めざましどようび

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
めざましどようび
MEZAMASHI SATURDAY
めざまスカイ(The “Mezama-Sky” Studio).JPG
2012年度から生放送が行われている、
フジテレビ社屋球体展望室「はちたま」内24階
「めざまスカイ」。
ジャンル 朝の情報番組
ニュースエンタメスポーツ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビジョン
プロデューサー 池田匡夫 / 角谷公英(CP)
出演者 #出演者参照
音声 ステレオ放送[1]
外部リンク めざましどようび
めざましどようび
放送時間 土曜日 6:00 - 8:30(150分)
放送期間 2003年10月4日 -
めざましどようびメガ
放送時間 土曜日 9:55 - 10:40(45分)
放送期間 2008年7月12日 - 2012年3月31日

特記事項:
一部地域では7:00からの放送。
テンプレートを表示

めざましどようび』(英称:MEZAMASHI SATURDAY)は、2003年10月4日からフジテレビ系列(FNS27局)で土曜日生放送されている朝の情報番組。略称は『めざど』。

2008年7月12日から2012年3月31日までフジテレビと一部系列局で9:55(JST)より生放送された『めざましどようびメガ』についても本項にて記述する。

概要[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

めざましテレビ』の週末版として2003年10月4日にスタートした。初代司会者には八塩圭子(この年6月にテレビ東京を退社。本番組が他局での初レギュラー番組担当)と伊藤利尋(キャスター初挑戦であった)が、初代お天気キャスターには小林麻央(本番組がデビュー)が起用された。またレギュラーとしてパンチ佐藤、コメンテーターとして江上剛が出演した。

『めざましテレビ』の土曜版は、本番組以前にも『めざましテレビ週末号』として放送されていた。『めざましテレビ週末号』と本番組はどちらも平日版からの派生であることから、両番組はお互い傍系番組あるいは兄弟番組の関係である。ただし、初期の本番組は、『めざまし新聞for BIZ』→『めざビズ』の流れを汲むビジネスマン向けの内容となっており、平日版の流れを直接汲む『めざましテレビ週末号』とは趣向が異なっていた。テレビ東京時代に経済部記者経験のある八塩、経済評論家の江上の出演は、そのコンセプトを表していた。また8:00終了である平日版や『めざましテレビ週末号』とは異なり、本番組は8:30まで放送している(通常時)。

2004年10月2日から平日版のめざまし君とは別バージョンの「週末めざまし君」が登場。さらに、2012年4月7日からは、平日版同様に「めざまし君」が登場するようになった。平日版と同様に「めざまし君」(2012年3月31日までは「週末めざまし君」)が時刻を教えてくれる(6:00と7:00)。「週末めざまし君」時代には、体全身を使って時間案内をするめざまし君とは違い、番組ロゴから文字を抜いた輪っかの中から体を半分出し、右手で時刻表示を指さしながら時刻を知らせていた。

また、従来は提供表示もフジテレビの他番組で使用されるテロップ表示を使用していたが、2012年4月7日からは提供表示が平日版と同様の表示となった(ただしスポンサーの提供読みは引き続きフジテレビアナウンサーが担当)。さらに、2013年4月6日からは「めざまし君」が平日版と同様にスポンサーの提供読みをするようになった。

当初は予告(番組前の6:58頃、一部地域を除く)で伊藤が『ポンキッキーズ21』のキャラや出演者らとジャカジャカジャンケンをしていたが、2004年10月2日からは八塩のみの予告となった。

タイトルロゴは、当初は独自のものだったが、2005年4月2日より平日版のロゴをアレンジしたものに変更された。2012年4月7日から平日版のロゴが大幅に変更されたことに従い、本番組も平日版とほぼ同じものとなった。

平日版同様、テレビ大分では本番組は放送されていない[2]。本番組開始1週間前に、テレビ大分でもネットされていた後座番組『いつでも笑みを!』(関西テレビ制作。2005年3月終了)に八塩・伊藤がゲスト出演したが、番組中「大分県では放送されない」旨の案内が関西テレビ側からは行われなかった(テレビ大分が独自に案内クレジットを入れた可能性はある)。

また、出演者の大多数がフジテレビアナウンサーで構成される平日版に比べて本番組は外部登用の出演者が多く、フジテレビの女性アナウンサーをも含めると女性の出演者が多い(2008年4月以降、男性出演者はフジテレビアナウンサーのみ)。

2006年7月15日の放送で、「まおのフレッシュ☆ホリデー」(小林麻央&パンチ佐藤)vs平日版「元気のミナもと」(中野美奈子[3]&皆藤愛子)によるパフェ対決が行われた。ちなみに、判定は伊藤。結果は伊藤の「微妙〜」の判定により引き分けた。

