ヤクルト本社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ヤクルト本社
Yakult Honsha Company, Limited
Yakult-logo.svg
Yakult Honsha.jpg
ヤクルト本社ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2267 1980年1月23日上場
大証1部(廃止) 2267 2007年3月10日上場廃止
略称 ヤクルト
本社所在地 日本の旗 日本
105-8660
東京都港区東新橋一丁目1番19号
(通称:汐留
設立 1949年昭和24年)1月29日(注1)
業種 食料品
事業内容 飲料及び食品製造販売事業
医薬品製造販売事業
主な製品を参照)
代表者 代表取締役社長 根岸 孝成
資本金 311億1,765万円
発行済株式総数 1億7,591万0,218株
売上高 連結:3,125億52百万円
単独:1,752億20百万円
2012年3月期)
総資産 連結:3,972億13百万円
単独:2,687億48百万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:18,563人 単独:2,936人
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 MLPFSノミニー/ダノンアジアホールディングスP 20.02%
松尚(株) 6.55%
(株)フジ・メディア・ホールディングス 3.69%
主要子会社 (株)ヤクルト球団 80.0%
ヤクルト商事(株)67.4%
関係する人物 代田稔
松園尚巳
桑原潤
堀 澄也
外部リンク http://www.yakult.co.jp/
特記事項:注1:1972年2月1日に株式額面変更目的で、同日以前の事業会社(旧株式会社ヤクルト本社。1955年4月9日設立)を吸収合併し現商号に変更。
テンプレートを表示

株式会社ヤクルト本社(ヤクルトほんしゃ)は、乳酸菌飲料最大手であり、化粧品医薬品も手がけるメーカーである。

プロ野球チーム「東京ヤクルトスワローズ」の親会社である。そのため、杉浦享青柳進萩原多賀彦五十嵐貴章花田真人等の元スワローズの選手が何人か社員として在籍している。

また、陸上部も有名。2007年平成19年)からは日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)「埼玉ブロンコス」のオフィシャルパートナーも務める。2013年からは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)「ジェフユナイテッド市原・千葉」のオフィシャルパートナーを務める。

マスコットキャラクターにヤックンとビッフィーがいる。コーポレート・スローガンは「人も地球も健康に」。

沿革[編集]

  • 1930年昭和5年) - 代田稔乳酸菌ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」の強化、培養に成功。
  • 1935年(昭和10年) - 福岡県福岡市で代田保護菌研究所のもとに製造・販売を開始。
  • 1955年(昭和30年) - (旧)株式会社ヤクルト本社設立しヤクルトの製造販売を開始。
  • 1960年(昭和35年) - クロレラを入れたクロレラヤクルトを発売。
  • 1963年(昭和38年) - 主婦など女性を起用しての「ヤクルトレディー(通称・ヤクルトおばさん)」による販売を開始。
  • 1968年(昭和43年) - ヤクルトの容器をそれまでのガラス瓶から現行のプラスチック容器に変更。
  • 1970年(昭和45年) - プロ野球・株式会社ヤクルト球団の親会社となる。
  • 1974年(昭和49年) - スーパー等の量販店でパック売りを始めて売り上げを伸ばす。
  • 1972年(昭和47年) - 現・ヤクルト本社が(旧)株式会社ヤクルト本社を吸収合併。いわゆる株式額面変更目的の合併。
  • 同年 - 本社を東京都中央区八丁堀から汐留に移転。
  • 同年 - いわゆるヤクルトレディーによる「愛の訪問活動」を開始。
  • 1980年(昭和55年) - 東京証券取引所第2部に上場
  • 1981年(昭和56年) - 東京証券取引所第1部に指定替え。

研究・製造拠点[編集]

ヤクルト事業創業の碑(福岡市中央区唐人町ホークスとうじん通り)

研究所[編集]

本社工場[編集]

福島工場を除き、一般の工場見学を予約制で受け付けている。少人数単位でも見学可能。

  • 福島工場(福島県福島市
    • 生産品目:原料液、ミルミル(新)、ソフール、ビフィーネ
  • 茨城工場(茨城県猿島郡五霞町
    • 生産品目:ヤクルト類
  • 湘南化粧品工場(神奈川県藤沢市
    • 生産品目:化粧品
  • 富士裾野工場・富士裾野医薬品工場(静岡県裾野市
    • 生産品目:原料液、ヤクルト類、ジョア、ミルミル(新)、ソフール、ピュアラ、ビフィーネ、プレティオ、医薬品
  • 静岡工場(静岡県静岡市駿河区
    • 生産品目:ソフール
  • 京都工場(京都府宇治市
    • 生産品目:原料液、ミルミル(新)、ビフィーネ
    • 2012年度全生産品目を新工場へ移管し、その後閉鎖予定
  • 福山工場(広島県福山市
    • 生産品目:原料液、ソフール
    • 2012年度全生産品目を新工場へ移管し、その後閉鎖予定
  • 佐賀工場(佐賀県神埼市
    • 生産品目:ジョア、ミルミル(新)、ビフィーネ、プレティオ、(原料液、2013年度熊本工場から移管予定)
  • 熊本工場(熊本県熊本市
    • 生産品目:原料液、ソフール、ピュアラ
    • 2013年度ソフールを新工場へ、原料液を佐賀工場へ移管し、その後閉鎖予定

