印西市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いんざいし
印西市
千葉ニュータウン中央駅周辺.JPG
Flag of Inzai Chiba.JPG
印西市旗
Inzai Chiba chapter.JPG
印西市章
1980年11月1日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
団体コード 12231-9
面積 123.80km²
総人口 91,602
推計人口、2014年5月1日)
人口密度 740人/km²
隣接自治体 柏市我孫子市白井市
八千代市佐倉市成田市
印旛郡栄町酒々井町
茨城県北相馬郡利根町
市の木 サクラ
市の花 コスモス
他のシンボル 市の鳥:メジロ
市の魚:ナマズ
印西市役所
所在地 270-1396
千葉県印西市大森2364番地2
北緯35度49分56.3秒東経140度8分44.6秒
Inzai city hall.JPG
外部リンク 印西市

印西市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

印西市(いんざいし)は、千葉県北西部に位置する面積123.8km², 人口約9万1千人の。印西市と周辺2市に広がる「千葉ニュータウン」があり、市民の約6割がこの地域に住む。市政施行直前には全国で最も人口の多い町となり、印西市文化ホール(市役所隣)前には全国町村人口日本一の記念碑が建てられている。東京都特別区部への通勤率は24.2%(平成22年国勢調査)。

全国の市を対象に公表される「住みよさランキング」(東洋経済)では印西市は総合評価で全国1位(2012,2013,2014年)に3年連続でランクインする。

概要[編集]

地理[編集]

東京の都心から約40km, 千葉市から約20km, 成田国際空港から約15kmに位置する。面積は123.80km²。三方を利根川印旛沼手賀沼に囲まれた水と緑豊かな市。周辺の佐倉市四街道市白井市八街市成田市富里市酒々井町栄町と合わせて「印旛地域」と称される。

地形[編集]

千葉県北部に位置し、標高20から30メートル程度の平坦な下総台地利根川印旛沼手賀沼などからなる周辺の低地により構成されている。台地と低地部の境には、低地部から台地に入り込む浸食谷や、谷津と呼ばれる地形が広がる。地質は、台地上は洪積層に属し関東ローム層からなっており、低地部は沖積層に属し一般に肥沃な土地が広がっている。 土地利用は台地上は主に畑や山林として利用されてきたが、近年は強固な地盤であることから、千葉ニュータウンをはじめとした市街地が広がっている。低地部は豊かな水に恵まれ水田として利用されてきた。現在も谷津田など、緑豊かな田園風景が見られる。

自然

全て利根川水系の河川であり、本流は市北端を流れている。

池沼

隣接する自治体[編集]

隣接する自治体のうち、利根町とは直接的な往来はできない。我孫子市または栄町を経由する必要がある。千葉県で他県と接していながら直接的な往来ができない自治体は印西市のみである。また、千葉ニュータウン中央駅の西隣の小室駅船橋市にあるため船橋市と隣接していると思われがちだが、実際には白井市を挟んでいるため隣接していない。

歴史[編集]

江戸時代は利根川の水運が盛んで、物資移送や香取神宮鹿島神宮息栖神社の三社詣などで木下街道付近にあった木下河岸が栄えた。

人口[編集]

Demography12231.svg
印西市と全国の年齢別人口分布(2005年) 印西市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 印西市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
印西市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 28,011人
1975年 28,862人
1980年 29,970人
1985年 35,745人
1990年 55,131人
1995年 72,278人
2000年 79,780人
2005年 81,102人
2010年 88,146人
総務省統計局 国勢調査より
  • 世帯数は31,740世帯[2](2010年3月末現在)。

行政[編集]

市長 : 板倉正直(いたくら まさなお)、2012年7月28日就任(1期目)

初代市長は、伊藤利明(元印西町長、1996年、1期、市制直後に在職中急逝)。

2代目市長は、海老原栄(1996年 - 2004年、2期、市長退任後に急逝)。

3代目市長は、山﨑山洋(やまざき・さんよう、﨑の正字は『崎』)(2004年 - 2012年、2期)。

2012年7月8日、印西市長選挙の投開票が行われ、市(町)議を10期務めた板倉が現職の山崎を破り初当選、4代目市長となる。初登庁は同月30日。

行政機関[編集]

役所[編集]