2008年3月29日を以って、八塩・伊藤・パンチ・江上・渡辺和洋が降板。情報キャスターとして出演していた杉崎美香がメインキャスターとして復帰し、新たに福原直英がメインキャスターに、中村光宏がスポーツキャスターとして起用されたが、2009年10月放送分から新たに福井慶仁が芸能キャスターとして起用され、翌年2010年10月放送分から新たに山﨑夕貴が芸能キャスターに、佐野瑞樹が情報キャスターとして起用される。なお、2008年3月の江上降板後、コメンテーター自体廃枠となった。2011年3月26日を以って、福原・杉崎・松尾翠が降板。翌週4月2日からは情報キャスターの佐野がメインキャスターに昇格、新たに皆藤愛子がメインキャスターに、藤村さおり倉田大誠が情報キャスターとして起用された。

2010年7月10日より地上アナログ放送では16:9LBサイズで放送されている。なお、ハイビジョン制作とはいえ、ニュース・スポーツ・芸能におけるVTRは平日版同様、4:3標準画質で両サイドに「めざましどようび」の名前入りのサイドパネルが付けてある(デザインは平日版同様)。しかし、平日版よりはハイビジョン制作のコーナー(「ココ調」、「めざカルチャ」、「MOTTOいまドキ!新発売」など)の比率は高い。同年10月2日より、上記VTRのほとんどがハイビジョン映像になった。テロップも全てHD対応となっている(平日版も同様)。また、テロップは当初は独自のものが多かったが、同日からニュースのテロップデザインが平日版同様になった(『メガ』は2011年11月から)。さらに、2011年4月2日からは平日版同様のコーナーが増えている(当初は占いと「MOTTOいまドキ!新発売」程度)。

2011年10月1日以降、本番組が8:00を跨ぐ地上波且つ全国ネットの唯一の土曜朝の番組となっている。同年11月5日より平日版同様、モノラル放送(モノステレオ放送)からステレオ放送に切り替え、BGM・効果音含めステレオ音源で放送されている(ただし、一部BGM・効果音はモノステレオ放送)。

2012年3月31日を以って、倉田・山﨑が降板。翌週4月7日からはスポーツキャスターの中村が情報キャスターに、天気キャスターの高見侑里が芸能キャスターにそれぞれ昇格。新たに三田友梨佳がスポーツキャスターに、曽田麻衣子が天気キャスターに、鈴木ちなみがココ調レポーターに起用。メインキャスターの佐野・皆藤以外大幅に担当変更という形になった。同時に平日版が大幅刷新に従いタイトルロゴも変更され、それまで独自だった一部テロップも全て平日版のものに統一された。また、平日版は同年4月2日から2014年9月26日まで司会を従来の2人体制から3人体制に変更していた(2014年9月29日からは2人体制に戻る)が、本番組は2人体制のままである(同じく同日より平日版はコメンテーターとして前刀禎明が出演開始したが、本番組ではコメンテーター枠の復活はなし)。

2013年4月6日より、平日版が20周年を迎えるにあたって、本番組もテロップを平日の2013年仕様に合わせた。その後、4月20日からは番組内の文字フォントが太字の新ゴから細字のゴナに変更された。また平日版で2013年1月から放送されている「紙兎ロペ」のショートアニメ等は本番組では実施せず、代わりに行楽情報などを多く盛り込むなどの工夫がされ、平日版に比べ家族向けの作りになっている。同年10月12日より平日版で行われている「めざましじゃんけん」を本番組でも開始(次述の事情から、6時台は「めざましじゃんけん」の実施がない)。

2013年9月28日を以ってお天気キャスターの曽田麻衣子が降板。2013年10月5日から新たにフジテレビ男性アナウンサーの木村拓也が起用された。

2014年3月29日を以ってメインキャスターの皆藤愛子と情報キャスターの中村光宏が降板。翌週の4月5日から長野美郷がメインキャスターと生田竜聖が情報キャスターとして起用された。

放送開始当初は全ネット局揃って7:00開始だったが、2005年4月2日より6:30、2006年4月1日より6:00とそれぞれ開始時間を繰り上げた。6時台は全編ローカルセールス扱いであるため、富山テレビ東海テレビでは7:00開始(飛び乗り)となっている[4][5]

平日、土曜、アクアに関わる、チーフプロデューサー(1)、プロデューサー(6)、プログラムディレクター(10)、ディレクター(120)、アシスタントディレクター(70)(カッコ内は人数、2014年現在)という「番組制作に携わるスタッフ全員が、いつでもまんべんなく同じ情報量を得られる仕組みづくり」として、反省会やネタ会議の議事録をメールで送る仕組みを導入している[6]

タイトルロゴ[編集]

  • 初代(2003.10 - 2005.3)葉っぱをイメージしたロゴ
  • 2代目(2005.04 - 2012.03)平日版と同じ、太陽をモチーフにしたもの
  • 3代目(2012.04 - 2013.03)平日版が2代目タイトルロゴ変更に伴い、同じ形態に変更。画面上部に3つのグミのような美しい色彩の玉があり、下部に「めざましどようび」のロゴ。
  • 4代目(2013.04 - )レイアウトは3代目と変わらないが、色調の微変更とロゴの文字フォントの変更。

めざましどようびメガ[編集]

