ワン・ダイレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワン・ダイレクション
One Direction
2013年}
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス/アイルランドの旗 アイルランド
ジャンル ポップポップ・ロックティーン・ポップ
活動期間 2010年 -
レーベル Syco、コロンビア
公式サイト onedirectionmusic.com
メンバー
ナイル・ホーラン
ゼイン・マリク
リアム・ペイン
ハリー・スタイルズ
ルイ・トムリンソン

ワン・ダイレクション英語: One Directionまたは略称で1Dと呼ばれる)は、イギリスの旗 イギリスおよびアイルランドの旗 アイルランド出身の5人組のボーイ・バンド

概要[編集]

Xファクター」第7シーズンの「Boys」部門にそれぞれ別々にエントリーしていた5人がサイモン・コーウェルにより見出されグループを結成し、彼のレーベルであるSycoと契約。後に、コロンビア・レコードと契約した。ワン・ダイレクションが出演した「Xファクター」第7シーズンは、シリーズ最高平均視聴率をレコードしている。

デビュー・アルバムの「Up All Night」は、イギリス出身のアイドルのデビューアルバムとして、ビルボードチャートで1位を獲得した[1][2]。また、スパイス・ガールズのデビュー・アルバム「Spice」はビルボードで4週連続1位を記録したが、初登場は6位で、後に1位を獲得したのは14週目だった。

ジャスティン・ビーバーは、「ラヴリーなルックスも良いし、かれらのメロディアスでドリーミィな声もグッドだね。それにイギリス訛りが加わったら、アメリカ中の女の子が夢中になるのは子供がポテチを好きになるより簡単なことさ」と語っている[3]

デミ・ロヴァートは、webチャットで理想のボーイフレンド像を問われ「ステレオタイプなボーイバンダーのミスターNiallかな」と語った[4]

ルイは「ハリー・スタイルズと自分が仲が良いし、実際デートしたこともあるんだ」とアメリカのラジオに出演した際に真顔で話し、プレゼンターを困惑させた[5]。それを聞いたゼインも「自分とハリーが見つめ合っている動画を集めて、ラヴソングを流している奇妙なものを見たことがある」と笑って話すと、ハリーが「それは興味深いね」と真剣に答えた。[6]

オーストラリアのTV番組に出演した際に、ナイルがオーストラリア、イギリス、ニュージーランドでは人気のある食べ物であるベジマイトをのせたトーストを食べた。「おえっ、こんなもん食えるか」と言い放ち、Niallはほとんど食べ残したが、それを番組側がチャリティーオークションに出品。100円からスタートしたトーストは、eBayで約900万円で落札された[7]

2012年4月、ワン・ダイレクションが参加していたレッド・カーペットに乱入し、ダンスしていたルイにフレンチキス(ディープキス)をしようとした男が警備員に連行される犯罪事件が発生した[8]。ルイは驚愕のあまり顔を伏せたため、キスを避けられた。

オーストラリアのメルボルンと、ニュージーランドのウェリントンには、ワン・ダイレクションのグッズ・ストア「One Direction store」がオープンしている。オープン日にはオープニング・アワーズからファンが詰めかけ、グッズを手にしたファンが興奮のあまり次々とドミノ倒しになる姿がレポートされた[9]

サタデー・ナイト・ライブ」に出演した際は、彼らの姿を一目見ようとニューヨークのスタジオ前にファンの福袋を持った行列ができた。一ヶ月前からスタジオ前で寝泊まりしているというトップの男性は、「あたかもJedwardが来たときのようだ」と興奮していた[10]

カナダのTV番組に出演した際は、スタジオの外に2000人を超えるファンが集まり溢れる人でベンツが一切通れなくなった為に、やむを得ずスタジオ前の道路が封鎖されてしまった[11]