  • 印西市役所
  • 印旛支所
  • 本埜支所
  • 中央駅前出張所
  • 牧の原出張所
  • 小林出張所
  • 船穂出張所
  • 滝野出張所
  • 岩戸出張所
  • 平賀出張所

消防[編集]

  • 印西地区消防組合 - 白井市及び本市で構成されている。
    • 印西地区消防組合消防本部
      • 牧の原消防署
      • 印旛消防署
      • 本埜消防署
      • 印西西消防署
      • 印西消防署

警察[編集]

  • 印西警察署
    管内は、印西市・白井市並びに印旛郡栄町の一部(布鎌地区)。

広域行政[編集]

  • 印旛郡市広域市町村圏事務組合
    佐倉市、四街道市、白井市、八街市、成田市、富里市、印旛郡酒々井町、栄町及び本市の7市2町で構成されている。
  • 印西地区環境整備事業組合
    白井市、印旛郡栄町及び本市の2市1町で構成されている。
  • 印旛利根川水防事務組合
    八千代市、白井市、佐倉市、四街道市、成田市、印旛郡酒々井町、栄町及び本市の6市2町で構成されている。
  • 印西地区衛生組合
    印旛郡栄町と本市で構成されている。
  • 長門川水道企業団
    印旛郡栄町と本市で構成されている。

県の機関[編集]

  • 千葉県企業庁地域整備部ニュータウン・内陸建設事務所
  • 千葉県水道局船橋水道事務所千葉ニュータウン支所
  • 千葉県手賀沼土地改良区

市町村合併[編集]

2003年、印西市・白井市印旛郡印旛村本埜村の2市2村の合併が検討され、2003年4月1日には「印西市・白井市・印旛村・本埜村合併協議会」が設立されていたが、2004年7月の白井市で行われた住民投票で反対票が過半数をしめ、合併計画は白紙となった。詳しくは、北総市を参照。

その後、2008年に印西市・印旛村・本埜村の1市2村の枠組みで、市町村の合併の特例等に関する法律(新合併特例法)の期限である2010年3月末までの合併に関する話合いを行うために、2008年10月24日に合併問題懇談会が、それぞれの市村の長及び議会議員の代表により構成され設置された。そして、2009年1月9日には合併協議会[3]が設置された。

合併の期日は2010年平成22年)3月23日、合併方式は印西市に印旛村・本埜村を編入する編入合併、新市の名称は「印西市」とすることで合意したが、本埜村の小川利彦村長(当時)が、「現時点で合併の必要を感じていない」などと発言し、実現性が不透明な状態となった。混乱の末、2009年12月に小川村長のリコールが成立し、これを受けて合併申請が行われ、2010年3月5日総務省告示第73号で合併が決定した。これにより、予定通り2010年3月23日に「新・印西市」が誕生することになった。

条例[編集]

2008年1月15日歩行喫煙、ポイ捨て等防止条例が施行となり、千葉ニュータウン中央駅周辺が重点区域に指定された。指定喫煙場所以外の喫煙・空き缶などのごみのポイ捨ての違反者に対し命令に従わない場合、同年4月1日から過料徴収を実施している。

立法[編集]

印西市議会

  • 定数:24名
  • 任期:2011年(平成23年)4月30日 - 2015年(平成27年)4月29日
  • 議長:渡邊正一 (無会派、3期)
  • 副議長:小川義人 (北総志政会、3期)
会派名 議席数 議員名(◎は代表者)
北総志政会 5 ◎藤代武雄、近藤瑞枝、酢﨑義行、中澤俊介、小川義人
新政 3 ◎板橋睦、海老原作一、軍司俊紀
昴(すばる) 3 ◎松本多一郎、岩崎成子、松尾榮子
公明党 2 ◎橋本和治、浅沼美弥子
市民 2 ◎雨宮弘明、山本清
ひびき 2 ◎小川勇、金丸和史
無会派 5 大塚輝男、國嶋久善、上條公司、山田喜代子、渡邊正一
22

※2011年の選挙の直後の同年5月11日、市議の出山国雄が公職選挙法違反で逮捕される。出山は5月18日に辞職し、次点の上條公司が繰り上がり当選した。2012年7月8日の印西市長選挙に、市議の板倉正直が出馬し当選。2013年3月19日、自治会費横領の疑いで刑事告訴されていた市議の齋藤光彦が辞職。