2008年7月12日から、それまで土曜10・11時台にフジテレビと一部系列局で放送されていた『ハッケン!!』が会社全体の予算削減の流れを受け終了したことに伴い、『めざましどようびメガ』(10時台前半のみ)を新設することになった。初代メインは本編同様、福原・杉崎が担当し、コメンテーターにはケンドーコバヤシを起用。さらに、2009年4月からは話題のゲストを招く体制となった。

一部地域では関西テレビ制作『にじいろジーン』を間に挟んでの実質的な枠拡大が図られた。このような2部構成の形態となるのは『土曜一番!花やしき』以来のことである。『メガ』非ネット局では、引き続き自社制作の生情報番組や通販番組、フジテレビ系番組の遅れネットや、他系列の番販ネット、再放送番組などを放送した。当初非ネットから新規ネットを開始したり、当初ネットからネット打ち切りにする局もあった(ネット打ち切りの後にネットを再開させた局もあり)。また、富山テレビは本編は飛び乗りながら『メガ』(2011年4月2日からネット)をネットする異例の編成を行った(民放が3局以下の地域で『メガ』がネットされた唯一の事例でもある)。

また、『メガ』においても「週末めざまし君」がオープニングで登場して時刻を言う(9:55)。

2008年7月19日は、お台場冒険王ファイナルの開催初日のため、『メガ』は9:55 - 11:40まで放送。なお、フルネットしたのは、フジテレビ・仙台放送さくらんぼテレビ。このため、「芸能ショーケン」と「家電」と「占い」と天気予報が休止になった。

2009年2月14日の『メガ』の大半は、平日版の15周年イベント「元気のミナとも」の開幕の中継だった。 2009年4月の放送より、それまで『メガ』に出演していた高樹千佳子山縣苑子・松尾が降板。番組内容も若干ながらリニューアルを行った。

2010年10月から大幅リニューアルを実施し、サブタイトルを「NIPPONナンダーワンダー」とした。極東アジアの先進国として様々な文化・技術などを世界に発信するニッポン。日本に住む、日本に訪れる外国人はニッポンをどう見て感じて取っているのか外国人の目から見た今の日本を伝えていく情報番組へ変更された。また、この変更前までは番組の後半で天気予報のコーナーがあったがこの変更から天気予報のコーナーがなくなった。

2012年3月31日、最終回を迎えた。フジテレビ系列平日午後のワイドショー枠復活並びに『知りたがり!』の枠移動・拡大の影響を受けての終了である(フジテレビ系列平日午後のワイドショー枠は2013年9月で再度廃止)。同年4月7日よりフジテレビ(関東ローカル)は9:55 - 10:20に『ONE PIECE スペシャルエディション』、10:20 - 10:40に『生田くん、ハイ!』(『メガ』終了時点の出演者だった生田竜聖冠番組)を開始。これにより『THE WEEK』以来23年続いた土曜昼前の情報番組は一旦途切れることとなり(2013年10月12日より『世界HOTジャーナル』の開始を持って復活)、2013年秋改編まで関東地区における土曜10時台での生情報番組はTBS王様のブランチ』のみという状態にもなった。なお、『メガ』終了時点のメインキャスターだった佐野・山崎は、2012年4月より平日9:55枠の『ノンストップ!』に出演している(スタッフも一部携わっている)ほか、『メガ』晩年期のコーナーだった「イコクのつぶやき」は平日版(水曜日)に移して続行している。

終了時点の『メガ』ネット局は各自ローカル編成に移行した。『メガ』を最後に当該枠のフジテレビ同時ネットを行う局はなくなった。

出演者[編集]

※特記以外は全員フジテレビアナウンサー。

※氏名右に記号が表示されている出演者は以下の番組を兼務。

メインキャスター
情報キャスター
お天気
スポーツ
エンタメ
ニューヨーク中継(隔週担当)

ナレーション[編集]

現在
過去
  • 森功至(フリー。夏休みの際は石井康嗣が代理担当。現在は平日版を担当)
  • あおい洋一郎(フリー) - 主にスポーツニュース、「エンタマde R」担当
  • 阿部知代 - 「TOKYOセレブ マイ・フェア・グルメ」、「家電BUY‐KING」担当
  • 生野陽子 - 『メガ』の「MOTTOいまドキ新発売」担当
  • 笹谷陽子 - 『メガ』のみ
  • 水沢史絵 - 『メガ』の「食KING 万コック」担当

過去の出演者[編集]

歴代キャスター[編集]

メイン・天気・スポーツ・芸能[編集]

