ポリスチレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポリスチレンの化学構造
ポリスチレン製食品容器
PSの識別表示マーク(米国プラスチック工業協会による)

ポリスチレン (polystyrene) とはスチレンモノマーとするポリマーである。略号はPSで、リサイクルマーク(SPIコード)は6である。スチロール樹脂とも呼ばれる。

概要[編集]

一般的に用いられているポリスチレンは過酸化ベンゾイルをイニシエーター(ラジカル開始剤)としてスチレンをラジカル重合して得られるアタクチック構造を持つプラスチックであり、非晶性のポリマーである。アタクチックポリスチレンは熱可塑性樹脂で安価であり、容易に射出成形できる事から日用品やプラモデルの素材として広く用いられている。またポリスチレンに発泡剤を用いて成型する発泡スチロールは断熱容器として、また、最近は建築材料としても広く用いられている。

オーブンレンジ等を使って熱することで、元の硬いプラスチック状に固められることを利用して、プラ板として学校の工作やキーホルダーなどの工芸品の製作に使用されることもある。

また、メタロセン触媒による重合ではシンジオタクチック構造を持つポリスチレンを合成することができる。これによって生成するポリスチレンは結晶性の高分子であり、不透明であるが、アタクチックポリスチレンよりも耐熱性に優れている。

テルペン油エゴマ油シソ油など一部の食用油リモネン柑橘類に含まれる)、ベンジンシンナーなどに溶ける。また、アルコールと長期間接すると味を変質させることがある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]