乳酸菌飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

乳酸菌飲料(にゅうさんきんいんりょう、lactic fermenting beverage)は、「などを乳酸菌又は酵母発酵させたものを加工し、又は、主要原料とした飲料(発酵乳を除く)」のこと。 (乳等省令による定義)

日本では牛乳を原材料としているものが主流である。

無脂乳固形分が3%以上の物と、3%未満のものとがあり、

  • 3%以上のもの:乳酸菌数または酵母数が1,000万個/ml以上で、大腸菌群陰性(乳製品に属する乳製品乳酸菌飲料。ヤクルトピルクルなど)
  • 3%未満のもの:乳酸菌数または酵母数が100万個/ml以上で、大腸菌群陰性(乳等を主要原料とする食品に属する乳主原乳酸菌飲料。(かつて販売されていたカルピスキッズなど)

とされる。

ただし、乳酸菌飲料であっても、無脂乳固形分が8%以上のものは発酵乳となる。

従来は清涼飲料の一種として扱われていたが、2010年7月に国際食品規格委員会によって健康食品の新分野として採択される。(参考:日本発「乳酸菌飲料」が国際食品規格に - 2010年7月18日 読売新聞)