期間 メイン お天気 スポーツ エンタメ(芸能)
2003.10.4 2004.9.25 八塩圭子
伊藤利尋1
小林麻央 パンチ佐藤2 梅津弥英子 牧原俊幸
2004.10.2 2005.3.26 梅津弥英子
2005.4.2 2006.9.30 渡辺和洋1・2 小林麻央
2006.10.7 2007.3.31 山縣苑子 戸部洋子3・4
2007.4.7 2008.3.29 大澤亜季子 松尾翠4
2008.4.5 2008.9.27 福原直英5
杉崎美香4・5
中村光宏1
2008.10.4 2009.3.28 加藤綾子4
2009.4.4 2009.9.26 高見侑里4
2009.10.3 2010.9.25 福井慶仁
2010.10.2 2011.3.26 山﨑夕貴1・4・6
2011.4.2 2012.3.31 佐野瑞樹 皆藤愛子1・5
2012.4.7 2013.9.28 曽田麻衣子1 三田友梨佳1・4 高見侑里1・4・7
2013.10.5 2014.3.29 木村拓也
2014.4.5 現在 長野美郷1・7
  • 2011年3月まではメインキャスターが「FNNニュース」を担当。
  • 1 『めざましテレビ』を兼務(担当時期・ポジションは同番組の項目を参照)。
  • 2 芸能コーナーを兼務(パンチ佐藤は2005年4月以降)。
  • 3 情報キャスターも兼務。
  • 4 『めざにゅ〜』を兼務(担当時期・ポジションは同番組の項目を参照)。
  • 5 『メガ』には通常出演はしなかった[7](福原・杉崎は2010年10月以降)。
  • 6 『メガ』ではメインキャスターを担当。
  • 7 『めざましテレビ アクア』を兼務(担当時期・ポジションは同番組の項目を参照)。

情報キャスター・ニューヨーク中継担当[編集]

期間 情報キャスター N.Y.中継2
ニュース ココ調
2003.10.4 2004.7.31 渡辺和洋6 (不在) 福原直英
2004.8.7 2004.9.25 野島卓
2004.10.2 2005.3.26 杉崎美香3
2005.4.2 2005.6.25 戸部洋子3・4
高樹千佳子7
2005.7.2 2007.3.31 高樹千佳子7
2007.4.7 2007.9.29 高樹千佳子2
2007.10.6 2009.3.28 佐野瑞樹 久下香織子
2009.4.4 2010.1.30 加藤綾子3 高樹千佳子
2010.2.6 2010.6.26 宮瀬茉祐子
2010.7.3 2010.9.25 立本信吾
2010.10.2 2011.3.26 佐野瑞樹5 福井慶仁 長谷川豊
2011.4.2 2012.3.31 藤村さおり8 倉田大誠2
2012.4.7 2012.6.2 中村光宏2 鈴木ちなみ
2012.6.9 2012.6.23 久下香織子
2012.6.30 2012.8.18 川端健嗣 久下香織子
2012.8.25 2012.9.29 阿部知代
2012.10.6 2013.3.29 戸部洋子3・8
2014.4.5 現在 生田竜聖9 (不在)
  • 2011年4月以降は情報キャスター(ニュース)が「FNNニュース」を担当。
  • 1 『めざましテレビ』、『めざにゅ〜』を兼務。担当が2人の時期は隔週交代。
  • 2 『めざましテレビ』を兼務(担当時期・ポジションは同番組の項目を担当)。
  • 3 『めざにゅ〜』を兼務(担当時期・ポジションは同番組の項目を参照)。
  • 4 2006年10月からエンタメキャスターを兼務。
  • 5 『メガ』ではメインキャスターを担当。
  • 6 2004年4月から半年間、『感動ファクトリー・すぽると!&ニュース』を兼務。
  • 7 2006年9月まで『すぽると! WEEKEND SPECIAL』を兼務。
  • 8 「FNNニュース」のみ担当。『FNNスピーク』を兼務(戸部は2014年9月まで)。
  • 9 2014年10月より『FNNスーパーニュースWEEKEND』を兼務。
その他コーナー担当
  • 相川梨絵 - 「ヒットの神様」担当。
  • 加藤円夏 - 「めざうたコンペ」ナレーション担当(FM BIRD所属のDJ)。
  • 西山喜久恵 - 「どようびのわんこ」ナレーション担当。
  • 宮瀬茉祐子 - 「TOKYOセレブ マイ・フェア・グルメ」VTR出演。後任は戸部。
  • 戸部洋子 - 情報キャスターから復帰。「家電BUY‐KING」VTR出演。後任は高見。
  • 山縣苑子 - 初代「めざカルチャ」担当(2007年4月7日 - 2009年9月26日)
  • 松尾翠 - 2代目「めざカルチャ」担当(2009年10月3日 - 2011年3月26日)
  • 生田竜聖 - 「メガ」の1コーナーにてVTR出演。
  • 福井慶仁 - 「まんまみ~や」担当(2012年4月 - 2013年3月)。2012年9月まではVTR出演の他、スタジオのコーナー進行も担当したが、同年10月より『FNNスーパーニュースWEEKEND』との兼ね合いによりVTR出演のみとなる。

キャスター備考[編集]

