顆粒球コロニー刺激因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

顆粒球コロニー刺激因子(かりゅうきゅうコロニーしげきいんし、granulocyte-colony stimulating factor)とは、サイトカインの一種で顆粒球産出の促進、好中球の機能を高める作用がある。英語の略号でG-CSFと表記することが多い。

発見[編集]

マウスの顆粒球コロニー刺激因子は、1983年、オーストラリアのWEHI(Walter and Eliza Hall Institute forMedical Research:ウォルター・アンド・イライザ・ホール医学研究所)で初めて精製、確認され、ヒト型は1986年に日本ドイツ/アメリカ合衆国の研究グループがそれぞれクローンに成功した[1][2][3]

医薬品[編集]

遺伝子組換えヒトG-CSF製剤は、がん化学療法による好中球減少症や再生不良性貧血に伴う好中球減少症に用いられる。

フィルグラスチム(filgrastim、商品名グラン)、ナルトグラスチム(Nartograstim、商品名ノイアップ)、レノグラスチム(Lenograstim、商品名ノイトロジン)などの医薬品がある。いずれも、かなり高価なものである。

副作用としては、ショック、間質性肺炎、急性呼吸窮迫症候群、LDH上昇、Al-P上昇など。

参考文献[編集]

  1. ^ Metcalf D (July 1985). “The granulocyte-macrophage colony-stimulating factors”. Science 229 (4708): 16–22. doi:10.1126/science.2990035. PMID 2990035. 
  2. ^ Nagata S, Tsuchiya M, Asano S, Kaziro Y, Yamazaki T, Yamamoto O, Hirata Y, Kubota N, Oheda M, Nomura H (1986). “Molecular cloning and expression of cDNA for human granulocyte colony-stimulating factor”. Nature 319 (6052): 415–8. doi:10.1038/319415a0. PMID 3484805. 
  3. ^ Souza LM, Boone TC, Gabrilove J, Lai PH, Zsebo KM, Murdock DC, Chazin VR, Bruszewski J, Lu H, Chen KK, Barendt J, Platzer, E, Moore, MAS, Mertelsmann R, Welte K (April 1986). “Recombinant human granulocyte colony-stimulating factor: effects on normal and leukemic myeloid cells”. Science 232 (4746): 61–5. doi:10.1126/science.2420009. PMID 2420009.