熱心なファンを「"ダイレクショナー"(directioner)」という。

また、彼らの事をあまり知らないファンは、「"ダイレクショネイター"(directionator)」と呼ばれている。
また、略されていうこともあり強烈なファンのごく一部は「″ダイアナ″(dir)」とも呼ぶ。[12][13][14]。また2012年に、ハリーとデートしていると噂になった女性およびナイルと交際していると噂になった女性が、正気を失ったファンから膨大な量の脅迫および誹謗中傷を受け、やむなくアカウントを削除した。

2012年にコンサートDVDである「Up All Night – The Live Tour DVD」を発売。アメリカ、UK、カナダ、フランス、スペイン、ブラジル、トルコ、アルゼンチンなどを始めとする世界25カ国で初登場1位を記録した[15]。またアメリカでは同週でビルボードで1位であったジョン・メイヤーのアルバム「Born and Raised」より多く売上げた。DVDの1位がCDアルバムの1位より枚数が多い週は、ビルボード史上初めてのことであった[16]

2012年8月にはロンドンオリンピックの閉会式典に出演した。

2012年10月にはシングル「Live While We're Young」をリリース。全米ビルボード・シングルチャート(Billboard Hot 100)で初登場3位を記録した。これは、イギリスのグループ初登場順位としては史上最高位の成績であり、また全体(ソロアーティスト含める)でも、エルトン・ジョンダイアナ妃の追悼で発表した「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」(初登場1位、その後14週間1位を記録)に次ぐ成績であった。またこの楽曲は日本では「めざましどようび」の主題歌に、アメリカではワン・ダイレクションのメンバーが出演するペプシコーラのCM曲に起用された。

2013年1月に初来日。「ミュージックステーション」にライヴ出演し、プレゼンターのタモリの後ろでおどけた仕草を見せる等番組をエンジョイする姿を見せた。11月には2度目の出演を果たした。このTV出演後アルバムの売り上げが急上昇し、2月4日付オリコン総合週間アルバムランキングのTOP10に「テイク・ミー・ホーム」「アップ・オール・ナイト」の2作が同時にランクインした。日本において海外の男性アーティストの2作がTOP10にランクインするのは、1992年のブルース・スプリングスティーン以来、4年1ヶ月ぶりのことであった[17]

2013年には、チャリティシングル「One Way or Another (Teenage Kicks)」を発表(ブロンディ (バンド)の「One Way or Another」と、ザ・アンダートーンズの「Teenage Kicks」のマッシュアップカバーである。)。チャリティにより多くの額を送付するためのコストを抑えようと、PVにはメンバー自らフィルミングした映像が使われている。ニューヨーク、東京、ロンドン、ガーナでの撮影が行われ、また英国首相のデビッド・キャメロンもゲスト出演している。

2014年には、NTTドコモのスマートフォンのCMに出演している。

2014年2月8日には、日本でも公式ストア1D WORLD JAPANが東京・大阪にオープンしている。

1D WORLD TOKYO

グループ名『One Direction』の名付け親は、ハリーである。

ゼインいわく「ハリーが『ワン・ダイレクション』ってネームを思いついたんだ。だって我々はアイドルとして、ラッズでワンダイレクションに向かっていたから。」という意味で決めたとフラッシュバックしたシーンが、アイルランドエディションのリミテッドDVDにフィーチャーされている。

メンバー[編集]