コーナーごとの担当者の役割分担が明確でないため、コーナー担当の変更や兼任が多い。

  • メインキャスターは、以下の時期を除きニュースキャスターを兼務。
    • 2005年4月 - 2008年3月:8時台のみ渡辺が担当。
    • 2006年10月 - 2007年3月:松尾が担当(『めざにゅ〜』メインキャスターからの流れで)。
  • 情報キャスターの表以外の役割分担は、以下の通り。
    • 杉崎:主にニュース、トレンド情報、アンケートコーナーを担当。
    • 戸部:トレンド情報、芸能を担当。
    • 加藤:主にニュース「こちタメ」等の情報、『メガ』では「週間ビュー!わかっタワー」を担当。
    • 松尾:「めざまちエコクロック」ナレーションも兼務。
    • 佐野:主にニュース「こちタメ」等の情報を担当。
    • 倉田:主にニュース「ぐるるんアース」等の情報、『メガ』では「食KING 万コック」を担当。
  • スポーツキャスターのパンチは、スポーツ担当の枠を超え、番組全体のレギュラー出演者という役割で登場していた。
  • 芸能キャスターの牧原は、土曜朝の『FNNニュース』以来の登板。

キャスターの休業時代理[編集]

コメンテーター[編集]

放送時間[編集]

※フジテレビにおける放送時間。各ネット局の放送時間は以下の項目を参照。

めざましどようび
  • 7:00 - 8:30(90分、2003年10月4日 - 2005年3月26日)
  • 6:30 - 8:30(120分、2005年4月2日 - 2006年3月25日)
  • 6:00 - 8:30(150分、2006年4月1日 - 現在)
めざましどようびメガ
  • 9:55 - 10:40(45分、2008年7月12日 - 2012年3月31日(最終回))

放送時間の短縮の事例[編集]

ネット局[編集]

めざましどようび・めざましどようびメガネット局
放送対象地域 放送局 系列 本編放送時間 メガの放送の有無(最終回時点)
関東広域圏 フジテレビジョン(CX)
制作局
FNS系列 土曜
6:00 - 8:30
あり
北海道 北海道文化放送(uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT) なし
山形県 さくらんぼテレビ(SAY) あり
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST) なし
長野県 長野放送(NBS) あり
静岡県 テレビ静岡(SUT) なし
富山県 富山テレビ(BBT) 土曜
7:00 - 8:30[12][5]
あり
石川県 石川テレビ(ITC) 土曜
6:00 - 8:30
なし
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK) 土曜
7:00 - 8:30[13][5][14]
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) 土曜
6:00 - 8:30
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN) あり
熊本県 テレビくまもと(TKU) なし
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) FNS/NNN/ANN
(トリプルネット)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) FNS系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

なお、『めざましどようびメガ』の基本放送時間は毎週土曜日9:55 - 10:40であった。

現在のタイムテーブル[編集]

※2014年4月現在、デジタル放送は数秒遅れ、ワンセグ放送はさらに数秒遅れ。
めざましどようび本編
時刻 コーナー・放送内容 備考
6:00.00 時報→オープニング
  • マスコットキャラクター「めざましくん」が時刻を伝えつつタイトルロゴが表示された後、画面が切り替わり挨拶・トーク・今日のメニュー紹介へと入る。
6:04頃 天気予報(6時台前半)
  • 本日の天気予報を木村が伝える。
6:06頃 NEWS ON[15][16]
  • 佐野・長野が注目の最新ニュースを伝える。
  • 平日版に比べ行楽や観光地の紹介などのコーナーが多い。
  • ナレーションは生で伝える最新項目はメインキャスターが、その他の行楽情報などはあんべあつしが担当。
