世界水泳選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界水泳選手権
開始年 1973
主催 国際水泳連盟
サイト 国際水泳連盟
テンプレートを表示

世界水泳選手権(せかいすいえいせんしゅけん)は、国際水泳連盟が主催する水泳の国際大会である。正式名称は国際水連世界選手権。通称“世界水泳”。

水泳界において、夏季オリンピックに次ぐ重要な大会とされる。2~5年の間で不定期に行われてきたが、2001年以降は夏季オリンピックの前年と翌年の奇数年に開催されている。基本的には7-8月に開催されているが、オーストラリアでの開催があった時は、南半球の季節柄の関係でその年の上半期に繰り上げて開催されている。

本大会は世界最高スイマーが一堂に集う大会であり、特に競泳競技では世界記録がここで更新されることが多い。また、五輪の前年にあたる大会では、五輪に向けた調整や、前哨戦としても大変重要な大会になる。正式種目として五輪にはない、自由形以外の50m競技も行われる。

なお、偶数年に開催されている短水路の世界選手権は世界短水路選手権を参照。

大会一覧[編集]

開催地 開催国 開催日程 参加国・地域 競技者数
1 1973年 ベオグラード (1) ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア (1) 1973年8月31日 - 9月9日 47 686
2 1975年 カリ (1) コロンビアの旗 コロンビア (1) 1975年7月19日 - 7月27日 39 682
3 1978年 ベルリン (1) 西ドイツの旗 西ドイツ (1) 1978年8月20日 - 8月28日 49 828
4 1982年 グアヤキル (1) エクアドルの旗 エクアドル (1) 1982年7月29日 - 8月8日 52 848
5 1986年 マドリード (1) スペインの旗 スペイン (1) 1986年8月13日 - 8月23日 34 1119
6 1991年 パース (1) オーストラリアの旗 オーストラリア (1) 1991年1月3日 - 1月13日 60 1142
7 1994年 ローマ (1) イタリアの旗 イタリア (1) 1994年9月1日 - 9月11日 102 1400
8 1998年 パース (2) オーストラリアの旗 オーストラリア (2) 1998年1月8日 - 1月17日 121 1371
9 2001年 福岡 (1) 日本の旗 日本 (1) 2001年7月16日 - 7月29日 134 1498
10 2003年 バルセロナ (1) スペインの旗 スペイン (2) 2003年7月12日 - 7月27日 157 2015
11 2005年 モントリオール (1) カナダの旗 カナダ (1) 2005年7月16日 - 7月23日 144 1784
12 2007年 メルボルン (1) オーストラリアの旗 オーストラリア (3) 2007年3月18日 - 4月1日 167 2158
13 2009年 ローマ (2) イタリアの旗 イタリア (2) 2009年7月17日 - 8月2日 185 2556
14 2011年 上海 (1) 中華人民共和国の旗 中国 (1) 2011年7月16日 - 7月31日 181 2220
15 2013年 バルセロナ (2) スペインの旗 スペイン (3) 2013年7月19日 - 8月4日 180 2293
16 2015年 カザニ (1) ロシアの旗 ロシア (1) -
17 2017年 グアダラハラ (1) メキシコの旗 メキシコ (1) -
18 2019年 光州広域市 (1) 韓国の旗 韓国
19 2021年 ブダペスト (1) ハンガリーの旗 ハンガリー

行われる競技一覧[編集]

歴史[編集]

種目 大会
1973 1975 1978 1982 1986 1991 1994 1998 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013
競泳 29 29 29 29 32 32 32 32 40 40 40 40 40 40 40
飛込競技 4 4 4 4 4 6 6 10 10 10 10 10 10 10 12
水球 1 1 1 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
シンクロナイズドスイミング 3 3 3 3 3 3 3 3 3 4 4 7 7 7 7
オープンウォータースイミング 0 0 0 0 0 2 2 4 6 6 6 6 6 7 7
合計 37 37 37 37 41 45 45 51 61 62 62 65 65 66 68

第1回世界水泳選手権は1973年ユーゴスラビア(現セルビア)の首都ベオグラードで、47カ国から686人が参加して開催された。ちなみに2009年ローマ大会では、185の国と地域から総勢2556人が出場している。世界の水泳界においては、オリンピックの存在感が大変大きかったこともあって、比較的その歴史は浅い。