※2014年4月1日現在、板倉と齋藤の辞職により市議会は「欠員2」である。

商業[編集]

千葉ニュータウンの開発により多くの企業が進出した。千葉ニュータウン中央駅および印西牧の原駅周辺は、印西市における経済産業の中心地となっている。また、関東平野の中で活断層が無く岩盤が強固[4]とされることから、防災上の理由で多くの金融機関が千葉ニュータウン内に事務センターを配置している。

市内に事務センターを置く主な金融機関[編集]

企業[編集]

市内の主な大型商業施設[編集]

地域[編集]

千葉ニュータウン中央・印西牧の原地区[編集]

木下地区[編集]

  • 木下町。市の北西部に位置し、市役所や警察署が所在する行政の中心地。古くからの町並みが残る旧市街地であり、利根川および木下街道に沿って発展している。

印旛地区[編集]

  • 市の東南部に位置し、旧・印旛村地区にあたる。北総エリアの基幹病院である日本医科大学千葉北総病院があり、印旛日本医大駅を中心とした千葉ニュータウン「いには野」地区では宅地化が進行する。一方で谷津田をはじめ自然も多く残されており、樹齢300年を超える「吉高の大桜」や「ナウマン像発掘」の地などの観光名所がある。

本埜地区[編集]

  • 市の北東部に位置し、旧・本埜村地区にあたる。北印旛沼に面して水田が広がり、冬には越冬のために800羽を越す白鳥が飛来する。印西牧の原駅北側の千葉ニュータウン「滝野」地区では宅地化が進行する。また、成田空港に近いため、近年国道464号線の沿道のみどり台などには研究所物流センターなどの進出が目立つ。

主な住宅団地[編集]

UR都市機構(旧住宅・都市整備公団)により開発された住宅団地のほか、民間のデベロッパーにより複数の大規模住宅団地が開発されている。

  • 小林団地
  • アバンドーネ原
  • 原山団地
  • 高花団地
  • 内野中央団地
  • 内野東団地
  • 内野西団地
  • 内野南第一団地
  • 内野南第二団地

教育[編集]

大学[編集]

全3校

中等教育学校[編集]

高等学校・専門学校等[編集]

全2校

市立中学校[編集]

全9校

廃校[編集]

市立小学校[編集]

全20校

※このほかにも、千葉ニュータウン21住区(牧の原地区)に小学校が開校される予定である。

廃校[編集]

特別支援学校[編集]

幼稚園[編集]

公立[編集]

  • 大森幼稚園
  • 瀬戸幼稚園
  • もとの幼稚園

私立[編集]

  • 天神幼稚園
  • 小林天神幼稚園
  • 印西しおん幼稚園
  • きかり幼稚園
  • 原山幼稚園
  • 西の原幼稚園

保育園[編集]

公立[編集]

  • 木下保育園
  • 大森保育園
  • 内野保育園
  • 木刈保育園
  • 高花保育園
  • 西の原保育園
  • もとの保育園

私立[編集]

  • 原山保育園
  • どんぐり保育園
  • 銀の鈴保育園
  • しおん保育園
  • 山ゆり保育園
  • 牧の原宝保育園

市立図書館[編集]

  • 大森図書館:蔵書数163,145冊
  • 小林図書館:蔵書数45,663冊
  • そうふけ図書館:蔵書数75,513冊
  • 小倉台図書館:蔵書数147,194冊
  • 印旛図書館:蔵書数 冊
  • 本埜図書館:蔵書数 冊

計 冊[5](2008年3月31日現在)

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

航空[編集]

現在の北総線「印西牧の原駅」付近に位置する印旛郡船穂村草深(そうふけ)には、1938年(昭和13年)に逓信省航空局航空機乗員養成所が創設され、民間搭乗員として大空に憧れる青年を募集した。教練、学科、体育、滑空機による操縦法を学び、初等機、中等機、高練へと進んで巣立って行った。1944年(昭和19年)には陸軍飛行第二十三戦隊印旛飛行場となった。今でも飛行機を格納する掩体壕跡を見ることが出来るが、近年の千葉ニュータウンの開発により姿を消していっている。なお西の原公園には逓信省印旛地方航空機乗員養成所跡地、陸軍飛行第二十三戦隊印旛飛行場跡地を示す平和の碑が建てられている。

