ホンマでっか!?TV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンマでっか!?TV
HONMADEKKA!?TV
ジャンル 情報番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 木村剛・武田誠司(共にフジテレビ)
監修 池田睦也スタッフラビ
プロデューサー 原島雅之(スタッフラビ) /
亀高美智子CP、フジテレビ)
出演者 明石家さんま
加藤綾子(フジテレビアナウンサー
ブラックマヨネーズ
小杉竜一吉田敬
マツコ・デラックス
磯野貴理子
島崎和歌子
ほか
出演者を参照)
音声 モノラル放送
(モノステレオ放送[1]
字幕 文字多重放送
オープニング 「Tank!」[2]
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト
バラパラ枠
放送時間 月曜日 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 2009年10月19日 - 2010年9月13日(41回)
ゴールデン枠
放送時間 水曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2010年10月20日 - 現在(42回)

特記事項:
ナレーション堀井真吾
テンプレートを表示

ホンマでっか!?TV』(ホンマでっか!?ティーヴィー、英称:HONMADEKKA!?TV)は、2009年10月19日からフジテレビ系列で毎週水曜日 21:00 - 21:54(JST)に放送されている情報バラエティ番組である。文字多重放送ハイビジョン制作を実施している。通称は『ホンマでっか!?』。

2009年10月19日から2010年9月13日までは、毎週月曜日 23:00 - 23:30(JST、バラパラ枠)で放送されていた。

概要[編集]

不定期で放送されていた同局の特別番組であり、明石家さんま福澤朗フリーアナウンサー)が司会を務めていた『さんま・福澤のホンマでっか!?ニュース』のレギュラー放送版である[3][4]。この番組ではさんまと共に進行役を務めていた福澤に替わり、フジテレビアナウンサー加藤綾子がレギュラー放送より起用されている。

番組開始当初からバラパラ枠内の毎週月曜日 23:00 - 23:30(JST)の30分番組にて放送。放送開始当初から深夜の時間帯にもかかわらず、常に10%台前半の安定した視聴率を獲得していた[5]。そのため、2010年10月20日より毎週水曜21時枠のゴールデンタイムに移動して現在に至っている(ネット局と放送時間参照)。

2011年日本民間放送連盟賞のテレビエンターテインメント番組部門において優秀賞を受賞したことが、2011年11月9日16日放送分のオープニング部分にて紹介された。

2011年1月5日(水曜日)に『超ホンマでっか!?TV 新年早々大事件だSP』として番組初の4時間半スペシャルが放送され、歴代最高となる19.8%の高視聴率を記録した(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。さらに、同年7月23日(水曜日)には『FNS27時間テレビ めちゃ2デジってるッ! 楽しくなけりゃテレビじゃないじゃーん!』内で番組初の生放送が行われ、2012年7月21日の『FNS27時間テレビ 笑っていいとも! 真夏の超団結特大号 徹夜で頑張っちゃってもいいかな?』及び2013年8月3日の『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!』 でも生放送を実施。2014年1月1日(水曜日)の元日は『ほこ×たて5時間30分SP』の後継ぎで『ホンマでっか!?TV 新春4時間越え!冬の新番組豪華出演者大襲来SP』を19:00 - 23:10(4時間10分)に放送した。

2014年5月12日(月曜日)より公式ツイッターを開始。番組内容のお知らせ、評論家たちの素顔など、ホンマでっか!?なつぶやきをツイートする。

出演者[編集]

MC[編集]

アシスタント[編集]

  • 加藤綾子(フジテレビアナウンサー)
  • 榎並大二郎(フジテレビアナウンサー、2013年2月13日放送分のみ)

※2013年2月13日放送分では放送分では加藤アナが、「ホンマでっか!?人間性診断」に参加したため榎並アナがアシスタント代行を務めた。

レギュラーパネラー[編集]

レギュラー評論家[編集]

準レギュラーパネラー[編集]

この2人は交代で出演している。スペシャル時は共演。

評論家[編集]

など

内容、コーナー[編集]