2010年9月9日、ヤクルト本社が26年ぶりの新工場建設を発表した。兵庫三木工場の建設について
新工場に、京都工場と福山工場の全生産品目および熊本工場の一部を集約する。

  • 兵庫三木工場(兵庫県三木市
    • 2013年春の完成予定
    • 生産品目:原料液 ソフール・食べるヤクルトSHEs、ミルミル類

子会社工場[編集]

閉鎖された工場[編集]

主な製品[編集]

ブラジルのヤクルト
以前のヤクルトガラス瓶

販売ルートは、ヤクルトレディーによる訪問販売と、スーパーマーケット・コンビニエンスストアなどの量販店で販売するものの2つがある。

太字はヤクルトレディーによる専売品、斜字は店頭販売のみの商品。

ヤクルト[編集]

ヤクルト本社により製造・販売されている乳酸菌飲料である。「Yakult」はエスペラント語でヨーグルトを意味する「Jahurto」(ヤフルト)から作られた造語。

ヤクルトを代表とする「乳製品乳酸菌飲料」が、その創始者である代田博士により「日本国民の健康に広く寄与する」ために国内に広められて以来、「明治 がんばれ元気」(明治乳業(現・明治))、「ローリーシリーズ」(雪印ローリー→雪印ラビオ→カゴメラビオカゴメ)、「クロレラライトシリーズ」(クロレラライト本社)等、類似商品が多数製造・発売されている。これらは「発酵乳」製造技術を持つ企業による製品であり、多くの製品が「L.Casei」という種名の乳酸菌が利用されている。近年では「L.Casei」の中でも株名(ヤクルトでは「シロタ株」)までこだわった商品も多く、特定の菌株ごとの健康効果をPRしている。

  • Newヤクルト 特定保健用食品 - 2013年平成25年)11月に旧「ヤクルト」よりリニューアル。1本(65mlポリスチレン容器)中のシロタ菌が旧商品の150億から200億に増えていることが特徴となっている。
    • かつてはガラス瓶入りだったが、1968年昭和43年)に剣持勇のデザインによるポリスチレン製容器に変更された。特徴的な容器のくびれは、元々は生産ラインのガイドベルトにあわせるために作られたもの。しかしこのくびれによってガラス瓶のときと同じ高さとなり、また持ちやすさ・飲みごたえ等の利点となった。アルミキャップの色は、発売当初1週間分の7色が存在したが、現在は赤色のみ[1]
  • Newヤクルト カロリーハーフ - 「ヤクルト カロリーハーフ」のリニューアル商品。前述の「Newヤクルト」に比べて熱量を約50%カットした乳飲料。
  • ヤクルト400 特定保健用食品- L.Casei.シロタ株が400億個含有されている。免疫力が高まる。
  • ヤクルト400LT特定保健用食品 - ヤクルト400よりもカロリー(30%カット)と甘さ(25%低減)を抑えたライトタイプ。免疫力が高まる。
  • ヤクルトAce- ビタミンC・ビタミンD・ガラクトオリゴ糖が含有されている。
  • ヤクルトフルーティ- 女性向けに成分を見直した商品。カシス果汁配合。
  • Yakult Dolce(ヤクルトドルチェ)- ヤクルト風味のヨーグルト。

ヨーグルト類[編集]

  • ジョア(飲むヨーグルト)特定保健用食品 - 現在はプレーン、ストロベリー、ブルーベリー、白ぶどう、季節限定品の5種類がある。
  • ソフール(ハードタイプヨーグルト)特定保健用食品 - 現在はプレーン、ストロベリー、LT、元気ヨーグルトの4種類がある。
  • ジョア(食べるタイプ)(ソフトタイプヨーグルト)
    2012年10月発売。現在はアロエ、ブルーベリーの2種類がある。
  • ミルミル(新)
    2010年3月発売。子供から大人までの幅広い層を対象とする。一般的な飲むヨーグルトにはない独特のミルク風味が特徴。更に強化されたB.ブレーべ・ヤクルト株を100億個以上含有。虫歯の原因とならないパラチノースを使用している。
  • ミルミルS
     ガラクトオリゴ糖などの栄養成分が含有。
  • ビーエフワン (BF-1) - B. bifidumBF-1株とS. thermophilusを使用。
  • プレティオ 特定保健用食品- 血圧が高めの人を対象とした商品。