6:16頃 朝刊紹介
  • 中村が当日の朝刊から、新聞休刊日はスポーツ紙から気になる注目記事を紹介する。
6:19頃 めざスポ
  • 三田によるスポーツニュースコーナー。
  • 平日版に比べて時間が長めで、取材や特集などのコーナーが盛り込まれている。
  • コメントは佐野と長野が行う。
6:30頃 OH!めざめエンタ サタデー
  • 高見によるエンタメニュースコーナー。
  • 最新エンタメ情報やイベント開催情報などを伝える。佐野と長野がコメントする。
6:40頃 コレぐぅ~
  • 平日でもほぼ同じ時間に放送されているランキングコーナー。
  • 土曜日は映画に関するランキングを紹介する。
6:42頃 ちょっとユリみち
  • 「コレぐぅ~」で紹介された映画の中から最も注目度の高い映画をクローズアップし、その映画にかかわる人物の元に高見が取材に行くコーナー。
6:46頃 ちなみやげ
6:47頃 天気予報(6時台後半)
  • 本日の天気を伝える。
6:49頃 テンションMAXハイ&ロー
  • 街の人々にゲストのイメージを調査。メインキャスターの長野美郷とともにゲストのテンションが上がる(ハイ)回答、下がる(ロー)回答のVTRを観てトークするコーナー。
6:59頃 きょうの占い・カウントダウン
  • 『めざまし』シリーズでお馴染みの占いコーナーで、平日と同様、1位→2位→(中略)→12位という感じのカウントアップ形式。
  • フォーマットは平日の7時前のものと同じだが、2013年3月までは当核時期、平日版の6時前の占いと同じフォーマットだった。
6:59:55 5秒間カウントダウン
  • 平日版の5時半前と同じ。
7:00 めざましNEWS(FNNニュース)
  • 戸部・生田によるニュースコーナー。報道局(FNN)主導のニュース枠。
  • BBT、THKはこの時間から開始[5]
  • 本番組は基本的に6:48頃からめざまスカイからだが、この最初の方とニュースのみV9スタジオからになっている。
  • この時間のニュースはFNNニュースのホームページにもアップされている。
7:09頃 天気予報(7時台前半) →めざましじゃんけんウィークリー
  • 全国の天気予報を伝える。
  • その後じゃんけんを行う。(やり方は平日版と同じ)
7:13頃 めざましツイートランキング
  • 1週間がわかる!わかる!ツイートの数でわかるランキング
7:33頃 CHANGE THE WORLD
  • 藤原倫己が体当たりで日本で学ぶ外国人に迫っていくコーナー。
7:50頃 天気予報(7時台後半)
  • 全国の天気予報を屋外から伝える。
7:50頃 8時またぎ(情報コーナー)
  • 特にタイトルが付けられていないが、平日版のめざましSEVENに内容が似たワイドショー系コーナー。
  • ニュース、スポーツ、芸能情報など、最新の情報を伝える。
  • ナレーションはそれぞれのジャンルに合わせ、スポーツは三田、芸能は高見、その他はあんべあつしが担当。
8:20頃 どようびのにゃんこ
  • 平日版「きょうのわんこ」の兄弟コーナーで、一匹の猫についてクローズアップしている。
  • ナレーションは奥寺が担当。
  • 不定期で「どようびのにゃんこスペシャル」を7:12枠で放送する場合があり、その場合同時刻の元々の企画は休止となる。
8:24頃 天気予報(8時台) →めざましじゃんけんウィークリー
  • 本番組の一日の流れでは5番目、最後の天気予報。
  • じゃんけんはこの週で最後の回となる。(1週間あたり月~金で3×5+土2で累計17回)平日版と異なりじゃんけんが終わった後でCMが入る。
  • この後のCMは必ず「ふじびじ」(インフォマーシャル、フジテレビのみ)が放送される。
8:27頃 今日の占いCOUNTDOWN HYPER・エンディング
  • 本番組では1日の放送で2回目の占いコーナーで、平日のものと同じく、テーマソングをBGMに投稿写真を流れる形式で、エンディングテーマ的な占いコーナー。
  • 本番組ではエンドロールおよび制作局の表示が無く、最後はお台場上空の映像を背景に番組タイトルロゴが表示されて番組が終了。
  • この後『にじいろジーン』の生予告ジャンクションが流れ、ステーションブレイクへ。
時刻 放送内容 備考
かつての「めざましどようびメガ」のタイムテーブル
9:55 オープニング
9:56 イコクのつぶやき
10:15 ナンダーワンダー
10:28 食KING万コック
10:38 エンディング
10:39.00 終了