競泳では、第1回大会から長くアメリカと東ドイツの実力が圧倒的で、まさに水泳界の2大大国であった。しかしながら、第3回大会頃から徐々に旧ソビエト連邦の実力も目立つようになり、米、東独の2強にソ連が次ぐ、という構図が見られた。1990年代に入って、大きく躍進した新勢力はオーストラリアであった。1998年パース大会で、長らくアメリカに次ぐ水泳大国だったドイツやロシアなどをおさえ、メダル獲得数で第2位に躍り出た。この大会以降、1位アメリカ、そしてオーストラリアがこれに続き、ドイツ、ロシアなどが2強を追う構図となっている。非欧米諸国の中では、中国、日本など東アジア勢が有力であったが、2005年モントリオール大会では、アフリカから南アフリカ・ジンバブエがそれぞれ健闘した。

一方シンクロナイズトスイミングでは、競泳と同じく第1回ベオグラード大会から常に実施されているが、第1回大会以降、長く金メダルをアメリカとカナダで競いあう時代が続いた。そしてほぼ例外なく、3番手には日本がつけていた。しかし1998年パース大会で、これまで全くメダル争いに加わっていなかったロシアが、いきなり3種目で金メダルを独占し女王の座についた。2番手には、長く万年銅メダルに甘んじできた日本が台頭してきた。そして3位以下にかつてのシンクロ2強の米・加両国と、フランスが続いた。2009年大会では、スペインがロシアに迫る活躍を見せて、3番手には中国がつけている。なお、2003年大会から、新たに「フリールーティーンコンビネーション」という種目が実施された。また2007年大会から、ソロ・デュエット・チームがこれまでの予選・テクニカルルーティンと決勝・フリールーティンの合計点で競っていたが、テクニカルルーティンとフリールーティンが分離され、これまでの4種目から7種目に拡大しメダル獲得するチャンスも広がったが、全種目に出場する選手はかなりの負担がかかることになる。

2013年から男子27m、女子20mで行われるハイダイビングが行われ種目数は68になった。

国別メダル受賞総数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 218 167 120 505
2 中華人民共和国の旗 中国 103 73 55 231
3 ドイツの旗 ドイツ(1) 89 103 95 287
4 ロシアの旗 ロシア(2) 89 79 71 239
5 オーストラリアの旗 オーストラリア 72 79 56 207
6 ハンガリーの旗 ハンガリー 28 21 24 73
7 イタリアの旗 イタリア 25 26 35 86
8 カナダの旗 カナダ 20 37 39 96
9 オランダの旗 オランダ 16 22 28 66
10 フランスの旗 フランス 14 21 21 56
11 イギリスの旗 イギリス 13 17 30 60
12 ブラジルの旗 ブラジル 10 3 9 22
13 ウクライナの旗 ウクライナ 9 6 12 27
14 スペインの旗 スペイン 8 25 23 56
15 スウェーデンの旗 スウェーデン 8 13 14 35
16 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 8 2 12 22
17 日本の旗 日本 7 32 54 93
18 ポーランドの旗 ポーランド 6 7 6 19
19 セルビアの旗 セルビア(3) 6 4 5 15
20 デンマークの旗 デンマーク 4 6 5 15
21 ジンバブエの旗 ジンバブエ 4 5 0 9
22 ギリシャの旗 ギリシャ 4 3 3 10
23 フィンランドの旗 フィンランド 3 2 2 7
24 チュニジアの旗 チュニジア 2 2 4 8
25 ルーマニアの旗 ルーマニア 2 1 7 10
26 ベラルーシの旗 ベラルーシ 2 1 0 3
27 韓国の旗 韓国 2 0 1 3
28 スイスの旗 スイス 1 4 1 6
29 メキシコの旗 メキシコ 1 2 9 12
30 クロアチアの旗 クロアチア 1 2 3 6
31 ブルガリアの旗 ブルガリア 1 1 4 6
32 ベルギーの旗 ベルギー 1 1 2 4
コスタリカの旗 コスタリカ 1 1 2 4
リトアニアの旗 リトアニア 1 1 2 4
35 ノルウェーの旗 ノルウェー 1 1 1 3
36 コロンビアの旗 コロンビア 1 0 0 1
スリナムの旗 スリナム 1 0 0 1
38 ニュージーランドの旗 ニュージーランド 0 3 5 8
39 オーストリアの旗 オーストリア 0 3 3 6
40 スロバキアの旗 スロバキア 0 3 2 5
41 チェコの旗 チェコ(4) 0 3 1 4
42 キューバの旗 キューバ 0 1 1 2
アイスランドの旗 アイスランド 0 1 1 2
44 モンテネグロの旗 モンテネグロ 0 1 0 1
45 マレーシアの旗 マレーシア 0 0 2 2
46 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 0 0 1 1
エジプトの旗 エジプト 0 0 1 1
プエルトリコの旗 プエルトリコ 0 0 1 1
トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ 0 0 1 1
ベネズエラの旗 ベネズエラ 0 0 1 1
総計 782 785 775 2342