  • 強烈なキャラクターを持つ頭脳・博識軍団(コメンテーター)らと当番組のメイン司会である明石家さんまとレギュラー出演者ほかに数名のゲストで構成がされているトークバラエティ番組である。番組のコンセプトは「世の中で国民話題にしている物や噂のエピソードでホンマでっかなこと」を発信する。
  • 番組の次回予告後に視聴者へのメッセージとして「この番組に登場する情報・見解はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。『ホンマでっか!?』という姿勢でお楽しみ頂けると幸いです」との文章が流れる。その一方で、番組内で紹介された学説等をさんまが他番組で、さも検証済みのように紹介することがある。

メインコーナー[編集]

  • 思わずさんまがよく口にする「ホンマでっか!?」と言うような常識を覆す裏話や秘話の数々の情報を、博識人や専門家(コメンテーター)らが独自の視点でエピソードを紹介する。
  • 毎回、テーマに基づきコメンテーターは手元にある呼び鈴(チンベル)を鳴らして、司会のさんまや加藤アナウンサーから1名ずつ指名されて意見を述べるが、他のコメンテーターが話している間も呼び鈴が鳴さられ続けることがあり収拾がつかない事態に陥ることもある。ただ、東日本大震災直後の回ではその様な傾向は薄まり、コメンテーター同士が意見を補完するような形で発言を行っていた[6]
  • 初期(30分放送時代)には番組放送終了時に『蛍の光』が流れ、さんまのトークを強制的に終わらせる方法がとられており、その後流れなくなったが第10回で復活した。第26回では収拾がつかなくなったため、さんまが『蛍の光』を流すことを要求したことがある。

ホンマでっか!?人生相談[編集]

  • 芸能人のお悩み人生相談コーナー。毎回ゲスト1人の悩み相談に焦点をあて、各コメンテーター陣らが助言を行う。バラパラ枠時代は第20回、第32回の放送時間拡大スペシャル時のみ行われ、ゴールデン移動後は後述「ランキング」と交互に放送。

これだけは私に言わせて!ホンマでっか!?ランキング[編集]

  • 第40回放送より登場。強烈的なキャラクターを持つ頭脳・博識軍団(コメンテーター陣)がすぐに使えるモノや事をベスト5として順に発表・紹介する。

知らないとヤバイ!同じ穴のホンマでっか!?[編集]

  • 身の回りにひそむ危険についての情報を、同じジャンルの専門家が集まって語る。このコーナーでは専門家の情報を文字に出すときのBGMが『火曜サスペンス劇場』のテーマ曲をカバーしている。その際、「やぁーばーいーーーー、やぁーばーいーーーーー!」と言う女性コーラスが入る。

もしもの時に役立つホンマでっか!?[編集]

  • ”もしも”の時に役立つ情報を評論家陣が紹介するコーナー。

ホンマでっか!?人間性診断[編集]

  • 2011年2月9日放送分「ヘキサはねるホンマ123SP」から登場。複数の芸能人に評論家陣が質問し、その回答から健康の度合いや性格的な問題を判定する。

教えてホンマでっか!?[編集]

  • 普段の日常生活の中にある“小さな幸せ”を評論家陣の力で実現するコーナー。出演者はさんま、加藤アナウンサー、ブラックマヨネーズ。

ホンマでっか!?レストラン[編集]

  • スタジオ内に寿司や天ぷらの店のセットを作り、それらを食べながら評論家が、それらの料理に関係する情報を話す。

ホンマでっか!?運命の人[編集]

  • ゲストの女性が理想とする男性の条件に対し、それを確かめる問題を評論家が出題し、男性陣が答える。最終的に最も多く理想と合致した男性が、ゲストにとっての運命の人となる。

禁断の扉[編集]

  • 第41回放送より登場。コアな評論家が持つ驚きの情報をさんまとブラックマヨネーズが訪れ紹介してもらう。

3つの行動で人格を見抜け ホンマでっか!?アクション[編集]

  • 評論家がゲストに3つの行為をさせる。その結果によりゲストの人間性を判定する。

研究一筋!!○○学部の㊙常識ホンマでっか!?[編集]

