白井市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しろいし
白井市
2009-09-17-SocialInsuranceCollege.jpg
Flag of Shiroi Chiba.JPG
白井市旗
Shiroi Chiba chapter.JPG
白井市章
1981年11月1日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
団体コード 12232-7
面積 35.41km²
総人口 61,571
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 1,740人/km²
隣接自治体 船橋市柏市鎌ケ谷市
印西市八千代市
市の木 シイ
市の花 サツキ
市の鳥 ホオジロ
白井市役所
所在地 270-1492
千葉県白井市復1123番地
北緯35度47分29.3秒東経140度3分22.7秒
Shiroi city hall 2013.JPG
外部リンク 白井市

白井市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

白井市(しろいし)は千葉県の北西部に位置し、明治以来、の栽培が盛んなことで知られるである。また、読みは「しらい」ではなく「しろい」である。

概要[編集]

東京都心から25km圏内に位置する。以前は純農村地帯であったが、1979年北総線が開通し「千葉ニュータウン」への入居が開始されたことにより、ベッドタウンとして開発が進み人口が増加した。一方で、北部では豊かな自然も多く残り、都市と自然のバランスがとれた開発が進められている。住みよさランキング(東洋経済新報社)ではここ数年上位に位置する。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

  • 市町村名の由来:木下道の宿場が置かれた白井地区にちなむ。

沿革[編集]

  • 1885年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、白井橋本村、神々廻村、根村、名内村、富塚村、折立村、腹村、木村、中村、中村新田、今井新田が合併し印旛郡白井村が発足[1]。同時に隣接する谷清村と共に白井村谷清村組合村を発足。
  • 1912年(大正2年)4月1日 - 谷清村が永治村に編入されたため白井村谷清村組合村を廃止し、単独村制となる(なお、昭和30年まで千葉県下には同名の村、千葉郡白井村が存在した)。
  • 1954年(昭和29年)12月1日 - 永治村の一部(平塚と旧谷清村)を編入。
  • 1964年(昭和39年)9月1日 - 町制施行し、白井町になる。
  • 1965年(昭和40年) - 工業団地が造成される。
  • 1979年(昭和54年)3月9日 - 北総開発鉄道北総線が開通。千葉ニュータウンへの入居開始。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 市制施行し、白井市になる。

市域の変遷[編集]

1868年
以前
1872年
(明治5)
1874年
(明治7)
1875年
(明治8)
1889年
(明治22)
4月1日
1913年
(大正2)
4月1日
1954年
(昭和29)
12月1日
1964年
(昭和39)
9月1日
2001年
(平成13)
4月1日
現在
軽井沢新田 根村 東葛飾郡
鎌ケ谷村
東葛飾郡
鎌ケ谷村
東葛飾郡
鎌ケ谷村
東葛飾郡
鎌ケ谷町
鎌ケ谷市 鎌ケ谷市
白井木戸新田 白井村 白井谷清村組合村 白井村
組合村
解消
白井村 町制 市制 白井市
中木戸新田
七次村
白井橋本村
神々廻村
名内村
冨塚村
折立村
長殿村 腹村
法目村
富ヶ谷村
富ヶ沢村
所沢村 木村
野口村
中村新田 中村
中村新田
今井新田
印西牧
の一部
十余一村 谷清村 永治村
に編入
組合村
解消
白井村
に編入
谷田村
清戸村
平塚村 永治村 永治村
浦部村 印西町 印西町 印西市 印西市
小倉村
和泉村
白幡村
浦幡新田
浦部新田
高西新田

合併構想[編集]

2003年、印西市・印旛村・本埜村と2市2村の合併が検討され、2003年4月1日には「印西市・白井市・印旛村・本埜村合併協議会」が設立されていたが、2004年7月の住民投票で反対票が賛成票の倍以上を占める結果となり、合併計画は白紙となった。

人口[編集]

Demography12232.svg
白井市と全国の年齢別人口分布(2005年) 白井市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 白井市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
白井市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 10,509人
1975年 12,968人
1980年 24,974人
1985年 32,214人
1990年 37,082人
1995年 47,450人
2000年 50,431人
2005年 53,005人
2010年 60,353人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

経済[編集]

  • 主な産業:果樹栽培(耕地面積の1/3を果樹が占める)
    • ナシブドウキウイフルーツクリ
      • ナシ栽培は明治時代に始まり、現在は栽培農家数・栽培面積・生産量とも県内最大[2]
      • 1995年には、ナシを擬人化した「なし坊ファミリー」を市のマスコットキャラクターに定めている[3]

姉妹都市・提携都市[編集]

日本国外[編集]

地域[編集]

西白井・白井地区[編集]

桜台地区[編集]

北部地区[編集]

住宅団地[編集]

  • 堀込団地
  • 堀込第二団地
  • 南山団地
  • 大山口団地
  • 清水口団地

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

廃校

学校教育以外の施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

一般国道

都道府県道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 滝田家住宅(国の重要文化財)
    • 種別:有形文化財(建造物) 所在地:平塚
    • 桁行9間(17.3m)、梁間5間(10.4m)の規模を有し、寄棟(よせむね)造、茅葺屋根
  • 「清戸の泉」には、平安時代初期の竜神伝説が伝わっている。なお、白井の名前の由来(白い井戸)とされている
  • 木下道(現木下街道・県道市川印西線)の宿場、「鮮魚道(なまみち)」
  • 今井の桜
  • 秋本寺
  • 二十祭(新成人主催による成人のお祝い・地域活性を目的としたイベント 2002年~)
    • 「二十祭」は、全国的に成人式の荒れが目立った平成14年の新成人たちが、自分たちで祭りを開き、まちおこしと共に若さを思う存分発散、式典は厳粛に受けよう、と成人式の前夜祭として開いたのが最初。祭りには地域の大人たちや商業者も協力、若者たちと地域の大人との交流促進にも役立った。
    • 近年では、これまでの二十祭が、成人式前日とあって新成人らの参加が少なかったことを聞き、成人式当日午後に実施されている。
  • 三十祭(今だからできる!?大人になった私たちの文化祭!!2008年~)
    • 「人と自然の和」をテーマとした、人と地球にやさしいお祭り。
  • 天神社
  • みたらし様

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 角川日本地名大辞典より。
  2. ^ 白井市ホームページより(2010年4月閲覧)
  3. ^ 白井市 なし坊ファミリーの紹介より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光