競泳大会記録[編集]

男子[編集]

種目 記録 選手 国籍 日時 大会
50m自由形 21秒08 セザール・シエロフィリョ ブラジルの旗 ブラジル 2009年8月1日 イタリアの旗 ローマ大会
100m自由形 46秒91 セザール・シエロフィリョ ブラジルの旗 ブラジル 2009年7月30日 イタリアの旗 ローマ大会
200m自由形 1分42秒00 パウル・ビーデルマン英語版 ドイツの旗 ドイツ 2009年7月28日 イタリアの旗 ローマ大会
400m自由形 3分40秒07 パウル・ビーデルマン英語版 ドイツの旗 ドイツ 2009年7月26日 イタリアの旗 ローマ大会
800m自由形 7分32秒12 張琳英語版 中華人民共和国の旗 中国 2009年7月29日 イタリアの旗 ローマ大会
1500m自由形 14分34秒14 孫楊 中華人民共和国の旗 中国 2011年7月31日 中華人民共和国の旗 上海大会
50m背泳ぎ 24秒04 リアム・タンコック イギリスの旗 イギリス 2009年8月2日 イタリアの旗 ローマ大会
100m背泳ぎ 52秒19 アーロン・ピアソル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年8月2日 イタリアの旗 ローマ大会
200m背泳ぎ 1分51秒92 アーロン・ピアソル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年7月31日 イタリアの旗 ローマ大会
50m平泳ぎ 26秒67 キャメロン・ファンデルバーグ 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 2009年7月29日 イタリアの旗 ローマ大会
100m平泳ぎ 58秒58 ブレントン・リカード オーストラリアの旗 オーストラリア 2009年7月27日 イタリアの旗 ローマ大会
200m平泳ぎ 2分07秒23 ダニエル・ジュルタ オーストラリアの旗 オーストラリア 2013年8月2日 スペインの旗 バルセロナ大会
50mバタフライ 22秒67 ミロラド・チャビッチ セルビアの旗 セルビア 2009年7月27日 イタリアの旗 ローマ大会
100mバタフライ 49秒82 マイケル・フェルプス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年8月1日 イタリアの旗 ローマ大会
200mバタフライ 1分51秒51 マイケル・フェルプス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年7月29日 イタリアの旗 ローマ大会
200m個人メドレー 1分54秒00 ライアン・ロクテ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2011年7月28日 中華人民共和国の旗 上海大会
400m個人メドレー 4分06秒22 マイケル・フェルプス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2007年4月1日 オーストラリアの旗 メルボルン大会
4x100mフリーリレー 3分09秒21 マイケル・フェルプス(47秒78)
ライアン・ロクテ(47秒03)
マット・グレイバーズ英語版(47秒61)
ネイサン・エイドリアン英語版(46秒79)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年7月26日 イタリアの旗 ローマ大会
4x200mフリーリレー 6分58秒55 マイケル・フェルプス(1分44秒49)
リッキー・ベレンズ英語版(1分44秒13)
デビッド・ウォルターズ英語版(1分45秒47)
ライアン・ロクテ(1分44秒46)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年7月31日 イタリアの旗 ローマ大会
4x100mメドレーリレー 3分27秒28 アーロン・ピアソル(52秒19)
エリック・シャントゥ英語版(58秒57)
マイケル・フェルプス(49秒72)
デビッド・ウォルターズ英語版(46秒80)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年8月2日 イタリアの旗 ローマ大会

女子[編集]