  • Niall Horan ナイル・ジェームス・ホーラン(Niall James Horan 1993年9月13日(21歳))
    ナイル
    アイルランドの旗 アイルランドウェストミース州出身。身長170㎝。目の色は青。左利き、兄がいる[18]
    「Niall」は、ゲール語であり、「ナイル」という発音ではない(/ˈniː.əl/ もしくは /ˈnaɪl/)。子供の頃にクリスマスプレゼントで貰ったギターに夢中になり、以来ギターの演奏が特技[19]
    デビュー前からジャスティン・ビーバーは尊敬する憧れの人。
    メンバーで唯一タトゥーを入れていない。
    食べることが大好き。
  • Zayn Malik ゼイン・ジャヴァッド・マリク(Zain Javadd Malik 1993年1月12日(21歳))
    ゼイン
    イングランドの旗 イングランドブラッドフォード出身。身長173㎝。目の色はヘーゼル。母パトリシアはイギリス人、父デヴリンはパキスタンの旗 パキスタンイギリスの旗 イギリス人。姉妹が3人いる。本名は「Zain」であるが、芸名を「Zayn」としている。
    イギリスの歌手レベッカ・ファーガソン英語版と4ヶ月だけデートしていたことがある[20]
    ダンスが苦手で、X Factorでのダンス・ジャッジ間際に震え上がってバックステージから逃亡した不名誉な経歴がある[21]
    身体に18のタトゥーを入れている。
    2012年5月頃よりリトル・ミックスのペリーと交際。ペリーは自身も歌手であるため以前はTwitterでファンと片手間に交流していたが、ゼインと交際を始めてからはダイレクショナーたちから膨大な数の殺人脅迫を受け、Twitterを削除している[22]
    2013年8月に婚約を発表。
  • Liam Payne リアム・ジェイムス・ペイン(Liam James Payne 1993年8月29日(21歳))
    リアム
    イングランド・ウルヴァーハンプトン出身。身長176㎝。目の色はブラウン。ニコールとキャスという2人の姉がいる[23]
    14歳の時に「X Factor」の第5シーズンに出場し、サイモン・コーウェルに「君はまだ歌が歌えないから、また来てほしい」と言われる。2年後に再びエントリーしたオーディションで「クライ・ミー・ア・リバー」を歌い、絶賛された。
    「出来るだけヘルシーでいたいから、飲むのは嫌いだ[24]」という生真面目な性格で、グループの父親的な存在だという[25]
    ボイスパーカッションを得意としており、コンサート等で披露している。
    元は音楽カレッジの生徒であり[26]ピアノギターを弾くことができる。
    ソフィアという、モデルのガールフレンドがいる。
  • Harry Styles ハリー・エドワード・スタイルズ(Harry Edward Styles 1994年2月1日(20歳))
    ハリー
    イングランド・チェシャー州出身。身長178㎝。目の色はグリーン。最年少。笑うとできるえくぼがチャームポイント。ジェマという姉が1人いる[23]
    X Factorのオーディションにエントリーする前は、クラスメイトと「ホワイト・エスキモー」というバンドを組んでいた[27]
    多数のタトゥーを入れている[28]
    X Factorのシーズン終了後、メンバーのルイとグラスゴーにフラットをレンタルして同居していた[29]。「Xファクターでのブートキャンプ中に僕とルイはとても気が合ったので、このオーディション番組が終わったら一緒に住もう、ってずっと話してたんだよね。んなもんで、そうなったのは、ま、自然なことさ」[30]と語っている。またテイク・ザットのメンバーであり、その後ソロ活動で成功したロビー・ウィリアムスは、「(一番人気のある)ハリーは人気があるうちにバンドを辞めて、とっととソロデビューすべきだ」と語っている。「おれは14歳くらいの頃、ジョージ・マイケルを見て、そろそろあのポジションが空くぞって考えたんだ。だからハリーも俺を見て、あいつは丘を越えてる("over the hill"最盛期をすぎてるという意味)からあのポジションは狙い目だって思うべきだね」と語っている[31]
    デビュー前は地元のデイリーでアルバイトをしていた。
    『One Direction』の名付け親。
  • Louis Tomlinson ルイ・ウィリアム・トムリンソン(Louis William Tomlinson 1991年12月24日(22歳))
    ルイ
    イングランド・サウス・ヨークシャードンカスター出身。身長173㎝。目の色はブルー。最年長のメンバーにして、プランク好き。ファンからは、親しみを込めて「ルー」と呼ばれることも多い。フル・ネームはルイ・トロイ・オーステンである[32][33]。産まれてすぐに父親のトロイ・オースティンと母親のジョハンナ・ポールストンが離婚し、母親は再婚したが、現在も父親サイドのファミリーネームを名乗っている。父親違いの4人の姉妹がいる(うち2人は双子)[34]。双子の姉妹は、ドラマに出演したことがある。ルイ自身もアクターズスクールに通っていたことがあり、アクターとしてITVBBCのドラマに出演したことがある[35]
    ピアノを演奏することができる[36]
    エレノア・カルダーというガールフレンドがいる[37][38]
    2013年8月2日Sky Sportsのスカイニュースによると、出身地のドンカスターに所在しフットボールリーグ・チャンピオンシップに所属するドンカスター・ローバーズFCに所属することが明らかとなった。[39]