過去のコーナー[編集]

  • しあわせのおねだん
  • お景気予報
  • めざましお金道場
  • ヒットの神様(2003年10月 - 2004年9月。2004年3月以前は相川がこのコーナー専門の担当だった)
  • ハヤリ!スタリ!シタリ!(2004年4月 - 2004年9月。元ニュース担当の渡辺が担当していた)
  • 恋するお天気→まおのおでかけお天気(2003年10月 - 2004年9月。小林が中継で天気を)
  • マッキーのエンタメ塾(2003年10月 - 2004年9月。牧原による芸能情報)
  • 感動ザクザク!すごすぎ!スポーツ(2003年10月 - 2005年3月。梅津が担当)
  • スライド新聞 注目はこれだ(杉崎美香が担当)→スライドニュース→めざましNEWS-Sixに発展
  • それでわかったウケてる理由(2004年10月 - 2005年6月。伊藤が進行していたが、戸部に担当変更)→2005年7月から「トレンド・ココ調」に
  • めざましセブン30、めざましエイト(フラッシュ形式でニュースを紹介)* めざましおみくじ(2003年10月 - 2004年9月)
  • 週末レジャー占い(2004年10月 - 2005年3月。中継先の模様と合わせて紹介)
  • 絶景!日本のベストびゅ〜(2004年10月 - 2005年9月。中継局からの名所・絶景を紹介)
  • 週刊ロバ耳マダム(2005年4月 - 9月、渡辺が週刊誌の話題を紹介、追跡VTRなどで話題を膨らませている)
  • 朝イチアンケート みんなはど〜よ〜(2004年10月 - 2005年12月。番組独自にニュースに沿ったアンケートを実施し付随した情報を入れ込みながら紹介。担当は杉崎→戸部)
  • 早耳トレンドNo.1プレミアム(2005年4月 - 12月。各界のセレブが行きつけの店を自ら紹介する、TOKYOセレブ出没マップの前身、スタジオでは八塩・戸部・小林が試食をするが、戸部が試食の際に見せる面白い顔が評判になる)
  • めざまし体操(2004年10月 - 2005年9月。パパイヤ鈴木の振り付けによる「手のひらを太陽に」の体操を全国各地から生中継)
  • まおのフレッシュホリデー(2004年10月 - 2006年9月。小林が季節の食材を使ったレシピ・健康法等を紹介。パンチ・伊藤がフォローする)
  • OH! WAKU50(2006年4月 - 9月。ココ調・スポーツ・エンタメをひとくくりにして大きなコーナーとして編成)
  • ニュースファイル・ここがシグナル(1週間の話題のうち気になる話題を伊藤が紹介、江上が解説。2006年3月までは7時台にあった)
  • サタ生NY
  • どようびのわんこ(2005年9月までは8時前にあった。平日版のコーナー「きょうのわんこ」の土曜版)
  • 週刊スポーツパンチ
  • NAMA-WAKU(2006年4月 - 2007年3月)
  • トレンド・ココ調(2005年7月 - )
  • Oh!ダイバWaミドリフレ(2007年4月 - 9月)
  • ニュース-ing( - 2009年3月)
  • めざ・まち エコクロック
  • MOV-INGジャパン( - 2010年3月)
  • サキユキエンタ(2010年10月 - 2012年3月)
  • 週間ビュー! わかっタワー( - 2010年9月)※メガのみ
  • トリメシ( - 2010年9月)※メガのみ
  • 週末めざまし占い( - 2012年3月)※メガのみ
  • イコクのつぶやき( - 2012年3月)※メガのみ 2012年4月~、平日版水曜日の「OH!めざめエンタプレミアム」水曜日企画へ移行
  • ナンダーワンダー( - 2012年3月)※メガのみ
  • 食KING万コック( - 2010年9月)※メガのみ
  • やったらどうなる!?こちタメラボ(2010年4月 - 2011年3月)
  • めざカルチャ★(2007年4月 - 2011年3月。リポーターが各地を旅する。リポーターはコーナー開始時から2009年9月までは山懸が、2009年10月からコーナー終了時までは松尾が担当。温泉地を訪ねることも多いが、入浴シーンはない)
  • おためしトラベラーぐるるんアース( - 2012年3月)番組ADが様々な疑問や現象をお試ししながら各地を旅する。基本的には日本のみならず海外も旅することが多い。
  • MOTTOいまドキメガ→MOTTOいまドキ新発売(2008年7月 - 2012年3月)
  • まんまみ~や(観光地や新名所をよりよく楽しめるようにと「まんまカメラくん」なるキャラが注目のものを取材するコーナー。2012年4月 - 2013年3月)
  • めざまスカ愛ルーム(皆藤愛子が部屋をゲストを招き入れるトークコーナー。2012年4月 - 2014年3月)
  • OH!ジャパンダフル (各国の外国人に日本の技術の素晴らしさを伝えるロケコーナー。2013年4月-2014年3月)
  • ココ調TOP OF THE WORLD (*鈴木ちなみが出演する海外ロケコーナー。テレビ大分では2014年4月から同コーナーを独立番組として放送している。2012年4月-2014年3月)

テーマ曲[編集]

「めざましどようび」歴代テーマ曲
歌手名・
ユニット名
曲名 使用期間 備考
PE'Z WONDERFULDAYS 放送開始 - 2004年6月26日 アルバム「極月-KIWAMARI ZUKI-」に収録。
wonderful saturday 2004年7月3日 - 9月25日 アルバム 「スズ虫」 に収録。
大塚愛 ふたつ星記念日 2004年10月2日 - 2005年3月26日 アルバム「LOVE JAM」に収録。
倉木麻衣 P.S.♡MY SUNSHINE 2005年4月2日 - 6月25日
TUBE ジラされて熱帯 2005年7月2日 - 9月24日 2005年7月23日放送時、同ボーカルである前田亘輝の暴力団パーティー出席問題でテーマ曲の放送を取り止め(この1週のみ)。
ゆず 陽はまた昇る 2005年10月1日 - 12月24日
ZARD カラッといこう! 2006年1月7日 - 3月25日
僕道1号 名の無い色 2006年4月1日 - 6月24日 第1回めざうたコンペで決定した。
ちめいど 猫背のうた 2006年7月1日 - 9月30日 第2回めざうたコンペで決定した。
ナナ・イロ たからもののうた 2006年10月7日 - 12月30日 第3回めざうたコンペで決定した。
★ジョージ★ ゆびきり 2007年1月6日 - 3月31日 めざうたコンペ・FINALで決定した。
キグルミ ダンシング・シスター 2007年4月7日 - 6月30日
mihimaru GT ビバケーション 2007年7月7日 - 9月29日
伊藤由奈 Colorful 2007年10月6日 - 12月29日
広瀬香美 サタデー☆ラバーズ 2008年1月5日 - 3月29日
GReeeeN 地球号 2008年4月5日 - 9月27日 2008年7月12日放送分から2012年3月31日放送分まで『めざましどようびメガ』のテーマソングを兼ねている。
FUNKY MONKEY BABYS 2008年10月4日 - 2009年3月28日
キマグレン 海岸中央通り 2009年4月4日 - 9月26日
青山テルマ OH BABY 恋していたい 2009年10月3日 - 2010年3月27日
BIGBANG HANDS UP 2010年4月3日 - 9月25日
KARA ジャンピン 2010年10月2日 - 2011年3月26日
西野カナ Clap Clap!! 2011年4月2日 - 9月24日
miwa ふたりのサタディ 2011年10月1日 - 2012年3月31日
flumpool 君をつれて 2012年4月7日 - 9月29日 シングル「Answer」に収録。
One Direction Live While We're Young 2012年10月6日 - 2013年3月30日
ももいろクローバーZ 仮想ディストピア 2013年4月6日 - 2013年9月28日
インストゥルメンタル 「(タイトル不明)」 2013年10月5日
ゴールデンボンバー あの素晴らしい朝をもう一度 2013年10月12日 - 2014年3月29日 シングル「101回目の呪い」に収録。
遊助 Sunshine 2014年4月5日 - 2014年9月27日
「きみ」 2014年10月4日 - 現在