  • 2014年5月7日放送分から登場。一般人に縁が遠い学部で日本屈指の研究者を招き、知ったらちょっとうれしくなるかもしれない情報を穴埋め形式で学ぶ。このコーナーでは専門家の情報を文字に出すときのBGMが「移民の歌」になっている。

ほぼ1分で分かる ホンマでっか!?ルーツ[編集]

  • 2011年1月5日放送分登場。強烈的なキャラクターを持つ頭脳・博識軍団(コメンテーター)陣の知られざる過去を1分間に凝縮して1名ずつ紹介していく。紹介フォーマットは「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系列)のVTR紹介とほぼ同じ。

㋭熱大陸[編集]

  • 2011年10月5日放送分登場で、読みは「ホンマでっか!?ねつたいりく」。「情熱大陸」(MBS制作・TBS系列)のパロディで、「ルーツ」同様に一分間に凝縮し1名ずつ紹介していき、前半でコメンテーター陣がこれまで残した実績を紹介、後半ではこれからの目標をコメンテーター本人が語る。本家に非常にそっくりな作り方がされており、ナレーションも本家同様窪田等が担当、前半・後半にそれぞれオープニングとエンディングが流されるなどした。なお、尾木直樹武田邦彦は本家「情熱」でも取り上げられたことがある。

プロフェッショナル!? 評論家の流儀[編集]

  • 2012年10月3日放送分登場。「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK制作)のパロディで、「ルーツ」、「㋭熱大陸」同様に一分間に凝縮し1名ずつ紹介していき、前半でコメンテーター陣がこれまで残した実績(前者と異なり、具体的な研究内容や官公庁での講演実績が主)を紹介、後半では自らの信念をコメンテーター本人が語る。

ロケ企画[編集]

  • 長時間スペシャルのときに放送される。番組ヒット祈願を願って、さんま、加藤アナ、ブラックマヨネーズとコメンテーター陣が片道30分~40分の神社へ向かう。だが、コメンテーター陣は小型の呼び鈴を持たせてあらゆる所で発言するほか、コメンテーター陣やさんまが寄り道するため到着には倍以上の時間がかかってしまうのがお決まり。

反省会コーナー[編集]

  • 番組収録後にその日の収録分のコメンテーター出演者全員と加藤アナウンサーらで「収録後反省会」が開かれ、第29回から放送されていたが、十数回ほどで放送されなくなった。

ゲスト[編集]


スペシャル放送時[編集]

取り上げたテーマ[編集]

特別番組[編集]

人気4番組合体! ヘキサはねるホンマ!?123 4時間ブチ抜きスペシャル[編集]

クイズ!ヘキサゴンII』と『はねるのトびら』と『ホンマでっか!?TV』と『ザ・ベストハウス123』の4番組が、それぞれの番組の枠を超えてコラボレーションした特別番組。 放送は、2011年2月9日(水曜日)19:00 - 22:48(JST)。 当日は、『はねトび』と『ベストハウス』とコラボで放送されたためステレオ放送が実施された。

視聴率17.0%

スタッフ[編集]

