客営業規則の定める「電車特定区間」に指定されている。また全線が同規則の定める大都市近郊区間の「東京近郊区間」、およびIC乗車カードSuica」の首都圏エリアに含まれている。

駅一覧

京葉線の駅と快速停車駅・接続路線・所在地などを一覧として以下に示す。

  • 特定都区市内制度適用範囲の駅 : [山]東京山手線内[区]=東京都区内
  • 停車駅
    • 各駅停車(武蔵野線直通列車を含む):すべての旅客駅に停車
    • 快速・通勤快速:●印の駅は停車、|印の駅は通過、∥印の駅は経由しない
    • 特急:「わかしお (列車)」「さざなみ (列車)」参照
  • 接続路線 : 東日本旅客鉄道の路線名は運転系統上の名称(正式路線名とは異なる)。駅名が異なる場合は⇒印で駅名を示す。
駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 快速 通勤快速 接続路線・備考 所在地
[区][山] 東京駅 - 0.0 東日本旅客鉄道東北新幹線山形新幹線秋田新幹線上越新幹線長野新幹線中央線山手線京浜東北線東海道線総武線(快速)横須賀線
東海旅客鉄道東海道新幹線
東京地下鉄丸ノ内線
東京地下鉄:東西線大手町駅
東京地下鉄:千代田線二重橋前駅
東京地下鉄:有楽町線有楽町駅
東京都 千代田区
[区] 八丁堀駅 1.2 1.2 東京地下鉄:日比谷線 中央区
[区] 越中島駅 1.6 2.8   江東区
[区] 潮見駅 2.6 5.4  
[区] 新木場駅 2.0 7.4 東京臨海高速鉄道りんかい線
東京地下鉄:有楽町線
[区] 葛西臨海公園駅 3.2 10.6   江戸川区
舞浜駅 2.1 12.7 舞浜リゾートラインディズニーリゾートラインリゾートゲートウェイ・ステーション駅 千葉県 浦安市
新浦安駅 3.4 16.1  
市川塩浜駅 2.1 18.2   市川市
西船橋駅 5.9 24.1 東日本旅客鉄道:武蔵野線総武線(各駅停車)
東京地下鉄:東西線
東葉高速鉄道東葉高速線
京成電鉄本線京成西船駅
船橋市
二俣新町駅 4.4 22.6 (駅間営業キロは市川塩浜駅とのもの) 市川市
南船橋駅 3.4 26.0 (西船橋駅 - 南船橋駅間の営業キロは5.4km) 船橋市
新習志野駅 2.3 28.3   習志野市
海浜幕張駅 3.4 31.7   千葉市
美浜区
検見川浜駅 2.0 33.7  
稲毛海岸駅 1.6 35.3  
新港信号場 - -  
千葉みなと駅 3.7 39.0 千葉都市モノレール1号線 千葉市
中央区
蘇我駅 4.0 43.0 東日本旅客鉄道:内房線外房線
京葉臨海鉄道臨海本線(貨物線)

廃駅

各駅について

開通当時はみどりの窓口を省略した駅が多かった。東京開通時点では越中島駅・潮見駅・葛西臨海公園駅・市川塩浜駅 - 新習志野駅間・千葉みなと駅が該当した。そのためこれらの駅では100km超の乗車券が発売できず、「1,750円以上のきっぷは1,590円のきっぷをお求めになり着駅または車内で精算してください」と掲示されていた。

東京駅・八丁堀駅・越中島駅の地下区間3駅と蘇我駅をのぞき、首都圏の多くの線区で導入されていたような発車メロディは長い間導入されず、電子ベルを使用している駅が多く存在していた。しかし、2004年6月14日に舞浜駅にディズニーのメロディが、2005年3月26日には海浜幕張駅に千葉ロッテマリーンズ応援歌のメロディなどご当地ソングが導入され、2006年8月25日には利用者の増加から、新浦安駅テイチク製の発車メロディが導入された。その後、老朽化した放送機器の更新を兼ねて2007年3月10日(千葉みなと駅)から同年3月25日(潮見駅)にかけて、ほかの電子ベル使用駅についても順次発車メロディが導入され、すべての駅で導入されている。発車メロディの一部はこの路線でしか採用していないものもある。