その他の食品・飲料[編集]

  • タフマン - 栄養ドリンク栄養機能食品
  • 調整豆乳 - 特定保健用食品 - 国産大豆を100%使用。コレステロールが気になる方におすすめの豆乳飲料。
  • ラックミー - 豆乳飲料。
  • 蕃爽麗茶 - 特定保健用食品
    ブレンド茶。グァバ葉ポリフェノール等の成分を配合したためか、独特な香りと風味を醸し出す健康なお茶に仕上がっている。体内の糖の吸収を抑える効果が期待できる。
  • 蕃爽麗茶・香ばし風味 - 特定保健用食品
  •  体内の糖の吸収を抑える効果が期待できる。蕃爽麗茶よりも「飲みやすくした」お茶
  • グロビンONE - 特定保健用食品
  • オリゴ糖入り梅ドリンク - 特定保健用食品
  • きになる野菜 - 野菜ジュース
  • レモリア
  • 珈琲たいむ - コーヒー、ならびにコーヒー飲料。
    近年キリングループと提携したことにより製造量は縮小。自動販売機では缶入りはキリンビバレッジの「FIRE」に置き換えられるところが増えつつある。
  • ミルージュ - ヨーグルト風味の乳性飲料。
  • ヤクルトラーメン麺許皆伝
    インスタント麺(袋麺)。かつては麺にクロレラが練りこんであるため緑色であったが、2011年上期をもってクロレラの練り込みは行われなくなった。2012年10月に国産大麦若葉の粉末青汁練りこみ麺にリニューアルされ緑色の麺に戻った。なお、サブタイトルにある“麺許皆伝”とは、“麺”“免許皆伝”にかけてもじった造語である。尚、この商品は店頭では販売されていない。
    東京ヤクルトスワローズの寮(戸田寮)で食事として出されているという[2]

化粧品[編集]

  • 化粧品(ヤクルト本社の化粧品本部が担当する)

医薬品[編集]

先発医薬品

後発医薬品

健康食品[編集]

  • サプリズム(各種サプリメント)
  • マイタイム
  • ごくごく飲める大麦若葉
  • 毎日うれしいケールの青汁
  • ローヤルゼリー

かつて販売されていた商品[編集]

  • ヤクルト80Ace / ヤクルト80Ace LT(カロリー50%カットタイプ)
    特定保健用食品。鉄分(クエン酸鉄)・ガラクトオリゴ糖ビタミンCビタミンDが含有。後継はヤクルト300Vシリーズ、ヤクルトSHEs。
  • ヤクルト200
    「西暦2000年」を記念して2000年限定発売。L.Casei.シロタ株を200億個含有。
  • ミルミル(旧)
    主に乳幼児を含む子供を対象としていた。にんじんジュースを使用した独特の風味が特徴。B.ブレーべ・ヤクルト株を100億個以上含有。カルシウムビタミンA・ビタミンD・DHAラクトフェリンなども含有されていた。2005年9月をもって販売終了。後継はビフィーネM。
  • ミルミルE
    主に成人を対象にしていた。B.ブレーべ・ヤクルト株を100億個以上含有。ビタミンE・ビタミンC・EPAなども含有されていた。名称の「E」はビタミンEから。
  • ビフィール
    主に女性を対象にしていた。B.ブレーべ・ヤクルト株を100億個以上含有。さらに鉄分・葉酸・ガラクトオリゴ糖・ビタミンB6ビタミンB12食物繊維コラーゲンも含有。後継はビフィーネS。
  • ビフィーネM
    長年販売された「ミルミル(旧)」の事実上の後継商品として2005年10月発売。後継はミルミル(新)。
  • ビフィーネV
    2005年10月発売。
  • ソフール LCS100
    乳由来の原料のみを使用したプレーンタイプのヨーグルトで、乳由来のカルシウムが120mg/個含有。
  • ピュアラ
    特定保健用食品。後継はジョア(食べるタイプ)。
  • ヤクルト300V / ヤクルト300V LT(カロリー35%カットタイプ)- ビタミンE・ビタミンC・ガラクトオリゴ糖が含有されている。後継はヤクルトAce。
  • ソーピード - スポーツドリンク
    世界的に有名な水泳選手・イアン・ソープが監修を務めた、ヨーグルト由来のスポーツドリンク(乳性)。主にスーパーコンビニ小売店を中心に、ヤクルトの自販機でも売られていた。
  • ヤクルトSHEs(シーズ)- 女性向けに成分を見直した商品。コラーゲン配合。後継はヤクルトフルーティ。