  • ナレーター:堀井真吾
  • 構成:海老克哉 / 田中到、加藤正人
  • TP(テクニカルプロデューサー):高瀬義美
  • SW(スィッチャー):長瀬正人
  • CAM(カメラマン):横山政照
  • VE(ビデオエンジニア):宮本学
  • AUD(オーディオ):森田篤
  • 照明:本沢啓史、川田敦史
  • 美術プロデューサー:三竹寛典(フジテレビ)
  • セットデザイン:棈木陽次(フジテレビ)
  • 美術進行:林勇
  • 大道具:三谷陽介
  • 小道具:今村晋也
  • アクリル装飾:相原加奈
  • 装飾:太田博之
  • マルチ:竹内健治
  • メイク:金子友美(さんま担当)
  • スタイリスト:山下貢理子(さんま担当)
  • 編集(以前はVTR編集):岩崎秀徳・水野智史・一瀬将吾・小口夏樹(IMAGICA
  • MA(マルチオーディオ):足達健太郎
  • 音効:田中寿一
  • CGデザイン:木本禎子
  • イラスト制作:川崎正裕
  • CG:久保田幸、鈴木鉄平
  • リサーチ:加藤孝宏・飯島克短(フォーミュレーション
  • 広報:鈴木はるか(フジテレビ)
  • TK(タイムキーパー):星美香(TBG
  • デスク:若林咲子
  • AP(アシスタントプロデューサー):明石令奈(フジテレビ)、稲葉友紀子(スタッフラビ)、瓜生夏美・林田直子(ガスコイン・カンパニー
  • キャスティングプロデューサー:児玉芳郎(4-Legs
  • 監修:池田睦也(スタッフラビ)
  • ディレクター:西田賢、鈴木剛(フジテレビ)、吉川修・北山幸弘・荒井勇輔(スタッフラビ)、鈴木善貴・川島晶子・堀川香奈・井上真吾(フジテレビ)、大貫翔平
  • プロデューサー:原島雅之(スタッフラビ)
  • 演出:木村剛・武田誠司(フジテレビ)
  • チーフプロデューサー:亀高美智子(フジテレビ)
  • 技術協力:ニユーテレスIMAGICAJ-WORKSFmt(旧FLT)、デジデリック
  • 制作協力:スタッフラビ
  • 制作:フジテレビバラエティ制作部
  • 制作著作:フジテレビ

歴代のスタッフ[編集]

  • 照明:若山孝司
  • VE(ビデオエンジニア):田畑司
  • アクリル装飾:野田誠
  • 特殊装置:日下信二
  • マルチ:大高貢
  • メイク:古賀友里子(さんま担当)
  • イラスト:木本禎子
  • 編成:大川友也・濱潤・加藤達也(フジテレビ)
  • 広報:遠藤恵・山本麻未子・片山正康・手塚朝美(フジテレビ)
  • デスク:森次千香子
  • 監修:小松純也(フジテレビ)
  • チーフプロデューサー:宮道治朗(フジテレビ)

ネット局と放送時間[編集]

バラバラ枠(第1回 - 第41回・月曜23時台)[編集]

放送時間について、番組当初から安定しておらず、開始時間が変更になることがあった。ただし、さんまは関西ローカルバラエティ番組痛快!明石家電視台』(毎日放送)が23:50開始に出演する関係上、23:20開始が限度であった。

また、『SMAP×SMAP』を放送休止した上で拡大スペシャルを行うこともあった。2010年1月11日放送分は番組初の拡大版(90分)が放送され、同年4月5日には21時00分から2時間半スペシャルを放送した。さらに同年7月19日には3回目となる90分スペシャルが放送された。

放送局 系列局 放送時間 放送期間
全国放送 フジテレビ系列 毎週月曜 23:00 - 23:30(JST 2009年10月19日 -
青森テレビ TBS系列 毎週月曜 23:50 - 24:20 2009年10月29日[7]-
テレビ山梨 毎週木曜 24:35 - 25:05 2009年11月26日(推定) -
テレビ山口 毎週木曜 24:47 - 25:17 2010年4月15日[8] -
テレビ大分 フジテレビ系列・日本テレビ系列 毎週水曜 24:29 - 24:59 2009年10月30日 -
テレビ宮崎 フジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列 毎週日曜 22:30 - 23:00 2009年11月3日[9] -
四国放送 日本テレビ系列 毎週日曜 13:00 - 13:30 2010年7月4日 -

ゴールデン枠(第42回 - ・水曜21時台)[編集]

2010年10月20日より水曜21時枠に放送時間が変更され、ゴールデンタイム進出となった。同年7月27日の段階でコメンテーターの1人である尾木直樹の公式ブログ[10]にて公表はされていたが、8月30日放送によって正式発表された。