種目 記録 選手 国籍 日時 大会
50m自由形 23秒73 ブリッタ・シュテフェン ドイツの旗 ドイツ 2009年8月2日 イタリアの旗 ローマ大会
100m自由形 52秒07 ブリッタ・シュテフェン ドイツの旗 ドイツ 2009年7月31日 イタリアの旗 ローマ大会
200m自由形 1分52秒98 フェデリカ・ペレグリニ イタリアの旗 イタリア 2009年7月29日 イタリアの旗 ローマ大会
400m自由形 3分59秒15 フェデリカ・ペレグリニ イタリアの旗 イタリア 2009年7月26日 イタリアの旗 ローマ大会
800m自由形 8分13秒86 ケイティ・レデッキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2013年8月3日 スペインの旗 バルセロナ大会
1500m自由形 15分36秒53 ケイティ・レデッキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2013年7月30日 スペインの旗 バルセロナ大会
50m背泳ぎ 27秒06 趙菁英語版 中華人民共和国の旗 中国 2009年7月30日 イタリアの旗 ローマ大会
100m背泳ぎ 58秒12 ジェマ・スポフォース英語版 イギリスの旗 イギリス 2009年7月28日 イタリアの旗 ローマ大会
200m背泳ぎ 2分04秒76 メリッサ・フランクリン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2013年8月3日 スペインの旗 バルセロナ大会
50m平泳ぎ 29秒48 ルタ・メイルティテ リトアニアの旗 リトアニア 2013年8月3日 スペインの旗 バルセロナ大会
100m平泳ぎ 1分04秒35 ルタ・メイルティテ リトアニアの旗 リトアニア 2013年7月29日 スペインの旗 バルセロナ大会
200m平泳ぎ 2分19秒11 リッケ・メラー・ペデルセン英語版 デンマークの旗 デンマーク 2013年8月1日 スペインの旗 バルセロナ大会
50mバタフライ 25秒07 テレーズ・アルシャマー英語版 スウェーデンの旗 スウェーデン 2009年7月31日 イタリアの旗 ローマ大会
100mバタフライ 56秒06 サラ・ショーストレム スウェーデンの旗 スウェーデン 2009年7月27日 イタリアの旗 ローマ大会
200mバタフライ 2分03秒41 ジェシカ・シッパー オーストラリアの旗 オーストラリア 2009年7月30日 イタリアの旗 ローマ大会
200m個人メドレー 2分06秒15 アリアナ・クーカーズ英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2009年7月27日 イタリアの旗 ローマ大会
400m個人メドレー 4分30秒31 カティンカ・ホッスー ハンガリーの旗 ハンガリー 2009年8月2日 イタリアの旗 ローマ大会
4x100mフリーリレー 3分31秒72 インヘ・デッカー英語版(53秒61)
ラノミ・クロモウィジョジョ(52秒30)
フェムカ・ヘームスケルク英語版(53秒03)
マルリーン・フェルトハイス英語版(52秒78)
オランダの旗 オランダ 2009年7月26日 イタリアの旗 ローマ大会
4x200mフリーリレー 7分42秒08 楊雨英語版(1分55秒47)
朱倩蔚英語版(1分55秒79)
劉京英語版(1分56秒09)
龐佳穎(1分54秒73)
中華人民共和国の旗 中国 2009年7月30日 イタリアの旗 ローマ大会
4x100mメドレーリレー 3分52秒19 趙菁英語版(58秒98)
陳慧佳英語版(1分04秒12)
焦劉洋(56秒28)
李哲思英語版(52秒81)
中華人民共和国の旗 中国 2009年8月1日 イタリアの旗 ローマ大会

日本の大会別獲得メダル数[編集]

大会名
1973年 ベオグラード 0 0 6 6
1975年 カリ 0 1 3 4
1978年 ベルリン 0 2 1 3
1982年 グアヤキル 0 0 3 3
1986年 マドリード 0 0 2 2
1991年 パース 0 2 3 5
1994年 ローマ 0 2 1 3
1998年 パース 0 4 4 8
2001年 福岡(開催国) 1 1 7 9
2003年 バルセロナ 3 3 3 9
2005年 モントリオール 0 5 7 12
2007年 メルボルン 1 4 8 13
2009年 ローマ 1 2 1 4
2011年 上海 0 4 2 6
2013年 バルセロナ 1 2 3 6
合計 7 32 54 93

日本は第1回大会から参加していたが、金メダルが取れなかった。開催国となった2001年福岡大会のシンクロナイズトスイミング・デュエットで、立花美哉武田美保組が初めての金メダルを獲得した。シンクロでは第1回大会から全ての大会でメダルを獲得していたが、2009年のローマ大会で初めてメダルなしに終わった。

競泳では第1回ベオグラード、第2回カリ大会で平泳ぎの田口信教が2大会連続でメダルを獲得するなどしたが、その後は日本勢の不振に伴ってメダルをしばらく得られないでいた。再び日本チームがメダルを得たのは、1991年パース大会で、その後日本勢は徐々に復調を見せた。2003年バルセロナ大会の100m平泳ぎと200m平泳ぎで、北島康介が初めての金メダルを獲得。2005年モントリオール大会では、金メダルこそ獲得できなかったものの、平泳ぎの北島康介や自由形長距離の柴田亜衣などを中心として過去最高の9つのメダルを獲得、総数で初めて米豪に次ぐ第3位となった。

飛込では2001年福岡大会男子3m板飛込で寺内健が初メダルとなる銅メダルを獲得している。この大会では女子10mシンクロ高飛込でも宮嵜多紀理大槻枝美組が銅メダルを獲得している。