ディスコグラフィー[編集]

ディテールはワン・ダイレクションの作品英語版を参照

アルバム[編集]

発売日 収録曲 備考
2012年8月8日 オリコン初登場6位、登場回数99回
認定
オーストラリア (ARIA) 4× Platinum
ブラジル (ABPD) Platinum[40]
カナダ (Music Canada) 2× Platinum
チリ (IFPI Chile) Gold[41]
デンマーク (IFPI Denmark) Gold[42]
フランス (SNEP) Gold[43]
ギリシャ (IFPI Greece) Gold[44]
アイルランド (IRMA) 3× Platinum
ポートガル (AFPT) Gold[45]
イタリア(FIMI) Platinum
メキシコ (AMPROFON) 4× Platinum[46]
ニュージーランド (RIANZ) 3× Platinum
ポーランド (ZPAV) Gold[47]
スペイン (PROMUSICAE) Gold[48]
スウェーデン (GLF) Platinum[49]
アメリカ (RIAA) Platinum[50]
ベネズエラ (APFV) Gold[51]
日本 (オリコン) Gold


発売日 収録曲 備考
2012年11月14日 オリコン初登場2位、登場回数21回
認定
アルゼンチン (CAPIF) Platinum[52]
オーストラリア (ARIA) 2× Platinum[53]
カナダ (Music Canada) 2× Platinum[54]
デンマーク (IFPI Denmark) Platinum[55]
フランス (SNEP) Platinum[56]
ギリシャ (IFPI Greece) 2× Platinum[44]
ハンガリー (MAHASZ) Gold[57]
アイルランド (IRMA) 3x Platinum[58]
イタリア (FIMI) Platinum[59]
マレーシア (RIM) Platinum [60]
メキシコ (AMPROFON) 3× Platinum+Gold [46]
オランダ (NVPI) Platinum[61]
ニュージーランド (RIANZ) Platinum[62]
ポーランド (ZPAV) Platinum[63]
ポルトガル (AFP) Platinum[64]
スペイン (PROMUSICAE) Platinum[65]
スウェーデン (GLF) Platinum[66]
イングランド (BPI) 2× Platinum[67]
アメリカ (RIAA) Platinum[50]
ベネズエラ (APVF) 2× Platinum[68]
日本 (オリコン) Gold
発売日 収録曲 備考
2013年11月27日 オリコン初登場3位、登場回数17回。

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年4月3日 ワン・ウェイ・オア・アナザー(ティーンエイジ・キックス) SICP-3811 オリコン初登場15位、登場回数8回。
2nd 2013年8月21日 ベスト・ソング・エヴァー SICP-3878 オリコン初登場27位、登場回数8回。

ツアー[編集]

  • Up All Night Tour (2011–12)
  • Take Me Home Tour (2013)
  • Where We Are Tour (2014)
  • On The Road Again Tour (2015)

日本公演[編集]

  • One Direction ON THE ROAD AGAIN TOUR 2015
    • 2015年2月24日:京セラドーム大阪
    • 2015年2月25日:京セラドーム大阪
    • 2015年2月27日:さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
    • 2015年2月28日:さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
    • 2015年3月1日 :さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
    • 2015年3月2日 :さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)