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 遅れ
関東広域圏 フジテレビ(CX)
製作局
フジテレビ系列 水曜 21:00 - 21:54 同時ネット
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
金曜 14:00 - 14:55[11] 29日遅れ
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 水曜 19:00 - 19:56 [12][13] 70日遅れ
山口県 テレビ山口(tys) 日曜 12:54 - 13:54[14] 38日遅れ
徳島県 四国放送(JRT) 日本テレビ系列 土曜 14:00 - 14:55 150日遅れ

ウソでっしゃろ!?TV[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 2012年9月26日 24:35 - 25:35 制作局
宮城県 仙台放送(OX) 同時ネット
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
福岡県 テレビ西日本(TNC) 2012年9月30日 13:00 - 14:00 4日遅れ
広島県 テレビ新広島(TSS) 2012年10月1日 24:35 - 25:35 5日遅れ
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit) 2012年10月2日 24:40 - 25:40 6日遅れ
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) 2012年10月2日 25:30 - 26:30
北海道 北海道文化放送(UHB) 2012年10月2日 25:40 - 26:40
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列 2012年10月10日 23:50 - 24:50 14日遅れ
秋田県 秋田テレビ(AKT) フジテレビ系列 2012年10月12日 26:45 - 27:45 16日遅れ
熊本県 テレビくまもと(TKU) 2012年10月13日 25:05 - 26:05 17日遅れ
新潟県 新潟総合テレビ(NST) 2012年10月16日 25:00 - 26:00 20日遅れ
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
2012年10月16日 25:12 - 26:12
長崎県 テレビ長崎(KTN) フジテレビ系列 2012年11月6日 24:45 - 25:45 41日遅れ
山口県 テレビ山口 (tys) TBS系列 2012年11月18日 12:54 - 13:54 53日遅れ

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地上デジタル放送の場合。『FNS27時間テレビ』内特番放送時はステレオ放送を実施。
  2. ^ 作曲菅野よう子演奏:シートベルツ(THE SEATBELTS)。アニメカウボーイビバップオープニングテーマ
  3. ^ 放送開始前の仮番組タイトル名は『明石家さんまのホンマでっか!?TIMES』であった。
  4. ^ かつては、本番組と並行して不定期に『ホンマでっか!?ニュース』も放送され、そちらでは福澤が引き続き出演していたが、本番組もスペシャル放送を開始してからは『ホンマでっか!?ニュース』は事実上の放送終了となった。
  5. ^ オリコン さんま司会の『ホンマでっか!?TV』、ゴールデンに昇格!8年ぶりのフジ系ゴールデンレギュラー
  6. ^ 日経エンタテインメント!2011年6月号より。
  7. ^ 開始当初は木曜深夜だった。
  8. ^ 2010年1月から同年3月まで不定期番組として、主に土曜か日曜の午後に放送。また定期番組移行後も、土曜か日曜の午後に放送することがある。
  9. ^ 2010年3月までは火曜24:29 - 24:59に放送されていたが、2010年4月から現在の日時。
  10. ^ 尾木直樹の公式ブログ
  11. ^ 2011年9月までは木曜16:53 - 17:53に、2011年10月から2012年3月までは金曜16:53 - 17:53に2012年4月から2013年9月までは金曜 14:58 - 15:52それぞれ放送されていたが、2013年10月からは現在の日時。
  12. ^ 放送開始より2011年3月までは土曜16:00 - 16:57に放送。「VS嵐」と放送枠を交換。
  13. ^ 2012年8月8日5日( 日)に行われたフジテレビロンドンオリンピックマラソンの中継に伴う日曜劇場サマーレスキュー〜天空の診療所〜第4話の振り替え放送をこの時間帯に行ったため休止した。2014年4月にTBSの編成の都合上、木曜15時50分からの放送となったが2014年5月よりこの時間帯に戻った。
  14. ^ 2010年12月10日から放送開始。かつては金曜 24:15 - 25:15 に放送されていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 月曜23時台(バラパラ月曜日)
前番組 番組名 次番組
ホンマでっか!?TV
フジテレビ系列 水曜21時台
ザ・ベストハウス123
【水曜22時台に移動】
ホンマでっか!?TV
月曜バラパラ枠から移動・拡大】
-----