スタッフ[編集]

  • 構成:下尾雅美たむらようこ鍵谷真二
  • PD(プログラムディレクター):三嶋良典
  • プロデューサー:池田匡夫(フジテレビ情報制作センター) ほか
  • チーフプロデューサー:角谷公英(フジテレビ情報制作センター)

過去のスタッフ[編集]

問題となった放送[編集]

2012年10月13日放送分の冒頭で、直前まで行われていた「国際親善試合 日本-フランス」(フジテレビ系列28局で生中継。本番組フルネット局ではそちらと連続放送)の試合結果を伝えた際、実際は日本が勝利したのにもかかわらず「超速報!ザックJAPAN 強豪フランスに惜敗」と誤った内容のテロップを表示した[17](富山テレビと東海テレビでは本番組6時台が未ネットであるため、このシーンは放送されず)。

脚注[編集]

  1. ^ 2011年11月5日から実施。それ以前はモノラル放送およびモノステレオ放送を実施した。
  2. ^ テレビ大分では当該枠は日本テレビ系列のマストバイ対象枠であり、『ズームイン!!』シリーズ(平日(月-金):『ズームイン!!朝!』→『ズームイン!!SUPER』→『ZIP!』/土曜:『ズームイン!!サタデー』)をネット受けしている。
  3. ^ 当時フジテレビアナウンサー。
  4. ^ 平日版における第1部の5:25 - 5:55も2013年9月27日までローカルセールス扱いとなっており、かつては5:55からの飛び乗り放送としている局もあったが、2013年6月までに通常時の飛び乗り局はなくなった。その後、2013年9月30日からは第1部・第2部のいずれも、全編ネットセールスに変更された。
  5. ^ a b c d ただし、非常事態等発生により『FNN報道特別番組』が組まれた場合や前座番組が6:00を過ぎて終了するサッカーなどのスポーツ中継の場合などは、臨時フルネットとなる場合がある。
  6. ^ 角谷公英(チーフプロデューサー). “総勢220人、「めざましテレビ」生放送を支える会議と共有のしくみ”. 広報会議. 2014年8月29日閲覧。
  7. ^ ただし、山崎が出演できない時に代理司会を務めたことがある。
  8. ^ 芸能コーナーも兼務。
  9. ^ 司会である佐野の夏休みに伴い、中村の司会代行によるもの。
  10. ^ 担当の、中村の夏休みに伴うもの。「まんみみ~や」担当の福井も夏休みに伴い兼任。本番組降板以来、半年ぶりの出演。
  11. ^ この2週に関しては、8:00を跨ぐ土曜朝の地上波且つ全国ネットの土曜朝の番組は皆無であった。
  12. ^ 6:00(5:55) - 7:00には『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(テレビ東京制作)、『フジテレビ日曜朝9時台前半枠のアニメ』(現:『ドラゴンボール改』)、天気予報を放送している。
  13. ^ 6:00(5:55) - 7:00には『別冊!スタイルプラス 仕事人と街を訪ねて』、『キュン!』、『Go!Go!チャギントン』、『すくすくぽん!』を放送している。
  14. ^ 2013年12月28日放送分(同年内最終放送)は臨時フルネットを行う。
  15. ^ 2006年4月から2008年3月までは「NEWS FRONT LINE」・「新聞FRONT PAGE」とコーナーが分割されていたが、2008年4月から改題・統一。
  16. ^ 2012年3月30日までは「めざましNEWS ON」というタイトルで放送されていた。
  17. ^ http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/47356/ 東スポWeb(2012年10月13日)

外部リンク[編集]

フジテレビおよびFNN系列 土曜朝のFNNニュース
前番組 番組名 次番組
めざましどようび
(めざましニュース)
---
フジテレビ系列 土曜朝の情報番組枠
土曜一番!花やしき
(1998年4月4日 - 2000年3月25日)
※廃枠期間は「FNNニュース」を放送
めざましどようび
(2003年10月 - )
---
フジテレビ 土曜10時台の情報番組
ハッケン!!
※9:55 - 11:40
めざましどようびメガ
(2008年7月 - 2012年3月)
(廃枠)
※『世界HOTジャーナル』で復活
フジテレビ 土曜9:55 - 10:40枠
ハッケン!!
※9:55 - 11:40
めざましどようびメガ
(2008年7月 - 2012年3月)