オフィシャル・ストア[編集]

1D WORLD Leeds

世界で展開されているオフィシャル・ストアの正式名称は1D WORLD。2012年2月にヨーロッパのストックホルムからスタートして期間限定のイベント・ストアとして運営され、販売形態もコンサート会場での販売方式(商品見本を壁に貼り付け、その番号をレジに伝えて商品を渡してもらう方式)がとられていた。オーストラリアでは2012年12月から2013年1月にかけてROAD TRIP STOREというトラックを店舗とした移動販売の方式でオーストラリア全土をまわっていた。 日本では2014年2月8日東京と大阪に1D WORLD JAPANがオープンしている。

フレグランス[編集]

Our Moment

フィルモグラフィー[編集]

テレビ
タイトル Role Notes
2010 Xファクター (テレビ番組) Contestant 第7シーズン(3位)
2011 ITV2 Special, One Direction: A Year in the Making[69] Themselves Biography of the group since finishing third on The X Factor in 2010
2012 サタデー・ナイト・ライブ[70] Musical Guest Sofia Vergara/One Direction (Season 37, episode 720)
アイ・カーリー
iCarly[71]
本人役 第6シーズン第2話(日本語版第95話)「1Dがゲスト(iGo One Direction)」。「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」を歌唱。
2012 Up All Night – The Live Tour DVD[72] Themselves The video concert DVD was recorded as a part of One Direction's Up All Night Tour at the International Centre in Bournemouth

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
JOHN URBANO GOTTA BE YOU」「WHAT MAKES YOU BEAUTIFUL
VAUGHAN ARNELL KISS YOU」「LIVE WHILE WE'RE YOUNG
DECLAN WHITEBLOOM ONE THING
BEN WINSTON STORY OF MY LIFE
不明 BEST SONG EVER」「LITTLE THINGS」「ONE WAY OR ANOTHER

受賞[編集]