日本でのテレビ中継[編集]

  • 第8回まではNHKが衛星放送などで放送していた。
  • 2001年(第9回)の福岡以後はテレビ朝日が日本国内における放送権の独占契約を結んだ[1]。地上波のANN系列と衛星波子会社のBS朝日、CS放送のテレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツで独占中継している。基本的に生放送であるが、競技の進行状況その他によってはニアライブ撮って出し)を行う日もある。
  • 大会テレビ中継のテーマソングは2001年と2003年(第10回)はB'z(「ultra soul」・「GOLD」・「スイマーよ 2001!!」・「IT'S SHOWTIME!!」・「野性のENERGY」)だったが、2005年(第11回)以降はテレビ朝日のスポーツ中継統一テーマ曲が用いられている(2005年はSMAPの「BANG! BANG! バカンス!」、2007年はSMAPの「Mermaid」、2009年はSMAPの「スーパースター★」)。2011年からは再びB'zの「ultra soul」がテーマ曲となり、この年はアレンジされた「ultra soul 2011」がテーマ曲となった。2013年は「ultra soul」オリジナルバージョンが2001年以来12年ぶりにテーマ曲として復活した。
  • 2001年と2003年は古舘伊知郎が特別実況を務めた。担当したレースはイアン・ソープ北島康介のレース。
  • 2005年はカナダで行われたため、時差の関係で競泳決勝の一部が「スーパーモーニング」の枠内にかかった。このため、通常同番組を放送している系列外の局も競泳決勝(土日を除く)のみ放送された。
  • マスコットとして、2001年の福岡大会に使用した後、日本水泳連盟の公認マスコットキャラクターとなった『ぱちゃぽ』を毎回使用している。
  • テレビでは、視聴者にわかりやすいように、世界記録のペースを赤色のラインで表示し、これより先を進んでいれば世界記録ペースで泳いでいることを示している。
  • 大会によっては競技の開催時間帯であっても撮って出しによる時差録画となるために、放送前に競技の結果がウェブニュースや放送などで分かってしまう「ネタバレ」となるケースがある。[2]
  • なお、2007年は先述の季節上の関係で世界水泳は3-4月の開催だったため、翌年2008年北京オリンピックの前哨戦という位置づけで、世界水泳をしのぐ「夢の国際競泳大会」、「2007年の真の競泳世界一決定戦」として「インターナショナル・スイム・ミート2007(世界競泳)」がテレビ朝日・日本水泳連盟・国際水泳連盟との共同企画により千葉県習志野市千葉県国際総合水泳場で開催され、同様にテレビ中継された。
  • 放送キャスター
  • 解説者
  • 実況アナウンサー(いずれもテレビ朝日)
  • 過去

提供出し[編集]

  • この大会期間中、テレビ朝日では提供クレジット出し(番組・大会の協賛スポンサー表示)は画面下に出す程度でクレジットのアナウンスは行わない。(全英オープンゴルフと同要領)

その他[編集]

アジア・オセアニア以外で当大会が開催される場合、時差の都合上日本時間の深夜~早朝に開催されてしまう。この大会の開催時期が概ね7月下旬-8月初めとなることが多いため、この場合「全英オープンゴルフ」「全英リコー女子オープンゴルフ」の生中継や「速報!甲子園への道」の放送にも影響が出やすい。

特に「-甲子園への道」は2005年以後、製作局のABCテレビ大阪府)以外の多くが午前0時台以後(土曜・日曜はABCを含め最終版ANNニュース明け)に放送されるところもあるが、これを世界水泳の生中継終了後に延期し、早朝番組となるケースもある。

また23時台の「ネオバラエティ」はABCのみ唯一全国ネットスポンサーセールス(前半のみ)ながら時差放送扱いされているが、世界水泳の開催時間によっては23時台の「ナイトinナイト」(ローカル差し替え枠)を休止し、ネオバラの同時放送にすることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スペインシンクロ大躍進の陰に日本人コーチ藤木麻祐子の存在があった。”. テレビ朝日 (2007年3月5日). 2012年6月4日閲覧。
  2. ^ 事例として2013年バルセロナ大会における、男子400m個人メドレー。中継は全英女子オープンゴルフ生中継の関係でその後からの撮って出し放送だったため、中継が始まる前に瀬戸大也の優勝が、NHKラジオ第1放送FMラジオ放送、及びウェブなどで報じられてしまっていた
  3. ^ 「世界水泳」の顔に7大会連続で松岡修造 - テレコ!、2013年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]