新駅設置計画

2013年現在、新習志野駅 - 海浜幕張駅間のイオンモール幕張新都心付近(千葉市美浜区)[35]と、千葉みなと駅 - 蘇我駅間のフェスティバルウォーク蘇我付近(仮称・寒川新駅、千葉市中央区[36]に新駅を設置する構想が存在する。特に、後者については新駅予定地に「花の駅そが」が作られている。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 公共交通の「快適性・安心性評価指標」について (PDF) - 国土交通省 総合政策局 安心生活政策課 2007年12月4日
  2. ^ 武蔵野線湖西線と同ランク
  3. ^ http://www2u.biglobe.ne.jp/~kishimen/keiyo2.html
  4. ^ a b c http://blog.livedoor.jp/vivit_2012/archives/3949282.html
  5. ^ 同区間はこれまでは貨物線であり、線路ができていても貨物列車や回送列車、稀に団体列車や臨時列車が走るのみで、駅や車内、市販の時刻表では路線図に当日まで記載がなく、旅客運賃も千葉・蘇我方面へは西船橋経由で計算されていた。
  6. ^ JR京葉線:運転再開 11万8千人に影響 - 毎日新聞 2009年7月30日
  7. ^ a b E233系5000番台が営業運転を開始 - 『鉄道ファン交友社 railf.jp鉄道ニュース 2010年7月2日
  8. ^ E655系を使用したお召列車が内房線・京葉線で運転される - 鉄道ファン(交友社)「railf.jp」鉄道ニュース、2010年9月28日
  9. ^ 京葉線、車両故障で4時間停止 1500人が線路を移動 - 朝日新聞 2012年11月28日
  10. ^ JR京葉線停止、原因はヒューズ切れ 車両の電気回路 - 朝日新聞 2012年11月28日
  11. ^ 2010年12月ダイヤ改正について - 東日本旅客鉄道千葉支社プレスリリース 2010年9月24日付、2013年5月8日閲覧 (PDF)
  12. ^ 2010年3月 ダイヤ改正について - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2012年12月18日付、2013年4月21日閲覧 (PDF)
  13. ^ 2013年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道千葉支社プレスリリース 2012年12月21日
  14. ^ これは、快速の本数が平日は30分間隔なのに対し、土曜・休日は平日の倍の15分間隔に増発されるのに伴い、一部の快速が途中駅で特急の待避を行うこととなったためと待避をしない電車も運転間隔の均等化を図るために時間調整などをしたためである。2003年の改正で同時間帯の特急を待避しない快速において若干のスピードアップが図られた(48分 → 46分)。
  15. ^ 「京葉線にE233系電車を来年から導入」、『鉄道ピクトリアル』第59巻第11号、電気車研究会、2009年11月、 p. 24、 ISSN 0040-4047
  16. ^ 『鉄道ダイヤ情報 2009年11月号』交通新聞社 P71
  17. ^ 209系500番台,京葉線で営業運転を開始 - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp鉄道ニュース 2008年12月3日
  18. ^ 201系ケヨ72編成,長野へ - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp鉄道ニュース 2009年2月5日
  19. ^ ネコ・パブリッシング「レイルマガジン」2012年1月号記事「さよなら「田窓」電車205系量産先行車」参照
  20. ^ E331系の運転再開について (PDF) - 東日本旅客鉄道千葉支社プレスリリース 2008年12月19日
  21. ^ 具体的路線〈22〉〈23〉〈27〉 (PDF)”. 東京圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について(答申). 国土交通省 (2000年1月27日). 2009年10月23日閲覧。
  22. ^ 幕張メッセ、集客力強化 新宿から直行列車、高速バス新設も - 日本経済新聞、2012年3月7日。
  23. ^ 乗り換えなし臨時電車 - 読売新聞、2012年3月7日。
  24. ^ JR京葉線:新宿-海浜幕張を直通、りんかい線経由で臨時運転 県など定期化期待 /千葉 - 毎日新聞、2012年3月7日。
  25. ^ a b 「新設防風柵が完成 京葉線 運転中止回数を大幅減へ JR千葉支社」 『交通新聞』 2012年10月22日付け、3面。
  26. ^ a b “京葉線の防風柵設置について” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道千葉支社, (2010年6月11日), http://www.jrchiba.jp/news/pdf/20100611bofusaku.pdf 
  27. ^ “京葉線の防風柵完成について” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道千葉支社, (2012年10月17日), http://www.jrchiba.jp/news/pdf/20121017bohusaku.pdf 
  28. ^ 「JR京葉線で防風柵効果 運転見合わせ約9割減」『毎日新聞』 2013年5月27日付け朝刊、6面。
  29. ^ 『鉄道ピクトリアル』1975年8月号、1976年10月号、1977年9月号 電気車研究会
  30. ^ 鉄道ジャーナル 1988年3月号』鉄道ジャーナル社
  31. ^ 京葉線東京駅の建設の経緯については、「新幹線用として完成していたホームを流用した」とする文献(『新幹線発達史』イカロス出版、『新線鉄道計画徹底ガイド 新幹線編』川島令三著 山海堂)がある一方で、「新幹線の規格で設計された」とする文献(『新幹線がわかる事典』原口隆行著 日本実業出版社、『〔図解〕新説 全国未完成鉄道路線――謎の施設から読み解く鉄道計画の真実』川島令三著)が存在する。
  32. ^ 東京テレポート - 新木場間暫定開業時は、車両の保守を京葉電車区で行うための回送ルートとして活用されていた。千葉市内の中学校の修学旅行などで長野方面へ向かう場合にも利用されることがあり、複数校が同一方面へ向かう場合は団体列車に相乗りすることもある。
  33. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年 ISBN 978-4533029806
  34. ^ CTCの下位に拠点駅装置が設けられており、CTC使用不能時に拠点駅で複数駅の信号制御が可能である。拠点駅は東京駅(東京駅 - 新浦安駅間)、新習志野駅(市川塩浜駅 - 新習志野駅間および高谷支線、二俣支線)、蘇我駅(海浜幕張駅 - 蘇我駅間)。
  35. ^ 京葉線新駅「前向き検討」イオンなど立地企業要望で JR千葉支社長 - 千葉日報、2013年12月21日。
  36. ^ 蘇我特定地区 整備状況図 - 千葉市 都市局都市部まちづくり推進課臨海地域再整備室

関連項目