八丁堀 (東京都中央区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 中央区 > 八丁堀
八丁堀
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 中央区
地域 京橋地域
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 104-0032

八丁堀(はっちょうぼり)は、東京都中央区地名で、旧京橋区にあたる京橋地域内である。

概要[編集]

一般商店や出版社など、オフィス街としての色と、住宅地としてマンションの進出が目立った町並みを形成している。複数の主要バイパス道路に面していることから、交通の便がいい土地柄である。

地理[編集]

京橋地域の東部に位置する。

河川

歴史[編集]

町名としての八丁堀が誕生するのは1931年昭和6年)のことで、区画整理により、それまでの本八丁堀1丁目から5丁目を分割したうえで周囲の町が統合され、高代町、松屋町、岡崎町、本八丁堀の一部から西八丁堀1丁目から4丁目、元嶋町、長沢町、幸町、日比谷町、八丁堀仲町、永嶋町、水谷町と本八丁堀の一部から八丁堀1丁目から4丁目が誕生した[1]。その後1969年(昭和44年)の区画整理で西八丁堀と八丁堀が統合され、現在に至る[1]

江戸時代初期には、多くの寺が建立され、寺町となっていた。しかし、1635年、八丁堀にあった多くの寺は、浅草への移転を命じられた[2]。その後、寺のあった場所に、町奉行配下の与力、同心の組屋敷が多く設置されるようになり、彼らは八丁堀の名物となっていった。

江戸時代、八丁堀にあった銭湯は非常に混雑することで知られ、混雑を避けて女湯に入る同心達もいた[3]。そのため、八丁堀の銭湯には、女湯にも武士の刀をかけておく刀掛けがあり、「女湯の刀掛」と呼ばれ有名な存在になっていた。

町名由来[編集]

江戸時代、この地に開削されたの長さが約8(約873m)あったため「八町堀」と呼ばれ、その堀名に由来して町名がつけられた[1]。後に「町」が略字の「丁」となる。

江戸時代には江戸町奉行所同心与力の居住区となっていたため、彼らの自称・俗称(例:「八丁堀」(中村主水等)、「―の旦那」)や彼らを主人公とした時代劇の作品名に用いられる事がある(例:「八丁堀の七人」)。

抑々の八丁堀は、江戸神田日本橋との境界となっていた堀である。竜閑橋(常盤橋西北)から城濠に分かれて、東方馬喰町に達し、それから南の浜町堀となって隅田川に入る。銀町堀とも(『江戸文学地名辞典』)。江戸文学の戯作においては『金々先生栄花夢』における和泉屋清三、『万象亭戯作濫觴』における天竺老人などのおどけた人物の住所と定まっていた(潁原退蔵『江戸時代語の研究』)が、『東海道中膝栗毛』における弥次郎兵衛・北八もまた同所に住む。

交通[編集]

鉄道
バス
道路
首都高速道路・出入口
陸橋
  • 久安橋 - 首都高速都心環状線上
  • 宝橋 - 首都高速都心環状線上
  • 松幡橋 - 首都高速都心環状線上
  • 弾正橋 - 首都高速都心環状線上

地域[編集]

公園
  • 桜川公園
施設
  • 八丁堀区民館
  • 八丁堀保育園
  • エクステンションセンター八丁堀校 - 京華スクエア内
  • 京華コミュニティルーム - 京華スクエア内
  • 中央区立ハイテクセンター - 京華スクエア内
  • 中央区シルバー人材センター - 京華スクエア内
  • 中央交通事故相談所 - 京華スクエア内

観光[編集]

名所史跡

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 八丁堀地区 町名の由来 - 中央区ホームページ内、2012年6月4日閲覧。
  2. ^ 地名で読む江戸の町・105P
  3. ^ 地名で読む江戸の町・107P

関連項目[編集]

外部リンク[編集]