ノミネート カテゴリー 結果
2011 One Direction 4Music Awards Best Group 受賞[73]
Best Breakthrough 受賞[73]
What Makes You Beautiful Best Video 受賞[73]
2012 ブリット・アワード Best British Single 受賞[74]
One Direction キッズ・チョイス・アワード Favorite UK Newcomer 受賞[75]
Favorite UK Band 受賞[75]
2014 One Direction MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード 最優秀ポップ賞 受賞[76]
最優秀ライブ賞 受賞[76]
No.1ファン賞 受賞[76]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “One Direction make history as first UK group to hit No.1 spot in the US album charts with debut”. Sarah Fitzmaurice (Daily Mail UK). (2012年3月22日). オリジナル2012年3月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/66Kw4Dhne 2012年3月22日閲覧。 
  2. ^ Caulfield, Keith (2012年3月20日). “One Direction Makes History With No. 1 Debut on Billboard 200”. Billboard. http://www.billboard.com/news/one-direction-aiming-for-historic-no-1-on-1006462152.story#/news/one-direction-makes-history-with-no-1-debut-1006522752.story 2012年3月21日閲覧。 
  3. ^ ジャスティン・ビーバー、「ワン・ディレクション」は「日本一のアイドルになる」と断言”. MSN (2012年4月6日). 2012年4月6日閲覧。
  4. ^ デミ・ロバート、フェイヴァリットなルックスのセレブはワン・ダイレクションのザット・ガイ!”. MSN (2012年4月6日). 2012年4月6日閲覧。
  5. ^ 1D's Louis: US Fans Think Me & Harry Are Gay”. MTV. 2012年3月29日閲覧。
  6. ^ 1D's Louis: US Fans Think Me & Harry Are Gay”. MTV. 2012年3月29日閲覧。
  7. ^ 食べかけのトーストが約800万円で落札!ワン・ダイレクションのメンバーのナイルの残飯”. MSN (2012年4月17日). 2012年4月17日閲覧。
  8. ^ One Direction’s Louis Tomlinson: A Man Tried To Kiss Me”. HollywoodLife. 2012年4月18日閲覧。
  9. ^ Hysteria at One Direction store opening”. nzherald. 2012年4月20日閲覧。
  10. ^ Fans line up for One Direction”. nnydailynews. 2012年4月6日閲覧。
  11. ^ 北米上陸!人気爆発中の英ワン・ダイレクション(One Direction)14年ぶりのレコード快挙達成、高齢女性ファンによる道路封鎖”. VOICE (2012年3月1日). 2012年4月6日閲覧。
  12. ^ Urban Dictionary 1. Directioner”. urbandictionary (2010年11月6日). 2012年3月17日閲覧。
  13. ^ http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2124451/One-Direction-star-Liam-Paynes-girlfriend-Danielle-gets-relax-poolside-Harry.html?ito=feeds-newsxml
  14. ^ http://www.sugarscape.com/main-topics/celebrities/702455/liam-payne-defends-girlfriend-danielle-peazer-over-death-tweets
  15. ^ One Direction’s ‘Up All Night’ Concert DVD Is #1 In 25 Countries”. idolator (2012年6月8日). 2012年6月8日閲覧。
  16. ^ one-directions-up-all-night-dvd-outsells-us-no-1-album-by-john-maye”. metro (2012年6月8日). 2012年6月8日閲覧。
  17. ^ 【オリコン】1D、来日効果で海外男性20年ぶり快挙 オリジナル盤2作がTOP10入り”. オリコン (2013年1月29日). 2013年1月29日閲覧。
  18. ^ X Factor 2010: Niall Horan's brother says One Direction get along well”. Unreality TV (2010年11月6日). 2012年3月17日閲覧。
  19. ^ 21st December 2011, 11:54 (2011年12月21日). “One Direction, Jessie J And Wretch 32 Unveil Their Best Christmas Presents Ever”. Capital FM. 2012年3月17日閲覧。
  20. ^ Rebecca Ferguson: "Me & Zayn Just Grew Apart, I wish him all the best." | Rebecca Ferguson | News | MTV UK”. Mtv.co.uk (2011年11月24日). 2012年1月14日閲覧。
  21. ^ Paul Millar (2010年9月27日). “Recap – 'X Factor': Boot Camp, Saturday”. Digital Spy. 2012年3月17日閲覧。
  22. ^ Little Mix's Perrie Edwards quits Twitter after she's linked to One Direction star Zayn Malik”. Now magazine (2012年5月21日). 2012年5月21日閲覧。
  23. ^ a b Liz Thomas. “Beatlemania takes a whole new Direction! Thousands gather in Montreal to catch a glimpse of the band | Mail Online”. Dailymail.co.uk. 2012年3月31日閲覧。