付近には、印西空港農園という名称が付いた農園があるが、羽田国際空港などに植物を供給する目的の農園であり、これとは関係がない。

道路[編集]

観光[編集]

名所・旧跡[編集]

観光スポット[編集]

温泉[編集]

博物館[編集]

祭り[編集]

  • 印西よかっぺ夢まつり
  • 別所の獅子舞(宝泉院地蔵寺・地蔵堂)
  • いなざき獅子舞(和泉鳥見神社)
  • ほくそう春まつり(千葉ニュータウン中央駅周辺)

催事[編集]

  • 東日本実業団対抗駅伝競走大会(2007年まで)
元日に行われる全日本実業団駅伝の予選会を兼ねていて、テレビ中継(録画)もされていた時期もあった。
  • 関東大学女子駅伝対校選手権大会が、印西市千葉ニュ-タウン周回コ-スで2008年の第14回から開催されている。
番号 種別 名称 所在地 所有者又は管理者 指定年月日 備考
1 建造物 宝珠院観音堂 小倉1138 宝珠院 昭和9年1月30日 永禄6年頃(室町時代後期)。
2 栄福寺薬師堂 角田2 栄福寺 昭和29年9月17日 文明4年(室町時代後期)建立年代が明確な県下最古の建造物。
3 泉福寺薬師堂 岩戸1671 泉福寺 昭和52年6月27日 室町時代後期。
5 彫刻 銅造不動明王立像(1躯) 結縁寺516 結縁寺 大正3年4月17日 鎌倉時代の作品。嘉元元年九月ノ銘アリ。
6 木造薬師如来坐像(1躯) 松虫7 松虫寺 昭和34年6月27日 平安時代の作品。
7 木造薬師如来坐像(6躯) 松虫7 松虫寺 昭和34年6月27日 平安時代の作品。
番号 種別 名称 所在地 所有者又は管理者 登録年月日 登録番号 備考
1 建造物 岩井家住宅主屋(旧武蔵屋店舗) 木下1645 個人 平成19年12月05日 第12-0089号 大正3年頃。木造2階建、瓦葺、建築面積99㎡。
番号 種別 名称 所在地 所有者又は管理者 指定年月日 備考
1 天然記念物 木下貝層 木下1944ほか 平成14年3月19日 木下万葉公園内。約12~13万年前の地層。

スポーツ施設[編集]

  • 習志野カントリークラブ
1973年の第一回大会から1997年までサントリーオープンゴルフトーナメントが開催されていた。また、フィランソロピー・LPGAプレイヤーズ・チャンピオンシップの第二回・第三回(最終大会)の会場でもあった。
  • 総武カントリークラブ
1998年から、最終大会となった2007年までの間、総武ゴルフコースにおいてサントリーオープンゴルフトーナメントが開催されていた。
  • 松山下公園陸上競技場
  • 平岡自然公園
  • 成田射撃場
2013年に開かれた第68回国民体育大会スポーツ祭東京2013)では唯一の千葉県内の会場だった。

放送[編集]

CATV[編集]

市内ではらーばんねっとケーブルテレビを運営している(印旛地区・本埜地区を含む)。

名誉市民[編集]

出身著名人[編集]

印西市を舞台にした作品[編集]

印西市でロケがおこなわれた作品[編集]

※ブラックジャックによろしく、コード・ブルーはいずれも旧印旛村時代

関連項目[編集]

その他[編集]

  • かつて、法務省印旛少年院があったが、1983年に地方公共団体(千葉ニュータウン開発)へ渡財産や払い下げされ、現在は存在しない。
  • 2011年に、印西市のマスコットキャラクターが、いんザイ君[7]に決定した。
  • 東洋経済新報社が日本の都市を対象に取りまとめている都市データパック「住みよさランキング」2014年版で、印西市が「総合」第1位となり、2012年、2013年に続き、3年連続でのトップ(3連覇)を達成[8]し、住みやすさについて一定の評価を得ている。人口当たりの公園面積をもとにした「快適度」が第6位であり、「住居水準充実度」も86位と上位にある一方、保育所定員数、人口当たりの病床数、高齢者当たりの介護施設定員をもとにした「安心度」では第629位と下位であった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光