価格理念[編集]

創始者の代田稔は、多くの人の健康に寄与すべく「ハガキ1枚程度の値段で買えるヤクルト」を経営標語とした。

CM出演者[編集]

ヤクルトスワローズ関係者[編集]

番組スポンサー(終了した番組も含む)[編集]

テレビ番組

ラジオ番組

キリングループとの提携[編集]

キリンビールグループと2005年平成17年)6月に包括事業提携の覚書を締結。清涼飲料水や健康・機能性食品事業の共同展開を開始した。

ダノン社との関係[編集]

フランス乳製品メーカーであるダノン社は、欧米の食品メーカーからの敵対的買収を防ぐために、先手を打ってヤクルト本社の買収を計画、企業規模を拡大することで生き残りを模索した経緯がある。独自路線を指向したヤクルト本社側の猛烈な抵抗により破談となったが、結果的に現在の筆頭株主 (20%)となっている。

このような背景もあり、2004年(平成16年)より海外の乳酸菌事業でダノン社との提携がおこなわれている。なお、国内でダノンジャパン(ダノン社の日本法人、旧社名:カルピス味の素ダノン)がヨーグルト事業を展開しており、主要販売先として味の素がかかわっているため、インドをはじめとした日本国外に限っている。

世界水泳公式飲料[編集]

ヤクルトは2005年世界水泳モントリオール大会の公式飲料として、Finaに認定された。番組を独占中継しているテレビ朝日BS朝日では「アントニオ君」を起用したTV-CFを数回に渡ってオンエアし続けてきた。また、試合会場にはヤクルトの容器を模した広告看板が目立つところに置かれている。

陸上競技部[編集]

ヤクルトには陸上競技部があり、ダニエル・ジェンガなどが所属している。またニューイヤー駅伝の常連チームでもある。陸上競技部の寮はスワローズの二軍寮であるヤクルトスワローズ戸田寮の隣にある(スワローズが現在の戸田寮が完成するまで使用していた建物)

関連会社(ヤクルトグループ)[編集]

その他[編集]

  • ヤクルトの類似商品に「ピルクル」があり、少なくとも東海エリアでこれもヨーグルトを捩ったような「ヨーク」もある。なおヨークを販売している愛知ヨークは元々ヤクルトの製造販売をする会社だった。
  • ジョアのコマーシャルソング「ヤクルト・ジョア」(曲名は「ヤクルト・ジョアのうた」「ジョアのうた」と表記されることもある)の作詞・作曲は浜口庫之助が担当。オリジナルの歌唱は小柳ルミ子であり、1972年5月から放送された[3]。小柳版の音源はCD『浜口庫之助CM大全』に収録。その後2008年深津絵里2012年には剛力彩芽が同曲をカバーするCMが放送されている。
  • オランダアムステルダム中央駅目の前の旧証券取引所建物内にヤクルトザールというクラシック音楽コンサートホールがある。内部にはヤクルトのロゴがありヤクルトが出資者である。ネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団が本拠地としている。付属の小ホールはアガザールと呼ばれている。ガウデアムス国際音楽週間の作曲コンクール授賞式も例年ここで行われている。
  • 2001年(平成13年)制作の企業PRビデオには三倉茉奈・佳奈の二人が出演している。
  • ヤクルト本社ビル1階にある喫茶店「ブラジリア」には、自社製品のヤクルト400とタフマンを混ぜ合わせたドリンク「ヤクマン」(500円)が存在し、人気メニューとなっている。ちなみに「ヤクマン」におけるヤクルト400とタフマンの配合比率は秘密とのこと[4]。ちなみに同喫茶店には他にも「タフマンフロート」等のメニューがあるほか、スワローズグッズの販売も行っている[5]

脚注[編集]

  1. ^ 渡部千春 『これ、誰がデザインしたの?』 美術出版社。ISBN 4-568-50269-12009年6月23日閲覧。
  2. ^ 「プロ野球 ここだけの話」(フジテレビONE)より
  3. ^ 【1972年5月】瀬戸の花嫁/イメージピッタリ 小柳ルミ子のひと言がヒントで大ヒットスポニチアネックス、 2011年5月28日。
  4. ^ 東京スポーツ・2011年2月16日付 11面
  5. ^ 喫茶「ブラジリア」のスワローズグッズが充実!! - 東京ヤクルトスワローズ・2007年4月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

1965年、ヤクルト本社の企画の下で東京シネマが制作した短編映画《現在、上記サイト内に於いて無料公開中》。