  24. ^ One Direction sign US record deal with Adele label Columbia - Music News”. Digital Spy (2011年11月22日). 2012年1月14日閲覧。
  25. ^ Danielle Peazer & Liam Payne leaked pics: Danielle's response”. Sugarscape. 2012年3月17日閲覧。
  26. ^ Victoria Nash (2010年9月11日). “Liam Payne now sprinting to X Factor success”. Express & Star. http://www.expressandstar.com/entertainment/2010/09/11/liam-payne-now-sprinting-to-x-factor-success/ 
  27. ^ Holmes Chapel X Factor star Harry Styles can win show say school bandmates”. Crewe Chronicle. 2012年3月17日閲覧。
  28. ^ Sarah Bull (2012年4月11日). “NEW PICTURES One Direction's Harry Styles reveals secret tattoo after stripping off in Australia”. www.nowmagazine.co.uk. 2012年4月11日閲覧。
  29. ^ One Direction's Harry Styles and Louis Tomlinson to buy a house together?”. Sugarscape (2012年3月10日). 2012年3月17日閲覧。
  30. ^ One Direction's Harry Styles on Larry Stylinson: "It just sort of happened"”. Sugarscape. 2012年4月27日閲覧。
  31. ^ ロビー・ウィリアムス、ハリーはバンドを辞めてソロデビューするべき”. BARKS (2012年11月5日). 2012年11月5日閲覧。
  32. ^ Louis Troy Austin - Ancestry.co.uk”. Search.ancestry.co.uk. 2012年6月11日閲覧。
  33. ^ GRO Index Doncaster Jan 1992”. Ancestry.co.uk. 2012年6月6日閲覧。
  34. ^ News | Guest Truck and Van”. Sherwood Truck and Van. 2012年3月17日閲覧。
  35. ^ One Direction: Chart stars in their own words | The Sun |Showbiz|Bizarre”. The Sun (2011年9月16日). 2012年3月17日閲覧。
  36. ^ One Direction Video Diary - Week 3 - The X Factor”. www.youtube.com/user/OneDirectionMusic (2010年10月21日). 2012年4月11日閲覧。
  37. ^ By GORDON SMART, Showbiz Editor (2011年9月17日). “Louis Tomlinson: She’s my first One | The Sun |Showbiz|Bizarre”. The Sun. 2012年3月17日閲覧。
  38. ^ Published Saturday, Sep 17 2011, 13:54 BST (2011年9月17日). “One Direction's Louis Tomlinson 'dating model Eleanor Calder' - Showbiz News”. Digital Spy. 2012年3月17日閲覧。
  39. ^ Transfer News: One Direction singer Louis Tomlinson has signed for Doncaster” (英語). skysports.com (2013年8月2日). 2013年8月3日閲覧。
  40. ^ Disco de Platina One Direction no Brasil” (Portuguese). Sony Music Entertainment. 2012年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月16日閲覧。
  41. ^ One Direction: el nuevo fenómeno del pop adolescente ya es disco de oro en Chile”. Diario. 2012年4月27日閲覧。
  42. ^ Certificeringer” (Danish). IFPI Denmark. 2012年8月16日閲覧。
  43. ^ Anneee 2012 - Certifications au 20/11/2012 (PDF)” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2012年12月8日閲覧。
  44. ^ a b Top-75 Albums Sales Chart”. IFPI Greece (2012年12月3日). 2012年12月3日閲覧。
  45. ^ http://portuguesecharts.com/showitem.asp?interpret=One+Direction&titel=Up+All+Night&cat=a
  46. ^ a b ¡Más y más logros para One Direction!” (Spanish). Onedirectionmusic.com (Sony Music Entertainment) (2013年1月10日). 2013年1月11日閲覧。
  47. ^ Złote CD”. Polish Society of the Phonographic Industry. 2012年6月21日閲覧。
  48. ^ Promusicae certifications”. Promusicae. 2013年12月11日閲覧。[リンク切れ]
  49. ^ Veckolista Album - Vecka 36, 7 september 2012” (Swedish). Sverigetopplistan (Swedish Recording Industry Association) (2012年9月7日). 2012年9月14日閲覧。
  50. ^ a b Gold and Platinum > Searchable Database > One Direction”. United States: Recording Industry Association of America (RIAA). 2012年12月12日閲覧。
  51. ^ One Direction: el nueva banda del pop adolescente ya es disco de oro en Venezuela”. Diario. 17 mayo 2012閲覧。
  52. ^ ONE DIRECTION "TAKE ME HOME" A 3 DIAS DE SU LANZAMIENTO ALCANZA EL GALARDON DE DISCO DE PLATINO EN ARGENTINA” (Spanish). Argentina: Sony Music Entertainment (2012年11月19日). 2012年11月21日閲覧。
  53. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2012 Albums”. Australia: Australian Recording Industry Association. 2012年11月19日閲覧。
  54. ^ Canadian album certifications – One Direction – Take Me Home, Music Canada, (27 November 2012), http://www.musiccanada.com/GPSearchResult.aspx?st=Take+Me+Home&sa=One+Direction&smt=0 2012年12月1日閲覧。 
  55. ^ Certifications 2012” (Danish). SNEP. 2013年2月4日閲覧。
  56. ^ Certificeringer” (French). IFPI Denmark. 2012年11月29日閲覧。
  57. ^ Hungarian Top 40 – Certification” (Hungarian). Mahasz (2012年). 2012年11月22日閲覧。
  58. ^ http://irishcharts.ie/awards/multi_platinum12.htm
  59. ^ Certificazione Album Fisici e Digitali - settimana 47 del 2012 (PDF)” (Italian). Federation of the Italian Music Industry. 2012年12月5日閲覧。
  60. ^ A special gift from Malaysian Directioners to One Direction for their 2nd Anniversary!” (Malay). Onedirectionmusic.com (Sony Music Entertainment) (2013年1月10日). 2013年2月11日閲覧。
  61. ^ “Gouden plaat voor One Direction” (Dutch). NU.nl (Netherlands: Sanoma Media). (2012年11月9日). http://www.nu.nl/muziek/2954151/gouden-plaat-one-direction.html 2012年11月9日閲覧。 
  62. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. 'Nztop40.co.nz'. New Zealand: Recording Industry Association of New Zealand (2012年11月19日). 2012年11月19日閲覧。
  63. ^ #Directioners! Na piątek, dobrego weekendu początek mamy dla Was mega newsa! Płyta @onedirection "Take Me Home" jest już platynowa w Polsce!” (Polish). Sony Music Poland (2012年12月14日). 2013年12月11日閲覧。
  64. ^ Top AFP - Semana 49 de 2012” (Portuguese). Associação Fonográfica Portuguesa. 2012年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月15日閲覧。
  65. ^ TOP 100 ALBUMES” (Spanish). Spain: PROMUSICAE (2012年12月27日). 2012年12月27日閲覧。
  66. ^ Veckolista Album - Vecka 46, 16 november 2012” (Swedish). Sverigetopplistan. Sweden: Swedish Recording Industry Association (2012年11月16日). 2012年11月16日閲覧。
  67. ^ Search Results> Search by parameters > One Direction”. United Kingdom: The British Phonographic Industry (BPI). 2013年2月15日閲覧。
  68. ^ One Direction logra doble disco de platino en Venezuela” (Spanish). Venezuela: Analítica (2012年11月29日). 2012年12月3日閲覧。
  69. ^ One Direction: A Year in the Making Doc airs Nov. 23rd on ITV - The X Factor - Digital Spy Forums”. forums.digitalspy.co.uk (2011年11月23日). 2012年2月15日閲覧。
  70. ^ One Direction”. Onedirectionmusic.com. 2012年3月17日閲覧。
  71. ^ Vena, Jocelyn (2012年1月27日). “One Direction To Appear On 'iCarly' - Music, Celebrity, Artist News”. MTV. 2012年2月15日閲覧。
  72. ^ One Direction "Up All Night – The Live Tour DVD" @ One Direction Store”. Myplaydirect.com. 2012年4月27日閲覧。
  73. ^ a b c news: 4Music Video Honours 2011 - The Results 4 Music. Retrieved 15 March 2012
  74. ^ Brit Awards”. And The BRIT Awards 2012 nominees are…. 2012年1月12日閲覧。
  75. ^ a b ONE DIRECTION SET TO PERFORM AT THE NICKELODEON’S KIDS’ CHOICE AWARDS 2012”. Unreality TV (2012年3月6日). 2012年3月17日閲覧。
  76. ^ a b c “MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード発表 1Dが3部門で受賞”. シネマトゥデイ. (2014年11月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068056 2014年11月17日閲覧。 

外部リンク[編集]